PR

RTX4070Superの性能ベンチマークを比較解説【vs RTX4070,4070Ti】

「RTX4070Superの性能と搭載モデル」のアイキャッチ
管理人
管理人

「RTX4070Superって、RTX4070とかRTX4070Tiとどれくらいの性能差があるの?ぶっちゃけ選ぶ価値ある?」って人向けのページです。

BTOでも自作でも、ミドルクラスのグラボの候補は複数あり、どれが自分にとって最適なのかを判断するのは難しい。

このページでは、RTX4070Superの性能ベンチマークを、RTX4070やRTX4070Tiと比較している。

このページを読めば、ミドルクラスの他グラボと比べたときのRTX4070Superの性能がわかり、自分に合っているかどうかを判断できるだけでなく、RTX4070Super搭載のゲーミングPCまで知ることができる。

RTX4070SuperはWQHDゲーミングやクリエイティブ用途向けのグラボ

RTX4070SRTX4070RTX4070Ti
アーキテクチャAda LovelaceAda LovelaceAda Lovelace
GPUコアAD104AD104AD104
プロセス5nm5nm5nm
CUDAコア7168基5888基7680基
RTコア世代第3世代第3世代第3世代
RTコア56基46基60基
Tensorコア世代第4世代第4世代第4世代
Tensorコア224基184基240基
ベースクロック1.98GHz1.92GHz2.31GHz
ブーストクロック2.48GHz2.48GHz2.61GHz
メモリ容量12GB12GB12GB
メモリタイプGDDR6XGDDR6XGDDR6X
メモリクロック21Gbps21Gbps21Gbps
メモリバス幅192bit192bit192bit
メモリバス帯域504GB/s504GB/s504GB/s
TDP220W200W285W
推奨電源650W650W700W

RTX4070SuperはWQHD最高設定で60fpsを目指すグラボだ。12GBのGPUメモリを搭載していることも、WQHD最高設定に対応できる一因だ。

12GBのGPUメモリはゲームだけでなくクリエイティブ用途でも役に立つ。クリエイティブ用途をメインとして使うなら、RTX4070やRTX4070Super以上のグラボを選ぶべきだ。

RTX4070Superより高性能なグラボは多数あるが、RTX4070Superは価格面で優位性がある。ミドルクラスなので、コスパ重視の構成にしやすいというメリットも無視できない。

特にBTOではRTX4070から置き換わっていることもあり、WQHDゲーミングやクリエイティブ用途での汎用性を重視したいなら、ミドルクラスの新しい選択肢としてRTX4070Superはおすすめだ。

WQHD性能を押し上げる「フレーム生成」

RTX4070Superを含むRTX40シリーズは、「フレーム生成」という機能を使用できる。

フレーム生成とは、AIでフレームを補完することで、フレームレートを飛躍的に上昇させる機能だ。AIに学習させる必要あるので対応済みのゲームでしか使えないが、RTX40シリーズの大きな特徴となっている。

RTX30シリーズ以前のグラボにもフレームレートを向上させる機能は付いているが、フレーム生成ほど強力な機能ではない。

動画編集メインならRTX4070Ti以上がおすすめ

RTX4070SuperにはNVENCが1基しかついていない。一方でRTX4070Tiには2基ついていて、デュアルエンコードが可能だ。理論上では、RTX4070TiはRTX4070Superの半分の時間でエンコードを完了できる。

動画編集メインであれば、RTX4070Tiを選んだ方が良い。
RTX4070Tiの性能ベンチマークを比較解説【vs RTX3070Ti,4070,4080】

RTX4070Superの性能ベンチマークを比較

RTX4070SRTX4070RTX4070Ti
3DMark211161787422652
割合100%85%107%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際の用途で必ずしもスコア通りのパフォーマンスを発揮するとは限らない。
※3DMarkは、グラフィック性能を測る定番ベンチマーク

RTX4070Superは性能面でかなり期待できるグラボだ。
RTX4070に15%の差をつけ、RTX4070Tiには7%のところまで迫っている。

RTX4070Superのコア数はRTX4070より多く、RTX4070Tiに近いことが影響したのだろう。RTX4070Tiの立場を危うくするレベルのスコアだ。

RTX4070Superのゲーム性能を比較

WQHDRTX4070SRTX4070RTX4070Ti
Cyberpunk 2077(RT)373545
Assassin’s Creed Mirage113102115
The Last of Us Part 1776588
Red Dead Redemption 2816987
Hogwarts Legacy(RT)756778
平均76.667.682.6
割合100%88%108%
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではないことに注意。
※CPUはRyzen7 5800X3D、WQHD最高設定

RTX4070Superは高いWQHD性能を持つグラボだ。「レイトレーシング(RT)」を有効にしたCyberpunk 2077だけは60fps以下だが、それ以外のゲームでは60fps以上を出せている。

RTX4070SuperはRTX4070とRTX4070Tiのほぼ真ん中のゲーム性能で、RTX4070Tiにやや近い。RTX4070と比べると余裕を持って60fpsを超えているので、RTX4070より優位だ。

RTX4070Tiと比べても明確に劣るわけではなく、むしろRTX4070Tiを選ぶ理由がないので、WQHD向けのグラボとして、RTX4070Superはおすすめできる。
›おすすめのRTX4070Super搭載PCを見てみる

RTX4070Superのクリエイティブ性能を比較

RTX4070SRTX4070RTX4070Ti
Premiere Pro73
100%
65
89%
75
103%
Blender6710
100%
6028
90%
7289
109%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際のパフォーマンスを保証するものではない

クリエイティブ用途でもRTX4070Superはおすすめだ。

RTX4070Superのクリエイティブ性能はRTX4070Tiにやや近い。RTX4070Tiに近いコア数を持つことが要因だろう。

RTX4070と比べると10%程度の差なので劇的な変化ではないが、RTX4070Superはクリエイティブ性能目線からも選ぶ意味のあるグラボだ。
›おすすめのRTX4070Super搭載PCを見てみる

RTX4070Superの消費電力とワットパフォーマンスを比較

RTX4070SRTX4070RTX4070Ti
Cyberpunk 2077(RT)204W185W261W
Assassin’s Creed Mirage175W173W194W
The Last of Us Part 1196W173W199W
Red Dead Redemption 2215W190W241W
Hogwarts Legacy(RT)204W182W226W
平均198.8W180.6W224.2W
ワットパフォーマンス0.390.370.37
※WQHD最高設定
※ワットパフォーマンス=フレームレート÷消費電力 高いほうが良い

ワットパフォーマンスでは、RTX4070Superがやや優れている。ゲーム性能ではRTX4070とRTX4070Tiの中間ほどだったが、消費電力ではややRTX4070寄りだからだ。

とはいえ、同じRTX40シリーズということもあり、決め手になるような差ではない。

RTX4070Superの価格とコスパを比較

RTX4070SRTX4070RTX4070Ti
グラボ価格10.0万円8.5万円11.0万円
搭載PC価格21万円19万円23万円
コスパ(ゲーム)7.667.957.51
コスパ(ベンチ)0.210.210.21
※グラボ価格は価格.comの最安値
※搭載PC価格は、管理人が確認した限りの最安値
※コスパ(ゲーム)=平均フレームレート÷グラボ価格(万円)
※コスパ(ベンチ)=3DMark÷グラボ価格

RTX4070Superの価格やコスパは標準的で、適正といったところだ。性能でRTX4070とRTX4070Tiの中間ほどだった通り、価格でも中間であり同等のコスパとなっている。

実ゲームでのコスパはRTX4070がやや優れているが、重視するような差ではない。

Superは無印の置き換え版という立ち位置なので、おそらくRTX4070は徐々に生産停止になり、RTX4070Superに置き換わっていく。RTX4070は”型落ち”のようなモデルになることを考えると、RTX4070Superを選ぶ価値はあると言える。

RTX4070Super搭載のおすすめゲーミングPCをBTOから紹介

おすすめ1おすすめ2おすすめ3
外観フロンティアのゲーミングPCサンプル20フロンティアのゲーミングPCサンプル20サイコムのゲーミングPCサンプル2
特徴コスパ重視性能×価格重視品質重視
CPURyzen7 5700XCore i7-14700FCore i7-14700K(変更可)
グラボRTX4070SRTX4070SRTX4070S
価格(税込)199,980円249,800円327,440円

おすすめ1:Ryzen7 5700X×RTX4070Super搭載のコスパ重視モデル

フロンティアのゲーミングPC184
FRGKB550/WS604/NTK
セール期間~6月28日15時(セール情報記事)
CPUAMD Ryzen7 5700X
グラボGeForce RTX4070Super
メモリ16GB(8GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)199,980円
※2024年6月21日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらフロンティアのおすすめカスタマイズを紹介を参考にすると良い
\1週間限定セール開催中/

おすすめ1は、セール頻度とセール時の安さで有名なフロンティアのゲーミングPCだ。

CPUは高コスパなRyzen7 5700Xであり、20万円以となっている。

20万円でRTX4070Super搭載PCを探している人は必見だ。

おすすめ2:Core i7-14700F×RTX4070Super搭載の性能×価格重視モデル

フロンティアのゲーミングPC175
FRGKB760/WSA/NTK
セール期間~6月28日15時(セール情報記事)
CPUIntel Core i7-14700F
グラボGeForce RTX4070Super
メモリ32GB(16GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)249,800円
※2024年6月21日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらフロンティアのおすすめカスタマイズを紹介を参考にすると良い
\1週間限定セール開催中/

おすすめ2は、セール頻度とセール時の安さで有名なフロンティアのゲーミングPCだ。

CPUはマルチ性能の高いCore i7-14700Fであり、RTX4070Superと合わせて汎用性に優れる。

スタンダードなRTX4070Super搭載モデルを選びたい人は必見だ。

おすすめ3:品質重視のサイコムのゲーミングPC×RTX4070Super

G-Master Spear Z790/D5
G-Master Spear Z790/D5
セール期間
CPUIntel Core i7-14700K(変更可)
参考:CPUの選び方を見る
グラボGeForce RTX4070Super
メモリ16GB(8GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)327,440円
※2024年4月23日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらサイコムのおすすめカスタマイズを紹介を参考にすると良い

おすすめ3は、高品質な有名パーツを採用していることで有名なサイコムのゲーミングPCだ。

サイコムのゲーミングPCには、冷却性・耐久性・静音性が優れたパーツが搭載されていて、しかもほとんどのパーツのメーカーや型番を事前に知ることができる。

品質や信頼性を重視したい人におすすめだ。

RTX4070Superに関してよくある質問

  • RTX4070Superと組み合わせるのにおすすめのCPUは?
  • RTX4070Superの推奨電源は?
  • RTX4070Superを使うと電気代はいくらになる?

RTX4070Superと組み合わせるのにおすすめのCPUは?

Cinebench
シングル
Cinebench
マルチ
コア/スレッド
Core i7-1470021403143320/28
Core i5-1440017731607410/16
Ryzen7 5700X1532142308/16

RTX4070Superはミドルクラスなので、性能重視の構成にも価格重視の構成にもしやすい。

クリエイティブ用途などでマルチ性能を重視したいならCore i7を、価格重視の構成にしたいならCore i5やRyzen7 5700Xを選ぶと良い。

RTX4070Superの推奨電源は?

RTX4070Superの推奨電源は公式では650Wだ。

RTX4070SuperのTDPは200Wで、Core i7-13700Kを搭載した場合、+125Wで325Wとなる。

電源ユニットの容量は使用電力の約2倍が良いとされているので、650Wになる。

RTX4070Superを使うと電気代はいくらになる?

ゲーム時の消費電力平均1日5時間使用30日間使用
RTX4070S198.8W30.81円924.42円
RTX4070180.6W27.99円839.79円
RTX4070Ti224.2W34.75円1042.53円
※電気代は全国家庭電気製品公正取引協議会より、31円/kWhで計算。
※環境によって電気代は異なる

RTX4070Superの性能ベンチマーク比較まとめ

このページでは、RTX4070Superの性能ベンチマークをRTX4070やRTX4070Tiと比較した。

内容をまとめると以下の通り。

  • RTX4070SuperはRTX4070のアップグレード版で、RTX4070とRTX4070Tiの中間辺りに位置する性能
  • WQHDでゲームをプレイする人や、クリエイティブ性能を重視したい人にRTX4070Superはおすすめ

RTX4070は徐々に生産停止になりRTX4070Superに置き換わることを考えると、RTX4070を選ぶ必要性はやや薄く、RTX4070Superの価値があると言える。
›おすすめのRTX4070Super搭載PCを見てみる

参考サイト

タイトルとURLをコピーしました