PR

RTX4060の性能ベンチマークを比較解説【vs RTX3060,3060Ti,4060Ti】

「RTX4060の性能と搭載モデル」のアイキャッチ
管理人
管理人

「RTX4060って他の低価格グラボとどれくらいの性能差があるの?」って人向けのページです。

BTOでも自作でも、低価格グラボの選択肢は複数あり、どれを選べば良いのかの判断は難しい。

このページでは、RTX4060の性能ベンチマークを、RTX3060,RTX3060Ti,RTX4060Tiと比較している。

このページを読めば、他の低価格グラボと比べたときのRTX4060の性能がわかるだけでなく、おすすめのRTX4060搭載ゲーミングPCまで知ることができる。

RTX4060はフルHDが適正のエントリー向けグラボ

RTX4060はフルHD最高設定で60fpsに届くか届かないかといったレベルのゲーム性能であり、最高の性能とは言えない。
クリエイティブ用途に関しても、趣味程度の動画編集なら問題ないが、仕事で使うには力不足だ。

RTX4060の魅力は性能ではなく価格だ。特にエントリークラスはもともとの価格が低いので、数千円の差が大きく感じる。

ほとんどの人はフルHDでゲームをプレイするし、画質への絶対のこだわりもないはず。RTX4060は、1円でも安くゲーミングPCを手に入れたい人にとって魅力的なグラボだ。
›おすすめのRTX4060搭載PCを見てみる

フルHD性能を押し上げる「フレーム生成」

フレーム生成とはAIによってフレームレートを飛躍的に引き上げる機能のことだ。RTX4060のフルHD性能を大幅に押し上げることができる。

フレーム生成はRTX4060を含むRTX40シリーズでのみ使用できる。AIによる学習が必要なので限られたゲームでしか使用できないというデメリットはあるが、有名ゲームは対応していることが多い。RTX4060を選ぶメリットと言える。

RTX30シリーズもRTX40シリーズも、フレームレートを引き上げる「DLSS」という機能を使用できる。

RTX30シリーズはDLSS 2.0に対応、RTX40シリーズはDLSS 3.0に対応していて、フレーム生成はDLSS 3.0で使える機能の1つだ。

RTX4060の性能ベンチマークを比較

RTX4060RTX3060RTX3060TiRTX4060Ti
3DMark1060287031159313480
割合100%82%109%127%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際の用途で必ずしもスコア通りのパフォーマンスを発揮するとは限らない。
※3DMarkはグラフィック性能を測る定番ベンチマーク

RTX4060の3DMarkスコアは低く、性能に期待できるグラボではないことがわかる。

前身のRTX3060には18%の差をつけて勝っているが、RTX3060Tiや1ランク上のRTX4060Tiと比べると有意に負けている。
RTX3060→RTX4060の進化幅は、RTX3060→RTX3060Tiより小さく、1ランク分も進化していないというわけだ。

実は他のRTX40シリーズは2段階や4段階進化しているので、RTX4060の性能を物足りなく感じてしまうというのが正直なところだ。

とはいえ、悪い印象を持ってしまうのは仕方のないことだが、非常に人気のあったRTX3060より高性能であることからわかるように、実際に使ってみるとRTX4060は十分な性能であることは強調したい。
›おすすめのRTX4060搭載PCを見てみる

RTX4060のフルHDゲーム性能を比較

RTX4060RTX3060RTX3060TiRTX4060Ti
Cyberpunk 2077(RT)33293843
The Witcher 3 NextGen(RT)33293043
Hogwarts Legacy68607181
God of War80707896
Red Dead Redemption 252435463
平均53.246.254.265.2
割合100%
(基準)
87%102%123%
※記載している平均フレームレートは目安であり、必ずしも保証するものではない
※CPUはRyzen7 5800X3D、最高設定

RTX4060は、フルHDでゲームをプレイする低価格志向のユーザーに向いているグラボだ。

RTX4060は、一部の重いゲームや重い設定では60fpsを下回ってしまう。RTX4060Tiとの差も23%とかなり大きく、高いフルHD性能を求めるならRTX4060Tiを選ぶべきだ。
RTX4060Tiの性能ベンチマークを比較解説【vs RTX3060Ti,3070,4070】

とはいえ、人気の高かったRTX3060Tiとほぼ同じゲーム性能なのは評価に値する
RTX3060やRTX3060Tiは低価格志向のユーザーに非常に人気のグラボだったことを考えると、RTX4060は低価格グラボとして魅力的だ。

エントリークラスのグラボを選ぶような人は画質への強いこだわりはないはずであり、画質を多少妥協すれば60fpsに届くRTX4060はおすすめできる。
›おすすめのRTX4060搭載PCを見てみる

フレーム生成使用時のRTX4060の優位性

ネイティブ→DLSSRTX4060RTX3060RTX3060Ti
Cyberpunk 2077(RT)33→9329→5038→62
The Witcher 3 NextGen(RT)33→7529→3830→42
Hogwarts Legacy68→12260→8171→89
平均45→9739→5646→64
※記載している平均フレームレートは目安であり、必ずしも保証するものではない
※RTX4060はDLSS+フレーム生成、RTX3060とRTX3060TiはDLSSのみ
※DLSSはクオリティ(画質重視)に設定
※DLSSやフレーム生成を使うには、ゲーム側が対応している必要がある

RTX3060とRTX3060Tiで使えるDLSSは約1.5倍のフレームレートにできるが、RTX4060で使えるDLSS+フレーム生成はフレームレートを約2倍にできる

よりリアルな描画ができる「レイトレーシング(RT)」を有効にした場合でも、フレーム生成を使えば60fpsを大幅に超え、快適にプレイできる域に達する。

フレーム生成は対応済みゲームでしか使えない新機能であり、DLSSより汎用性が低いという欠点はあるが、RTX4060のフルHD性能を強化できるのは無視できない。
›おすすめのRTX4060搭載PCを見てみる

RTX4060のクリエイティブ性能を比較

RTX4060RTX3060RTX3060TiRTX4060Ti
Premiere Pro
Pugetbench
39.1
100%
44.2
113%
50.6
129%
41.4
106%
Photoshop
Pugetbench
129.1
100%
121.4
94%
132.7
103%
136.4
106%
Blender3482
100%
2531
73%
3216
92%
4316
124%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際のパフォーマンスを保証するものではない

RTX4060はクリエイティブ用途に向いていない。

RTX4060のクリエイティブ性能はRTX3060やRTX3060Tiに勝ったり負けたりであり、RTX4060Tiには負けている。

そもそもクリエイティブ性能重視でエントリークラスのグラボを選ぶこと自体が間違っているので、仕事としてクリエイターをしていて、効率を求める人や重めの3DCG制作をするような人は、RTX4060を候補にいれるべきではない。

反対に、趣味で動画編集をしている程度の人であれば、どれを選んでもさほど違いはない。

RTX4060の消費電力とワットパフォーマンスを比較

RTX4060RTX3060RTX3060TiRTX4060Ti
Cyberpunk 2077(RT)113W166W208W147W
The Witcher 3 NextGen(RT)114W170W196W143W
Hogwarts Legacy111W165W197W120W
God of War115W153W217W144W
Red Dead Redemption 2115W165W212W137W
平均113.6W163.8W206.0W138.2W
ワットパフォーマンス0.470.280.260.47
※記載している平均フレームレートは目安であり、必ずしも保証するものではない
※ワットパフォーマンス=フレームレート÷消費電力 高いほうが良い

RTX4060のワットパフォーマンスは、RTX4060Tiと並んで圧倒的に優れている

消費電力に至ってはRTX3060Tiの約半分だ。RTX4060の性能はRTX3060Tiと同じか少し低いくらいであることを加味すると、電力面でRTX4060は非常に優れている。

RTX40シリーズはプロセスルールが細かくなり、電力効率が良くなっているのだ。加えてメモリバス幅が狭いことも電力効率に繋がっている。
実際、RTX4060TiですらRTX3060より低い消費電力だ。

消費電力やワットパフォーマンスの観点から、RTX4060はRTX3060やRTX3060Tiより優位だ。

RTX4060の価格とコスパを比較

RTX4060RTX3060RTX3060TiRTX4060Ti
グラボ価格4.3万円~4.0万円~5.4万円~5.6万円~
搭載PC価格13万円~14万円~
コスパ(ゲーム)12.3711.5510.0411.64
コスパ(ベンチ)0.250.220.210.24
※グラボ価格は価格.comの最安値
※搭載PC価格は、管理人が確認した限りの最安値
※コスパ(ゲーム)=平均フレームレート÷グラボ価格(万円)
※コスパ(ベンチ)=3DMark÷グラボ価格

RTX4060はゲームでもベンチマークでも最高コスパだ。

グラボ価格もRTX4060は2番目に安い。RTX3060のほうが3千円安いので悩ましいが、性能差やコスパを考えればRTX4060は優秀だ。
RTX3060TiやRTX4060Tiと比べると1万円以上安く、大きな価格差をつけている。

BTOではRTX4060とRTX4060Ti搭載PCしか扱われていないことがほとんどであり、1円でも安くしたいならRTX4060一択だ。

発売当初のRTX4060は高額で微妙なグラボだったが、今では価格が落ち着き、エントリークラスの低価格グラボとしておすすめできる。
›おすすめのRTX4060搭載PCを見てみる

RTX4060搭載のおすすめゲーミングPCをBTOから紹介

おすすめ1おすすめ2おすすめ3
外観フロンティアのゲーミングPCサンプル20ツクモのゲーミングPCサンプル1サイコムのゲーミングPCサンプル4
特徴価格重視CPU性能重視品質重視
CPURyzen5 5600Core i7-13700FCore i5-14400F(変更可)
グラボRTX4060RTX4060RTX4060
価格(税込)139,980円186,800円194,650円

おすすめ1:Ryzen5 5600×RTX4060搭載の価格重視モデル

フロンティアのゲーミングPC177
FRGKB550M/WS222/NTK
セール期間~3月8日15時(セール情報記事)
CPUAMD Ryzen5 5600
グラボGeForce RTX4060
メモリ32GB(16GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)139,980円
※2024年3月1日時点での情報
※パーツのカスタマイズに迷ったらフロンティアのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い

おすすめ1は、セール頻度とセール時の安さで有名なフロンティアのゲーミングPCだ。

CPUはRyzen5 5600であり、RTX4060に合わせて低価格でありながら十分な性能を持つ。

なるべく安いゲーミングPCが欲しい人は必見だ。

おすすめ2:Core i7-13700F×RTX4060搭載のCPU重視モデル

Core i7-13700F×RTX4060搭載のツクモのゲーミングPC
G-GEAR GA7J-D230/B
セール期間
CPUIntel Core i7-13700F
グラボGeForce RTX4060
メモリ16GB(8GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)186,800円
※2024年1月19日時点での情報
※パーツのカスタマイズで迷ったらツクモのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い

おすすめ2は、PCパーツショップとしても有名なツクモのゲーミングPCだ。

CPUはCore i7-13700Fであり、クリエイティブ作業やマルチタスクに適している

ゲームだけでなく幅広い用途で使いたい人は必見だ。

おすすめ3:サイコムの品質重視モデル×RTX4060

サイコムのG-Master Velox Ⅱ Intel Edition
G-Master Velox Ⅱ Intel Edition
セール期間
CPUIntel Core i5-14400F(変更可)
グラボGeForce RTX4060(変更可)
メモリ16GB(8GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)194,650円
※2024年1月24日時点での情報
※パーツのカスタマイズで迷ったらサイコムのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い

おすすめ3は、高品質なゲーミングPCで有名なサイコムのモデルだ。

大手BTOとは違い、高品質で信頼性の高いパーツのみを採用しているのがサイコムの特徴となる。

品質や信頼性重視のこだわりゲーミングPCが欲しい人におすすめだ。

RTX4060の性能表を比較

RTX4060RTX3060RTX3060TiRTX4060Ti
アーキテクチャAda LovelaceAmpereAmpereAda Lovelace
GPUコアAD107GA106GA104AD106
プロセス5nm8nm8nm5nm
CUDAコア3072基3584基4864基4352基
RTコア世代第3世代第2世代第2世代第3世代
RTコア24基28基38基34基
Tensorコア世代第4世代第3世代第3世代第4世代
Tensorコア96基112基152基136基
ベースクロック1.83GHz1.32GHz1.41GHz2.31GHz
ブーストクロック2.46GHz1.78GHz1.67GHz2.54GHz
メモリ容量8GB12GB8GB8GB/16GB
メモリタイプGDDR6GDDR6GDDR6GDDR6
メモリクロック17Gbps15Gbps14Gbps18Gbps
メモリバス幅128bit192bit256bit128bit
メモリバス帯域272GB/s360GB/s448GB/s288GB/s
TDP115W170W200W160W/165W
推奨電源550W550W600W550W

RTX4060とRTX3060の違い

  • フレーム生成への対応有無
  • メモリ容量

RTX4060はDLSS 3.0のフレーム生成によって、対応ゲームにおいて高いフレームレートを出すことができる。RTX3060もDLSS 2.0によってフレームレートを上昇できるが、フレーム生成には敵わない。
フルHD最高設定にこだわりがある場合、RTX4060のほうが圧倒的にメリットが大きい

RTX4060のメモリは8GB、RTX3060のメモリは12GBであり、RTX3060のほうが優秀だ。
12GBのメモリはVRChat、画像生成AIなどで特に活きる。これらの用途で使うなら、RTX3060のほうが優秀だ。
逆に言えば、フルHDでのゲームや趣味の動画編集程度であれば、RTX3060の優位性はない。

RTX4060とRTX4060Tiの違いはGPUメモリの選択肢

RTX4060Tiには、GPUメモリ8GB版と16GB版がある。一般的なのは8GB版だ。

16GBのメモリはVRChatや画像生成AIで特に活きる。これらの用途で使うならRTX4060Ti(16GB)の優位性が非常に大きい。
逆に言えば、フルHDでのゲームや趣味の動画編集程度であれば、RTX4060Ti(16GB)の優位性は純粋な性能だけだ。

16GBのメモリを必要とするような作業は非常に限られ、エントリークラスのグラボを探すような人にはおそらく無縁だ。
さらに1ランク上のRTX4070には12GBのGPUメモリが搭載されていて、純粋な性能差からRTX4070を選ぶのが主流となる。

RTX4060Tiには2種類あるが、実質的には1種類であり、RTX4060との違いは純粋な性能差だけと考えて良い

RTX4060に関してよくある質問

  • RTX4060はなぜ売れないのか?
  • RTX4060と組み合わせるのにおすすめのCPUは?
  • RTX4060の推奨電源は?
  • RTX4060を使うと電気代はいくらになる?
  • RTX3060とRTX4060はどっちが良い?

RTX4060はなぜ売れないのか?

RTX4060が売れない理由は、特に発売当初は微妙なグラボだったからだ。

RTX3060→RTX4060での性能の伸びが小さい上に、価格が高かったため売れなかった。

最近ではRTX4060の価格は落ち着いてきているし、BTOでのRTX3060の取り扱いがなくなってきているので、RTX4060の出番が徐々に出てきている

RTX4060と組み合わせるのにおすすめのCPUは?

PassMarkCinebench
シングル
Cinebench
マルチ
コア/スレッド
Core i5-144002676717731607410/16
Ryzen7 5700X266711532138028/16
Ryzen5 5600X219361593109886/12

Core i5-14400は高性能だが価格が少し高い。Ryzen7 5700XやRyzen5 5600Xは低価格だが、Core i5-14400より低性能だ。

おすすめはCore i5-14400だが、価格を重視したいならRyzenも魅力的な選択肢になる。

RTX4060の推奨電源は?

RTX4060の推奨電源は、公式では550Wとなっている。

RTX4060のTDPは115Wで、ゲームでの実際の消費電力も115Wほどだ。
Core i7-13700Kのような消費電力の多いCPUは125Wほどの消費電力であり、もろもろ合わせると合計で260Wほどとなる。

電源の容量は消費電力の2倍程度が良いとされているので、RTX4060の推奨電源は550Wというわけだ。

RTX4060を使うと電気代はいくらになる?

ゲーム時の消費電力平均1日5時間使用30日間使用
RTX4060113.6W17.6円528.2円
RTX3060Ti206W31.9円957.9円
RTX4060Ti138.2W21.4円642.6円
※電気代は全国家庭電気製品公正取引協議会より、31円/kWhで計算。
※環境によって電気代は異なる

RTX3060とRTX4060はどっちが良い?

ゲーム目的ならRTX4060が良いが、クリエイティブ目的ならRTX3060も視野に入る

基本的にはRTX4060のほうが高性能なので、RTX4060を選んで大外れということは少ない。

とはいえRTX3060は12GBのGPUメモリを搭載していて、メモリ周りがRTX4060より強い。
Premiere Proや、ここでは検証しなかったが画像生成AIをサクサクとこなしたいならRTX3060を選ぶと良い。
RTX3060(12GB)の性能ベンチマークを比較解説!今だと低い性能で使えないのか?

RTX4060の性能ベンチマークの比較まとめ

このページでは、RTX4060の性能ベンチマークをRTX3060,RTX3060Ti,RTX4060Tiと比較した。

内容をまとめると以下の通り。

  • RTX4060はフルHD最高設定で60fps付近が目安のエントリー向けグラボ
  • RTX4060の最大の特徴は価格が安いこと
  • RTX4060は、1円でも安くゲーミングPCを手に入れたい人におすすめ

大人気だったRTX3060Tiに迫るほどの性能なので、ライトゲーマーであればRTX4060がおすすめだ。
›おすすめのRTX4060搭載PCを見てみる

参考サイト

このページで紹介したベンチマークスコアは、以下のサイトを参考にしている。

タイトルとURLをコピーしました