PR

RTX4070Ti Superの性能ベンチマークを比較解説【vs RTX4070Ti,4080】

「RTX4070TiSuperの性能と搭載モデル」のアイキャッチ
管理人
管理人

「RTX4070Ti Superって、RTX4070TiやRTX4080と比べてどれくらいの性能差があるの?」って人向けのページです。

グラボを選ぶときに、同じようなグラボと何が違うのかがわからないという人は多い。

このページでは、RTX4070Ti Superの性能をRTX4070Ti,RTX4080と比較している。

このページを読めばRTX4070Ti Superがどれほどの性能なのかがわかるだけでなく、RTX4070Ti Superを搭載したゲーミングPCまで知ることができる。

RTX4070Ti Superは4Kゲーミングとクリエイティブ向けのグラボ

RTX4070Tiは4K最高設定で60fpsを目指せるほどの性能だ。RTX4070Tiと比べてGPUメモリとメモリバス幅が増えたことで、4Kにも対応しやすくなっている

メモリの強化はクリエイティブ用途でも役に立つ。高度なクリエイティブ作業の場合、GPUメモリが多いに越したことはない。

RTX4070Tiはメモリ周りがかなり貧弱という弱点があるが、RTX4070Ti Superはその弱点を解消していて、ミドルハイクラスとしての魅力が一段と増したという印象だ。

BTOでは既にRTX4070Tiに変わるグラボとして扱われていることもあり、30万円でWQHD~4K性能、高いクリエイティブ性能を求めるならRTX4070Ti Superで間違いない

4Kを現実的にする「フレーム生成」

RTX4070Ti Superは「フレーム生成」という機能によって、特定のゲームで高いフレームレートを出せる。

フレーム生成とは、AIによってフレームを補完することで、通常より高いフレームレートを実現する機能であり、RTX40シリーズ限定で使える。

AIの学習が必要なので対応済みのゲームでしか使用できないが、4Kのような高解像度で特に役に立つ。WQHD~4Kが対象になるRTX4070Ti Superと相性の良い機能だ。

2基のNVENCによって動画エンコードが得意

RTX4070Ti Superは動画エンコードを担当するNVENCが2基搭載されていて、デュアルエンコードが可能だ。1基のシングルエンコードと比べると、理論上は2倍の速度でエンコード可能となっている。

RTX4070Super以下のグラボには1基のNVENCしか搭載されておらず、動画編集メインのクリエイターはRTX4070Ti Superを選ぶメリットが大きい

RTX4070Ti Superの性能ベンチマークを比較

RTX4070Ti SRTX4070TiRTX4080
3DMark244002265228066
割合100%93%115%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際の用途で必ずしもスコア通りのパフォーマンスを発揮するとは限らない。

3DMarkでは、RTX4070Ti SuperはRTX4070TiとRTX4080の間を埋め、ややRTX4070Tiに近いスコアとなった。

メタ的なことを言えば、RTX4070Tiから進化させなければならない一方で、RTX4080と同等の性能にするわけにもいかないので、RTX4070TiとRTX4080の真ん中あたりの性能にするのは当たり前なのだ。

次は、この結果が実際のゲームでどうなるのかを見ていく。

RTX4070Ti Superのゲーム性能を比較

  • WQHD性能を比較
  • 4K性能を比較

WQHD性能を比較

RTX4070Ti SRTX4070TiRTX4080
Cyberpunk 2077(RT)514556
Hogwarts Legacy847895
God of War141126163
Red Dead Redemption 29687107
The Last of Us Part 110395115
平均95.086.2107.2
割合100%91%113%
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではない
※CPUはRyzen7 5800X3D、WQHD最高設定

RTX4070Ti SuperのWQHD性能は、RTX4070Tiにやや近い。

WQHDではGPUメモリ強化の恩恵がやや少なく、RTX4070Tiからの伸びは9%だ。
一方でRTX4080と比べると13%の差であり、RTX4070Ti SuperのWQHD性能はRTX4070Tiに近い。

RTX4070TiとRTX4080の大きな差をちょうど埋めるグラボがRTX4070Ti Superというわけだ。

BTOでは既にRTX4070Tiに変わってRTX4070Ti Super搭載モデルが出てきているところもある。依然としてRTX4080搭載モデルは1段階高額なので、WQHD性能が欲しいBTO利用者ならRTX4070Ti Superを選んで損はない。
›おすすめのRTX4070Ti Super搭載PCを見てみる

4K性能を比較

RTX4070Ti SRTX4070TiRTX4080
Cyberpunk 2077
(RT,DLSSq,FG)
685677
Hogwarts Legacy554058
God of War9283108
Red Dead Redemption 2615670
The Last of Us Part 1594667
平均67.056.276.0
割合100%84%113%
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではない
※CPUはRyzen7 5800X3D、4K最高設定

RTX4070Ti Superの4K性能はRTX4070Tiより改善されていて、4K目的で選択肢になりうるレベルだ。

RTX4070Tiはメモリ周りが貧弱な影響で、4K運用もできなくはないがやや厳しいというパフォーマンスだ。60fpsを下回っているゲームが多い。

RTX4070Ti Superはメモリ周りが強化されたおかげで、RTX4070Tiとの差はWQHDより大きい16%だ。表には記載していないが、メモリ消費量が12GBを超えているゲームもあり、16GBメモリの恩恵を受けている。

フレーム生成(FG)を使用したCyberpunk 2077において、RTX4070Ti Superは60fpsを超えた。レイトレーシング(RT)を有効にしたCyberpunk 2077は激重であることを考えると、フレーム生成の恩恵は大きい。

RTX4070Ti SuperはRTX4080以下ではあるが、RTX4070Tiより確実に4K性能が向上している。
価格差を考えると、4K目的でRTX4070Ti Superを選ぶのは理にかなっていると評価できる。
›おすすめのRTX4070Ti Super搭載PCを見てみる

RTX4070Ti Superのクリエイティブ性能を比較

RTX4070Ti SRTX4070TiRTX4080
Premiere Pro83
100%
75
90%
94
113%
Blender8018
100%
7289
91%
9604
120%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際のパフォーマンスを保証するものではない

RTX4070Ti Superはメモリが16GBに増えたおかげか、RTX4080にやや近づけている。RTX4080との差は依然としてあるものの、12GBでは足りなかった人にとって、比較的低価格なRTX4070Ti Superは魅力的な選択肢になる

高度なクリエイティブ作業になればなるほどGPUメモリを必要とする傾向にあるので、クリエイターであればRTX4070Ti Superを選ぶ理由になる。
›おすすめのRTX4070Ti Super搭載PCを見てみる

RTX4070Ti Superの消費電力とワットパフォーマンスを比較

RTX4070Ti SRTX4070TiRTX4080
Cyberpunk 2077(RT)277W261W309W
Hogwarts Legacy248W197W279W
God of War282W249W311W
Red Dead Redemption 2271W241W285W
The Last of Us Part 1246W201W239W
平均264.8W229.8W284.6W
ワットパフォーマンス0.360.380.38
※WQHD最高設定
※ワットパフォーマンス=フレームレート÷消費電力 高いほうが良い

RTX4070Ti Superの消費電力はやや多く、ワットパフォーマンスは若干悪い。

性能表ではRTX4070Ti SuperもRTX4070TiもTDPは285Wだが、実際の消費電力では大きな差があるゲームもある。一方で消費電力の差がほとんどないゲームもあり、用途によって差が変わる。

同じRTX40シリーズということでワットパフォーマンスで明確な優劣がつくことはないが、RTX4070Ti Superは若干電力を食うという結果となった。

RTX4070Ti Superの価格やコスパを比較

RTX4070Ti SRTX4070TiRTX4080
グラボ価格12.4万円~11.0万円~17.4万円~
搭載PC価格24万円~23万円~35万円~
コスパ(ゲーム)7.667.846.16
コスパ(ベンチ)0.200.210.16
※グラボ価格は価格.comの最安値
※搭載PC価格は、管理人が確認した限りの最安値
※コスパ(ゲーム)=平均フレームレート÷グラボ価格(万円)
※コスパ(ベンチ)=3DMark÷グラボ価格

RTX4070Ti SuperのコスパはRTX4070Tiより若干劣るくらいで、RTX4080よりは圧倒的に優れている。搭載PCの価格に関しても、RTX4080はハイクラスに位置づけられるので、BTOでは性能重視の構成になっていることが多く高価格だ。

RTX4070Ti SuperとRTX4070Tiの大きな違いはGPUメモリであり、GPUメモリの差が価格差と言って良い。

とはいえ、大は小を兼ねる。RTX4070Tiほどのグラボが必要な人であれば、現時点で16GBのメモリを必要としない人であっても、汎用性が更に広がるという観点からRTX4070Ti Superを選んで損はない、という評価となる。

RTX4070Ti Super搭載のおすすめゲーミングPCを紹介

おすすめ1おすすめ2おすすめ3おすすめ4
外観フロンティアのゲーミングPCサンプル4フロンティアのゲーミングPCサンプル3フロンティアのゲーミングPCサンプル15サイコムのゲーミングPCサンプル2
特徴価格×品質重視コスパ重視価格×品質重視品質重視
CPUCore i7-14700FCore i7-14700FCore i7-14700FCore i7-14700K(変更可)
グラボRTX4070Ti SRTX4070Ti SRTX4070Ti SRTX4070Ti S
価格(税込)289,800円282,000円299,980円364,600円

おすすめ1:価格×品質重視のMSIコラボモデル

フロンティアのゲーミングPC162
FRMFB760/M202
セール期間~3月29日15時(セール情報記事)
CPUIntel Core i7-14700F
グラボGeForce RTX4070Ti Super
メモリ32GB(16GB×2) DDR4-3200
ストレージ500GB M.2 NVMe SSD
1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)289,800円
※2024年2月22日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらフロンティアのおすすめカスタマイズを紹介を参考にすると良い

おすすめ1は、セール頻度とセール時の安さで有名なフロンティアのゲーミングPCだ。

このモデルはPCパーツメーカーとして有名なMSIとのコラボモデルであり、価格だけでなく品質にもこだわっている

安さだけでなく信頼性も重視したい人は必見だ。

おすすめ2:Core i7-14700F×RTX4070Ti Super搭載のコスパモデル

フロンティアのゲーミングPC169
FRGHB760/WS123
セール期間~3月8日15時(セール情報記事)
CPUIntel Core i7-14700F
グラボGeForce RTX4070Ti Super
メモリ32GB(16GB×2) DDR4-3200
ストレージ2TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)282,000円
※2024年3月1日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらフロンティアのおすすめカスタマイズを紹介を参考にすると良い

おすすめ2は、セール頻度とセール時の安さで有名なフロンティアのゲーミングPCだ。

CPUはCore i7-14700Fで汎用性が高く、RTX4070Ti Superと組み合わせるのに丁度良い

RTX4070Ti Super搭載PCとして定番の構成をお得に手に入れたい人におすすめだ。

おすすめ3:価格×品質重視のMSIコラボモデル

フロンティアのゲーミングPC164
FRMFGB760/WS116
セール期間~3月8日15時(セール情報記事)
CPUIntel Core i7-14700F
グラボGeForce RTX4070Ti Super
メモリ32GB(16GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)299,980円
※2024年3月1日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらフロンティアのおすすめカスタマイズを紹介を参考にすると良い

おすすめ3は、セール頻度とセール時の安さで有名なフロンティアのゲーミングPCだ。

このモデルはPCパーツメーカーとして有名なMSIとのコラボモデルとなっていて、安いながらに品質にも気を使っている

安さと信頼性の両方を妥協したくない人は必見だ。

おすすめ4:サイコムの高品質モデル×RTX4070Ti Super

G-Master Spear Z790/D5
G-Master Spear Z790/D5
セール期間
CPUIntel Core i7-14700K(変更可)
グラボGeForce RTX4070Ti Super(要変更)
メモリ16GB(8GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)364,600円
※2024年1月28日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらサイコムのおすすめカスタマイズを紹介を参考にすると良い

おすすめ4は、品質の高さで有名なサイコムのゲーミングPCだ。

サイコムではほとんどの搭載パーツのメーカーや型番が公開されていて、どれも信頼性の高い有名パーツだらけだ。そのぶん価格は張るが、冷却性・静音性・耐久性に優れている

信頼性をなにより重視するPC玄人におすすめだ。

RTX4070Ti Superの性能表を比較

RTX4070Ti SRTX4070TiRTX4080
アーキテクチャAda LovelaceAda LovelaceAda Lovelace
GPUコアAD103AD104AD103
プロセス5nm5nm5nm
CUDAコア8448基7680基9728基
RTコア世代第3世代第3世代第3世代
RTコア66基60基76基
Tensorコア世代第4世代第4世代第4世代
Tensorコア264基240基304基
ベースクロック2.34GHz2.31GHz2.21GHz
ブーストクロック2.61GHz2.61GHz2.51GHz
メモリ容量16GB12GB16GB
メモリタイプGDDR6XGDDR6XGDDR6X
メモリクロック21Gbps21Gbps22.4Gbps
メモリバス幅256bit192bit256bit
メモリバス帯域672GB/s504GB/s716.8GB/s
TDP285W285W320W
推奨電源700W700W750W

RTX4070Ti Superに関してよくある質問

  • RTX4070Ti Superと組み合わせるのにおすすめのCPUは?
  • RTX4070Ti Superの推奨電源は?
  • RTX4070Ti Superを使うと電気代はいくらになる?

RTX4070Ti Superと組み合わせるのにおすすめのCPUは?

PassMarkCinebench
シングル
Cinebench
マルチ
コア/スレッド
Core i9-139004814421653260524/32
Core i7-137003628021072477016/24
Ryzen7 5700X266711532138028/16

性能を重視したいならCore i9やCore i7、価格を重視したいならRyzen7 5700Xがおすすめだ。

RTX4070Ti Superの推奨電源は?

RTX4070Ti Superの推奨電源は公式では700Wだ。

RTX4070Ti SuperのTDPは285Wで、Core i7-13700Kを搭載した場合、+125Wで410Wとなる。

電源ユニットの容量は使用電力の約2倍が良いとされているので、700~800W程度であれば十分と言える。

RTX4070Ti Superを使うと電気代はいくらになる?

ゲーム時の消費電力平均1日5時間使用30日間使用
RTX4070Ti S264.8W41.04円1231.32円
RTX4070Ti229.8W35.62円1068.57円
RTX4080284.6W44.11円1323.39円
※電気代は全国家庭電気製品公正取引協議会より、31円/kWhで計算。
※環境によって電気代は異なる

RTX4070Ti Superの性能ベンチマークまとめ

このページでは、RTX4070Ti Superの性能ベンチマークをRTX4070Ti,RTX4080と比較した。

内容をまとめると以下の通り。

  • RTX4070Ti Superは4Kにも対応できるほどの性能
  • 16GBのGPUメモリは、ミドルハイクラスとして、RTX4070Tiより選ぶ価値が高い
  • ミドルハイの価格帯でゲーミングPCを探しているならRTX4070Ti Superは良い選択肢になる

RTX4070Ti Superはメモリ周りが強化されたおかげで汎用性がかなり向上し、ミドルハイクラスとして良い選択肢になりうるグラボだ。
›おすすめのRTX4070Ti Super搭載PCを見てみる

参考サイト

タイトルとURLをコピーしました