30万円以下で買えるゲーミングPCをBTOセールを中心に紹介!

「25~30万円のゲーミングPC」のアイキャッチ
管理人
管理人

「30万円でゲーミングPCを買いたいんだけど、何か良いのあるかな?性能はもちろんだけど、品質にも少しこだわりたいかも」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • 25~30万円のゲーミングPCの特徴
  • 25~30万円のゲーミングPCを価格と品質の両面から紹介

予算の下限を決めないと際限がなくなるため、25~30万円という範囲を設定した。このページを見れば、価格重視派も品質重視派も気に入ったゲーミングPCが見つかるだろう。

25~30万円のゲーミングPCの特徴

25~30万円のゲーミングPCの特徴を解説する。25~30万円という価格帯はゲーミングPCの中でかなり高いほうだ。ライトゲーマーにはオーバースペックになってしまう。

そんな価格帯のゲーミングPCの特徴を見ていく。

RTX3080搭載のゲーミングPCが多い

グラフィックボード 性能 搭載PCの価格目安 フレームレート(目安)
RTX3090Ti 1.21 43万円~ 240fps+
RTX3090 1.11 35万円~ 240fps
RTX3080Ti 1.08 32万円~ 240fps
RTX3080 1.00 25万円~ 220fps
RTX3070Ti 0.87 25万円~ 200fps
RTX3070 0.83 20~23万円 190fps
RTX3060Ti 0.73 17~20万円 170fps
RTX3060 0.60 14~16万円 144fps
RTX3050 0.44 13万円 100fps

現行のグラボを性能順に並べた。「性能」はベンチマークスコアを元に、RTX3080を1.00として換算した値だ。

25~30万円という価格帯ではRTX3080搭載のゲーミングPCが多い。RTX3080はかなりの上位モデルだ。フルHDなら平均で220fpsほど出すことができ、4Kでも60fpsほどの性能となっている。4Kでゲームをしたいならこの価格帯以上から選ぶ必要がある。

RTX3080の性能があれば、ゲームで困ることはまずないだろう。

「もっと安くて良いや」「もっと性能が高いものが欲しい」という人は以下のページを読むと良いだろう。

≫25万円以下で買えるゲーミングPCをBTOセールから紹介!

≫性能や品質が最強のゲーミングPCをおすすめBTOショップから紹介

コスパが良く、ハイエンドでは最もおすすめできる

25~30万円の価格帯でよく見かけるRTX3080搭載のゲーミングPCは、コスパが良いことが多い。

RTX3080はハイエンドグラボの中では一番下位だ。だが、RTX3080より上位のグラボは価格が非常に高い。先ほどの表からもわかるように、RTX3080搭載モデルの最低値が25万円前後なのに対し、RTX3080Ti搭載モデルの最低値は32万円ほどとなっている。

性能差を考えるとこの価格差は大きすぎると言わざるを得ず、25~30万円という価格帯は魅力的に映るだろう。

品質重視のゲーマーが選ぶ価格帯でもある

25~30万円のゲーミングPCはRTX3080を搭載しているというのは、あくまで大手BTOショップの場合だ。品質をより重視したBTOショップでは、RTX3080未満の性能で25~30万円のゲーミングPCもある。

そして品質を重視するゲーマーは25万円以上の予算を組むことが多い。というのも、品質をこだわろうと思ったらこのくらいの価格になるからだ。

このページでは品質こだわり派のために、品質重視のBTOショップからもゲーミングPCを紹介している。

25~30万円のゲーミングPCをBTOセールモデルを中心に紹介

おすすめ1 おすすめ2 おすすめ3
メーカー フロンティア フロンティア サイコム
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★★
セール期間 ~12月9日15時 ~2023年1月9日
CPU Core i7-12700F Core i7-13700KF Core i7-13700K(変更可)
GPU RTX3080 RTX3080 RTX3060(変更可)
メモリ 32GB(16GB×2)
DDR4-3200
32GB(16GB×2)
DDR4-3200
16GB(8GB×2)
DDR5-4800
ストレージ 1TB M.2 NVMe SSD 1TB M.2 NVMe SSD 500GB M.2 NVMe SSD
電源 850W GOLD 850W GOLD 750W GOLD
価格(税込) 269,800円 299,800円 285,800円
→272,800円

25~30万円のゲーミングPCをおすすめのBTOショップから紹介する。おすすめ1・2はどちらもセールモデルだが、おすすめ2が品質重視モデルになっている。おすすめ3はおすすめ2よりさらに品質を重視したBTOショップからの紹介だ。

おすすめ1:RTX3080搭載ゲーミングPCのド定番構成モデル

Core i7-12700F×RTX3080搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGAGH670/WS1/NTK
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU Intel Core i7-12700F
GPU GeForce RTX3080
メモリ 32GB(16GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 850W 80PLUS GOLD
価格(税込) 269,800円
性能 RTX3080の性能を見てみる
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日時点での情報

RTX3080搭載のモデルだ。CPUはCore i7-12700Fで、RTX3080とのバランスは良い。どちらも高性能だ。

メモリ32GBはこの構成にぴったりだ。16GBだと物足りないシーンが多いだろう。ストレージは1TBでこちらに関しては十分だ。

全体的に、RTX3080搭載モデルとしてはよくある構成だ。このモデルは人気が高く、毎週100台ほどセール対象になっているが毎回ほとんどが売れている。コスパが最も良いモデルの1つなのでおすすめしたい。

おすすめ2:最新Core i7-13700K搭載モデル

Core i7-13700K×RTX3080搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGH670/WS1007
メーカー フロンティア
セール期間 ~11月11日15時
CPU Intel Core i7-13700K
GPU GeForce RTX3080
メモリ 32GB(16GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 850W 80PLUS GOLD
価格(税込) 299,800円
性能 RTX3080の性能を見てみる
公式サイト

※2022年11月4日時点での情報

Core i7-13700K×RTX3080搭載のモデルだ。どちらもかなり性能が高く、バランスの取れた組み合わせだ。ハイエンドに位置付けられる性能なので、ゲーミングPCが寿命を迎えるまで現役で使えるレベルと言える。

メモリは32GBでハイエンドモデルらしい容量だ。ストレージは1TBとなっている。

Core i7-13700Kであれば、Core i7-12700FよりRTX3080の性能を引き出せる。おすすめ1よりだいぶ高いが、ちょうど30万円出せると思えるのであればおすすめしたいモデルだ。

おすすめ3:玄人向けの超こだわりゲーミングPC

G-Master Spear Z790/D5
メーカー サイコム
セール期間 ~2023年1月9日
CPU Intel Core i7-13700K(変更可)
GPU GeForce RTX3060(変更可)
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR5-4800)
ストレージ 500GB(M.2 NVMe SSD)
電源 750W 80PLUS GOLD
価格(税込) 285,800円→272,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年11月25日時点での情報

このモデルはZ790チップセットを搭載し、DDR5に対応したモデルだ。
サイコムはCPUやグラボを含め、ほぼすべてのパーツをカスタマイズできる。しかもどれも有名なパーツメーカーから選べる。メモリは新規格であるDDR5-4800からの選択だ。16~128GBから選択できる。

サイコムのゲーミングPCはどれも耐久性や冷却性に優れた高品質パーツを搭載している。つまりパフォーマンスが高く、劣化しにくいということだ。品質に価値を感じるゲーミングPC玄人に人気がある。

初心者は品質に魅力を感じにくいため、2台目以降のゲーミングPCを検討している人向けとなる。「品質とかよくわからないけど、良いって言われたから買った」というのはやめておいた方が良いだろう。

25~30万円のゲーミングPCまとめ

  • 25~30万円はRTX3080搭載モデルが多い
  • 25~30万円は品質重視のゲーマーが選ぶ価格帯でもある

このページでは25~30万円のゲーミングPCの特徴を解説し、おすすめモデルを紹介した。価格を重視したい人・品質を重視したい人の両方が自分に合ったゲーミングPCを見つけられたら幸いだ。

価格帯ごとの違いについて知りたい人は以下のページを読むと良いだろう。

≫BTOゲーミングPCの価格は?初心者はどの価格帯から選ぶべき?

タイトルとURLをコピーしました