PR

Core i9-14900/14900Kの性能ベンチマークを比較解説

「Core i9-14900/14900Kの性能ベンチマークと搭載モデル」のアイキャッチ
管理人
管理人

「Core i9-14900Kの性能ってどのくらいなの?一番高性能なCPUが欲しいから気になってるんだよね」って人に読んでほしいページです。

CPUを選ぶとき、他の似たようなCPUとの違いがよくわからないという人は多い。

このページでは、Core i9-14900/14900Kの性能をCore i7-14700Kなどの他CPUと比較している。

このページを読めば、Core i9-14900/14900Kがどれほどの性能で、自分に合っているかどうかがわかるだけでなく、Core i9-14900/14900Kを搭載したゲーミングPCまで知ることができる。

Core i9-14900/14900Kはクリエイター向けCPU

i9-14900K
i9-14900
i9-13900Ki7-14700KR9 7950X3D
コア数(P/E)8コア/16コア8コア/16コア8コア/12コア16コア
スレッド数32スレッド32スレッド28スレッド32スレッド
定格クロック(P/E)3.2GHz/2.4GHz
2.0GHz/1.5GHz
3.0GHz/2.2GHz3.4GHz/2.5GHz4.2GHz
最大クロック(P/E)5.6GHz/4.4GHz
5.4GHz/4.3GHz
5.4GHz/4.3GHz5.5GHz/4.3GHz5.7GHz
L2/L3キャッシュ32MB/36MB32MB/36MB28MB/33MB16MB/128MB
PCI-Express
(Gen/レーン)
5.0/16レーン,
4.0/4レーン
5.0/16レーン
4.0/4レーン
5.0/16レーン
4.0/4レーン
5.0/24レーン
対応メモリDDR5-5600,
DDR4-3200
DDR5-5600
DDR4-3200
DDR5-5600
DDR4-3200
DDR5-5200
基本消費電力125W
65W
125W125W120W

Core i9-14900/14900K最大の売りは、コア数の多さ(24コア)によるクリエイティブ性能だ。

クリエイティブ用途では多くのコア数を必要とするケースが多く、クリエイターにとってはコア数が多いほど良い。

一方でゲームでは6~8コアで十分であり、24コアのCore i9-14900/14900Kを選ぶ意味はほぼない。

Core i9は一般的なCPUの中で最高グレードであり、高度な作業を行うクリエイター向けだ。

PコアとEコアに分かれている

Core i9-14900KのコアはPコア/Eコアの2種類に分かれている。作業内容によってコアを使い分けることでパフォーマンスを向上させる技術で、特にマルチタスクで恩恵が大きい

例えばゲーム+配信の場合、メインのゲームを高性能なPコアが処理し、バックグラウンドのゲームを低性能高効率なEコアが処理する。作業によってコアを分けることで、高いフレームレートを出せるのだ。

役割分担することで、全体として高いパフォーマンスを出せる仕組みになっている。

「APO」という機能を使える

Core i9-14900Kは「APO」という機能を使える。(14世代のCPUで使える機能)

APO=Application Performance Optimizerのことで、特定のゲームにおいてフレームレートを向上させる機能だ。

ゲームにおいてはPコアが処理をする仕様になっているが、一部のゲームではうまくPコアに割り振ることができず、低性能なEコアも使ってしまっている。

そこでAPOを使い、強制的にPコアに処理を割り振ることで、フレームレートが向上するわけだ。

とはいえ、Pコア/Eコアの振り分けがうまくいかないゲームのうち、さらに一部のゲームしかAPOは対応していない。
APOはかゆいところに手が届くような機能だが、APO目当てでCore i9-14900Kを選ぶほどではない

Core i9-14900/14900Kの性能ベンチマークを比較

i9-14900Ki9-14900i9-13900Ki7-14700KR9 7950X3D
Cinebench
シングル
2358
100%
2242
95%
2241
95%
2228
94%
2043
87%
Cinebench
マルチ
38469
100%
33820
88%
39652
103%
33572
87%
38571
100%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際のパフォーマンスを保証するものではない

Core i9-14900Kの性能は十分すぎるほどに高いが、前世代のCore i9-13900Kと比べて性能差が小さすぎる。マルチスコアではなぜかCore i9-13900Kが勝ってしまっている。

Core i9-13900K→Core i9-14900Kでの変化は、クロックが少し上がっただけであり、クロックが多少上がった程度では、劇的な性能向上は見られないのだ。

さらに、Core i9-14900Kは低性能なEコアで数を盛っているため、コア数で劣るはずのRyzen9 7950X3Dと同等のマルチスコアになっている。

Core i9-14900KはCore i9-13900Kや他CPUとの差が小さく、少なくともCore i9-13900Kから乗り換えるような性能ではない。

Core i9-14900/14900Kのゲーム性能を比較

Core i9-14900とCore i9-14900Kとでゲーム性能の違いはほとんどないので、Core i9-14900は省略している。

i9-14900Ki9-13900Ki7-14700KR9 7950X3D
Starfield127124108103
Horizon Zero Dawn229221223271
Cyberpunk 2077126121120119
Forza Horizon264256244268
Microsoft Flight Simulator114107114137
平均172165.8161.8179.6
割合100%96%94%104%
※フルHD最高、RTX4090
※記載している平均フレームレートは目安であり、実際のパフォーマンスを保証するものではない

Core i9-14900Kのゲーム性能は最強クラスだと言って良い。全体的にかなり高いフレームレートを出せている。

格下であるCore i9-13900KやCore i7-14700Kに勝っているのはもちろんだが、最強格のRyzen9 7950X3Dに対しても勝っているゲームがある。
Ryzen9 7950X3Dの3D V-Cacheがうまく発揮するゲームではCore i9-14900Kは負けているが、総合的に見れば同等クラスのゲーム性能と言える。

Ryzen9 7950X3Dは爆発力はあるが空回りもするタイプのゲーム性能である一方で、Core i9-14900Kは安定的に高いフレームレートを出せるという意味で、Core i9-14900Kは最強クラスのゲーム性能を誇ると言っても過言ではない。
›おすすめのCore i9-14900K搭載PCを見てみる

Core i9-14900/14900Kのクリエイティブ性能を比較

i9-14900Ki9-14900i9-13900Ki7-14700KR9 7950X3D
Blender522
100%
505
97%
516
99%
470
90%
551
106%
PCMark10
画像編集
24862
100%
25236
102%
24977
100%
22296
90%
28964
116%
PCMark10
動画編集
8827
100%
8725
99%
8847
100%
8700
99%
8346
95%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際のパフォーマンスを保証するものではない

Core i9-14900/14900Kのクリエイティブ性能は高水準だが、イマイチ光るものがない。

Core i9-13900Kとほぼ同等のクリエイティブ性能であり、1世代進化したとは思えない。
Ryzen9 7950X3Dには負けている項目もあり、クリエイティブ性能を重視したいならRyzenのほうが優秀だ。

とはいえCore i9-14900/14900KはRyzenより主流であり、BTOでの搭載モデル数も多い。
Core i9-14900/14900Kのクリエイティブ性能が低いわけではないので、主流なCPUが欲しいクリエイターにおすすめだ。

Core i9-14900/14900Kの価格とコスパを比較

i9-14900Ki9-14900i9-13900Ki7-14700KR9 7950X3D
価格8.9万円8.9万円8.8万円6.7万円9.9万円
コスパ(ゲーム)19.3318.8424.1518.14
コスパ(ベンチ)0.430.380.450.500.39
※価格は価格.comの最安値
※コスパ(ゲーム)=平均フレームレート÷価格(万円)
※コスパ(ベンチ)=Cinebench(マルチ)÷価格(円)

Core i9-14900/14900Kの価格はかなり高く、コスパは標準的だ。

注目すべきはCore i7-14700Kとの価格差・コスパ差だ。Core i7-14700KはCore i9-14900/14900Kより2万円以上安く、コスパも非常に優れている。

Core i7-14700Kは20コア28スレッドでありCore i9-14900/14900Kに近いマルチ性能を持っていることから、ほとんどの人はCore i7-14700Kで良いというのが正直なところだ。
Core i7-14700/14700Kの性能ベンチマークを比較解説

「経験上、Core i9じゃないと作業が捗らない」という高度なクリエイターだけがCore i9-14900/14900Kを選ぶべきだ。
›おすすめのCore i9-14900K搭載PCを見てみる

Core i9-14900/14900K搭載のおすすめゲーミングPCを紹介

おすすめ1おすすめ2
外観サイコムのゲーミングPCサンプル2ツクモのゲーミングPCサンプル9
特徴品質重視品質×価格重視
CPUCore i9-14900KCore i9-14900K
グラボRTX4060(変更可)RTX4080S(変更可)
価格(税込)311,450円449,800円

Core i9-14900Kを搭載するゲーミングPCを、おすすめのBTOから紹介する。

Core i9-13900Kとの価格差がほぼなかったり、既にCore i9-13900Kから置き換わっているBTOだ。

おすすめ1:サイコムのスタンダードモデル×Core i9-14900K

G-Master Spear Z790/D5
G-Master Spear Z790/D5
セール期間~8月26日(セール情報記事)
CPUIntel Core i9-14900K(要変更)
グラボGeForce RTX4060(変更可)
参考:グラボの選び方を見る
メモリ16GB(8GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 SSD
価格(税込)311,450円
※2024年6月23日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらBTOパソコンのおすすめカスタマイズを紹介を参考にすると良い
\期間限定セール開催中/

おすすめ1は、高品質パーツをふんだんに採用していることで有名なサイコムのゲーミングPCだ。

大手BTOとは違い、搭載パーツのメーカーや型番が公開されていて、冷却性・静音性・耐久性に優れたパーツが採用されている。

品質や信頼性を重視したいヘビーユーザーは必見だ。

おすすめ2:ツクモのフラグシップモデル×Core i9-14900K

ツクモのゲーミングPC123
G-GEAR GE9J-M242/ZBH
セール期間
CPUIntel Core i9-14900K
グラボGeForce RTX4080Super(変更可)
参考:グラボの選び方を見る
メモリ32GB(16GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 SSD
価格(税込)449,800円
※2024年4月11日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらBTOパソコンのおすすめカスタマイズを紹介を参考にすると良い

おすすめ2は、PCパーツショップとしても有名なツクモのゲーミングPCだ。

一部搭載パーツのメーカーや型番が公開されていて、品質にも力入っているフラグシップモデルとなる。

価格だけでなく品質にもこだわりたい人におすすめだ。

Core i9-14900/14900Kに関してよくある質問

  • Core i9-14900/14900KとCore i9-14900F/14900KFの違いは何?
  • Core i9-14900/14900Kと組み合わせるのにおすすめのグラボは?
  • Core i9-14900/14900Kのソケット、対応マザーボードは?

Core i9-14900/14900KとCore i9-14900F/14900KFの違いは何?

Core i9-14900/14900KとCore i9-14900F/14900KFの違いは、CPU単体で映像出力できるかどうかだ。

Core i9-14900/14900Kはグラボがなくても映像出力可能だが、Core i9-14900F/14900KFはグラボがないと映像出力できない。そのぶんCore i9-14900F/14900KFのほうが数千円安い。

ゲーミングPCであればグラボを搭載するので、Core i9-14900F/14900KFを選んで問題ない
ただし、グラボが故障したときに画面が映らなくなり、何もできなくなるというデメリットがある。

Core i9-14900/14900Kと組み合わせるのにおすすめのグラボは?

3DMarkGPUメモリ
RTX4070Ti Super2440016GB
RTX4080Super2849216GB
RTX40903596424GB

Core i9-14900/14900KはハイエンドCPUなので、高性能なグラボと組み合わせたい。

ミドルハイのRTX4070Ti Super以上であれば、Core i9-14900/14900Kとのバランスが良いと言える。
RTX4070Ti Super以上のグラボは4Kでのゲームプレイができるほどの性能であり、GPUメモリが16GB以上あることから汎用性も非常に高い。

Core i9-14900/14900Kのソケット、対応マザーボードは?

Core i9-14900/14900KのソケットはLGA1700で、インテル600シリーズ・700シリーズのマザーボードに対応している。

Core i9-14900Kはオーバークロックが可能なK付きCPUなので、性能を活かすためにもZ690やZ790のマザーボードがおすすめだ。

Z690やZ790は、12世代・13世代CPUでも使用可能なため、流用することもできる。ただし、BIOSの更新が必要になる場合があることに注意。

なお、LGA1700は14世代までであり、15世代では新しいソケットに変わる。15世代以降には流用できない。

Core i9-14900/14900Kの性能ベンチマークの比較まとめ

このページでは、Core i9-14900/14900Kの性能ベンチマークを比較した。

Core i9-14900/14900Kについてまとめると以下の通り。

  • Core i9-14900/14900Kの性能は、Core i9-13900Kから微増程度
  • Core i7では性能不足なことが経験上わかっているクリエイターだけがCore i9-14900/14900Kを選ぶべき
  • ほとんどの人はCore i7-14700Kで良い

Core i9-14900/14900Kは高度なクリエイターにだけおすすめできるハイエンドCPUだ。
›おすすめのCore i9-14900/14900K搭載PCを見てみる

タイトルとURLをコピーしました