PR

Ryzen9 7950X3Dの性能ベンチマークを比較解説

「Ryzen9 7950X3Dの性能と搭載モデル」のアイキャッチ
管理人
管理人

「Ryzen9 7950X3Dってゲーム性能がかなり高いCPUって聞いたけど、実際どんな感じなの?他のCPUより高フレームレートが出せるの?」って人に読んでほしいページです。

このページの内容は以下の通り。

  • Ryzen9 7950X3Dの特徴を解説
  • Ryzen9 7950X3Dの性能ベンチマークを比較解説
  • Ryzen9 7950X3Dを搭載しているゲーミングPCをBTOショップから紹介

Ryzen9 7950X3Dは2023年3月に発売開始された、AMDが誇るゲーミングCPUだ。

このページを読めば、Ryzen9 7950X3DがどんなCPUなのかがわかり、自分に合っているかどうか判断できるだけでなく、おすすめのRyzen9 7950X3D搭載PCまで知ることができる。

Ryzen9 7950X3Dの特徴

Ryzen9 7950X3Dは「3D V-Cache」によって最高峰のゲーム性能を誇るだけでなく、16コアというコア数の多さによって最高峰のクリエイティブ性能も兼ね備えているCPUだ。

ハイエンドCPUであり、技術を必要とする3D V-Cacheまで搭載しているので価格は高い。

とはいえしっかりと高いパフォーマンスを出してくれるので、ゲーマー兼クリエイターのような人におすすめのCPUとなっている。

特徴1:3D V-Cacheによって高いゲーム性能を誇る

Ryzen9 7950X3Dには「3D V-Cache」という追加のL3キャッシュ(=CPUを補佐するデータ保管庫)が搭載されている。3D V-Cacheによって、ゲームのフレームレートを高くできる。

ゲームではプレイヤーの行動が予測できず(コンピューターから見て予測できないという意味)、行動の度に新しいテクスチャーやアニメーション、サウンドなどのデータをロードしなければらない。

L3キャッシュが少ない場合、L3キャッシュより10倍ほど遅いメインメモリまでデータを取りに行く必要があり、時間がかかってしまう。CPUが扱えるデータの量が減ってしまうと言い換えても良い。

3D V-CacheによってL3キャッシュが増えれば、高速なL3キャッシュに大量のデータを保持しておけるので、データへのアクセス速度が上がる。プレイヤーの不測の行動に対処できるので、フレームレートが高くなるという仕組みだ。

特徴2:3D V-Cacheが搭載されているのは8コアだけ

Ryzen9 7950X3Dには16のコアがあるが、3D V-Cacheが搭載されているのは8コアだけだ。
16のコアは8+8というように2つに分かれていて、片方の8コアだけに3D V-Cacheが搭載されている。

仮に3D V-Cacheを16コアに搭載すると、熱や価格の問題が出てくる。加えて、ゲームでは8コアあれば十分なことがほとんどなので、16コアに3D V-Cacheを搭載するのは無駄なのだ。

なお、Windowsのゲームモードをオンにすることで、ゲームの処理を3D V-Cache側のコアだけで行うようになる。

ただし、ゲームモードがゲームだと認識できなかったり、コア数を大量に消費してしまうようなゲームの場合、3D V-Cacheが載っていないほうのコアまで使ってしまい、パフォーマンスが落ちるという欠点もある
その点、元々8コアしかなく、すべてのコアに3D V-Cacheが載っているRyzen7 7800X3Dであれば何も心配する必要がないという違いがある。

Ryzen9 7950X3Dの性能表を比較

R9 7950X3DR9 7950XR7 7800X3Di9-13900K
コア数(P/E)16コア16コア8コア8コア/16コア
スレッド数32スレッド32スレッド16スレッド32スレッド
定格クロック(P/E)4.2GHz4.5GHz4.2GHz3.0GHz/2.2GHz
最大クロック(P/E)5.7GHz5.7GHz5.0GHz5.4GHz/4.3GHz
L2/L3キャッシュ16MB/128MB16MB/64MB8MB/96MB32MB/36MB
PCI-Express
(Gen/レーン数)
5.0/24レーン5.0/24レーン5.0/24レーン5.0/16レーン
4.0/4レーン
対応メモリDDR5-5200DDR5-5200DDR5-5200DDR5-5600
DDR4-3200
基本消費電力120W170W120W125W
R9 7950X3DR9 7950X
定格クロック4.2GHz4.5GHz
L3キャッシュ128MB64MB
基本消費電力120W170W

Ryzen9 7950X3DとRyzen9 7950Xのベースは同じであり、Ryzen9 7950Xに3D V-Cache技術を搭載したものがRyzen9 7950X3Dだ。

3D V-Cacheは追加のL3キャッシュであり、3D V-Cacheを搭載することでCPUの処理速度が向上し、特にゲームでのパフォーマンスが飛躍的に向上するという技術だ。

3D V-Cacheが初めて搭載されたのはRyzen7 5800X3Dだ。
Ryzen7 5800X3Dは、当時最強のCore i9-12900Kと同等クラスのゲーム性能を発揮したことから、3D V-Cacheはゲームにおいて有用であることが既に分かっている。

欠点として、3D V-Cacheによる発熱を抑えるために、Ryzen9 7950X3DはRyzen9 7950Xより定格クロックが低い。コアの性能自体は、Ryzen9 7950Xのほうが高いのだ。
ゲームに興味がないならRyzen9 7950X3Dのメリットがないので、Ryzen9 7950Xを選ぶべきだ。

R9 7950X3DR7 7800X3D
コア数16コア8コア
スレッド数32スレッド16スレッド
最大クロック5.7GHz5.0GHz
L2/L3キャッシュ16MB/128MB8MB/96MB

Ryzen7 7800X3Dは、Ryzen9 7950X3Dよりグレードが低いゲーミングCPUだ。

Ryzen9 7950X3DとRyzen7 7800X3Dの大きな違いは、コア数だ。

Ryzen9 7950X3Dは16コアであり、Ryzen7 7800X3Dは8コアとなっている。マルチ性能ではRyzen9 7950X3Dが圧勝だ。

注意点として、どちらのCPUも、3D V-Cacheの恩恵を受けられるのは8コアだけとなっている。
Ryzen9 7950X3Dは16コアもあるが、ゲームでは3D V-Cacheがついている8コアが処理を行う仕組みだ。(Windowsのゲームモードをオンにすることで、8コアだけが動作する)

ゲームだけに限って言えば、Ryzen9 7950X3DとRyzen7 7800X3Dにコア数の差はない。
ただし、ゲーム+α(通話や配信など)を行う場合は、8コア分の余力があるRyzen9 7950X3Dが有利になる。

R9 7950X3Di9-13900K
コア数(P/E)16コア8コア/16コア
L2/L3キャッシュ16MB/128MB32MB/36MB
PCI-Express5.0/24レーン5.0/16レーン
4.0/4レーン
対応メモリDDR5-5200DDR5-5600
DDR4-3200

Core i9-13900Kは、Intel第13世代最強のCPUだ。(Core i9-13900KSという、Core i9-13900Kを選りすぐった真の最強CPUはあるが)

Ryzen9 7950X3DとCore i9-13900Kは異なる面が多いが、コアに関しては少し似ている。

Ryzen9 7950X3Dのコア数は16コアで、3D V-Cacheが付いている8コアと、付いていない8コアに分けられる。ゲームの時は、3D V-Cacheが付いている8コアが処理を担当する。

Core i9-13900Kのコア数は24コアで、高性能なPコア8個と、低性能だが高効率なEコア16個に分けられる。ゲームの時は、高性能なPコア8個が処理を担当する。

どちらのCPUも、ゲーム時には8コアが処理を行う仕組みになっているのだ。

Ryzen9 7950X3Dの性能ベンチマークスコアを比較

R9 7950X3DR9 7950XR7 7800X3Di9-13900K
Cinebench
シングル
2043
100%
2072
101%
1811
89%
2241
110%
Cinebench
マルチ
38571
100%
38657
100%
17762
46%
39652
103%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際のパフォーマンスを保証するものではない
※シングルスコアはコア1つぶんの性能であり、ゲーム性能に近い。マルチスコアは全コアの性能であり、クリエイティブ性能に近い。

Ryzen9 7950X3Dのベンチマークスコアは最強に近い

Ryzen9 7950X3DはRyzen9 7950Xと同等のスコアとなっている。3D V-Cacheの効果はベンチマークスコアには現れず、Ryzen9 7950Xのほうが高クロックなのだが、スコアでは同等だ。

Core i9-13900Kと比べるとシングルスコアでは10%負けているが、マルチスコアでは3%の差に抑えている。Core i9-13900Kは低性能なEコアでコア数を盛っているので、純粋に強いコアが16あるRyzen9 7950X3Dがマルチスコアで追いついている

Ryzen9 7950X3Dはシングルスコアはマルチスコアも高い水準にあり、まさに最強クラスのCPUだ。

Ryzen9 7950X3Dのゲーム性能を比較

R9 7950X3DR9 7950XR7 7800X3Di9-13900K
Cyberpunk 2077119108118121
Forza Horizon 5268244264256
Microsoft Flight Simulator135115139127
Red Dead Redemption 2180164197176
Horizon Zero Dawn271251272221
平均194.6176.4198.0180.2
割合100%(基準)91%102%93%
※記載している平均フレームレートはあくまで参考値であり実際の数値とは異なる場合がある。
※RTX4090、フルHD

Ryzen9 7950X3Dのゲーム性能は最高クラスだ。

Ryzen9 7950Xに9%、Core i9-13900Kに7%の差をつけて勝っている。
ただし、ゲームによって3D V-Cacheの恩恵の大きさが違うことには注意したい。15%ほどの差をつけているゲームもあれば、あまり意味のないゲームもある。いつでも最高のパフォーマンスを出せるわけではない。

格下に位置づけられるRyzen7 7800X3Dには、平均でわずかに負けている。誤差の範囲と言える差ではあるが、3D V-Cacheが載っていないほうのコアに処理が渡ってしまったことによるものと考えられる。
すべてのコアに3D V-Cacheが載っているRyzen7 7800X3Dは、常に3D V-Cacheの恩恵を受けることができるのだ。

Ryzen9 7950X3Dはいつでも最高のパフォーマンスを出せるわけではないが、爆発力は非常に高く、最高峰のゲーム性能を有している。
›おすすめのRyzen9 7950X3D搭載PCを見てみる

Ryzen9 7950X3Dのクリエイティブ性能を比較

R9 7950X3DR9 7950XR7 7800X3Di9-13900K
Blender551
100%
570
103%
278
50%
516
94%
V-Ray28539
100%
28990
102%
14285
50%
25689
90%
PCMark10
画像編集
28964
100%
27822
96%
25099
87%
24977
86%
PCMark10
動画編集
8346
100%
8386
100%
8176
98%
8847
106%
VRMark
オレンジルーム
15827
100%
16565
105%
17345
110%
17553
111%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際のパフォーマンスを表すとは限らない

Ryzen9 7950X3Dは最高峰のクリエイティブ性能を持つ。

Ryzen9 7950Xにはやや負けているが、誤差の範囲とも言える差に収まっている。クロックが低いX3Dモデルだからといって、クリエイティブ性能で大きく劣るわけではない。

Core i9-13900Kと比べると、特にBlenderやV-Rayで勝っている。Core i9-13900Kは低性能なEコアでコア数を盛っているだけなので、強いコアが多いほどスコアが伸びる3DCGレンダリングではRyzen9 7950X3Dのほうが有利だ。

Ryzen9 7950X3Dはゲーム性能だけでなく、クリエイティブ性能もトップクラスのCPUだ。
≫おすすめのRyzen9 7950X3D搭載PCを見てみる

Ryzen9 7950X3Dの価格やコスパを比較

R9 7950X3DR9 7950XR7 7800X3Di9-13900K
価格10.6万円8.0万円5.4万円9.0万円
コスパ
(ゲーム)
18.3622.0536.6720.02
コスパ
(ベンチ)
0.360.480.330.44
※価格は、価格.comの最安値
※コスパ(ゲーム)=平均フレームレート÷価格(万円)
※コスパ(ベンチ)=マルチスコア÷価格(円)

Ryzen9 7950X3Dのコスパは最底辺だ。

3D V-Cacheによるゲーム性能は確かに高いが、Ryzen9 7950Xとの差を見ればわかるようにコスパは悪い。
ゲームに限った話なら、余計なコアがないRyzen7 7800X3Dのコスパがピカイチだ。

ベンチマークには3D V-Cacheの効果は現れないので、ゲームの時よりコスパが悪くなっている。

ハイエンドCPUのコスパが悪いのはいつものことだが、Ryzen9 7950X3Dも例に漏れず低コスパだ。
Ryzen9 7950X3Dは、価格に囚われず、最高クラスのゲーム性能とクリエイティブ性能を求めているコアユーザーにだけおすすめする。
≫おすすめのRyzen9 7950X3D搭載PCを見てみる

Ryzen9 7950X3D搭載のゲーミングPCをBTOショップから紹介

おすすめ1おすすめ2おすすめ3
外観サイコムのゲーミングPCサンプル6ツクモのゲーミングPCサンプルSEVENのゲーミングPCのサンプル11
特徴品質重視品質×予算重視カスタマイズ重視
CPURyzen9 7950X3DRyzen9 7950X3DRyzen9 7950X3D
グラボRTX4060(変更可)RTX4090(変更可)RTX4090(変更可)
価格(税込)354,090円579,500円741,180円

現在、Ryzen9 7950X3D搭載のゲーミングPCは、BTOショップではほとんど扱われていない。一部BTOショップだけで扱われているので、候補が少なくなってしまう。

おすすめ1:高品質なサイコムのスタンダードモデル×Ryzen9 7950X3D

サイコムのG-Master Spear X670A
G-Master Spear X670A
セール期間~3月31日(セール情報記事)
CPUAMD Ryzen9 7950X3D(要変更)
GPUGeForce RTX4060(変更可)
メモリ16GB(8GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)354,090円
※2024年1月24日時点での情報
※パーツのカスタマイズで迷ったらサイコムのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い

おすすめ1は、高品質なパーツを搭載していて、主にPC玄人からの人気が高いサイコムのゲーミングPCだ。

大手BTOショップと違い、サイコムは冷却性や耐久性、静音性に優れたパーツをふんだんに採用していて、長く使用するという観点で見ればコスパが良い。

「Ryzen9 7950X3Dほどの高性能なCPUを選ぶのだから、品質にもこだわりたい」」というガチゲーマー必見のモデルだ。

おすすめ2:ツクモのフラグシップモデル×Ryzen9 7950X3D

Ryzen9 7950X3D×RTX4090搭載のツクモのゲーミングPC
G-GEAR neo GX9A-T231/XB2
セール期間
CPUAMD Ryzen9 7950X3D
GPUGeForce RTX4090(変更可)
メモリ32GB(16GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)579,500円
※2023年11月3日時点での情報
※パーツのカスタマイズで迷ったらツクモのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い

おすすめ2は、PCパーツショップとしても有名なツクモのゲーミングPCだ。
デフォルトの構成からCPUのみを変更したものが上の表だ。

ツクモはPCパーツショップなだけあって、特にこのモデルのような高性能なゲーミングPCには高品質なパーツが搭載されている傾向にある。

標準構成のパーツでもOKなほどに基本構成がしっかりしているので、トガっていない標準的なモデルを求めるならおすすめだ。

おすすめ3:カスタマイズ幅が広いSEVENのゲーミングPC×Ryzen9 7950X3D

SEVENのゲーミングPC36
ZEFT R49P
セール期間~3月6日(セール情報記事)
CPUAMD Ryzen9 7950X3D
GPUGeForce RTX4090(変更可)
メモリ32GB(16GB×2) DDR5-4800
ストレージ2TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)741,180円
※2024年2月29日時点での情報

おすすめ3は、広いカスタマイズで有名なSEVENのゲーミングPCだ。

このモデルは標準でRTX4090を搭載していて、Ryzen9 7950X3Dにふさわしい構成になっている。

パーツのメーカーまで選べるので、こだわりのゲーミングPCにしたい玄人は必見だ。

Ryzen9 7950X3Dに関してよくある質問

  • Ryzen9 7950X3Dと組み合わせるのにおすすめのグラボは?
  • Ryzen9 7950X3Dのソケット、対応マザーボードは?

Ryzen9 7950X3Dと組み合わせるのにおすすめのグラボは?

3DMarkGPUメモリ
RTX4070Ti2265212GB
RTX40802806616GB
RTX40903596424GB

Ryzen9 7950X3Dはヘビーゲーマー向けの最高峰CPUなので、グラボも高性能なものを搭載したい。

RTX4070Ti以上のRTX40シリーズであればゲームやクリエイティブ用途に広く対応できるので、Ryzen9 7950X3Dに見合ったグラボと言える。

Ryzen9 7950X3Dのソケット、対応マザーボードは?

Ryzen9 7950X3DのソケットはAM5で、AMD600シリーズのマザーボードに対応している。

Ryzen9 7950X3Dは高性能なCPUなので、プレミアムなX670EやX670が妥当だ。

なお、前世代のRyzen5000シリーズのソケットはAM4なので、Ryzen9 7950X3Dとの互換性はない。

Ryzen9 7950X3Dの性能ベンチマーク比較とBTOでの搭載PCまとめ

このページではRyzen9 7950X3Dの性能ベンチマークを比較し、搭載ゲーミングPCをBTOから紹介した。

Ryzen9 7950X3Dについて振り返ると以下の通り。

  • Ryzen9 7950X3Dは3D V-Cacheを搭載することで高いゲーム性能を実現している
  • Ryzen9 7950X3DはCore i9-13900Kを超えるほどのゲーム性能を発揮する
  • Ryzen9 7950X3Dはゲーマー兼クリエイターにおすすめのCPU

ゲームだけならRyzen7 7800X3Dで良い。ゲーム以外のクリエイティブ用途でも高いパフォーマンスを出したい人にだけ、Ryzen9 7950X3Dはおすすめだ。
›おすすめのRyzen9 7950X3D搭載PCを見てみる

参考サイト

このページで紹介したベンチマークスコアは、以下のサイトから引用している。

タイトルとURLをコピーしました