15万円以下で買えるゲーミングPCをBTOセールから紹介!

「10~15万円のゲーミングPC」のアイキャッチ
管理人
管理人

「ゲーミングPCが欲しいんだけど、なるべく安く済ませたいんだよね。せめて15万円かな。何か良いやつあるかな?」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • 10~15万円のゲーミングPCの特徴
  • 10~15万円のゲーミングPCをBTOセールから紹介

下限を決めないとキリがないため、10~15万円という価格帯に絞る。このページを読めば、10~15万円のゲーミングPCがどんなものなのかを知ることができ、もし気に入れば安く手に入れることができるだろう。

10~15万円のゲーミングPCの特徴

10~15万円のゲーミングPCの特徴を解説する。あくまで目安であり、この価格帯のゲーミングPCなら必ずこの特徴を持っているというわけではない。

そこそこ人気の価格帯

10~15万円という価格帯は、ゲーミングPCの中では最も安い部類に入る。手が出しやすく、そこそこ人気の価格帯だ。周辺機器を揃えても15~20万円に収まるだろう。

GTX1660SuperやRTX3050といったローエンドグラボを搭載

グラフィックボード 性能 搭載PCの価格目安 フレームレート(目安)
RTX3090Ti 2.84 43万円~ 240fps+
RTX3090 2.62 35万円~ 240fps
RTX3080Ti 2.55 32万円~ 240fps
RTX3080 2.35 25万円~ 220fps
RTX3070Ti 2.04 25万円~ 200fps
RTX3070 1.94 20万円~23万円 190fps
RTX3060Ti 1.69 17~20万円 170fps
RTX3060 1.37 14~16万円 144fps
RTX3050 1.00 13万円 100fps
GTX1660Super 0.95 12万円 100fps

現行のグラボを性能順に並べた。「性能」はベンチマークスコアを元に、RTX3050を1.00として換算した値だ。

10~15万円だと、GTX1660SuperやRTX3050を搭載しているモデルが多い。一部安いショップでは、14万円台でRTX3060搭載のゲーミングPCが扱われているが主流ではない。(このページでも紹介)

GTX1660SuperやRTX3050はローエンドグラボで、決して性能が高いとは言えない。平均的なフレームレートも100fpsしかなく、PS5のほうが性能が上だ。(PS5はゲーム専用機でゲーミングPCはPCであるという違いはある)

「予算は少ないけどどうしてもゲーミングPCが欲しい」という人向けだ。
「もう少し性能を上げたい」という場合は以下のページを参考にしてほしい。15~20万円のゲーミングPCについて解説している。

≫20万円以下で買えるゲーミングPCをBTOセールから紹介!

セール対象モデルは少ない

10~15万円のゲーミングPCに搭載されているGTX1660SuperやRTX3050はローエンドグラボだ。グラボに合わせてゲーミングPC全体の構成も決まってくるため、他のパーツも控えめなものとなる。
必然的にパーツの選択肢が狭くなるため、セール対象モデルも少なくなる。

一見デメリットのように思えるが、選択肢が狭まって選びやすいというメリットでもある。

10~15万円のゲーミングPCをBTOセールから紹介

おすすめ1 おすすめ2 おすすめ3
メーカー フロンティア フロンティア フロンティア
おすすめ度 ★★★★★ ★★★
セール期間 ~12月9日15時 ~12月9日15時 ~12月9日15時
CPU Core i5-12400F Core i5-12400F Ryzen5 5600X
GPU RTX3060 RTX3050 RTX3060
メモリ 16GB(8GB×2)
DDR4-3200
16GB(8GB×2)
DDR4-3200
16GB(8GB×2)
DDR4-3200
ストレージ 500GB M.2 NVMe SSD 512GB M.2 NVMe SSD 500GB M.2 NVMe SSD
電源 600W BRONZE 600W BRONZE 600W BRONZE
価格(税込) 144,800円 136,800円 144,800円

10~15万円のゲーミングPCを、おすすめのBTOセールから紹介する。

3モデル取り上げるが、最もおすすめするのは圧倒的におすすめ1だ。

おすすめ1:コスパ最強のエントリーモデル

Core i5-12400F×RTX3060搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGXB660/WS901/NTK
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU Intel Core i5-12400F
GPU GeForce RTX3060
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 500GB(M.2 NVMe SSD)
電源 600W 80PLUS BRONZE
価格(税込) 144,800円
性能 RTX3060の性能を見てみる
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日時点での情報

RTX3060搭載のゲーミングPCが15万円以下なのはなかなか珍しい。CPUはCore i5-12400FでRTX3060とのバランスはかなり良い。この組み合わせは人気が高い。

メモリは16GBでストレージは512GBだ。どちらもエントリーモデルとしては標準だ。

正直、10~15万円のゲーミングPCの中だとこれ一択と言っても過言ではない。他のモデルのほうがわずかに安いが、性能差が大きすぎる。
予算が15万円ならこのモデルを一番におすすめしたい。

おすすめ2:おすすめ1よりグラボ性能を下げたモデル

Core i5-12400F×RTX3050搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGXB660/WS14/NTK
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU Intel Core i5-12400F
GPU GeForce RTX3050
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 512GB(M.2 NVMe SSD)
電源 600W 80PLUS BRONZE
価格(税込) 136,800円
性能 RTX3050の性能を見てみる
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日時点での情報

RTX3050を搭載したモデルだ。CPUはおすすめ1と同じくCore i5-12400Fだ。この組み合わせもよく見かける。

メモリは16GBでストレージが512GBなのもおすすめ1と同様に標準的な構成と言える。

RTX3050はRTX3060と比べて性能がかなり落ちる。にもかかわらず約1万円しか安くならない。そのため、正直RTX3050はおすすめできない。この1万円をケチるくらいならゲーミングPCを買わないほうがマシだ。

おすすめ3:Ryzen搭載のコスパモデル

Ryzen5 5600X×RTX3060搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGXB550/WS1027/NTK
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU AMD Ryzen5 5600X
GPU GeForce RTX3060
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 500GB(M.2 NVMe SSD)
電源 600W 80PLUS BRONZE
価格(税込) 144,800円
性能 RTX3060の性能を見てみる
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日時点での情報

CPUをRyzen5 5600Xにしたモデルだ。RTX3060とのバランスは良い。

メモリは16GB、ストレージは500GBとなっていて、この性能に妥当な容量だ。

おすすめ1のCore i5-12400F搭載モデルよりおすすめ度は低い。というのも、Core i5-12400Fが優れモノだからだ。Intel CoreはAMD Ryzenよりゲーム性能が高い傾向にある。Ryzen5 5600Xも悪いCPUではないが、Core i5-12400Fが強すぎるためおすすめ度が低い。

10~15万円のゲーミングPCまとめ

  • 10~15万円の価格帯はローエンドモデルのゲーミングPCが多い
  • RTX3060×Core i5-12400FのゲーミングPCを圧倒的におすすめする

このページでは、10~15万円のゲーミングPCの特徴を解説し、おすすめモデルをBTOセールから紹介した。低コストのコスパの良いゲーミングPCを手に入れてほしい。

価格帯ごとのおおまかな特徴について知りたい人は以下のページを見ると良いだろう。

≫BTOゲーミングPCの価格は?初心者はどの価格帯から選ぶべき?

タイトルとURLをコピーしました