20万円以下で買えるゲーミングPCをBTOセールから紹介!

「15~20万円のゲーミングPC」のアイキャッチ
管理人
管理人

「ある程度スペックの高いゲーミングPCが欲しいから20万円以下で探してるんだけど、何か良いのあるかな?」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • 15~20万円のゲーミングPCの特徴
  • 15~20万円のゲーミングPCをおすすめBTOセールから紹介

価格の下限を決めないとキリがないため、15~20万円のゲーミングPCに限定する。このページを見れば、15~20万円のゲーミングPCが自分にぴったりかどうかを判断でき、お得に手に入れることができるだろう。

15~20万円のゲーミングPCの特徴

15~20万円という価格帯にあるゲーミングPCの特徴を解説する。なおあくまで目安であって、この価格帯なら絶対にこれに当てはまるというわけではないことに注意。

多くの人が選んでいる価格帯

15~20万円のゲーミングPCは多くの人が選んでいる。というのもそこまで価格が高すぎず、それでいて性能としても十分だからだ。

価格と性能の両方の面で多くのゲーマーのニーズを満たせるのが15~20万円のゲーミングPCというわけだ。

RTX3060やRTX3060Ti搭載のゲーミングPCが多い

グラフィックボード 性能 搭載PCの価格目安 フレームレート(目安)
RTX3090Ti 2.06 43万円~ 240fps+
RTX3090 1.90 35万円~ 240fps
RTX3080Ti 1.85 32万円~ 240fps
RTX3080 1.71 25万円~ 220fps
RTX3070Ti 1.49 25万円~ 200fps
RTX3070 1.41 20~23万円 190fps
RTX3060Ti 1.23 17~20万円 170fps
RTX3060 1.00 14~16万円 144fps
RTX3050 0.73 13万円 100fps

現行のグラボを性能順に並べた。「性能」はベンチマークスコアを元に、RTX3060を1.00として換算した数値だ。

15~20万円のゲーミングPCにはRTX3060やRTX3060Tiが搭載されていることが多い。最近だと、RTX3070搭載のゲーミングPCが特別価格19万円台で販売されていることもあるが、基本的にはRTX3060もしくはRTX3060Tiだと思って良い。

フルHDでの平均的なフレームレートはRTX3060が144fps、RTX3060Tiが170fpsほどだ。一般的に高fpsと言われる数値は出せるということになる。フォートナイトやApexといったeスポーツ系の軽いゲームであれば、200fps以上を出すことも可能となっている。十分すぎる性能だ。

「もっと安くて良いや」「高くて良いからもっと性能が良いやつが欲しい」と思ったなら、以下のページを読むと良いだろう。

≫15万円以下で買えるゲーミングPCをBTOセールから紹介!

≫25万円以下で買えるゲーミングPCをBTOセールから紹介!

15~20万円のゲーミングPCをBTOセールから紹介

おすすめ1 おすすめ2 おすすめ3
メーカー フロンティア フロンティア ツクモ
おすすめ度 ★★★★ ★★★★★ ★★★★☆
セール期間 ~12月9日15時 ~12月9日15時 ~12月8日10時
CPU Core i5-12400F Core i5-12400F Ryzen5 5600X
GPU RTX3060 RTX3060Ti RTX3070
メモリ 16GB(8GB×2)
DDR4-3200
16GB(8GB×2)
DDR4-3200
16GB(8GB×2)
DDR4-3200
ストレージ 500GB M.2 NVMe SSD 1TB M.2 NVMe SSD 1TB M.2 NVMe SSD
電源 600W BRONZE 600W BRONZE 750W GOLD
価格(税込) 144,800円 169,800円 182,800円

15~20万円のゲーミングPCを、おすすめのBTOセールから紹介する。おすすめ1は15万円未満だが、RTX3060搭載のモデルを取り上げないわけにはいかないため紹介する。

おすすめ1:コスパ抜群のRTX3060搭載モデル!

Core i5-12400F×RTX3060搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGXB660/WS901/NTK
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU Intel Core i5-12400F
GPU GeForce RTX3060
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 500GB(M.2 NVMe SSD)
電源 600W 80PLUS BRONZE
価格(税込) 144,800円
性能 RTX3060の性能を見てみる
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日時点の情報

RTX3060搭載のゲーミングPCだ。CPUはCore i5-12400Fで、RTX3060とのバランスは非常に良い。よく見かける組み合わせだ。

メモリは16GB、ストレージは512GBとなっていて十分な容量だ。ゲーミングPCとして必要最低限の容量なので、足りないようならカスタマイズで増設すれば良い。

全体的に見ると、RTX3060搭載ゲーミングPCの最も標準的な構成になっている。過不足ないので、このままでも問題ないだろう。この構成で15万円未満なのはかなり魅力的だ。

おすすめ2:15~20万円帯の激推しモデル!

Core i5-12400F×RTX3060Ti搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGXB660/WS15/NTK
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU Intel Core i5-12400F
GPU GeForce RTX3060Ti
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 600W 80PLUS BRONZE
価格(税込) 164,800円
性能 RTX3060Tiの性能を見てみる
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日時点の情報

RTX3060Ti搭載のモデルだ。CPUはCore i5-12400Fで、RTX3060Tiとのバランスはかなり良い。おすすめ1と同じくよく見かける組み合わせだ。

メモリは16GBでストレージは1TBでかなり余裕がある。ストレージが多いものの、標準的な構成だと言って良いだろう。

15~20万円の価格帯では最もおすすめするゲーミングPCだ。というのも、RTX3060Ti×Core i5-12400Fという組み合わせは十分なスペックを持ちながら安価でコスパに優れているからだ。
カスタマイズでメモリや電源を増やしても20万円に収まる点もポイントと言える。

おすすめ3:20万円以下のRTX3070搭載ゲーミングPC!

Ryzen5 5600X×RTX3070搭載のツクモゲーミングPC

G-GEAR GA5A-D221/B Ryzen5 5600X×RTX3070
メーカー ツクモ
セール期間 ~12月8日10時
CPU AMD Ryzen5 5600X
GPU GeForce RTX3070
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 750W 80PLUS GOLD
価格(税込) 182,800円
性能 RTX3070の性能を見てみる
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月1日時点の情報

RTX3070搭載のモデルだ。CPUはRyzen5 5600Xで、RTX3070とよくセットになっているCore i7-12700より性能は劣るものの、コスパの良さでは勝っている。
フルHDで190fpsほどが目安で、eスポーツ系の軽めのゲームであれば設定次第で240fpsが可能だ。

メモリは16GBで、標準とも少ないとも言える容量だ。とはいえゲーム用途として使うのであれば16GBで良い。動画編集などのクリエイティブ的作業にも使うのであれば32GBあったほうが安心だ。

RTX3070搭載ゲーミングPCが20万円以下なのは珍しい。特に最近だと13世代CPUを搭載したモデルも増えていて、セールモデルでも20万円を余裕で超えることもある。RTX3070搭載PCを安く手に入れたい人は必見のモデルだ。

15~20万円のゲーミングPCまとめ

  • 15~20万円のゲーミングPCは多くの人が選んでいて、性能的にもかなりおすすめできる
  • セールモデルではRTX3060・RTX3060Ti・RTX3070搭載のゲーミングPCがラインナップ

このページでは15~20万円のゲーミングPCの特徴を解説し、おすすめのBTOセールから搭載モデルを紹介した。どれも性能的にも価格的にも申し分ないモデルだ。

価格帯ごとの違いについて知りたい人は以下のページを読むと良いだろう。

≫BTOゲーミングPCの価格は?初心者はどの価格帯から選ぶべき?

タイトルとURLをコピーしました