PR

RTX4090の性能ベンチマークを比較解説【vs RTX3090Ti,4080】

「RTX4090の性能と搭載ゲーミングPC」のアイキャッチ
管理人
管理人

「RTX4090って今までのグラボとはレベルが違う性能らしいけど、実際どんな感じなの?他の高性能グラボとどれくらいの性能差があるのかを比較したいな」って人に読んでほしいページです。

このページの内容は以下の通り。

  • RTX4090の特徴を解説
  • RTX4090の性能ベンチマークを比較
  • RTX4090搭載のゲーミングPCをおすすめBTOから紹介

RTX4090は、2022年10月22日に発売されたハイエンドグラボだ。PCオタク界隈では、その性能の高さが話題になった。

このページを読めば、RTX4090の性能がどれほどなのかがわかり、高性能なグラボと比較検討できるだけでなく、おすすめのRTX4090搭載PCまで知ることができる。

RTX4090の特徴

RTX4090の特徴は、最強と言って良い性能であることだ。ゲーム性能もクリエイティブ性能も最強クラスだ。

欠点としては、高性能過ぎるためほとんどの人は持て余してしまうということだ。例えばフルHDでしかゲームをしないような人や低画質でeスポーツ系ゲームをするような人は、RTX4090を選ぶ意味が全くない。

RTX4090は最強のグラボとして、4Kでゲームをする人や高度なクリエイター向けとなっている。

フレーム生成を使用できる

RTX4090を含むRTX40シリーズの特徴は、フレーム生成を使用できることだ。

フレーム生成は、画質をなるべく保ったままフレームレートを向上させる「DLSS」の中の1機能であり、RTX40シリーズだけで使える。

従来のDLSSよりはるかに高いパフォーマンスを出すことができるだけでなく、グラボ側で処理を行う関係上、CPUボトルネックがあってもフレームレートが向上する

フレーム生成に対応しているゲームでしか使えないという欠点はあるが、WQHDや4Kで役に立つ機能だ。
›フレーム生成の威力を見てみる

NVENCの進化

NVENCがAV1エンコードに対応し、デュアルエンコードもできるようになっている

AV1エンコードは圧縮率が高く、より高画質での配信ができるようになる。前世代のRTX30シリーズではAV1エンコードに未対応だったので、大きな差別化点と言える。

さらに、2基のNVENCが並列動作するようになり、理論上ではエンコード速度が2倍になる。

RTX4090は動画を扱うクリエイターにとって魅力的なグラボだ。

RTX4090の性能表を比較解説

RTX4090RTX3090TiRTX4080
アーキテクチャAda LovelaceAmpereAda Lovelace
GPUコアAD102GA102AD103
プロセス5nm8nm5nm
CUDAコア16384基10752基9728基
RTコア世代第3世代第2世代第3世代
RTコア128基84基76基
Tensorコア世代第4世代第3世代第4世代
Tensorコア512基336基304基
ベースクロック2.23GHz1.67GHz2.21GHz
ブーストクロック2.52GHz1.86GHz2.51GHz
メモリ容量24GB24GB16GB
メモリタイプGDDR6XGDDR6XGDDR6X
メモリクロック21Gbps21Gbps22.4Gbps
メモリバス幅384bit384bit256bit
メモリバス帯域1008GB/s1008GB/s716.8GB/s
TDP450W450W320W
推奨電源850W850W750W
RTX4090RTX3090Ti
アーキテクチャAda LovelaceAmpere
GPUコアAD102GA102
プロセス5nm8nm
CUDAコア16384基10752基(66%)
RTコア世代第3世代第2世代
Tensorコア世代第4世代第3世代
ベースクロック2.23GHz1.67GHz(75%)
ブーストクロック2.52GHz1.86GHz(74%)
※カッコ内の数値は、RTX4090を基準にしたときの割合を表す

RTX3090Tiは、RTX30シリーズ最強のグラボだ。

RTX3090Ti→RTX4090での大きな変化は以下の通り。

  • DLSS 3への対応
  • コアの強化

RTX40シリーズとRTX30シリーズの最大の違いが、DLSS 3に対応しているかどうかだ。

RTX30シリーズではDLSS 2、RTX40シリーズではDLSS 3に対応している。
DLSS 3の特徴は、「フレーム生成」という機能を使えることだ。

従来のDLSSに加え、フレーム生成を併用することで、フレームレートを大幅に向上させることができる。
RTX4090のようなハイエンドグラボの主戦場である4Kなどの高解像度で、フレーム生成は特に力を発揮してくれる。
≫フレーム生成の威力を見る

機能面だけでなく、RTX4090とRTX3090Tiはコアの面でも大きく異なる。

RTX4090はRTX3090Tiよりコア数もクロックも大幅に増えている。コア数は33%の差、クロックは約25%の差だ。

そして注目すべきは、RTX4090はRTX3090Tiより明らかにスペックアップしているが、消費電力は450Wで共通であることだ。

RTX40シリーズではプロセスルールが8nm→5nmに細かくなったため、電力効率が改善されている。
ハイエンドグラボでは消費電力が気になるところだが、RTX4090の電力効率は良いのだ。

RTX4090RTX4080
GPUコアAD102AD103
CUDAコア16384基9728基(59%)
メモリ容量24GB16GB(67%)
メモリクロック21Gbps22.4Gbps(107%)
メモリバス幅384bit256bit(67%)
メモリバス帯域1008GB/s716.8GB/s(71%)
TDP450W320W(71%)
推奨電源850W750W
※カッコ内の数値は、RTX4090を基準にしたときの割合を表す

RTX4080は、RTX4090の1ランク下のグラボだ。

RTX4080とRTX4090のスペックには様々な違いがあるが、特筆すべき事項は無い。
順当にRTX4090をスペックダウンさせたものがRTX4080だからだ。

とはいえ、コア数やメモリ性能を見ればわかるように、RTX4090とRTX4080には大きな性能差がある
RTX4080も高性能なグラボではあるが、最強には程遠いということは知っておきたい。

RTX4090の性能ベンチマークを比較

RTX4090RTX3090TiRTX4080
3DMark359642174228066
割合100%60%78%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際の用途で必ずしもスコア通りのパフォーマンスを発揮するとは限らない。

RTX4090のグラフィック性能を、定番ベンチマーク「3DMark」で比較した。

RTX4090は前世代最強のRTX3090Tiに対して40%の差をつけている。RTX4090のコア数はRTX3090Tiの約1.5倍であり、クロックは約1.3倍と大きなスペック差があることから、3DMarkでも大差をつけている。

RTX4080と比べても20%の差をつけている。コア数の差は40%とかなり大きいが、3DMarkでは縮まっている。コア数が性能に直結するわけではないが、コア数が多いほどあらゆる処理に有利なことに変わりはない。

RTX4090は間違いなく現状最強のグラボと言える。

RTX4090のゲーム性能を比較

  • RTX4090のWQHD性能を比較
  • RTX4090の4K性能を比較
  • RTX4090のDLSS・フレーム生成性能を比較

RTX4090のWQHD性能を比較

WQHDRTX4090RTX3090TiRTX4080
Watch Dogs Legion(RT)946477
Witcher 3 NextGen(RT)835164
Red Dead Redemption 213686107
Horizon Zero Dawn176164174
God of War209139163
平均139.6100.8117.0
割合100%(基準)72%84%
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではないことに注意。
※CPUはRyzen7 5800X3D、最高設定

RTX4090のゲームにおけるWQHD性能は素晴らしい

レイトレーシングありのWatch Dogs LegionやWitcher3でも80~90fpsであり、十分すぎるWQHD性能だ。ゲームによっては144fps以上を出せていて、144HzのWQHDモニターを使いたいほどだ。

なお、Horizon Zero Dawnに関してはCPUがボトルネックになり、他CPUとの差がない。

RTX4090はWQHDとは思えないほどの高いフレームレートを出すことができる。
›おすすめのRTX4090搭載PCを見てみる

RTX4090の4K性能を比較

4KRTX4090RTX3090TiRTX4080
Watch Dogs Legion(RT)603745
Witcher 3 NextGen(RT)493035
Red Dead Redemption 2966370
Horizon Zero Dawn149107120
God of War14297108
平均99.266.875.6
割合100%(基準)67%76%
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではないことに注意。
※CPUはRyzen7 5800X3D、最高設定

RTX4090のゲームにおける4K性能は非常に高い

WQHDのときよりRTX3090TiやRTX4080との差が広がっているので、RTX4090は特に4Kで他グラボとの差をつけることができるグラボだ。

レイトレーシングありだと60fpsに届かないこともあるが、ゲームによっては4K144fpsが可能なレベルだ。RTX4090のゲーム性能がいかに高いかがわかる。

RTX4090は、最高峰の4K性能を求める人におすすめだ。
›おすすめのRTX4090搭載PCを見てみる

RTX4090のDLSS・フレーム生成性能を比較

RTX4090RTX3090TiRTX4080
Witcher 3 NextGen(RT)
WQHD
17567139
Hogwarts Legacy
WQHD
206107185
Witcher 3 NextGen(RT)
4K
1154775
Hogwarts Legacy
4K
13278113
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではないことに注意。
※CPUはRyzen7 5800X3D、最高設定
※RTX40はDLSS+フレーム生成、RTX3090TiはDLSS
※DLSSはクオリティ(画質重視)
※フレーム生成を使うには、ゲーム側が対応している必要がある

RTX4090でDLSS+フレーム生成を使うと、高解像度とは思えないほどのフレームレートを出せる
Witcher 3は通常の4Kでは60fpsに届かなかったが、レイトレーシングありでは100fpsを超えている。

DLSSのみのRTX3090Tiと比べると差は歴然で、2倍以上の差がついているタイトルもある。

DLSSやフレーム生成は限られたゲームでしか使えないのであくまでサブの立ち位置だが、RTX4090のDLSS+フレーム生成がかなり魅力的だということはわかったはずだ。
›おすすめのRTX4090搭載PCを見てみる

RTX4090のクリエイティブ性能を比較

RTX4090RTX3090TiRTX4080
Premiere Pro
PugetBench
97.4
100%
67.1
69%
86.6
89%
Photoshop
PugetBench
140.3
100%
125.7
90%
137.8
98%
Blender13089
100%
6523
50%
9470
72%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際のパフォーマンスを保証するものではない

RTX4090はクリエイティブ性能でも高いパフォーマンスを発揮する。

前世代のRTX3090Tiと比べると、大幅に性能向上していることがわかる。特にBlenderでのスコア差が大きい。
RTX4080と比べるとPremiere Proでの差は小さめだが、やはりBlenderでは大差をつけている。

一方でPhotoshopのような負荷が小さめの用途では、RTX4090のパワーを活かしきれない。他グラボで十分だからだ。

仕事でクリエイターをしていて効率第一の人にとって、RTX4090は大いに選ぶ価値のあるグラボと言える。
›おすすめのRTX4090搭載PCを見てみる

RTX4090の消費電力とワットパフォーマンスを比較

RTX4090RTX3090TiRTX4080
Watch Dogs Legion(RT)219W387W273W
Witcher 3 NextGen(RT)364W435W309W
Red Dead Redemption 2343W399W285W
Horizon Zero Dawn225W348W216W
God of War378W442W311W
平均305.8W402.2W278.8W
ワットパフォーマンス0.460.250.42
※WQHD最高設定
※ワットパフォーマンス=フレームレート÷消費電力 高いほうが良い

RTX4090の消費電力はRTX3090Tiより低く、RTX30シリーズより電力効率が改善されている。

カタログスペック上では、RTX4090とRTX3090Tiの消費電力はともに450Wだ。しかし実際はRTX4090のほうが、消費電力が少ない。
性能や価格面ではもちろんだが、消費電力から見ても、RTX4090のほうが優れている。

RTX4080と比べるとワットパフォーマンスでややRTX4090のほうが優れているが、差は小さめだ。RTX40シリーズは電力効率に優れている。

RTX4090の価格とコスパを比較

RTX4090RTX3090TiRTX4080
グラボ価格24.5万円26.8万円17.0万円
搭載PC価格43万円36万円
コスパ(ゲーム)5.703.766.88
コスパ(ベンチ)0.1470.0810.165
※グラボ価格は価格.comの最安値
※搭載PC価格は、管理人が確認した限りの最安値
※コスパ(ゲーム)=平均フレームレート÷グラボ価格(万円)
※コスパ(ベンチ)=3DMark÷グラボ価格

RTX4090は最高の価格・最低クラスのコスパを兼ね揃えている

RTX4090は、グラボ単体で24.5万円もかかる。
24.5万円あれば、安めのRTX4070Ti搭載PCを買うことができるのだ。

RTX4090のコスパは、RTX4080と並んで最低クラスだ。ハイエンドグラボのコスパが悪いのはいつものことだが、RTX4090は多くの人にとって割に合わないということは知っておこう。

RTX4090は、予算を気にせず、性能だけを追い求めたい人向けのグラボというわけだ。
›おすすめのRTX4090搭載PCを見てみる

RTX4090搭載のゲーミングPCをBTOから紹介

おすすめ1おすすめ2おすすめ3おすすめ4
外観サイコムのゲーミングPCサンプル2サイコムのPCサンプルツクモのゲーミングPCサンプル9フロンティアのゲーミングPCサンプル9
特徴品質重視品質重視品質×価格重視価格重視
CPUCore i7-14700K(変更可)Core i7-14700K(変更可)Core i9-14900KCore i9-14900F
GPURTX4090RTX4090RTX4090(要変更)RTX4090
価格(税込)607,050円685,510円615,800円509,800円

RTX4090搭載のゲーミングPCを、おすすめのBTOショップから紹介する。

おすすめ1:サイコム定番の高品質モデル×RTX4090

G-Master Spear Z790/D5
G-Master Spear Z790/D5
セール期間~4月22日(セール情報記事)
CPUIntel Core i7-14700K(変更可)
参考:CPUの選び方を見る
GPUGeForce RTX4090(要変更)
メモリ16GB(8GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)607,050円
※2024年3月10日時点での情報
※パーツのカスタマイズで迷ったらサイコムのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い
\期間限定セール開催中/

おすすめ1は、高品質なパーツをふんだんに採用していることで有名なサイコムのゲーミングPCだ。

このG-Master Spearシリーズはサイコムの標準的なゲーミングPCだ。冷却性や耐久性を考えたパーツ構成になっていて、RTX4090にふさわしい内容と言える。

「BTOショップのゲーミングPCは品質がしょぼい」というPC玄人の固定観念をひっくり返してくれるのがサイコムのゲーミングPCなので、RTX4090のような高性能な構成にするなら特におすすめだ。

おすすめ2:サイコム独自のデュアル水冷モデル×RTX4090

サイコムのG-Master Hydro Z790 Extreme/D5
G-Master Hydro Z790 Extreme/D5
セール期間~4月22日(セール情報記事)
CPUIntel Core i7-14700K(変更可)
参考:CPUの選び方を見る
GPUGeForce RTX4090(要変更)
メモリ16GB(8GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)685,510円
※2024年1月24日時点での情報
※パーツのカスタマイズで迷ったらサイコムのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い
\期間限定セール開催中/

おすすめ2は、高品質なパーツをふんだんに採用していることで有名なサイコムのゲーミングPCだ。

このモデル独自の特徴はデュアル水冷だ。CPUとグラボを水冷クーラーで冷やすことで効率的にパーツを冷却するだけでなく、パフォーマンスを高めることができる。

公式サイトではデュアル水冷の検証結果も公開されているので、デュアル水冷がどんなものなのかを知りたい人は必見だ。

まさに最強性能のゲーミングPCにふさわしい品質なので、RTX4090を搭載するならおすすめのモデルだ。

おすすめ3:ツクモのフラグシップモデル×RTX4090

ツクモのゲーミングPC121
G-GEAR GE9J-M242/ZBH
セール期間
CPUIntel Core i9-14900K
GPUGeForce RTX4090(要変更)
メモリ32GB(16GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)615,800円
※2024年4月11日時点での情報
※パーツのカスタマイズで迷ったらツクモのBTOゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い

おすすめ3は、PCパーツショップとしても有名なツクモのゲーミングPCだ。

ツクモでは一部パーツのメーカーが公開されていて、リーズナブルながらも品質に気を使っていて安心感がある。

品質や価格を妥協せず、RTX4090搭載PCを求めている人は必見だ。

おすすめ4:フロンティアのセールモデル

フロンティアのゲーミングPC174
FRGBZ790/M213
セール期間~4月25日15時(セール情報記事)
CPUIntel Core i9-14900F
GPUGeForce RTX4090
メモリ32GB(16GB×2) DDR5-5600
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)509,800円
※2024年4月12日時点での情報
※パーツのカスタマイズで迷ったらフロンティアのおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い
\期間限定セール開催中/

おすすめ4は、セール頻度とセール時の安さで有名なフロンティアのゲーミングPCだ。

CPUはCore i9-14900Fで、トップクラスの性能を誇る。

RTX4090搭載PCをお得に手に入れたい人は必見だ。

RTX4090に関してよくある質問

  • RTX4090はどんな人向けのグラボなのか?
  • RTX4090と組み合わせるのにおすすめのCPUは?
  • RTX4090の推奨電源は?
  • RTX4090を使うと電気代はいくらになる?
  • RTX4090Tiはいつ発売されるのか?

RTX4090はどんな人向けのグラボなのか?

RTX4090は最高峰のPC環境を作りたい人や、仕事でクリエイターをしていて効率を追い求める人など、ごく一部の人向けのグラボだ。

フルHDでApexやフォートナイトをするだけなら、RTX4090はまったく必要ない。

RTX4090と組み合わせるのにおすすめのCPUは?

PassMarkCinebench
シングル
Cinebench
マルチ
コア/スレッド
Core i9-13900K5996422413965224/32
Core i7-13700K4709421263106216/24
Ryzen9 7950X3D6447320433857116/32

RTX4090は最高クラスのグラボなので、CPUも最高クラスの性能が欲しいところだ。具体的には以上の通り。

総合力のCore i9-13900K、性能×価格のCore i7-13700K、ゲーム性能特化でマルチにも使えるRyzen9 7950X3Dとなる。

RTX4090の推奨電源は?

RTX4090の公式での推奨電源は850Wだ。

とはいえ、1000Wほどはあっても良い。

RTX4090のTDPは450Wで、Core i7-13700KをCPUに採用すると+125Wで、合計575Wだ。
使用電力の約2倍ほどの電源を搭載するのが望ましいとされているので、1000Wの電源を選んでも良い。

実際、BTOのRTX4090搭載PCには、1000Wの電源が搭載されていることが多い。

RTX4090を使うと電気代はいくらになる?

ゲーム時の消費電力平均1日5時間使用30日間使用
RTX4090305.8W47.40円1421.97円
RTX3090Ti402.2W62.34円1870.23円
RTX4080278.8W43.21円1296.42円
※電気代は全国家庭電気製品公正取引協議会より、31円/kWhで計算。
※環境によって電気代は異なる

グラボのみで計算。実際はCPUなどの他パーツの電力分もあり、環境によって異なる。

RTX4090Tiはいつ発売されるのか?

RTX4090Tiは発売されないという噂だ。

本来であれば、フルパワーのRTX4090Tiが発売されるはずだった。
しかしライバル(AMD)が弱すぎてRTX4090で十分勝っているため、RTX4090Tiの発売予定はなくなったという話だ。

ハイエンドグラボは売れ行きも悪いので、RTX4090Tiが発売されることはなさそうと言える。

RTX4090の性能ベンチマークの比較まとめ

このページでは、RTX4090の性能ベンチマークを比較した。

RTX4090について振り返ると以下の通り。

  • RTX4090は今までのグラボとは一線を画すほどの性能
  • コア・メモリ・実際の性能のどれを見ても最強と言える
  • RTX4090はコアなユーザーにだけおすすめ

RTX4090は性能が高すぎて、多くのゲーマーはRTX4090の性能を使い切ることができない。4Kでゲームを楽しみたいコアゲーマーや、クリエイターだけにおすすめだ。
›おすすめのRTX4090搭載PCを見てみる

グラボの選び方について知りたい人は、以下のページを読むと良い。
ゲーミングPCに載せるグラボ性能の選び方とおすすめを初心者でもわかるように解説

参考サイト

このページで紹介したベンチマークスコアは、以下のサイトを参考にした。

タイトルとURLをコピーしました