【Intel・AMD】ゲーミングPCに搭載するCPUの型番や性能の見方を解説

「CPUの型番と性能の見方解説」のアイキャッチ
管理人
管理人

「ゲーミングPCを買おうと思ってCPUを見てるんだけど、型番に意味ってあるの?型番から性能が分かれば楽なんだけど」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • Intel製・AMD製CPUの型番の見方を解説
  • 自分が使っているCPUの型番を確認する方法
  • CPU型番からおおよその性能を比較する方法
  • CPUの性能について

このページを読めばCPU型番の意味が分かり、CPUの性能を把握したうえでゲーミングPCを選べるようになる。

Intel製CPUの型番の見方を解説

ゲーミングPCに搭載されているIntel製CPUは、Core i7-12700Kのように数字とアルファベットで構成されている。それぞれの意味は以下の通り。

  • ブランド:Core i7-12700K
  • シリーズ:Core i7-12700K
  • プロセッサーナンバー:Core i7-12700K
  • 機能:Core i7-12700K

ブランド

Coreという部分はブランドを表す。IntelはCore以外にPentiumやCeleronといったブランドを展開しているが、ゲーミングPCには基本的にCoreブランドが搭載されている。Coreだけ覚えておけばOKだ。

シリーズ

i7という部分はシリーズを表す。Coreブランドの中での立ち位置を示すものだ。i3・i5・i7・i9の4シリーズがあり、数字が大きいほど立ち位置が上だ。各シリーズの立ち位置をまとめると以下の通り。

i3 エントリークラス
i5 ミドルクラス
i7 ハイエンドクラス
i9 最上位クラス

このうちi3は性能が低いのでゲーミングPCには搭載されないことが多い。ゲーミングPCにはi5・i7・i9の3つのどれかが搭載されている。

プロセッサーナンバー

12700のような数字はプロセッサーナンバーを表す。プロセッサーナンバーで重要なのは最初の2桁だ。12700であれば最初の2桁である12がCPUの世代を表していて、12世代ということだ。

2023年1月現在では12世代と13世代のCPUが主流なので、12700や13400というようなナンバーになっている。数字が大きく世代が新しいほうが性能が高い。

i5やi7といったシリーズだけでなく世代も見ることでCPUの性能を知ることができるというわけだ。

ちなみに、現在だと中古でしか扱われていないが、9世代以下の場合は9700のように4桁の数字になっていることに注意。決して97世代というわけではない。

機能

型番末尾のアルファベットは機能を表す。アルファベットはたくさんあるが、ゲーミングPC(デスクトップ)を選ぶときに知っておくべきなのは以下の通り。

アルファベット 機能
無印 特になし
F 内蔵GPUが非搭載で必ずグラフィックボードが必要。
性能は無印と同じだが安価。
K 性能が高い。
オーバークロック可能。
KF 内蔵GPUが非搭載。
性能が高くオーバークロック可能。
KS Kよりさらに性能が高い。
最強と思って良い。

AMD製CPUの型番の見方を解説

ゲーミングPCに搭載されているAMD製のCPUは、Ryzen 5 5600Xのように数字とアルファベットで構成されている。それぞれの意味は以下の通り。基本的にはIntelと同じだ。

  • ブランド:Ryzen 5 5600X
  • シリーズ:Ryzen 5 5600X
  • プロセッサーナンバー:Ryzen 5 5600X
  • 機能:Ryzen 5 5600X

ブランド

Ryzenという部分はブランドを表す。AMDはRyzen以外にビジネス向けのAthlonというブランドのCPUも製造している。

ゲーミングPCに搭載されているのはRyzenなので、Ryzenだけ覚えておけばOKだ。

シリーズ

5という1桁の数字の部分はシリーズを表す。Ryzenブランドの中での立ち位置を表す数字だ。Intelと同じく3・5・7・9があり、数字が大きいほど性能が高い。各シリーズの立ち位置は以下の通り。

Ryzen 3 エントリークラス
Ryzen 5 ミドルクラス
Ryzen 7 ハイエンドクラス
Ryzen 9 最上位クラス

このうちRyzen 3は性能が低めため、ゲーミングPCには搭載されていないことが多い。

プロセッサーナンバー

5600のような4桁の数字はプロセッサーナンバーを表わす。プロセッサーナンバーで大事なのは最初の1桁だ。最初の1桁は世代を表していて、数字が大きいほうが世代が新しくて性能が高い。

現在主流な世代は4世代と5世代だ。
ただし、Ryzenは数字と世代が一致しないので注意が必要。

世代 プロセッサーナンバー
1世代 1〇〇〇
2世代 2〇〇〇
3世代 3〇〇〇
4世代 5〇〇〇
5世代 7〇〇〇

機能

型番末尾のXは機能を表す。種類はたくさんあるが、ゲーミングPCを選ぶ際には2つだけ知っておけば良い。

アルファベット 機能
無印 特になし
X 無印より性能が高い。

XはIntelでいうKのような立ち位置だと思って良い。

自分が使っているCPUの型番の調べ方

現在自分が使っているPCに搭載してあるCPUの型番は、タスクマネージャーで調べることができる。

手順は以下の通り。

  1. 画面下のタスクバー上で右クリックして「タスクマネージャー」を左クリック(画像はWindows11だが、Windows10でも同様)
    CPU型番の確認手順1
  2. 上から2番目のパフォーマンスタブを開くと、CPUの欄で現在使用しているCPUの型番を確認できる
    CPU型番の確認手順2

もしこの手順でタスクマネージャーが開けない場合は、タスクバーにある検索欄に「タスクマネージャー」と打ち込めば出てくるはずだ。

CPUの型番で性能を比べる方法

CPU型番の読み方がわかれば、型番を見るだけで2つ以上のCPU性能を比較することができる。場合に分けて解説する。

シリーズが同じ場合

例えばCore i7-12700とCore i7-13700のようにどちらもi7の場合。この場合は世代を見ることで性能の優劣が分かる。

Core i7-12700は12世代、Core i7-13700は13世代なのでより新しいCore i7-13700のほうが性能が高い。

世代が同じ場合

例えばCore i5-13400とCore i7-13700ようにどちらも13世代の場合。この場合はシリーズを見ることで性能の優劣がわかる。

Core i5-13400はミドルクラスのi5、Core i7-13700はハイエンドクラスのi7なので、Core i7-13700のほうが性能が高い。

シリーズも世代も違う場合

例えばCore i5-13400とCore i7-10700のように、シリーズも世代も違う場合。この場合は型番から優劣を判断することはできない

シリーズだけで見ればCore i7-10700のほうが上のように見えるが、世代ではCore i5-13400のほうが新しいからだ。

ゲーミングPCに搭載されているCPU性能の見方

CPU型番だけでは性能比較できない場合や詳しい性能を知りたい場合は、CPUのベンチマークスコアやカタログスペックを見る必要がある。

ベンチマークスコア

PCに一定の負荷をかけて性能を測定することをベンチマークという。ベンチマークの結果をベンチマークスコアという数値で表す。ただしスコアの数値自体にはさほど意味はなく、2つ以上のCPUを比べるときに性能差を判断するためのものだ。

ベンチマークにはベンチマークソフトが用いられるが、最も有名なベンチマークソフトの1つがPassMarkというものだ。

コア数/スレッド数

CPUはPCの脳だが、実は脳の数は1つではない。CPUには複数の脳が入っている。その脳の個数をコア数という。例えば6コアのCPUであれば、6個の脳があるということだ。

スレッド数はPC側が認識している脳の数を表す。例えば「脳は6個(6コア)だけど、右脳と左脳にそれぞれ別の仕事を振れるから、6×2=12個の脳があるようなものだ」というように。この場合、12スレッドという。

コア数とスレッド数は「6コア12スレッド」というようにセットで扱われることが多い。当然、数が多いほうが性能が高い。

クロック数

クロック数は脳の回転速度のようなものだ。数字が大きいほうが脳の回転が速いので処理速度も速いということになる。

厳密にはクロック数はCPUが1秒間で発する信号の回数を表し、単位はGHzだ。

主流なCPUの性能表

CPU PassMarkスコア コア数/スレッド数 クロック数(GHz)
定格/最大
Core i9-13900K 59964 24/32 3.0/5.8
Core i9-13900F 58554 24/32 2.0/5.6
Core i7-13700K 47094 16/24 3.4/5.4
Core i7-13700 36280 16/24 2.1/5.2
Core i5-13400 26355 10/16 2.5/4.6
Core i9-12900K 41571 16/24 3.2/5.2
Core i9-12900 35128 16/24 2.4/5.1
Core i7-12700K 34730 12/20 3.5/5.1
Core i7-12700 31127 12/20 2.1/4.9
Core i5-12400 19533 6/12 2.5/4.4
Ryzen7 5700X 26671 8/16 3.4/4.6
Ryzen5 5600X 21936 6/12 3.7/4.6

CPUの型番や性能の見方まとめ

このページではIntel・AMD製CPUの型番や性能の見方を解説した。これらのことを知っておけば、CPU選びの手助けになる。

CPUの詳しい選び方については以下のページを読むと良い。
≫ゲーミングPCに搭載するCPUの選び方を初心者向けに解説

タイトルとURLをコピーしました