RTX3080の性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

管理人
管理人

「高性能なゲーミングPCを買おうと思ってるんだけど、グラボで迷ってるんだよね。とりあえずRTX3080の性能を知りたいな」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • RTX3080の基本情報を比較
  • RTX3080のゲーム性能を比較
  • RTX3080とのバランスが良いおすすめCPU
  • RTX3080搭載のゲーミングPCをBTOセール対象モデルから紹介

RTX3080はハイエンドクラスのグラボだ。このページを読めば、RTX3080が自分に合うグラボなのかがわかるだろう。

RTX3080の基本情報を他のRTXシリーズと比較

RTX3070Ti RTX3080
(10GB/12GB)
RTX3080Ti
アーキテクチャ Ampere Ampere Ampere
GPUコア GA104 GA102 GA102
プロセス 8nm 8nm 8nm
CUDAコア 6144基 8704基/8960基 10240基
レイトレーシングコア 第2世代48基 第2世代68基/70基 第2世代80基
Tensorコア(DLSS) 第3世代192基 第3世代272基/280基 第3世代320基
ベースクロック(GHz) 1.58GHz 1.44GHz/1.26GHz 1.37GHz
ブーストクロック(GHz) 1.77GHz 1.71GHz 1.67GHz
GPUメモリ 8GB GDDR6X 10GB/12GB GDDR6X 12GB GDDR6X
メモリクロック(Gbps) 19Gbps 19Gbps 19Gbps
メモリバス幅(bit) 256bit 320bit/384bit 384bit
メモリバス帯域(GB/s) 680GB/s 760GB/s/912GB/s 912GB/s
TDP 290W 320W/350W 350W
推奨電源 750W 750W 750W

1ランク下のRTX3070Tiおよび1ランク上のRTX3080Tiと比較する。また、RTX3080には10GBモデルと12GBモデルの2モデルがある。

RTX3080のGPUコアはGA102だ。GA102の最大コア数は10752基だ。RTX3080はそのうちの81%/83%が開放されている。RTX3070Tiの142%/146%で、RTX3080Tiの85%/88%だ。コア数に関してはRTX3070Tiより大幅に増えていて、RTX3080Tiとは大差をつけられているわけではない。レイトレーシングコア・Tensorコアについても同様だ。

ベースクロックに関しては性能が高いほど小さくなる傾向にある。コア数が多くクロック数が大きいと発熱の問題が出てくるからだ。今回も例外ではなく、RTX3080(12GB)やRTX3080Tiのクロック数が小さい。

RTX3080(10GB)のメモリはRTX3070Tiより性能が上だ。GPUメモリ容量は8GB→10GBと増え、メモリバス帯域は112%となっている。RTX3080(12GB)のメモリはRTX3080Tiと同じだ。

つまりRTX3070Ti<RTX3080(10GB)<RTX3080(12GB)<RTX3080Tiという序列が明確にできている。

RTX3080はどのくらい高性能なのか?

グラフィックボード 性能 フレームレート目安 解像度目安 搭載PCの価格
RTX3090Ti 1.21 240fps+ ~4K 43万円~
RTX3090 1.11 240fps ~4K 35万円~
RTX3080Ti 1.08 240fps ~4K 32万円~
RTX3080 1.00 220fps ~4K 25万円~
RTX3070Ti 0.87 200fps ~WQHD 25万円~
RTX3070 0.83 190fps ~WQHD 20万円~
RTX3060Ti 0.73 170fps フルHD 17万円~
RTX3060 0.60 144fps フルHD 14万円~
RTX3050 0.44 100fps フルHD 13万円~

現行のゲーム用グラボを性能順に並べた。「性能」はベンチマークスコアを元に、RTX3080(10GB)を1.00として換算したものだ。「フレームレート目安」はフルHDでの平均的なフレームレートだ。

RTX3080はRTX3070Tiとは明確に線引きできている。RTX3080は4K解像度でのプレイに向いているが、RTX3070TiはWQHD向きのグラボだからだ。

RTX3080Tiと比べると確かに性能は劣る。だが価格と比べると性能差が小さい。つまりRTX3080はコスパに優れている。実はRTX3080Ti以上のグラボはコスパが悪い。RTX3090やRTX3090Tiのコスパは最悪だ。

つまりRTX3080は4K解像度向きのハイエンドグラボとして十分な性能を持ちながら、コスパにかなり優れたグラボということだ。

コスパが悪くてももっと性能の高いグラボを選びたいという予算度外視のコアなゲーマーは、RTX3080Tiについてのページを読むと良いだろう。

≫RTX3080Tiの性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

RTX3080のゲーム性能を比較

  • CPUはCore i7-12700K
  • 記載がない限りDLSS・レイトレーシングオフ
  • 全て最高設定

あくまで参考値であり、保証するものではないことに注意。RTX3080Ti以上のグラボはターゲットが明確に違うと感じているため、RTX3080Tiとの比較はしない。

RTX3070Ti RTX3080(10GB)
Halo Infinite(フルHD) 96~109 101~112
Forza Horizon 5(フルHD) 122~128 129~141
Marvel’s Guardians of tha Galaxy(レイトレオン)(フルHD) 111~131 135~144
Far Cry 6(レイトレオン)(フルHD) 90~106 114~120
Cyberpunk2077(フルHD) 91~95 99~115
Battlefield 2042(フルHD) 123~146 127~149
Watch Dogs Legion(フルHD) 83~93 94~100
Microsoft Flight Simulator(フルHD) 86~94 93~97
Fortnite(フルHD) 168~173 178~187
Halo Infinite(WQHD) 72~80 77~86
Forza Horizon 5(WQHD) 96~111 101~120
Marvel’s Guardians of tha Galaxy(レイトレオン)(WQHD) 88~98 98~110
Far Cry 6(レイトレオン)(WQHD) 87~91 95~100
Cyberpunk2077(WQHD) 59~71 65~78
Battlefield 2042(WQHD) 101~118 102~116
Watch Dogs Legion(WQHD) 73~77 76~80
Microsoft Flight Simulator(WQHD) 68~70 69~80
Fortnite(WQHD) 113~116 129~137
Halo Infinite(4K) 51~55 55~60
Forza Horizon 5(4K) 68~79 71~88
Marvel’s Guardians of tha Galaxy(レイトレオン)(4K) 51~60 62~68
Far Cry 6(レイトレオン)(4K) 60~65 60~62
Cyberpunk2077(4K) 32~33 33~35
Battlefield 2042(4K) 58~70 66~75
Watch Dogs Legion(4K) 46~52 47~55
Microsoft Flight Simulator(4K) 38~40 48~49
Fortnite(4K) 60~62 63~74

軽めのゲームであればハイエンドクラスのグラボを使う必要性がないため、どれも重いゲームの最高設定での検証とした。

RTX3080は全体的にRTX3070Tiと有意な差がある。フルHDやWQHDではRTX3070Tiでも十分なフレームレートが出ているが、4KともなるとRTX3070Tiでは少し厳しい。

RTX3080なら4Kでも60fpsでプレイできるレベルのパワーがある。一部の激重ゲームで60fpsを下回っているのは仕方がないだろう。4KでゲームをプレイしたいならRTX3080で間違いない。

4K性能は必要ないと思った場合はRTX3070Tiを検討してみてはどうだろうか。

≫RTX3070Tiの性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

RTX3080はコスパに優れ、ハイエンドで最もおすすめなグラボ

RTX3080はハイエンドグラボの中では価格が安く、コスパに優れている。

RTX3070Tiより大幅に性能が上がっていて、しかも価格もそこまで変わらない。RTX3070Tiがかわいそうになってくるレベルだ。4K解像度はRTX3070Tiでは少し厳しいため、RTX3080の出番だ。

RTX3080Tiと比べると性能は劣るが、RTX3080Tiの価格は30万円をゆうに超えてくる。RTX3080とRTX3080Tiとの間には価格の壁が立ちはだかる。この価格の壁を何とも思わないのはごくごく一部のゲーマーだけだろう。つまり、RTX3080とRTX3080Tiはターゲットとなるユーザー層が違う

RTX3080の性能の高さとコスパの良さは唯一無二の武器だ。ハイエンドモデルを求めているなら最もおすすめしたい。

RTX3080との組み合わせにおすすめなCPU

グラボの性能に合わせたCPUを選ぶことが大事だ。アンバランスだと性能を持て余してしまう可能性が高いからだ。

BTOショップでよく見かけるCPUでRTX3080とのバランスが取れているのは以下の通り。

  • Core i7-12700
  • Core i9-12900
  • Ryzen9 5900X
  • Ryzen7 5800X
  • Ryzen7 5700X

ここから選べば性能を無駄にすることがほとんどないはずだ。

RTX3080搭載のゲーミングPCをセール対象モデルから紹介!

型番 おすすめ1 おすすめ2 おすすめ3
メーカー フロンティア フロンティア フロンティア
おすすめ度 ★★★★★ ★★★ ★★★★
セール期間 ~12月9日15時 ~12月9日15時 ~12月9日15時
CPU Core i7-12700F Ryzen7 5700X Core i7-12700F
GPU GeForce RTX3080 GeForce RTX3080 GeForce RTX3080
メモリ 32GB(16GB×2)
(DDR4-3200)
16GB(8GB×2)
(DDR4-3200)
32GB(8GB×2)
(DDR5-4800)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD) 1TB(M.2 NVMe SSD) 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 850W GOLD 850W GOLD 850W GOLD
価格(税込) 269,800円 235,800円 325,800円

RTX3080搭載のゲーミングPCを、おすすめのBTOショップのセール対象モデルから紹介する。気に入ったモデルがあれば幸いだ。

おすすめ1:RTX3080搭載の標準的なゲーミングPC!

Core i7-12700F×RTX3080搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGAGH670/WS1/NTK
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU Intel Core i7-12700F
GPU GeForce RTX3080
メモリ 32GB(16GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 850W 80PLUS GOLD
価格(税込) 269,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日現在での情報

CPUにCore i7-12700Fを搭載したモデルだ。RTX3080とのバランスは良い。F付きモデルは価格が安く済むため人気のあるCPUだ。

メモリは32GB搭載でRTX3080にぴったりだ。これならWQHDや4Kでのパフォーマンスも向上する。ストレージは1TB搭載で十分だ。

CPUがF付きモデルということもあり、価格面を意識してはいるが性能も妥協のないモデルとなっている。RTX3080搭載ゲーミングPCを求めているならおすすめだ。

おすすめ2:Ryzen7搭載のコスパモデル

Ryzen7 5700X×RTX3080搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGHB550/WS1102
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU AMD Ryzen7 5700X
GPU GeForce RTX3080
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 850W 80PLUS GOLD
価格(税込) 235,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日現在での情報

CPUにRyzen7 5700Xを搭載したモデルだ。RTX3080とのバランスは良い。最近のセールではRyzen7 5700X搭載のモデルが特に安い。

メモリは16GBでRTX3080搭載モデルとしては物足りない。できれば32GBに増設したいところだ。ストレージは1TB搭載で十分な容量だ。

Ryzen7 5700Xはおすすめ1のCore i7-12700Fよりゲーム性能が劣る分、価格が安くなっている。劣ると言っても十分ではあるが、そのわずかな性能差と2万円という価格差をどう考えるかだ。コスパを重視するならこちらのおすすめ2を選ぶと良い。

おすすめ3:MSI製の品質重視のゲーミングPC

Core i7-12700F×RTX3080搭載のMSI仕様フロンティアゲーミングPC

FRMFZ790/WS1201
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU Core i7-12700F
GPU GeForce RTX3080
メモリ 32GB(16GB×2)(DDR5-4800)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 850W 80PLUS GOLD
価格(税込) 325,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日現在での情報

全体的な構成の見た目はおすすめ1と同じだが、こちらはパーツのメーカーが有名どころだ。水冷クーラー・ケース・マザーボード・グラボ・電源がMSI製で、高品質が売りのモデルとなっている。

メモリは32GBでDDR5-4800だ。クリエイティブ的作業に向いている。ストレージは1TBとなっていて標準的な容量だ。

「RTX3080搭載の高性能ゲーミングPCを買うんだし、耐久性とか冷却性能にもこだわってみるか」という人におすすめだ。

RTX3080の性能と搭載ゲーミングPCまとめ

  • RTX3080は4K解像度向けのハイエンドグラボ
  • RTX3080はハイエンドグラボの中で最もコスパが良くておすすめ
  • セール対象モデルだと24万円~

このページではRTX3080の性能解説と、搭載ゲーミングPCをBTOセール対象モデルから紹介した。RTX3080が自分に合ってそうなグラボなら検討してみると良いだろう。

グラボの選び方を知りたい人は以下のページを見てほしい。

≫【初心者でもわかる】グラボの選び方とおすすめを解説

タイトルとURLをコピーしました