PR

RTX4060Tiの性能ベンチマークを比較解説【vs RTX3060Ti,3070,4070】

管理人
管理人

「RTX4060Tiと他の似たようなグラボの性能差ってどれくらいなの?」って人に読んでほしいページです。

グラボを選ぶときに、同じようなグラボがたくさんあって何が違うのかがわからないというのはよくある悩みだ。

このページでは、RTX4060Tiの性能を、RTX3060Ti,RTX3070,RTX4070と比較している。

このページを読めば、RTX4060Tiと他グラボとの性能差がわかり、自分に合ったグラボかどうかを判断できるだけでなく、おすすめのRTX4060Ti搭載PCまで知ることができる。

1ランク下のRTX4060とは別ページで比較している。
RTX4060の性能ベンチマークを比較解説【vs RTX3060,3060Ti,4060Ti】

RTX4060TiはフルHDでのゲームが適正のグラボ

RTX4060TiRTX3060TiRTX4070RTX3070
アーキテクチャAda LovelaceAmpereAda LovelaceAmpere
GPUコアAD106GA104AD104GA104
プロセス5nm8nm5nm8nm
CUDAコア4352基4864基5888基5888基
RTコア世代第3世代第2世代第3世代第2世代
RTコア34基38基46基46基
Tensorコア世代第4世代第3世代第4世代第3世代
Tensorコア136基152基184基184基
ベースクロック2.31GHz1.41GHz1.92GHz1.50GHz
ブーストクロック2.54GHz1.67GHz2.48GHz1.73GHz
メモリ容量8GB/16GB8GB12GB8GB
メモリタイプGDDR6GDDR6GDDR6XGDDR6
メモリクロック18Gbps14Gbps21Gbps14Gbps
メモリバス幅128bit256bit192bit256bit
メモリバス帯域288GB/s448GB/s504GB/s448GB/s
TDP160W/165W200W200W220W
推奨電源550W600W650W650W

RTX4060TiはフルHD最高設定で60fpsを目指すグラボだ。
前身のRTX3060Tiが非常に人気の高いグラボであり、後継機にあたるRTX4060Tiも一般的なユーザーであれば満足できる性能となっている。

ただし、1ランク上のRTX4070との間には大きな壁がある。RTX4070は12GBのGPUメモリを搭載していて、WQHDゲーミングやクリエイティブ用途で高いパフォーマンスを発揮する。

趣味の動画編集程度であればRTX4060Tiでも十分すぎるのだが、仕事として行っている高度なクリエイターにとっては、RTX4060TiとRTX4070の差は非常に大きい。

RTX4060TiはフルHDでのゲームがメインで、クリエイティブ性能はおまけ程度に考えておくのが良い

フルHD性能を引き上げる「フレーム生成」

RTX4060Tiを含むRTX40シリーズは、「フレーム生成」という機能を使用できる。

フレーム生成とは、AIによってフレームを補完することで、フレームレートを飛躍的に上げることができる機能だ。RTX40シリーズのグラボでしか使用できず、RTX30シリーズと比べたときの優位性となっている

ただし、フレーム生成はAIによる学習が必要なので、対応済みのゲームでしか使用できない。とはいえ、主流なゲームなら対応していることが多い。

RTX30シリーズもRTX40シリーズも、フレームレートを向上させる「DLSS」という機能を使用できる。

RTX30シリーズはDLSS 2.0に対応していて、RTX40シリーズはDLSS 3.0に対応している。DLSS 3.0の機能の1つがフレーム生成であり、DLSS 2.0より効果が大きい。

16GB版なら汎用性が向上するが…

RTX4060TiはGPUメモリ容量の違う2種類のモデルが存在する。8GB版と16GB版だ。

16GB版は基本的な性能は8GBと同じで、汎用性だけが異なる。とはいえ、初心者が16GB版を選ぶ意味はない

ほぼすべてのフルHDゲームでは8GBもあれば十分であり、クリエイティブ用途でも8GBで十分なケースが多いからだ。特に初心者がするようなクリエイティブ作業で16GBのGPUメモリを必要とするケースはないと言って良い。

RTX4060Ti(16GB)は「大容量のGPUメモリを搭載するエントリー向けグラボ」という立ち位置なのだが、1ランク上で12GBのGPUメモリを搭載するRTX4070のほうが良いのではというのが正直なところだ。

RTX4060Tiの性能ベンチマークを比較

RTX4060Ti
8GB
RTX4060Ti
16GB
RTX3060TiRTX4070RTX3070
3DMark1348013409115931787413510
割合100%100%86%133%100%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際の用途で必ずしもスコア通りのパフォーマンスを発揮するとは限らない。
※3DMarkは、グラフィック性能を測る定番ベンチマーク

RTX4060TiはRTX3070と同等クラスの性能であり、前世代からの進化幅でいうと微妙だ。

RTX3060Ti→RTX4060Tiでの性能上昇はRTX3060Ti→RTX3070と同程度であり、1段階しか進化していない。
RTX4070以上のRTX40シリーズは2段階以上進化していることを考えると、RTX4060Tiの性能の伸びにはがっかりしてもおかしくない。

実際、RTX4060TiとRTX4070の差は33%であり、かなり大きな差が開いている。その分価格差も大きいのだが、印象として良くない。

とはいえ、RTX4060Tiは人気の高かったRTX3060Tiから確実に進化しているので、性能自体が低いわけではないということは強調しておきたい

RTX4060Tiのゲーム性能を比較

フルHDRTX4060Ti
8GB
RTX4060Ti
16GB
RTX3060TiRTX4070RTX3070
Cyberpunk 2077(RT)4344384945
The Witcher 3 NextGen(RT)4344304443
Red Dead Redemption 26363548559
The Last of Us Part 160625510274
Hogwarts Legacy8182718783
平均58.059.049.673.460.8
割合100%(基準)102%86%126%105%
※記載している平均フレームレートは目安であり、必ずしも保証するものではない。
※CPUはRyzen7 5800X3D、最高設定

RTX4060TiはフルHD最高設定で60fpsを出せるほどの性能だ。
よりリアルな描画をする「レイトレーシング(RT)」を使うと60fpsに届かないが、かなり重い処理なので仕方がない。

人気が高かったRTX3060Tiと比べると14%勝っていて、RTX4060TiのフルHD適性が高いことがわかる。
RTX3070と比べるとThe Last of Usでの差が大きい。このゲームはメモリ消費が激しく、メモリバス幅が狭いRTX4060Tiが不利になったと考えられる。

RTX4070と比べると26%の大差で負けている。RTX4070はWQHD向けのグラボであり、RTX4060Tiとは一線を画す性能だ。RTX4060Tiの時点でフルHD60fpsは達成しているので、無理してRTX4070を選ぶ必要性は薄い。

フルHD向けでかなり人気だったRTX3060Tiより高いパフォーマンスを出せているので、RTX4060TiはフルHD向けとして選ぶ価値のあるグラボだ。
≫おすすめのRTX4060Ti搭載PCを見てみる

RTX4060TiはWQHDに向いていない

WQHDRTX4060Ti
8GB
RTX4060Ti
16GB
RTX3070RTX4070
Cyberpunk 2077(RT)25272435
The Witcher 3 NextGen(RT)30313138
Red Dead Redemption 253545769
The Last of Us Part 148505664
Hogwarts Legacy55565967
平均42.243.645.454.6
割合100%(基準)103%108%129%
※記載している平均フレームレートは目安であり、必ずしも保証するものではない。
※CPUはRyzen7 5800X3D、最高設定

フルHDにおけるRTX4060TiとRTX3070の差は5%だったが、WQHDでは8%に広がっている。
フレームレート自体を見ても60fpsに届いておらず、RTX4060TiはWQHDに不向きなことがわかる。

RTX4070であればレイトレーシング(RT)なしのゲームで60fpsを達成できているので、WQHD解像度でゲームをプレイしたいならRTX4070以上のグラボが必要というわけだ。

なお、8GB版と16GB版の差は3%で16GB版が勝っている。とはいえ差が小さすぎるので、16GB版を選ぶよりはRTX4070のほうが良いというのが正直なところだ。

フレーム生成はRTX4060Tiのパフォーマンスを引き上げる

WQHDRTX4060Ti(8GB)RTX3070
Cyberpunk 2077(RT)7247
Witcher 3 NextGen(RT)6942
Hogwarts Legacy10681
DLSS平均82.356.7
ネイティブ平均36.738.0
※記載している平均フレームレートは目安であり、必ずしも保証するものではない。
※RTX4060TiはDLSS+フレーム生成、RTX3070はDLSS
※DLSSはクオリティ(品質重視)
※フレーム生成を使うには、ゲーム側が対応している必要がある

RTX4060TiはWQHD解像度に向いていないグラボだが、フレーム生成を使えばWQHDでのゲームプレイが可能になる。

WQHDではRTX3070のほうが高パフォーマンスだが、フレーム生成を使うとRTX4060Tiが圧倒的に勝っている。
レイトレーシングを有効にしても60fpsを超えることからわかるように、フレーム生成はフレームレートを飛躍的に上昇させてくれる。

ただしフレーム生成は対応済みのゲームでしか使用できない限定的な機能なので、RTX4060TiはあくまでフルHD向けのグラボだと評価しておく。
≫おすすめのRTX4060Ti搭載PCを見てみる

RTX4060Tiのクリエイティブ性能を比較

RTX4060Ti
8GB
RTX4060Ti
16GB
RTX3060TiRTX4070RTX3070
Premiere Pro
PugetBench
41.4
100%
41.2
100%
50.6
122%
69.2
167%
50.6
122%
Photoshop
PugetBench
136.4
100%
135.8
100%
132.7
97%
133.1
98%
135.8
100%
Blender4316
100%
4328
100%
3216
75%
5996
139%
3700
86%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際のパフォーマンスを保証するものではない

クリエイティブ性能目的でRTX4060Tiを選ぶのはおすすめしない

RTX4060Tiのクリエイティブ性能は低めで、他グラボに負けている項目も多い。そもそもクリエイティブ性能を重視したいなら、エントリークラスのRTX4060Tiを選ぶこと自体が間違っている。

ただしRTX4060Tiがクリエイティブ用途で使えないわけではない。PC初心者がするような動画編集程度であれば、RTX4060Tiでも余裕だ。
あくまで仕事で高度な3DCG制作をするような人や、効率を最重要視する人にとって物足りないだけであり、ほとんどの人にとってはRTX4060Tiで十分だということは言っておく。
≫おすすめのRTX4060Ti搭載PCを見てみる

RTX4060Tiの消費電力とワットパフォーマンスを比較

RTX4060TiRTX3060TiRTX4070RTX3070
Cyberpunk 2077(RT)147W208W191W242W
The Witcher 3 NextGen143W196W181W242W
Red Dead Redemption 2137W212W192W228W
The Last of Us Part 196W181W172W183W
Hogwarts Legacy120W197W171W240W
平均128.6W198.8W181.4W227.0W
ワットパフォーマンス0.450.250.400.27
※フルHD解像度
※ワットパフォーマンス=フレームレート÷消費電力 高いほうが良い

RTX4060Tiの消費電力やワットパフォーマンスはかなり優れている。
RTX3060Tiの消費電力の2/3ほどであり、RTX3070の半分より少し多いくらいに収まっている。

RTX4070の消費電力がRTX3060Tiを下回っていることからもわかるように、RTX40シリーズの消費電力はかなり低い。

RTX40シリーズではプロセスルールが細かくなって電力効率が良くなっているだけでなく、RTX4060Tiはメモリバス幅が狭いことでも消費電力が落ちている。

消費電力やワットパフォーマンスから見ても、RTX4060Tiはかなり優秀なグラボだ。

RTX4060Tiの価格とコスパを比較

RTX4060Ti
8GB
RTX4060Ti
16GB
RTX3060TiRTX4070RTX3070
グラボ価格5.6万円~6.9万円~5.4万円~8.4万円~6.0万円~
搭載PC価格14万円~16万円~19万円~
コスパ(ゲーム)10.368.559.198.7410.13
コスパ(ベンチ)0.240.190.210.210.23
※グラボ価格は価格.comの最安値
※搭載PC価格は、管理人が確認した限りの最安値
※コスパ(ゲーム)=平均フレームレート÷グラボ価格(万円)
※コスパ(ベンチ)=3DMark÷グラボ価格

RTX4060Ti(8GB)は、安価でコスパにも優れているグラボだ。

RTX4060Tiは2番目に安く、最安のRTX3060Tiと比べて2千円の差しかない。今更RTX3060Tiを選ぶ理由はないだろう。
コスパではRTX4060Tiがダントツであり、いかに優秀なのかがわかる。

性能だけでなく価格でも、RTX4060TiとRTX4070の間には大きな壁があることがわかる。グラボ単体の価格差はもちろん、搭載PCの価格差も大きい。
RTX4060Tiはエントリークラスで安さが売りなので、安さに全振りしたPCがある。一方でRTX4070はミドルクラスで性能が売りなので、安さに全振りしているPCは(少)ないのだ。

RTX4060Tiは十分なフルHDゲーミングを持っていながら、価格面でも魅力的なグラボだ。
≫おすすめのRTX4060Ti搭載PCを見てみる

RTX4060Ti搭載のおすすめゲーミングPCをBTOから紹介

おすすめ1おすすめ2おすすめ3
外観フロンティアのゲーミングPCサンプル20フロンティアのゲーミングPCサンプル20サイコムのゲーミングPCサンプル4
特徴価格重視CPU性能重視品質重視
CPUCore i5-14400FCore i7-14700FCore i5-14400F(変更可)
グラボRTX4060TiRTX4060TiRTX4060Ti
価格(税込)165,800円195,800円198,330円

おすすめ1:Core i5-14400F×RTX4060Ti搭載の価格重視モデル

フロンティアのゲーミングPC159
FRGKB760/WS402/NTK
セール期間~4月19日15時(セール情報記事)
CPUIntel Core i5-14400F
グラボGeForce RTX4060Ti
メモリ32GB(16GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)165,800円
※2024年4月12日時点での情報
※パーツのカスタマイズに迷ったらフロンティアのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い
\1週間限定セール開催中/

おすすめ1は、セール頻度とセール時の安さで有名なフロンティアのゲーミングPCだ。

CPUはCore i5-14400Fであり、RTX4060Tiと合わせてコスパに優れた構成となっている。

定番のRTX4060Ti搭載PCを安く手に入れたい人は必見だ。

おすすめ2:Core i7-14700F×RTX4060Ti搭載のCPU重視モデル

フロンティアのゲーミングPC160
FRGKB760/WS1226/NTK
セール期間~4月19日15時(セール情報記事)
CPUIntel Core i7-14700F
グラボGeForce RTX4060Ti
メモリ32GB(16GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)195,800円
※2024年4月12日時点での情報
※パーツのカスタマイズに迷ったらフロンティアのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い
\1週間限定セール開催中/

おすすめ2は、セール頻度とセール時の安さで有名なフロンティアのゲーミングPCだ。

CPUはCore i7-14700Fであり、ゲームだけというよりクリエイティブ作業に向いている

動画編集やマルチタスクをする人におすすめだ。

おすすめ3:サイコムの高品質モデル×RTX4060Ti

サイコムのG-Master Velox Ⅱ Intel Edition
G-Master Velox Ⅱ Intel Edition
セール期間~4月22日(セール情報記事)
CPUIntel Core i5-14400F(変更可)
参考:CPUの選び方を見る
グラボGeForce RTX4060Ti(要変更)
メモリ16GB(8GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 SSD
価格(税込)198,330円
※2024年3月10日時点での情報
※パーツのカスタマイズで迷ったらサイコムのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い
\期間限定セール開催中/

おすすめ3は、高品質なパーツをふんだんに搭載していることで有名なサイコムのゲーミングPCだ。

大手BTOとは違いやや高価だが、冷却性や耐久性、静音性にこだわったパーツを搭載している。

パーツのメーカーも記載されているので、品質や信頼性を重視したい人におすすめだ。

RTX4060Tiに関してよくある質問

  • RTX4060Tiはなぜ売れないのか?
  • RTX4060Ti(8GB)とRTX4060Ti(16GB)のどちらを選ぶべきか?
  • RTX4060Tiと組み合わせるのにおすすめのCPUは?
  • RTX4060Tiの推奨電源は?
  • RTX4060Tiを使うと電気代はいくらになる?
  • RTX4060TiとRTX3060Tiはどっちが良い?
  • RTX4060TiとRTX4070はどっちが良い?

RTX4060Tiはなぜ売れないのか?

RTX4060Tiが売れないと言われているのは、RTX4060Tiの性能が微妙な立ち位置だったからだ。

RTX3060Tiとの性能差が小さめなのにも関わらず、発売当初は価格差が大きかった。
RTX3060Tiの在庫がショップに残っていたこともあり、「RTX4060TiよりRTX3060Ti」という風潮があったのだ。

今ではRTX4060Tiの価格が下がっていて、RTX3060Tiとの価格差がかなり小さい。BTOでのRTX3060Tiの扱いも減ってきているので、いよいよRTX4060Tiの出番という印象だ。

RTX4060Ti(8GB)とRTX4060Ti(16GB)のどちらを選ぶべきか?

ほとんどの人はRTX4060Ti(8GB)を選ぶべきだ。

このページで見てきたように、RTX4060Ti(8GB)とRTX4060Ti(16GB)に性能差はないと言って良い。

8GB以上のGPUメモリがあると快適になる用途(画像生成AIなど)でのみ、RTX4060Ti(16GB)の活躍が見込める。とはいえ、RTX4060Ti(16GB)を選ぶくらいなら12GBのRTX4070を選んだほうが良い
RTX4070の性能ベンチマークを比較解説

RTX4060Tiと組み合わせるのにおすすめのCPUは?

Cinebench
シングル
Cinebench
マルチ
コア/スレッド
Core i5-1440017731607410/16
Core i7-1470021403143320/28
Ryzen5 5600X1593109886/12
Ryzen7 5700X1532138028/16

RTX4060Tiはエントリークラスのグラボなので、CPUはCore i5-14400が最もおすすめだ。過不足なく、持て余すことが少ない。
クリエイティブ用途などでCPU性能も重視したいのであれば、Core i7-14700を選ぶと良い。

Ryzenは性能こそCore i5-14400に劣るが、価格を重視するなら魅力的な選択肢だ。

RTX4060Tiの推奨電源は?

RTX4060Tiの公式の推奨電源は550Wだ。

RTX4060TiのTDPは160Wで、Core i5-13400をCPUに採用する場合、65Wが加算される。
その他パーツのぶんと、使用電力の2倍ほどの電源ユニットが望ましいことを加味すると、おおよそ550Wになる。

RTX4060Tiを使うと電気代はいくらになる?

ゲーム時の消費電力平均1日5時間使用30日間使用
RTX4060Ti128.6W19.93円597.99円
RTX3060Ti198.8W30.81円924.42円
RTX4070181.4W28.12円843.51円
RTX3070227.0W35.19円1055.55円
※電気代は全国家庭電気製品公正取引協議会より、31円/kWhで計算。
※環境によって電気代は異なる

RTX4060TiとRTX3060Tiはどっちが良い?

今選ぶならRTX4060Tiをおすすめする

RTX4060TiとRTX3060Tiの価格差が縮まっている今、性能や機能面から考えて、古いRTX3060Tiを選ぶ理由は乏しい。

RTX4060TiとRTX4070はどっちが良い?

フルHDでゲームをするだけならRTX4060Tiで十分と言える。このページで見てきたように、RTX4060TiはフルHD適性が高く、快適にプレイ可能だ。

WQHD解像度でゲームをしたり、クリエイティブ性能を重視したいならRTX4070がおすすめだ。
RTX4060TiとRTX4070の性能差は大きい上に、RTX4070は12GBのGPUメモリを持つからだ。

幅広い用途で使いたいならRTX4070をおすすめする。
RTX4070の性能ベンチマークを比較解説

RTX4060Tiの性能ベンチマーク比較まとめ

このページでは、RTX4060Tiの性能ベンチマークをRTX3060Ti,RTX3070,RTX4070と比較した。

RTX4060Tiについてまとめると以下の通り。

  • フルHDが適正のエントリークラスグラボ
  • RTX4070とは性能や価格で大きな差があるが、選ぶべきターゲットも変わる
  • フレーム生成やコスパの良さ、新世代の将来性など、総合的に考えるとエントリークラスでの候補になるグラボ

RTX4060Tiは、すでにRTX3060Tiを使っている人が乗り換えるほど飛び抜けた性能ではないが、新規の人や古いグラボを使っている人がエントリークラスのグラボを選ぶ際には良い選択肢になる。
›おすすめのRTX4060Ti搭載PCを見てみる

RTX4060Tiを選ぶかどうかを決めきれなかった人や、どのグラボを選べば良いのかわからない人は以下のページを参考にすると良い。
≫ゲーミングPCに載せるグラボ性能の選び方とおすすめを初心者でもわかるように解説

参考サイト

このページで紹介したベンチマークスコアは、以下のサイトから引用している。

タイトルとURLをコピーしました