初めてのゲーミングPCの選び方!初心者の「わからない」を解消!

「ゲーミングPCの選び方」のアイキャッチ
管理人
管理人

「ゲーミングPCが欲しいな~って思ってるんだけど、性能とかどうやって選ぶとか全く知らないんだよね。わからないことだらけだけど大丈夫かな?」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • 初めてゲーミングPCを買う前に知っておきたいこと
  • 初めてのゲーミングPCの選び方
  • おすすめのゲーミングPCや購入について
  • 購入後、届いてからすること

このページを読めば、ゲーミングPC選びに必要な知識を一通り得て、自分に合ったゲーミングPCを見つけられるようになる。せっかくのゲーミングPCで失敗したくない人は最後まで読んでほしい。

初めてゲーミングPCを買う前に知っておきたい10のこと

初めてのゲーミングPCの選び方を解説する前に、購入前に知っておきたいことを解説する。ここで解説することを知っておかないとそもそもゲーミングPCを選ぶことができないし、無理やり選んでも後悔する可能性が高いからだ。

以下の10のことを解説していく。このページでは要点だけを解説するため、詳細を知りたい人はそれぞれのリンク先のページを読んでほしい。

  • ゲーミングPCとは普通のPCよりスペックが高いPCのこと
  • 普通のPCではゲームはできないと思って良い
  • ゲーミングPCを買うには最低でも10万円かかる
  • スペックが高いほどゲームの快適性や優位性が上がる
  • スペックを表す数値としてのフレームレート
  • グラフィックボードがゲーミングPCのスペックに直結する
  • グラフィックボードに合わせたCPUを選ぶ
  • メモリは16GBが標準構成
  • ストレージは512GBが標準構成
  • ゲーミングPC購入後に後悔する例

ゲーミングPCとは普通のPCよりスペックが高いPCのこと

ゲーミングPCと普通のPCとの違いを一言で表すと「スペックが違う」だ。

スペック差の主な要因が「グラフィックボード」というパーツを搭載しているかどうかだ。正確な定義があるわけではないが、グラフィックボードを搭載しているPCをゲーミングPCと呼ぶ。

グラフィックボードについては後述するが、ゲームなどの高負荷にも耐えられるパーツを搭載しているPCがゲーミングPCという認識でOKだ。

ゲーミングPCと普通のPCとの詳しい違いについては以下のページを参照すると良い。

≫ゲーミングPCとは?普通のPCとのできることの違いは何なの?

普通のPCではゲームはできないと思って良い

最近のPCゲームはそれなりのスペックを要求してくる。ゲームのグラフィックの質が上がっていることが1つの要因だ。
普通のPCではゲームのスペック要件を満たしておらず、プレイできないことが多い。

全てのPCゲームがプレイできないわけではないが、フォートナイトやApexのような最近の人気ゲームを快適にプレイするにはゲーミングPCが必須だ。

ゲーミングPCを買うには最低でも10万円かかる

ゲーミングPCは性能が高いため、その分価格も高くなる。最低で10万円はかかる。もっと性能が高いゲーミングPCだと40万円以上のものもある。

ただ、10~15万円のゲーミングPCは性能が高くなく将来性にも乏しいことからおすすめしていない。数万円多く予算を用意して15~20万円のゲーミングPCを選んだほうが、価格以上に性能が高くなるし満足度も高くなる。
私が最もおすすめしている価格帯が15~20万円だ。

価格帯ごとの特徴について詳しく知りたい人は以下のページを読むと良いだろう。

≫BTOゲーミングPCの価格は?初心者はどの価格帯から選ぶべき?

スペックが高いほどゲームの快適性や優位性が上がる

「10万円でゲーミングPCが買えるなら、10万円のでいいよ」と思ったかもしれない。ただ、10万円のゲーミングPCはあまりおすすめしない。快適性や優位性が低く、ゲーミングPCの利点があまりないからだ。「それならPS5で良いじゃん」ということになり得る。

せっかくゲーミングPCを買うのであれば15万円は出してほしい。15万円のゲーミングPCであれば、快適性や優位性が大きく向上するため、ゲーミングPCを買う意味があると言える。

スペックを表す数値としてのフレームレート

スペックを表す数値に「フレームレート」がある。fpsとも呼ばれる。

フレームレートは画面の滑らかさを表す数値で、数値が大きいほど画面が滑らかになる。カクカクな画面より滑らかな画面のほうが快適にプレイできるのは想像しやすいだろう。

同じゲーミングPCでも、プレイするゲームや設定によってフレームレートは大きく変わる。そのため一概には言えないが、大体のイメージは表のようになる。

フレームレート(fps)
ゲーミングPC 100fps~
PS5 60~120fps
PS4 30~60fps
Switch 30~60fps

ゲーミングPCでゲームをプレイするなら、144fpsは欲しい。一般的に高fpsと言われるのは144fps以上だからだ。

グラフィックボードがゲーミングPCのスペックに直結する

フレームレート向上に大きく貢献するのが「グラフィックボード」というパーツだ。ゲーミングPCと呼ばれる製品にはグラフィックボードが搭載されていて、このパーツがゲーミングPCのスペックに直結する。

グラフィックボードはその名の通り、グラフィックに関係する。ゲーム内の広大で美しいフィールドを描画しているのがグラフィックボードだ。

グラフィックボードの性能が高ければサクサクと描画できるため、画面の滑らかさも向上する。グラフィックボードの性能が低ければうまく描画できず、画面の滑らかさが低下する。
ゲーミングPCにおいて、グラフィックボードの性能が重要だ。

グラフィックボードに合わせたCPUが必要

ゲーミングPCに搭載されているパーツはグラフィックボードだけでなく、他にもたくさんのパーツが搭載されている。どれもないがしろにはできない。

その中でも大事なパーツが「CPU」だ。CPUはPCの脳に例えられるパーツで、グラフィックボードの制御も行っている。スペックの高いグラフィックボードを搭載したところで、それを制御するCPUの性能が追い付いていなければ意味がない。
グラフィックボードとCPUとのバランスが大事になる。

メモリは16GBが標準構成

「メモリ」はPCの作業スペースだ。マルチタスクできる量と言っても良い。4GB、8GB、16GB、32GBのどれかが搭載されているPCが多い。

私の場合、Chromeを開いている時は1.3GBのメモリを使っている。フォートナイトを起動しただけでも1.7GBものメモリを使用する。

それだけでなく、PCは常にバックグラウンドアプリが複数動いている。私たちがPCで何もしていなくても、電源を付けた時点でメモリを使っている。

メモリ使用率が70~80%に達すると、PCがまともに動作しなくなる。そのため、ゲーミングPCに搭載するなら4GBや8GBでは足りず、最低でも16GBのメモリが必要となる。
ゲーミングPCの使い方によっては32GBのメモリが必要になることもある。

≫メモリの役割とは?ゲーミングPCに必要なのは16GB?32GB?

ストレージは512GBが標準構成

ストレージは皆が「容量」と呼ぶものだ。「スマホの容量がない。いらないアプリ消さないと」と言うときの「容量」がストレージのことだ。

PCゲームはスマホゲームとは違って容量が多い。フォートナイトやApexであれば、50GBほどのストレージが必要だ。

さらに、メモリと同じく使用率が100%になってはいけない。動作が非常に重くなるからだ。そのため、ゲーミングPCには512GB以上のストレージを搭載するのが標準となっている。

≫ゲーミングPCのストレージ容量・構成は?512GB?1TB?

ゲーミングPC購入後に後悔する例

  • スペックが高すぎる/低すぎる
  • 超格安ゲーミングPCを買った
  • ゲーミングPCにふさわしい環境ではなかった

ゲーミングPCを後悔してしまう要因を知っておくことで、事前に防ぐことができる。

最も多いのがスペックに関する後悔だ。スペックはゲーム体験や価格に直結するため、後悔する可能性が高い。適当に選んでしまわないようにしよう。

他にも後悔する要因はたくさんある。別のページで詳しく解説しているので、興味のある人は見ると良いだろう。

≫ゲーミングPCを買って後悔しないためのチェックリスト

初めてのゲーミングPCの選び方

いよいよ初めてのゲーミングPCの選び方を解説する。無数にある選択肢を絞って、自分に合ったゲーミングPCを見つけてほしい。

手順は以下の通りだ。

  1. 損をしないためにも新品のゲーミングPCを選ぶ
  2. デスクトップかノートかを決める
  3. グラフィックボードの性能と価格を決める

損をしないためにも新品のゲーミングPCを選ぶ

中古のゲーミングPCはおすすめしない。パーツが古くてスペックが足りないからだ。

パーツが古いと、最新のPCゲームが十分にプレイできないといった不具合がでてくる。PCゲームの要求スペックは年々上がってきているし、既存のゲームの要求スペックが上がることもある。

さらに、中古のゲーミングPCはすぐに壊れる可能性もある。中古のパーツが既に使い古されたものであれば、買った翌日に壊れる可能性だってあるのだ。

「せっかくゲーミングPCを買ったのに、ゲームが全然できない…」ということを避けるためにも、中古ではなく新品のゲーミングPCをすすめる。

デスクトップPCかノートPCかを決める

普通のPCと同じく、ゲーミングPCにもデスクトップとノートの2種類がある。私がおすすめしているのはデスクトップだ。

デスクトップはノートに比べてメリットが多いからだ。ノートのメリットは「持ち運びができる」くらいしかない。

実際、ゲーミングPCを買った人の約70%がデスクトップPCを選んでいる。デスクトップを選んで失敗することはあまりないだろう。

≫ゲーミングデスクトップとノートのどっちを選ぶ?メリット・デメリットを比較解説

グラフィックボードの性能と価格を決める

グラフィックボードを選んでしまえば、ゲーミングPC選びの80%以上が終わったと言っても過言ではない。

グラフィックボードを選ぶコツは、性能と価格の両方から決めることだ。性能だけ見ても際限がないし、価格だけ見ると自分のやりたいことができない可能性があるからだ。

現行のグラフィックボードの大まかな性能と価格は表のようになる。「性能」の数値はベンチマークスコアを元にRTX3050を1.00として換算して、よりわかりやすくしたものだ。

グラフィックボード型番 性能 フレームレート目安 搭載PCの価格目安
RTX4090 4.19 240fps+ 50万円~
RTX4080 3.44 240fps+ 40万円~
RTX3090Ti 2.84 240fps+ 43万円~
RTX3090 2.62 240fps 35万円~
RTX3080Ti 2.55 240fps 32万円~
RTX3080(おすすめ) 2.35 220fps 25万円~
RTX3070Ti 2.04 200fps 25万円~
RTX3070 1.94 190fps 20万円~
RTX3060Ti(おすすめ) 1.69 170fps 17万円~
RTX3060(おすすめ) 1.37 144fps 14万円~
RTX3050 1.00 100fps 13万円~

私のおすすめはRTX3060・RTX3060Ti・RTX3080だ。価格と性能のバランスが取れていて、99%の人が満足できるであろう性能だからだ。特に、RTX3060・RTX3060Ti搭載のゲーミングPCは、最も多くの人が選んでいる価格帯になる。

グラボの具体的な選び方は以下のページで解説している。詳しく知りたい人は読むと良い。

≫【初心者でもわかる】グラボ性能の選び方とおすすめを解説

ゲーミングPCはBTOショップで買う

買いたいゲーミングPCが決まったら、どこで買うのかを決めなけらばならない。家電量販店やフリマサイトでもゲーミングPCは売られているが、一番のおすすめはBTOショップだ。

BTO=Build To Orderのことで、受注生産をしてくれるパソコンショップを指す。BTOショップはパソコン専門店なので安心感があるだろう。

ただここで問題になるのは、どのBTOショップで買うかだ。私が把握しているだけでも20以上のBTOショップがある。

とはいえ既存のBTOショップを大きく分けると「価格重視」「品質重視」「価格と品質の中間」の3種類に分類できる。自分が価格と品質のどちらを優先したいかによって、どのBTOショップを選べば良いかは自然と決まる。
ちなみに初心者に最もおすすめなのは価格重視のフロンティアというBTOショップだ。

BTOショップの詳しい選び方については別のページで紹介している。興味のある人は見ると良い。

≫BTOショップとは?選び方と初心者おすすめを解説!

BTOショップではパーツのカスタマイズが可能

基本構成を選んだあとに、細かいパーツをカスタマイズできるのがBTOショップの良いところだ。カスタマイズによって、自分に合ったゲーミングPCに仕上げやすくなる。

もちろん基本構成のままでもOKなので、よくわからない人はそのまま購入してもらっても構わない。

ただ、カスタマイズしたほうが良いパーツも存在する。「CPUクーラー」「グリス」の2つだ。どちらも冷却に関係する。

ゲーミングPCのパーツは大量の熱を発するため、効率良く冷却しなければゲーミングPCの寿命を縮めてしまう。「CPUクーラー」と「グリス」をグレードアップしておくことで、効率的な冷却が可能となり、ゲーミングPCを長く利用できるというわけだ。

カスタマイズについての詳しい内容は別のページで解説している。興味がある人は見ると良い。

≫BTOカスタマイズの初心者おすすめ!壊れにくいゲーミングPCにしよう!

初めてにおすすめのゲーミングPC3選

おすすめ1 おすすめ2 おすすめ3
おすすめ度 ★★★★☆ ★★★★★ ★★★★☆
CPU Core i5-12400F Core i5-12400F Core i7-12700F
グラボ(GPU) RTX3060 RTX3060Ti RTX3080
メモリ 16GB(8GB×2)
DDR4-3200
16GB(8GB×2)
DDR4-3200
32GB(16GB×2)
DDR4-3200
ストレージ 500GB M.2 NVMe SSD 1TB M.2 NVMe SSD 1TB M.2 NVMe SSD
電源 600W BRONZE 600W BRONZE 850W GOLD
価格(税込) 144,800円 169,800円 269,800円

私が最もおすすめする「フロンティア」のセール対象モデルだ。どれも過不足なく無難な構成になっている。

おすすめ1:エントリークラスの標準モデル

Core i5-12400F×RTX3060搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGXB660/WS901/NTK
CPU Intel Core i5-12400F
GPU GeForce RTX3060
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 500GB(M.2 NVMe SSD)
電源 600W 80PLUS BRONZE
価格(税込) 144,800円
性能 RTX3060の性能を見てみる
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日時点での情報

Core i5-12400F×RTX3060はかなり人気のある組み合わせだ。低価格なわりに性能が高く、フルHDで144fpsが目安だ。フォートナイトやApexのようなeスポーツ系の軽めのゲームであれば、設定次第で200fps以上も可能になる。

メモリ16GB、ストレージ512GBでゲーミングPCの標準構成になっている。

「ザ・エントリーモデル」という構成で、安く済ませたい初心者におすすめのモデルだ。

おすすめ2:ミドルクラスの標準モデル

Core i5-12400F×RTX3060Ti搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGXB660/WS15/NTK
CPU Intel Core i5-12400F
GPU GeForce RTX3060Ti
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 600W 80PLUS BRONZE
価格(税込) 164,800円(先週比+5,000円)
性能 RTX3060Tiの性能を見てみる
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日時点での情報

Core i5-12400F×RTX3060Tiも人気のある組み合わせだ。RTX3060Tiは、おすすめ1のRTX3060より性能が高く、フルHDで170fpsが目安となる。ゲームによってはWQHDでのプレイも可能なレベルだ。

メモリはおすすめ1と同じ16GBだが、ストレージが1TBに増加している。RTX3060Tiはミドルゲーマーでも満足できるスペックなため、それに合わせてストレージ容量も増やしているのだろう。

エントリー~ミドルクラスのゲーミングPCとして無駄のない構成になっている。

おすすめ3:ハイエンドクラスの標準モデル

Core i7-12700F×RTX3080搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGAGH670/WS1/NTK
CPU Intel Core i7-12700F
GPU GeForce RTX3080
メモリ 32GB(16GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 850W 80PLUS GOLD
価格(税込) 269,800円
性能 RTX3080の性能を見てみる
価格 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日時点での情報

Core i7-12700F×RTX3080は、ハイエンドモデルの標準的な組み合わせだ。RTX3080は性能がかなり高く、フルHDで220fps、4Kでも60fpsが目安となる。RTX3080の性能の高さに合わせて、CPUもi7になっている。

RTX3080を搭載するということはかなりの負荷をかけることになるため、メモリは32GBとなっている。ハイエンドモデルでは標準的だ。ストレージはおすすめ2と同じく1TBになっている。

このモデルを購入するのであれば、冷却パーツは必ずカスタマイズしておきたい。かなりの熱がでることが予想されるからだ。

ゲーミングPCが届いたらすることを知っておく

  • 設置や配線
  • マウスやディスプレイの設定
  • アプリやソフトのインストール

ゲーミングPCが届いたらすぐにゲームを開始して良いわけではない。初期設定をしておかなければゲーミングPCの意味がないからだ。

確認すべき設定項目はかなり多く、ここで解説すると長くなってしまうため、別のページで詳しく解説する。ゲーミングPCが手元に届いたら見てほしい。

≫ゲーミングPCが届いたらすること・初期設定を解説

初めてのゲーミングPCの選び方まとめ

  • 失敗しないように事前知識を得る
  • ゲーミングPCは主にグラフィックボードの性能と価格で選ぶ
  • BTOショップ「フロンティア」のセールモデルがおすすめ
  • PC到着後、初期設定をしないとゲーミングPCの意味がない

このページでは以上の内容を解説した。初めてのゲーミングPCで失敗する可能性を極限まで減らすことができるはずだ。

いろいろ選択肢が多くて迷うかもしれないが、初心者はフロンティアのセールモデルから選べば後悔しにくい。実際私が初心者の頃にフロンティアのゲーミングPCには世話になった。
お得に快適なゲーム環境を整えよう。

≫フロンティア最新セール情報!最安値モデルを見逃すな

タイトルとURLをコピーしました