RTX3050の性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介

「RTX3050の性能と搭載ゲーミングPC」のアイキャッチ
管理人
管理人

「ゲーミングPCを買おうと思ってるんだけど、なるべく安く済ませたいんだよね。RTX3050なら価格が安くて性能も十分そうだから気になってるけど、どんな感じのグラボなの?」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • RTX3050の性能をエントリークラスのグラボと比較
  • RTX3050は微妙なグラボ

RTX3050はエントリークラスのグラボだ。このページを見ればRTX3050の性能がわかり、RTX3050を選ぶべきなのかどうかを判断できるだろう。

RTX3050の基本情報

GTX1660Super RTX3050 RTX3060
アーキテクチャ Turing Ampere Ampere
GPUコア TU116 GA106 GA106
プロセス 12nm 8nm 8nm
CUDAコア 1408基 2560基 3584基
レイトレーシングコア 第2世代20基 第2世代28基
Tensorコア(DLSS) 第3世代80基 第3世代112基
ベースクロック 1.53GHz 1.55GHz 1.32GHz
ブーストクロック 1.78GHz 1.78GHz 1.78GHz
GPUメモリ 6GB GDDR6 8GB GDDR6 12GB GDDR6
メモリクロック 14Gbps 14Gbps 15Gbps
メモリバス幅 192bit 128bit 192bit
メモリバス帯域 336GB/s 224GB/s 360GB/s
TDP 125W 130W 170W
推奨電源 450W 550W 550W

BTOショップでよく扱われているローエンドのグラボ「GTX1660Super」「RTX3060」と比較する。

RTXシリーズはGTXシリーズの上位版の位置づけだ。

RTX3050のGPUコアはGA106だ。GA106の総CUDAコア数は3840で、RTX3050はちょうど3分の2に当たる2560基が開放されている。このコア数はRTX3060の71%に当たり、性能に大差をつけられていることが読み取れる。GTX1660Superと比べるとアーキテクチャ自体が違うこともあり、CUDAコア数は181%になっている。

RTX3050のGPUメモリは8GBで標準的だと言える。RTX3060の12GBが例外的なだけで、RTX3060TiやRTX3070はRTX3050と同じ8GBなので安心だ。GTX1660Superの6GBは少ない部類に入る。

ただしRTX3050はメモリバス幅が小さいためメモリバス帯域も小さい。要するにデータ転送量が小さく性能が低いということだ。

GTX1660Superとの最大の差別化はDLSS・レイトレーシングを利用できることだ。高フレームレートや高画質を実現する機能だ。GTXシリーズにはTensorコア・レイトレーシングコアがないためこれら機能が使えない。

RTX3050はローエンドグラボで性能は低め

グラフィックボード 性能 フレームレート目安 解像度目安 搭載PCの価格
RTX3090Ti 2.84 240fps+ ~4K 43万円~
RTX3090 2.62 240fps ~4K 35万円~
RTX3080Ti 2.55 240fps ~4K 32万円~
RTX3080 2.35 220fps ~4K 25万円~
RTX3070Ti 2.04 200fps ~WQHD 25~28万円
RTX3070 1.94 190fps ~WQHD 20~23万円
RTX3060Ti 1.69 170fps フルHD 17~20万円
RTX3060 1.37 144fps フルHD 14~16万円
RTX3050 1.00 100fps フルHD 13万円
GTX1660Super 0.95 100fps フルHD 12万円

現行の主要なグラボを性能順に並べた表だ。「性能」はベンチマークスコアをもとにRTX3050を1.00として換算したものだ。

RTX3050はRTXシリーズで最も下位のグラボだ。コア数で大差をつけているGTX1660Superに対してわずかな性能差しかない。GPUメモリ性能が低い影響が出ているのだろうか。

注目すべきはRTX3060との性能差および価格差だ。スコア上1.4倍近い性能差をつけられていて、フレームレートの目安も約1.4倍だ。にもかかわらず価格差は1~3万円程度しかない。時には数千円の差しかないこともある。

つまりRTX3050は圧倒的にコスパが悪い。

RTX3050のゲーム性能をRTX3060と比較

  • CPUはIntel Core i5-12400を搭載
  • DLSS・レイトレーシングオフ
  • 解像度はフルHD

ここまででRTX3050の微妙さが浮き彫りになってきた。そこでRTX3060とゲーム性能を比較してRTX3050の性能を丸裸にしていこう。

※あくまで参考値であり、保証するものではないことに注意

RTX3050 RTX3060
フォートナイト(最高設定) 78~90 112~148
フォートナイト(低設定) 194~242 221~290
フォートナイト(パフォーマンスモード) 242~317 251~433
Apex(最高設定) 94~107 128~161
Apex(低設定) 176~222 251~298
Valorant(最高設定) 214~270 263~329
Valorant(低設定) 251~354 255~367
レインボーシックスシージ(最高設定) 195~201 165~230
watch dogs legion(最高設定) 55~62 62~73
サイバーパンク2077(最高設定) 42~56 71~85
サイバーパンク2077(低設定) 84~94 107~121
Call of Duty Warzone(最高設定) 71~95 123~161
Call of Duty Warzone(低設定) 94~110 154~184
BattlefieldsⅤ(最高設定) 95~102 113~144
RUST(最高設定) 72~93 91~111
CS:GO(最高設定) 224~306 284~313
PUBG(最高設定) 74~85 134~154
PUBG(低設定) 141~204 173~221
God of War(最高設定) 33~40 51~61
Overwatch(最高設定) 127~156 181~210
Overwatch(低設定) 332~378 331~371

RTX3050・RTX3060はエントリークラスのグラボで、超高負荷がかかるようなゲームには向いていない。そのため検証のほとんどが軽めのゲームだ。一部重いゲームを入れてある。

エントリークラスとはいえ、最低限以上の性能はある。RTX3050もRTX3060も軽めのゲームや低設定、つまり低負荷の場合は高フレームレートが出ている傾向にある。

ただし高負荷をかけたときに、RTX3050はRTX3060に大差をつけられている傾向が見て取れる。RTX3050は重いゲームだと低設定でも100fpsを下回っているし、最高設定では60fps出るか出ないかくらいだ。一方RTX3060は重いゲームの低設定で100fps以上は出ていて、最高設定でも60fpsは出ている傾向にある。

60fps、100fps、144fpsあたりが超えるべきフレームレートの壁だと私は思っていて、RTX3050はそれらの壁を越えられていない。(超えているゲームもあるが)

価格差が最低で1万円しかないことを考えると、RTX3050よりRTX3060を選んだほうが満足度が高くなる。

≫RTX3060の性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

RTX3050はRTX3060に圧倒されている【搭載ゲーミングPCで比較】

RTX3050搭載モデル RTX3060搭載モデル
メーカー フロンティア フロンティア
セール期間 ~12月9日15時 ~12月9日15時
CPU Core i5-12400F Core i5-12400F
GPU RTX3050 RTX3060
メモリ 16GB(8GB×2)
DDR4-3200
16GB(8GB×2)
DDR4-3200
ストレージ 512GB M.2 NVMe SSD 500GB M.2 NVMe SSD
電源 600W 80PLUS BRONZE 600W 80PLUS BRONZE
価格(税込) 136,800円 144,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日時点での情報

フロンティアのセール対象モデルからの紹介だ。左側がRTX3050搭載モデル、右側がRTX3060搭載モデルとなる。グラボ以外の違いはない。

注目してほしいのは価格差だ。RTX3050搭載モデルは136,800円、RTX3060搭載モデルは144,800円で価格差はわずか10,000円だ。

RTX3050とRTX3060との性能差はここまでで見てきたとおり大きいが、価格差は10,000円しかない。正直この10,000円をケチるくらいであれば、ゲーミングPCを買うべきではないと思っている。

RTX3050は悪くはないが、RTX3060が強すぎる。RTX3060をおすすめする。

RTX3050の性能と搭載ゲーミングPCまとめ

  • 現行のグラボで言うと、RTX3050はGTX1660Super以上RTX3060以下の性能
  • RTX3050を選ぶくらいであればRTX3060を選んだほうが満足度が高くなる

RTX3060が性能・コスパ共に優れているせいでRTX3050はかなり霞んで見える。私が買うならRTX3060だし、知り合いにおすすめするとしてもRTX3060だろう。参考にしてもらえれば幸いだ。

グラボの選び方について知りたい人は以下のページを読むと良いだろう。

≫【初心者でもわかる】グラボの選び方とおすすめを解説

タイトルとURLをコピーしました