PR

RTX4080Superの性能ベンチマークを比較解説【vs RTX4070Ti Super,4080,4090】

「RTX4080Superの性能ベンチマークを比較」のアイキャッチ
管理人
管理人

「RTX4080Superが新しく発売されたけど、既存のRTX4080と何が変わったの?」って人向けのページです。

グラボを選ぶとき、似たようなグラボとの違いがよくわからないという人は多い。

このページでは、RTX4080Superの性能をRTX4070Ti SuperやRTX4080、RTX4090と比較している。

このページを読めばRTX4080Superがどんな性能で自分に合っているかどうかを判断できるだけでなく、RTX4080Super搭載のゲーミングPCまで知ることができる。

RTX4080Superは4Kゲーミングとクリエイティブ向けグラボ

RTX4080SRTX4070Ti SRTX4080RTX4090
アーキテクチャAda LovelaceAda LovelaceAda LovelaceAda Lovelace
GPUコアAD103AD103AD103AD102
プロセス5nm5nm5nm5nm
CUDAコア10240基8448基9728基16384基
RTコア世代第3世代第3世代第3世代第3世代
RTコア80基66基76基128基
Tensorコア世代第4世代第4世代第4世代第4世代
Tensorコア320基264基304基512基
ベースクロック2.29GHz2.34GHz2.21GHz2.23GHz
ブーストクロック2.55GHz2.61GHz2.51GHz2.52GHz
メモリ16GB16GB16GB24GB
メモリタイプGDDR6XGDDR6XGDDR6XGDDR6X
メモリクロック23Gbps21Gbps22.4Gbps21Gbps
メモリバス幅256bit256bit256bit384bit
メモリバス帯域736GB/s672GB/s716.8GB/s1008GB/s
TDP320W285W320W450W
推奨電源750W700W750W850W

RTX4080Superはハイクラスグラボであり、4K最高設定で60fps以上を出せるほどの性能だ。

ゲームだけでなくクリエイティブ用途にも対応できる。16GBのGPUメモリによって、大抵のクリエイティブ用途を快適にこなせる。

弱点としては、他グラボと比べたときの魅力が少ないことだ。RTX4080との性能差がほぼない一方で、RTX4090との性能差が非常に大きい。
とはいえ、BTOでは既にRTX4080からRTX4080Superに置き換わっていることが多く、自作の場合も価格がほぼ同じなので、さほどデメリットにならない

4Kゲーミングを目指すヘビーゲーマーや、16GBのメモリを使用する高度なクリエイターにとって、RTX4080Superは良い選択肢になる。

4K性能を押し上げる「フレーム生成」

RTX4080Superは「フレーム生成」によって高いフレームレートを出せる。

フレーム生成とはRTX40シリーズで使える機能で、AIによってフレームを補完することで、フレームレートを飛躍的に上昇させることができる。
ただしAIによる学習が必要なので、対応済みのゲームでしか使用できないという欠点はある。

フレーム生成はWQHDや4Kといった高解像度で特に役に立つ機能なので、RTX4080Superとの相性は非常に良い。

2基のNVENCによって動画エンコードが得意

RTX4080Superには、動画エンコードを担当するNVENCが2基搭載されていて、デュアルエンコードが可能だ。1基のシングルエンコードと比べると、理論上は2倍の速度でエンコード可能となっている。

RTX4070Super以下のグラボには1基のNVENCしか搭載されておらず、動画編集メインのクリエイターはRTX4070Ti以上のグラボを選ぶメリットが大きい

RTX4080Superの性能ベンチマークを比較

RTX4080SRTX4070Ti SRTX4080RTX4090
3DMark28492244002819036489
割合100%86%99%128%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際のパフォーマンスを保証するものではない
※引用:https://benchmarks.ul.com/

3DMarkでは、RTX4080SuperとRTX4080はほぼ同じスコアとなった。

少なくともRTX4080SuperはRTX4080とRTX4090の間を埋めるグラボではなく、RTX4080からわずかにアップグレードしただけだ。
同じく発売されたRTX4070SuperRTX4070Ti Superと違って、RTX4080Superのアップグレード幅は小さい。

RTX4080Superのゲーム性能を比較

  • WQHD性能を比較
  • 4K性能を比較

WQHD性能を比較

RTX4080SRTX4070Ti SRTX4080RTX4090
Cyberpunk 2077(RT)57515671
Hogwarts Legacy1019195110
God of War168141163209
Red Dead Redemption 211196107136
The Last of Us Part 1114103107129
平均110.296.4105.6131.0
割合100%87%96%119%
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではない
※CPUはRyzen7 5800X3D、WQHD最高設定

RTX4080SuperのWQHD性能は非常に高い。かなり重いゲームの最高設定でも100fpsを超えている。
レイトレーシングを有効にしたCyberpunk 2077で60fpsに近いことを見ても、RTX4080SuperのWQHD性能は非常に高い。

ただし一方でRTX4070Ti Superと比較すると明確な優位性はない。RTX4080Superのほうが明らかに高フレームレートではあるが、WQHDならRTX4070Ti Superで十分だと言える。

WQHDであれば、RTX4080Superはオーバースペックだ。
RTX4070Ti Superの性能ベンチマークを比較解説【vs RTX4070Ti,4080】

4K性能を比較

RTX4080SRTX4070Ti SRTX4080RTX4090
Cyberpunk 2077(RT+DLSS+FG)78687799
Hogwarts Legacy61555882
God of War10792105142
Red Dead Redemption 279617896
The Last of Us Part 168596786
平均78.667.077.0101.0
割合100%85%98%128%
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではない
※CPUはRyzen7 5800X3D、4K最高設定

RTX4080Superは4K60fpsを達成できるほどの性能であり、高い4Kゲーミングが期待できる

1ランク下のRTX4070Ti Superの4K性能も高いが、60fpsに届かないケースも多い。
RTX4080Superであれば60fpsをクリアできていて、RTX4070Ti Superとの差別化がなされている。(場面によっては下回ることもあるが)

フレーム生成(FG)を使えばCyberpunk 2077でも60fpsを大きく超えていて、RTX4080Superの4K性能を押し上げてくれることがわかる。

RTX4090が最強なことには変わりないが、4KゲーミングならRTX4080Superは有力だ。
›RTX4080Super搭載のゲーミングPCを見てみる

RTX4080Superのクリエイティブ性能を比較

RTX4080SRTX4070Ti SRTX4080RTX4090
Premiere Pro94
100%
83
88%
94
100%
113
120%
Blender9756
100%
8018
82%
9604
98%
13069
134%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際のパフォーマンスを保証するものではない

RTX4080Superのクリエイティブ性能は非常に高い。

BlenderではRTX4070Ti Sに18%もの差をつけている。3Dを扱うような高度なクリエイティブ用途の場合、グラボ性能の恩恵は大きい。

最高のクリエイティブ性能を求めるならRTX4090を選ぶべきなのは言うまでもないが、価格との折り合いを付けるならRTX4080Superは非常に魅力的なグラボだ。
›RTX4080Super搭載のゲーミングPCを見てみる

RTX4080Superの消費電力とワットパフォーマンスを比較

RTX4080SRTX4070Ti SRTX4080RTX4090
Cyberpunk 2077(RT)297W277W309W315W
Hogwarts Legacy274W248W279W276W
God of War297W282W311W378W
Red Dead Redemption 2281W271W285W343W
The Last of Us Part 1238W246W239W268W
平均277.4W264.8W284.6W316.0W
ワットパフォーマンス0.400.360.370.41
※WQHD解像度
※ワットパフォーマンス=フレームレート÷消費電力

RTX4080Superの消費電力はRTX4080よりわずかに低く、ワットパフォーマンスではRTX4080に勝っている。とはいえ同じRTX40シリーズということで劇的な変化があるわけではなく、RTX4080Superを選ぶ決め手になるほどではない。

RTX4090と比べると同等クラスのワットパフォーマンスだ。

RTX4080Superの価格とコスパを比較

RTX4080SRTX4070Ti SRTX4080RTX4090
グラボ価格17.3万円13.0万円17.3万円28.0万円
搭載PC価格37万円24万円35万円43万円
コスパ(ゲーム)6.377.426.104.68
コスパ(ベンチ)0.160.190.160.13
※グラボ価格は価格.comの最安値
※搭載PC価格は、管理人が確認した限りの最安値
※コスパ(ゲーム)=平均フレームレート÷グラボ価格(万円)
※コスパ(ベンチ)=3DMark÷グラボ価格

RTX4080SuperのコスパはRTX4080と同等だ。
発売直後は価格が高くて選ぶ価値のないグラボだったが、価格が落ち着いたことによって、価格据え置きでRTX4080より高性能となった

RTX4080Superの弱点としては、BTOにおいてコスパ重視のモデルがほぼないことだ。
RTX4070Ti Super以下のPCはコスパ重視の構成があるが、RTX4080(Super)以上のPCは品質や新規格にこだわったものが多く、構成全体として高額になる。

BTOを利用するにしても自作するにしても、コスパを考えない4Kゲーマーや高度なクリエイターだけにRTX4080Superはおすすめだ。

RTX4080Super搭載のゲーミングPCを紹介

おすすめ1おすすめ2おすすめ3
外観サイコムのゲーミングPCサンプル2ツクモのゲーミングPCサンプル9フロンティアのゲーミングPCサンプル21
特徴品質重視品質×価格重視価格重視
CPUCore i7-14700K(変更可)Core i7-14700KF(変更可)Core i7-14700F
グラボRTX4080SuperRTX4080SuperRTX4080Super
価格(税込)404,440円383,800円372,800円

おすすめ1:品質重視のサイコムのスタンダードモデル

G-Master Spear Z790/D5
G-Master Spear Z790/D5
セール期間
CPUIntel Core i7-14700K(変更可)
参考:CPUの選び方を見る
グラボGeForce RTX4080Super(要変更)
メモリ16GB(8GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 SSD
価格(税込)404,440円
※2024年4月23日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらサイコムのおすすめカスタマイズを紹介を参考にすると良い

おすすめ1は、高品質なパーツを搭載していることで有名なサイコムのゲーミングPCだ。

大手BTOとは違い、パーツのメーカーや型番が公開されていて、冷却性・静音性・耐久性に優れたパーツが搭載されている。

品質や信頼性の高いゲーミングPCを求めている人におすすめだ。

おすすめ2:ツクモのフラグシップモデル

ツクモのゲーミングPC120
G-GEAR GE7J-L242/BH
セール期間
CPUIntel Core i7-14700KF(変更可)
参考:CPUの選び方を見る
グラボGeForce RTX4080Super
メモリ32GB(16GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 SSD
価格(税込)383,800円
※2024年4月11日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらツクモのBTOゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参考にすると良い

おすすめ2は、PCパーツショップとしても有名なツクモのゲーミングPCだ。

ツクモのフラグシップモデルは安さだけでなく品質にも力を入れていて、RTX4080Superのようなハイクラスグラボに丁度良い構成になっている。

品質と価格を両立したい人は必見だ。

おすすめ3:フロンティアのセールモデル

フロンティアのゲーミングPC190
FRGHLZ790/M603
セール期間~7月18日15時(セール情報記事)
CPUIntel Core i7-14700F
グラボGeForce RTX4080Super
メモリ32GB(16GB×2) DDR5-5600
ストレージ2TB M.2 SSD
価格(税込)372,800円
※2024年6月13日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらフロンティアのおすすめカスタマイズを紹介を参考にすると良い
\期間限定セール開催中/

おすすめ3は、セール頻度とセール時の安さで有名なフロンティアのゲーミングPCだ。

CPUはCore i7-14700Fで、ゲームだけでなくクリエイティブ用途など、高い汎用性を誇る。

なるべく安くRTX4080Super搭載PCを手に入れたい人は必見だ。

RTX4080Superについてよくある質問

  • RTX4080Superの推奨電源は?
  • RTX4080Superを使うと電気代はいくらになる?

RTX4080Superの推奨電源は?

公式では750Wの電源が推奨されている。

RTX4080SuperのTDPが320Wであり、仮にCore i7-14700Kを搭載すると+125Wで合計445Wだ。電源容量は使用電力の2倍ほどが良いとされているので、750Wではやや余裕がない。850Wあれば安心だ。

RTX4080Superを使うと電気代はいくらになる?

ゲーム時の消費電力平均1日5時間使用30日間使用
RTX4080Super277.4W43.00円1289.91円
RTX4070Ti Super264.8W41.04円1231.32円
RTX4080284.6W44.11円1323.39円
RTX4090316.0W48.98円1469.40円
※電気代は全国家庭電気製品公正取引協議会より、31円/kWhで計算。
※環境によって電気代は異なる

RTX4080Superの性能ベンチマークまとめ

このページでは、RTX4080Superの性能ベンチマークを比較解説した。

内容をまとめると以下の通り。

  • RTX4080Superの性能はRTX4080から微増程度
  • RTX4080と同額でRTX4080より高性能
  • 高い水準の4Kゲーミングとクリエイティブ性能を求める人だけにおすすめ

RTX4080SuperはRTX4090には手を出せないという4Kゲーマーや高度なクリエイターにとって魅力的なグラボだ。
›おすすめのRTX4080Super搭載PCを見てみる

タイトルとURLをコピーしました