RTX4080の性能解説!搭載ゲーミングPCをおすすめBTOから紹介

「RTX4080の性能と搭載ゲーミングPC」のアイキャッチ
管理人
管理人

「性能の高いゲーミングPCが欲しいんだけど、RTX4080ってどれくらいの性能なの?けっこう高性能らしいから気になってるんだよね」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • RTX4080の基本情報を比較解説
  • RTX4080のゲーム性能
  • RTX4080搭載のゲーミングPCをおすすめBTOから紹介

RTX4080は高性能なハイエンドグラボだ。このページを読めば、RTX4080の性能がわかり、自分に合ったグラボなのかどうかの判断ができる。

RTX4080のカタログスペックを比較

RTX3080
(10GB/12GB)
RTX4080 RTX4090
アーキテクチャ Ampere Ada Lovelace Ada Lovelace
GPUコア GA102 AD103 AD102
プロセス 8nm 4nm 4nm
CUDAコア 8704基/8960基 9728基 16384基
レイトレーシングコア 第2世代68基/70基 第3世代76基 第3世代128基
Tensorコア(DLSS) 第3世代272基/280基 第4世代304基 第4世代512基
ベースクロック 1.44GHz/1.26GHz 2.21GHz 2.23GHz
ブーストクロック 1.71GHz 2.51GHz 2.52GHz
GPUメモリ 10GB/12GB GDDR6X 16GB GDDR6X 24GB GDDR6X
メモリクロック 19Gbps 22.4Gbps 21Gbps
メモリバス幅 320bit/384bit 256bit 384bit
メモリバス帯域 760GB/s/912GB/s 716.8GB/s 1008GB/s
TDP 320W/350W 320W 450W
推奨電源 750W 750W 850W

1世代前のRTX3080および1ランク上のRTX4090と比較していこう。

RTX4080のCUDAコア数は9728基で、RTX3080(12GB)の109%、RTX4090の59%となっている。AD103の最大は10240基なので、96%が開放されていることになる。いつか発売されるであろうRTX4080TiがAD103最大の10240基開放されていると仮定すると、RTX4080とRTX4080Tiはそこまで性能が変わらないかもしれない。

レイトレーシングコア・Tensorコアも同様に、RTX3080(12GB)との差は小さく、RTX4090との差が大きくなっている。これはRTX4090が化け物すぎるだけで、決してRTX4080の性能が低いわけではない。

RTX4080とRTX3080(12GB)の差はGPUクロック数にある。RTX3080(12GB)のGPUクロック数が1.26GHzなのに対し、RTX4080は2.21GHzであり、175%となっている。RTX4080のGPUクロック数はRTX4090とほぼ変わらない。

RTX4080のGPUメモリは16GBだ。ゲーム用途ではここまでの容量を使うことはまずないが、RTX3080の10GBや12GBより増えている。
RTX4080のメモリクロック数は22.4Gbpsであり、RTX3080(12GB)を上回っているが、メモリバス幅が256bitとRTX3080の67%なので、メモリバス帯域も716.8GB/sと小さめだ。RTX4090との差も大きい。高負荷がかかる作業ではメモリ性能の差が顕著にあらわれてくる傾向にあるので、4K性能への影響が少し心配だ。

まとめるとRTX4080はRTX4090との性能差は大きい。RTX3080(12GB)と比べると、メモリ性能では優位性はないものの、コア性能が高いため総合的にはRTX3080(12GB)より明確にパワーアップしていることが読み取れる。

RTX4080はどれくらいの性能なのか?

グラフィックボード 3DMark フレームレート目安(4K) 解像度目安 搭載PCの価格
RTX4090 35964 140fps 4K 50万円~
RTX4080 28066 100fps 4K 40万円~
RTX4070Ti 22652 70fps ~4K 30万円~
RTX3090Ti 21742 80fps ~4K 43万円~
RTX3090 19838 70fps ~4K 35万円~
RTX3080Ti 19581 70fps ~4K 32万円~
RTX3080 17554 60fps ~4K 25万円~

現行のハイエンドグラボを性能順に並べた表だ。3DMarkスコアとはグラボ同士のおおよその力関係を示した数値だ。(参考:https://benchmarks.ul.com/compare/best-gpus)

ハイエンドグラボはどれもフルHD性能は十分であり、4Kでの使用が望ましい。4K解像度での使用をしないのであれば、RTX3070Ti以下のグラボで十分だ。

RTX4080は前世代最強のRTX3090Tiより性能が高く、スコアで129%の性能となっている。RTX3090Tiを選ぶくらいであればRTX4080で良い。
前世代のRTX3080と比べると性能差は歴然で、スコアで160%となっている。とはいえその分価格も高くなっているので、RTX3080とRTX4080のどちらを選ぶべきかは人によって変わる。

RTX4080はRTX4090と同じくRTX30シリーズを大きく超越した性能を持つが、その分価格も高いため、現状だと超コアなゲーマーだけが検討すべきグラボとなっている。

RTX4080のゲーム性能を見ていく

  • CPUはIntel Core i9-13900K
  • 解像度は4K

RTX4080は4Kにぴったりのグラフィックボードだ。フルHDやWQHDで使用する分にはRTX4080ほど高い性能は必要ない。

なお、フレームレート値はあくまで参考値であり保証するものではない。

RTX3080 RTX4080 RTX4090
Cyberpunk2077 33~37 52~57 64~75
God of War 87~102 120~139 151~177
Red Dead Redemption 2 61~70 94~107 108~132
Hitman 3 85~94 134~146 171~190
Forza Horizon 5 67~79 117~122 132~144
Microsoft Flight Sumilator 50~51 66~67 90~94

どのタイトルも重量級ゲームだ。

RTX4080は4Kで100fpsを目指せるレベルの性能だ。DLSSを使えばフレームレートがもっと向上する。
RTX4090と比べるとやはりフレームレートの差は大きい。RTX4090のほうが魅力的に感じる場合は以下のページを読むと良い。
≫RTX4090の性能と搭載ゲーミングPCをおすすめBTOから紹介

RTX3080は4Kで60fpsを目指せる性能だ。RTX3080の時点で4K性能は十分ではあるが、RTX4080はRTX3080を大幅に上回っている。
4Kでゲームをプレイするような人はゲームへのこだわりが強い人なので、RTX4080を選ぶ価値は十分にあると言える。

RTX4080は4Kでプレイしたいコアゲーマー向けのハイエンドグラボ

RTX4080は「RTX3080の4K60fpsだと物足りない!けどRTX4090を買うほどの予算はない」というコアゲーマー向けのハイエンドグラボだ。

言うまでもないが、eスポーツ系のゲームをするだけならここまでの性能は全く必要ない。eスポーツ系のゲームならRTX3060やRTX3060Tiで十分事足りる。

画質重視のゲームを4K高fpsでプレイしたいコアゲーマーだけがRTX4080を選ぶべきだ。

RTX4080にぴったりなCPU

  • Core i9-13900K
  • Core i7-13700K
  • Ryzen9 7950X
  • Ryzen9 7900X
  • Ryzen7 7700X

RTX4080は最高クラスのグラボなので、CPUも最高クラスの性能が欲しいところだ。具体的には以上のようなCPUであれば、RTX4080の性能を十分引き出すことが可能だ。

RTX4080搭載のゲーミングPCをおすすめBTOから紹介

おすすめ1 おすすめ2 おすすめ3
外観 フロンティアのゲーミングPCサンプル4 フロンティアのゲーミングPCサンプル サイコムのゲーミングPCサンプル2
メーカー フロンティア フロンティア サイコム
セール期間 ~1月27日15時 ~1月20日15時
CPU Core i7-13700F Core i7-13700F Core i7-13700K
GPU RTX4080 RTX4080 RTX4080
価格(税込) 399,800円 369,800円 463,730円

RTX4080搭載のゲーミングPCを、おすすめのBTOショップから紹介する。

おすすめ1:MSI製のフロンティアゲーミングPC

Core i7-13700F×RTX4080搭載のMSI製フロンティアゲーミングPC

FRMFZ790/4080
メーカー フロンティア
セール期間 ~1月27日15時
CPU Intel Core i7-13700F
GPU GeForce RTX4080
メモリ 32GB(16GB×2)(DDR5-4800)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 1200W PLATINUM
価格(税込) 399,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2023年1月20日時点での情報

おすすめ1はセール時の安さで有名なフロンティアのセールモデルだ。
RTX4080×Core i7-13700F搭載で、このモデルの特徴は多くのパーツがMSI製になっていることだ。普通のフロンティアのゲーミングPCは、どちらかといえば品質より価格を重視している。このMSI製モデルはフロンティアでは珍しく品質に注目したモデルとなっている。

水冷CPUクーラー・ケース・マザーボード・SSD・グラボがMSI製だ。つまり耐久性や冷却性が向上しているということだ。

そのぶん価格も高くなっているが、RTX4080ほど高性能なグラボを使うのであれば、ゲーミングPCの品質にもこだわってみるのも良い。おすすめ3のような品質に全振りしたサイコムのモデルよりは手が出しやすいので、広くおすすめできるモデルだ。

おすすめ2:RTX4080×Core i7-13700F搭載のゲーミングPC

Core i7-13700F×RTX4080搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGAGH670/WSA
メーカー フロンティア
セール期間 ~1月20日15時
CPU Intel Core i7-13700F
GPU GeForce RTX4080
メモリ 32GB(16GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 1200W 80PLUS PLATINUM
価格(税込) 369,800円
公式サイト

※2023年1月13日時点での情報

おすすめ2もセール時の安さで有名なフロンティアのセールモデルだ。

RTX4080×Core i7-13700F搭載のモデルだ。GPUもCPUもどちらも高性能な組み合わせとなっている。

メモリは32GB・ストレージは1TBとなっていて十分な容量が搭載してある。電源は安心の1200Wだ。

Core i7-13700Fは最新世代のCPUで性能がかなり高い。RTX4080搭載のゲーミングPCを探しているゲーマーに広くおすすめできるモデルだ。

おすすめ3:品質にこだわったサイコムのゲーミングPC

G-Master Spear Z790/D5

G-Master Spear Z790/D5
メーカー サイコム
セール期間
CPU Intel Core i7-13700KF
GPU GeForce RTX3060
→RTX4080
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR5-4800)
ストレージ 500GB(M.2 NVMe SSD)
電源 750W 80PLUS GOLD
→850W 80PLUS GOLD
価格(税込) 463,730円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2023年1月10日時点での情報

おすすめ3は高品質で有名なサイコムのゲーミングPCだ。サイコムではモデルを選んだあとにCPUやグラボをカスタマイズするシステムになっている。標準モデルを元に、RTX4080搭載モデルになるように最低限のカスタマイズをしたものが表の構成だ。

メモリが16GBとなっていて、RTX4080搭載ゲーミングPCとしては正直少ない。32GBに増量すべきだ。
ストレージも500GBで少ないので1TBにカスタマイズしたいところだ。RTX4080を選ぶほどのゲーマーであれば最低でも1TBの容量が無いと物足りない。

サイコムはデフォルトで冷却性能の高いパーツを搭載しているため価格が高い。ただ、RTX4080ほど高性能で発熱量の多いグラボを選ぶなら、パーツにこだわったサイコムの高品質ゲーミングPCを選んで損はない。

RTX4080の性能とおすすめゲーミングPCまとめ

  • RTX4080はRTX3080を大きく上回る性能
  • RTX4080は4Kで100fpsを狙えるほど高性能
  • RTX4080搭載ゲーミングPCは最低でも40万円ほど

RTX4080は4Kでプレイしたいコアゲーマーだけにおすすめのグラボだ。逆に言えばコアゲーマー以外にはおすすめできない。
グラボの選び方について知りたい人は以下の記事を読むと良い。

≫【初心者でもわかる】グラボ性能の選び方とおすすめを解説

タイトルとURLをコピーしました