RTX4070Tiのスペックやゲーム性能、価格を競合製品と比較!BTOから搭載PCも紹介

「RTX4070Tiの性能と搭載モデル」のアイキャッチ
管理人
管理人

「RTX4070Tiってどんな性能なの?RTX30シリーズやRTX4080との性能差を知りたいな」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • RTX4070Tiのカタログスペックやベンチマークスコア、価格やゲーム性能を競合グラボと比較
  • RTX4070Ti搭載のゲーミングPCをおすすめのBTOショップから紹介

RTX4070Tiは2023年1月5日に販売開始されたミドルハイクラスのグラフィックボードだ。

このページを見れば、RTX4070Tiがどんな性能なのかが分かり、自分に合ったグラフィックボードなのかを判断できる。

RTX4070Tiをまずは簡単に解説

  • 前世代最強のRTX3090Ti並みの総合力を持ち、性能面では十分
  • GPUメモリが貧弱なので、総合力に対して4K適性は低い
  • 比較的手が出しやすい価格なので、高い性能を求める際の現実的な選択肢になる

RTX4070TiはRTX40シリーズのミドルハイに位置付けられるグラボだが、性能的にはRTX30シリーズのハイエンドモデルに匹敵する。

それでいて価格が控えめなので、高い性能を求める人の選択肢になり得るグラボだと言える。
むしろRTX4070Tiより上のグラボは価格が高すぎて手が出せない人がほとんどなので、RTX4070Tiは現実的な選択肢として魅力的だ。

RTX4070TiのカタログスペックをRTX3070Ti,RTX4070,RTX4080と比較比較

RTX4070Ti RTX3070Ti RTX4070 RTX4080
アーキテクチャ Ada Lovelace Ampere Ada Lovelace Ada Lovelace
GPUコア AD104 GA104 AD104 AD103
プロセス 5nm 8nm 5nm 5nm
CUDAコア 7680基 6144基 5888基 9728基
RTコア世代 第3世代 第2世代 第3世代 第3世代
RTコア 60基 48基 46基 76基
Tensorコア世代 第4世代 第3世代 第4世代 第4世代
Tensorコア 240基 192基 184基 304基
ベースクロック 2.31GHz 1.58GHz 1.92GHz 2.21GHz
ブーストクロック 2.61GHz 1.77GHz 2.48GHz 2.51GHz
メモリ容量 12GB 8GB 12GB 16GB
メモリタイプ GDDR6X GDDR6X GDDR6X GDDR6X
メモリクロック 21Gbps 19Gbps 21Gbps 22.4Gbps
メモリバス幅 192bit 256bit 192bit 256bit
メモリバス帯域 504GB/s 608GB/s 504GB/s 716.8GB/s
TDP 285W 290W 200W 320W
推奨電源 700W 750W 650W 750W

RTX4070Tiのカタログスペックを、前世代のRTX3070Ti、1ランク下のRTX4070および1ランク上のRTX4080と比較していこう。

RTX4070Tiの特徴|前世代RTX3070Tiとの違い

RTX4070Ti RTX3070Ti
アーキテクチャ Ada Lovelace Ampere
GPUコア AD104 GA104
プロセス 5nm 8nm
CUDAコア 7680基 6144基(80%)
RTコア世代 第3世代 第2世代
Tensorコア世代 第4世代 第3世代
ベースクロック 2.31GHz 1.58GHz(68%)
ブーストクロック 2.61GHz 1.77GHz(68%)
メモリ容量 12GB 8GB(67%)
メモリクロック 21Gbps 19Gbps(90%)
メモリバス幅 192bit 256bit(133%)
メモリバス帯域 504GB/s 608GB/s(120%)
TDP 285W 290W(102%)
推奨電源 700W 750W

※カッコ内の数値はRTX4070Tiを基準にしたときの割合を表す。

  • DLSS 3への対応
  • コア数やクロック数
  • GPUメモリ容量

RTX4070TiはRTX40シリーズのミドルハイクラス、RTX3070TiはRTX30シリーズのミドルハイクラスだ。
両者の違いは複数あるが、一番の目玉はDLSS 3への対応有無だろう。

RTX3070TiではDLSS 2に対応していて、画質を保ったままフレームレートを向上させるDLSSという機能を使用できた。
一方でRTX4070TiではDLSS 3に対応していて、従来のDLSSだけでなく「フレーム生成」という機能を使うことができる。

フレーム生成は簡単に言えばAIによってフレームを補完してもらう技術で、フレーム生成によってフレームレートを大幅に上昇させることが可能になっている。
フレーム生成の有用な点はただフレームレートを向上させるだけではなく、CPUがボトルネックになっている場合でもフレームレートを向上させることができることだ。
フレーム生成の威力のほどは後ほど見ていこう。

RTX3070Ti→RTX4070Tiへの進化ではコア性能も大きく変わっている。RTX4070TiはRTX3070Tiに対して20%ぶんコア数が多いだけでなく、32%ぶんもクロック数が高い。
コア性能の上昇幅が非常に大きいことがカタログスペックからわかる。

RTX4070Tiのメモリバス帯域はRTX3070Tiより低く、RTX4070Tiのメモリ性能は高いとは言えなさそうだ。4Kなどの超高負荷時にどのような影響があるのかに注目したい。

RTX4070TiはRTX3070Tiより大幅に性能が向上してそうなことがカタログスペックから読み取れるが、プロセスルールが8nm→4nmになっていることが一因となり、基本消費電力はほぼ同じ値になっていることにも注目したい。

RTX4070TiとRTX4070の違い

RTX4070Ti RTX4070
CUDAコア 7680基 5888基(77%)
ベースクロック 2.31GHz 1.92GHz(83%)
ブーストクロック 2.61GHz 2.48GHz(95%)
TDP 285W 200W(70%)
推奨電源 700W 650W

※カッコ内の数値はRTX4070Tiを基準にしたときの割合を表す。

RTX4070はRTX4070Tiの1ランク下に位置付けられるミドルクラスのグラボだ。

RTX4070TiとRTX4070はGPUメモリまわりは全て同じであり同性能だ。一方でコア性能には大きな違いがある。

RTX4070TiはRTX4070より23%ぶんだけコア数が多い。前世代のRTX3070とRTX3070Ti間にコア数の差がなかっただけに、かなり大きな差に感じる。

RTX4070TiのベースクロックはRTX4070より17%ぶんも大きい。RTX4070のクロック数が低いわけではないが、RTX4070Tiが高すぎる。

コア性能が高いぶん、RTX4070Tiの基本消費電力はRTX4070より30%ぶんも多い。それでも300W以下に収まっているので、RTX40シリーズの電力効率の良さがうかがえる。

RTX4070TiとRTX4080の違い

RTX4070Ti RTX4080
GPUコア AD104 AD103
CUDAコア 7680基 9728基(127%)
ベースクロック 2.31GHz 2.21GHz(96%)
ブーストクロック 2.61GHz 2.51GHz(96%)
メモリ容量 12GB 16GB(133%)
メモリクロック 21Gbps 22.4Gbps(107%)
メモリバス幅 192bit 256bit(133%)
メモリバス帯域 504GB/s 716.8GB/s(142%)
TDP 285W 320W(112%)
推奨電源 700W 750W

※カッコ内の数値はRTX4070Tiを基準にしたときの割合を表す。

RTX4080はRTX4070Tiの1ランク上のハイエンドグラボだ。価格帯がかなり違うので競合にはならないかもしれないが、一応比較していこう。

RTX4070TiとRTX4080はコア数とGPUメモリ性能が大きく違う。
RTX4070Tiのコア数はRTX4080より27%ぶん少なく、大差がついている。コア数の多さは優れたパフォーマンスに直結しやすい。
クロック数はRTX4070Tiのほうがわずかに高いが、ほぼ同じ値となっている。

RTX4070Tiのメモリ容量は12GBでRTX4080は16GBだが、基本的には12GBもあれば十分なことが多い。重いゲームを4K最高設定でプレイしても12GBで収まることがほとんどだ。

GPUメモリに関する大きな違いはメモリバス幅だ。RTX4070Tiのメモリバス幅は192bitであり非常に小さい。他のグラボで言うと、エントリークラスのRTX3060が192bitだ。
一方でRTX4080のメモリバス幅は256bitであり、RTX4070Tiと比べると4K解像度などの高負荷時にパフォーマンス差が見られると予想できる。
メモリ容量が12GB→16GBと133%になっているので、メモリバス幅も192bit→256bitと133%になっているのだ。

ちなみに、RTX4080はメモリ容量によってRTX4080(16GB)とRTX4080(12GB)の2種類が出る予定だった。
しかし両者の性能差が大きかったので、RTX4080(12GB)をRTX4070Tiとして発売することに変更したのだ。

RTX4070Tiのベンチマークスコアや搭載PCの価格を競合グラボと比較

グラフィックボード 3DMarkスコア 解像度目安 グラボ価格 1円あたりスコア 搭載PCの価格
RTX4090 35964 4K 27万円~ 0.133 48万円~
RTX4080 28066 4K 18万円~ 0.156 37万円~
RTX4070Ti 22652 ~4K 13万円~ 0.174 23万円~
RTX4070 17874 ~WQHD 9.5万円~ 0.188 20万円~
RTX3090Ti 21742 ~4K 25万円~ 0.087 43万円~(当時)
RTX3080 17554 ~4K 9.9万円~ 0.177 24万円~
RTX3070Ti 14835 ~WQHD 8万円~ 0.185 20万円~
RTX3070 13510 ~WQHD 7万円~ 0.193 18万円~
RTX3060Ti 11593 ~フルHD 5.8万円~ 0.200 15万円~
RTX3060 8703 ~フルHD 4.7万円~ 0.185 13万円~
RTX3050 6203 ~フルHD 3.6万円~ 0.172 10万円~

現在主流なグラボと、RTX30シリーズ最強のRTX3090Tiを並べたのが上の表だ。RTX3090Tiは現在では取り扱いが無いが、参考までに記載した。

なお、ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際のパフォーマンスがスコア通りになるというわけではないことに注意。

RTX4070TiのベンチマークスコアをRTX3070Ti,3090Ti,4070,4080と比較

3DMark 割合
RTX4080 28066 124%
RTX4070Ti 22652 100%(基準)
RTX4070 17874 79%
RTX3090Ti 21742 96%
RTX3070Ti 14835 65%

RTX4070Tiはミドルハイクラスのグラボにして、RTX30シリーズ最強のRTX3090Tiと同等クラスのスコアとなっている。
当然RTX3070Tiとのスコア差ははっきりしていて、RTX40シリーズはRTX30シリーズから明確に進化していることが分かる。

RTX4070やRTX4080とのスコア差は、コア数の差がほぼそのまま反映されている形になっている。スコア差を見るに、RTX4070TiはRTX4070とRTX4080のほぼ中間の性能だと思って良いだろう。

RTX4070Tiの価格やコスパをRTX3070Ti,4070,4080と比較

3DMark グラボ価格 1円あたりスコア 搭載PCの価格
RTX4080 28066 18万円~ 0.156 37万円~
RTX4070Ti 22652 13万円~ 0.174 23万円~
RTX4070 17874 9.5万円~ 0.188 20万円~
RTX3070Ti 14835 8万円~ 0.185 20万円~

RTX4070Tiの価格は13万円~であり決して安くない。他のグラボとの価格差も大きく、価格帯があまり被っていない。

ハイエンドクラスになるほどコスパが悪くなっていくものだが、この4グラボでも同じことが言えている。ミドルクラスであるRTX4070のコスパはかなり良く、ハイエンドのRTX4080のコスパはかなり悪い。ミドルハイのRTX4070Tiはその中間と言ったところだ。

RTX4070Ti本体の価格は高額でコスパもまずまずだが、搭載PCの価格は低めだ。これはBTOショップにて、RTX4070Ti搭載のコスパモデルは存在するが、RTX4080以上だと性能重視のモデルしかないからだ。グラボ以外のパーツで差ができているというわけだ。

そのためRTX4070Ti搭載PCは一般人でも手が出せるレベルだが、RTX4080搭載PC以上になるとヘビーゲーマーしか手が出せないという状態になっている。

RTX4070Tiのゲーム性能をRTX3070Ti,4070,4080と比較

RTX4070Tiのゲーム性能を、RTX3070Ti、RTX4070およびRTX4080と比較しよう。

なお、記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではないことに注意。例えば平均60fpsだからと言って、60fpsに張り付くとは限らない。

【WQHD性能比較】RTX4070Ti vs RTX3070Ti vs RTX4070 vs RTX4080

  • CPUはRyzen7 5800X3D
  • 解像度はWQHD
  • 最高設定
  • DLSSはオフ
RTX4070Ti RTX3070Ti RTX4070 RTX4080
Cyberpunk 2077(RT) 45 26 35 56
Watch Dogs Legion(RT) 63 39 52 77
God of War 126 95 104 163
Red Dead Redemption 2 87 60 69 107
Horizon Zero Dawn 159 127 143 174
平均 96.0 69.4 80.6 115.4
割合 100%(基準) 72% 84% 120%

どのグラボもベンチマークスコアよりは差が縮んだが、有意なフレームレート差となった。特にRTX3070Tiと比べると大きく進化していることが分かる。

RTX4070Tiは、RTX3070TiやRTX4070では60fpsに届かなかったWatch Dogs Legion(レイトレーシングオン)で63fpsを出していることからも、十分な性能を有していることが分かる。
全体の平均で見ても、RTX4070TiはWQHD適性が高いグラボと見て良いだろう。

1ランク上のRTX4080と比べると20%ぶんの差をつけられていて確かに劣るが、RTX4070Ti→RTX4080での変化で劇的な向上を感じられない。RTX4070Tiの時点で十分なフレームレートが出ているので、価格を考えると無理してRTX4080を選ぶ必要性は薄いように思える。

【DLSS性能比較】RTX4070Ti vs RTX3070Ti vs RTX4070 vs RTX4080

  • CPUはRyzen7 5800X3D
  • 解像度はWQHD
  • 最高設定
  • RTX3070TiはDLSSオン。RTX40シリーズはDLSS+フレーム生成

RTX40シリーズにあってRTX30シリーズにない機能がフレーム生成だ。従来のDLSSに加えてフレーム生成をオンにすることで、フレームレートにどれほどの差ができるのかを見ていこう。

RTX4070Ti RTX3070Ti RTX4070 RTX4080
Cyberpunk 2077(RT) 45 26 35 56
Hogwarts Legacy 78 67 67 95
Marvel’s Spider-Man Remastered(RT) 72 71 71 81
平均 65.0 54.7 57.7 77.3
Cyberpunk 2077(RT)
DLSS/DLSS+フレーム生成
119 51 97 141
Hogwarts Legacy
DLSS/DLSS+フレーム生成
172 89 132 185
Marvel’s Spider-Man Remastered(RT)
DLSS/DLSS+フレーム生成
142 72 138 151
平均 144.3 70.7 122.3 159.0
上昇率 220% 129% 212% 206%

表を見てもらえれば、フレーム生成の威力が一目でわかるはずだ。DLSSのみのRTX3070Tiは129%のフレームレートが出たが、RTX40シリーズでは軒並み200%以上を記録した。

興味深いのは、Marvel’s Spider-Man Remasteredだ。DLSSオフのときはどのグラボも同じようなフレームレートとなっている。おそらくCPUがボトルネックになってしまっているのだろう。
実際、RTX3070Tiの場合DLSSをオンにしてもフレームレートが変わっていない。

一方でRTX40シリーズは約2倍ほどになっている。フレーム生成はグラボだけで処理を行うため、グラボ性能が足りていればCPUがボトルネックになっていたとしてもフレームレートを向上させることができるのだ。

フレーム生成に対応しているゲームはまだ少ないのですべてのゲームで使用できる機能ではない。現在対応していないとしても、有名なゲームであれば将来的に対応していく可能性が高い。

RTX4070Tiを含むRTX40シリーズは性能だけでなく将来性にも優れたグラボなのだ。

【4K性能比較】RTX4070Ti vs RTX4070 vs RTX4080

  • CPUはRyzen7 5800X3D
  • 解像度は4K
  • 最高設定
RTX4070Ti RTX4070 RTX4080
Cyberpunk 2077(RTオーバードライブ) 8 5 10
Hogwarts Legacy 40 40 58
Red Dead Redemption 2 56 46 70
平均の割合 100% 87.5% 133%
Cyberpunk 2077(RTオーバードライブ)
DLSSのみ
53 48 71
Hogwarts Legacy
DLSSのみ
74 73 87
Red Dead Redemption 2
DLSSのみ
69 59 86
平均の割合 100% 92% 124%
Cyberpunk 2077(RTオーバードライブ)
DLSS+フレーム生成
82 67 106
Hogwarts Legacy
DLSS+フレーム生成
86 77 113
平均の割合 100% 86% 130%

RTX4070Tiは4Kでのプレイもできるほどの性能と言える。最重量ゲームを最高設定でプレイにするには性能不足だが(RTX4080でもギリギリ)、DLSSやフレーム生成を使えば十分快適な領域になると言えるだろう。

RTX4070との差が小さくRTX4080との差が大きいのは、おそらくGPUメモリの貧弱さが原因だ。RTX4070Tiはメモリ性能が低いので、4Kのような高負荷時にパフォーマンスを発揮しにくい。

RTX4070Tiは4Kでのプレイもできるほどの性能だが、主戦場はWQHDと思ったほうが良いだろう。

RTX4070Tiの消費電力をRTX3070Ti,4070,4080と比較

  • 最高設定
  • 解像度はWQHD
RTX4070Ti RTX3070Ti RTX4070 RTX4080
Cyberpunk 2077(RT) 261 249 185 309
Watch Dogs Legion(RT) 234 240 188 273
God of War 249 282 195 311
Red Dead Redemption 2 241 276 190 285
Horizon Zero Dawn 205 268 190 216
平均 238.0 263.0 189.6 278.8
消費電力割合 100%(基準) 111% 80% 117%
フレームレート割合 100%(基準) 72% 84% 120%

カタログスペック上ではRTX4070TiとRTX3070TiのTDPはほぼ同じだったが、実際の消費電力ではRTX4070Tiのほうが少なくて優れた電力効率を有していることがわかった。(少なくともこれらのゲームでは)

RTX4070TiのほうがRTX3070Tiより性能が高いので、ワットパフォーマンスでは圧倒的にRTX4070Tiは優れているというわけだ。

RTX4070やRTX4080と比べると、おおよそフレームレートの差が消費電力の差になっているので、ワットパフォーマンスは同程度と見て良いだろう。
やはりRTX40シリーズの電力効率は優れている。

RTX4070Tiは手が出せる範囲で高い性能が欲しい人向けのグラボ

RTX4070TiはWQHD適性が高く、4K解像度にも対応できるほどの性能を持つミドルハイクラスのグラボだ。
DLSSやフレーム生成を使えば、ミドルハイクラスとは思えないレベルのパフォーマンスを発揮することもできる。

さらに注目すべきは価格であり、23万円~という手が出せる価格帯で手に入れることができる。CPU性能を高めても25万円~くらいだ。
RTX4080搭載PCになると40万円近くなので、実質的にRTX4070Tiが上限という人も多いだろう。

手が出せる範囲でなるべく高い性能を求める人にRTX4070Tiはおすすめだ。

RTX4070Tiと組み合わせたいCPU

性能を重視したいならCore i7-13700、価格を重視したいならRyzen7 5700Xを選ぶと良い。

どちらもBTOショップで見かけるCPUであり、RTX4070Tiと組み合わせるのにピッタリと言える。

RTX4070Ti搭載のゲーミングPCをおすすめBTOから紹介

おすすめ1 おすすめ2 おすすめ3
外観 フロンティアのゲーミングPCサンプル14 フロンティアのゲーミングPCサンプル7 サイコムのゲーミングPCサンプル2
特徴 デザイン重視 性能×価格重視 品質重視の人向け
セール期間 ~6月16日15時 ~6月16日15時
CPU Core i7-13700F Core i7-13700F Core i7-13700K
GPU RTX4070Ti RTX4070Ti RTX4070Ti
価格(税込) 279,800円 269,800円 360,040円

RTX4070Ti搭載のゲーミングPCを、おすすめのBTOショップから紹介する。

おすすめ1:デザイン重視のモデル

Core i7-13700F×RTX4070Ti搭載のフロンティアのゲーミングPC

FRGLB760B/WS518
BTOショップ フロンティア
セール期間 ~6月16日15時(セール情報)
CPU Intel Core i7-13700F
GPU RTX4070Ti
メモリ 32GB(16GB×2)
DDR4-3200
ストレージ 1TB NVMe M.2 SSD
価格(税込) 279,800円

※2023年6月9日時点での情報

おすすめ1は、セール頻度とセール価格が売りのフロンティアのゲーミングPCだ。

このモデル最大の特徴はデザインだ。BTOショップでは珍しめのスタイリッシュなデザインとなっている。

もちろん性能や価格も妥協は無いので、RTX4070Ti搭載モデルを探している人は必見だ。

おすすめ2:総合力重視のCore i7-13700F搭載モデル

Core i7-13700F×RTX4070Ti搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGAG-B760/WS511/NTK
BTOショップ フロンティア
セール期間 ~6月16日15時(セール情報)
CPU Core i7-13700F
GPU RTX4070Ti
メモリ 32GB(16GB×2)
DDR4-3200
ストレージ 2TB NVMe M.2 SSD
価格(税込) 269,800円

※2023年6月9日時点での情報

おすすめ2は、セール頻度とセール時の安さで有名なフロンティアのゲーミングPCだ。

デザイン面などのコストを下げることで、RTX4070Ti×Core i7-13700F搭載ゲーミングPCとして低価格を実現できているモデルとなっている。

性能も価格も妥協したくない人は必見だ。

おすすめ3:サイコムの品質重視のこだわりゲーミングPC

G-Master Spear Z790/D5

G-Master Spear Z790/D5
BTOショップ サイコム
セール期間
CPU Core i7-13700K(変更可)
GPU RTX4070Ti(変更後)
メモリ 16GB(8GB×2)
DDR5-4800
ストレージ 500GB NVMe M.2 SSD
価格(税込) 353,980円

※2023年4月14日時点での情報

おすすめ3つめは、高品質さで玄人から支持されているサイコムのゲーミングPCだ。

サイコム最大の特徴は、大手BTOショップとは違い、搭載パーツがどれも有名メーカーの高品質なものであり、採用しているパーツを公開していることだ。
PCに詳しくて品質にも気を配りたい玄人でも安心して選べる。

高品質なパーツを搭載することで冷却性や耐久性が向上し、結果として長く使えることにつながる
性能や安さだけではなくパーツにこだわった高品質ゲーミングPCが欲しい人向けだ。

RTX4070Tiの性能と搭載ゲーミングPCまとめ

  • RTX4070Tiは、前世代最強のRTX3090Tiと同等の総合性能
  • RTX4070TiはWQHD適性が非常に高く、4Kにも対応できるほどの性能
  • RTX4070Tiは高性能を求める際の現実的な選択肢の1つ

RTX4070Tiを選ぶか選ばないかで迷っている人は以下のグラボの選び方についてのページを読むと良い。
≫ゲーミングPCに載せるグラボ性能の選び方とおすすめを初心者でもわかるように解説

参考サイト

3DMarkスコアは以下のサイトから引用した。

参考:https://benchmarks.ul.com/compare/best-gpus

タイトルとURLをコピーしました