PR

Core i5とCore i7の違い|どちらを選ぶべきか

「Core i5とCore i7の違い」のアイキャッチ
管理人
管理人

「Core i5とCore i7って何が違うの?Core i5って安くて性能が低いイメージがあるんけど、実際のところはどう?」って人に読んでほしいページです。

このページの内容は以下の通り。

  • Core i5とCore i7の仕様や性能の違い
  • Core i5とCore i7のどちらを選ぶべきかを場合別に解説

Core i5を選ぶかCore i7を選ぶかは、ゲーミングPCを検討している人が悩みやすいところだ。

このページを読めばCore i5とCore i7の違いがわかり、自分に合っているCPUはどちらなのかを判断できる。

【前提】Core i5、Core i7にも複数の種類がある

同じ世代のCoreシリーズであっても、複数のCore i5、i7が存在する。13世代のCore i5、i7は以下の通り。

Core i5Core i5-13400(F)
Core i5-13500
Core i5-13600K(F)
Core i7Core i7-13700(F)
Core i7-13700K(F)

それぞれの違いは本題ではないのでここでは解説しない。気になる人は別の解説ページを見て欲しい。
CPUの型番の意味と見方|型番から性能を把握する

Core i5とCore i7の違い

  • コア数によるマルチ性能
  • 「レア度」による価格差
  • BTOでのラインナップの幅

違い1:コア数によるマルチ性能

Pコア/Eコア
Core i5-134006コア/4コア
Core i5-13500
Core i5-13600K
6コア/8コア
Core i7-13700K8コア/8コア

Core i5とCore i7の1つめの違いはコア数によるマルチ性能だ。コア数とは脳の数のようなもので、コア数が多いほど負荷が大きい作業やマルチタスクを快適にこなせる。

Core i5はCore i7よりコア数が少ないので、マルチ性能も低い。以下は各CPUのシングルスコアとマルチスコアをまとめたものだ。シングルスコアはコア1つぶんの性能を、マルチスコアはコア全体での性能を表す。

シングルスコアマルチスコア
Core i5-134001794(100%)15890(100%)
Core i5-135001884(105%)21216(134%)
Core i5-13600K2021(113%)24125(152%)
Core i7-137002107(117%)24770(156%)
Core i7-13700K2126(119%)31062(195%)
※参考:https://www.cpu-monkey.com/ja/

Core i5とCore i7とでシングルスコアの差は最大19%だが、マルチスコアの差は最大95%だ。Core i5とCore i7の大きな違いはマルチスコアと言って良い。

とはいえ注目したいのは、Core i5-13600KはCore i7にかなり近い性能を持つことだ。特にCore i7-13700との差はかなり小さく、「Core i5はCore i7より低性能」と一概には言えない。

違い2:「レア度」による価格差

発売当時の価格
Core i5-1340039,200円
Core i5-1350041,280円
Core i5-13600K57,800円
Core i7-1370062,400円
Core i7-13700K74,800円

Core i7はCore i5より「レア度」が高いので価格も高い。

CPUを製造する際、「シリコンウェーハ」という半導体の素のようなものからチップを切り出していく。1つのシリコンウェーハからたくさんのチップを切り出せるのだ。

しかしシリコンウェーハは部分部分によって品質が異なるので、切り出したチップも品質がバラバラだ。
その中で高品質なチップをCore i7やi9といった高グレードのCPUにし、中品質なチップをCore i5やi3という低グレードのCPUにしている。

例えるなら、野菜や肉のような食べ物と同じだ。出来が良かったり絶品の部位は珍しいので価格が高い。出来が普通・無難に美味しい部位は平均的な値付けがされる。出来が悪いものは訳あり品として安値で販売される。

CPUも同じで、高品質なチップほど「レア度」が高いので、Core i7のほうがCore i5より価格が高いというわけだ。

違い3:BTOでのラインナップの幅

Core i5とCore i7は、BTOでのラインナップの幅が違う傾向にある。

Core i5の売りは安さなので、ゲーミングPC全体としても安さが売りの構成になっていることが多い。
一方でCore i7はコスパ重視の構成もあれば、品質や冷却性能を重視したり新規格を採用して高価格になっている構成があったり、さらには搭載しているグラボの幅も広いので、ラインナップの幅が広い。

自分に要望に合った高性能ゲーミングPCが見つかりやすいのはCore i7のほうだ。

Core i5とCore i7の実際の性能差

Core i5とCore i7の実際の性能差を、ゲーム性能とクリエイティブ性能の2つの面から見ていく。

ゲーム性能差

i5-13400i5-13600Ki7-13700K
Cyberpunk 207785108118
Starfield89102103
Hogwarts Legacy606871
Forza Horizon 5186218226
Microsoft Flight Simulator7697111
平均の割合100%120%127%
コスパ25.3120.5216.82
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではない。
※グラボはRTX4090、フルHD

ハイエンドグラボのRTX4090を使用しているのでグラボが足を引っ張ることがなく、CPUの差が出やすいというのもあるが、Core i5-13400とCore i5-13600K、Core i7-13700Kとで大きな差が付いた。

Core i5-13400はCore i5-13600KやCore i7-13700Kに対して20%以上の差をつけられていて、大きな差があることがわかる。
一方でCore i5-13600KはCore i7-13700Kに近いゲーム性能であり、Core i5とは思えないほどの性能だ。

コスパに関してはCore i7よりCore i5のほうが優れている。Core i7はコア数の多さが特徴だが、ゲームでは大量のコアを必要としないため、コア数の多さがパフォーマンスに繋がりにくいからだ。

クリエイティブ性能差

i5-13400i5-13600Ki7-13700K
Premiere Pro
Pugetbench
701
100%
755
108%
832
119%
Photoshop
Pugetbench
1298
100%
1539
119%
1680
129%
Blender204
100%
311
152%
398
195%

コア数がパフォーマンスに直結しやすいBlenderではCore i5とCore i7の差は大きい。一方でPremiere ProやPhotoshopではさほど差はない。

特にCore i5-13600KはCore i7-13700Kに近いクリエイティブ性能であり、Core i5-13400とは一線を画している。

「コア数の少ないCore i5はクリエイティブ用途には向いていない」というのが一般的な考えだが、Core i5-13600KはCore i7-13700Kに迫るほどのクリエイティブ性能を発揮することもある

Core i5とCore i7のどちらを選ぶべきか

Core i5とCore i7のどちらを選ぶべきかを、ゲーム目的とクリエイティブ用途目的に分けて解説する。

ゲーム目的の場合

ゲームだけならCore i5で良い。ゲームでは多くのコア数を必要としないので、コア数の多いCore i7を選ぶ意味は薄い

特にCore i5-13600KはCore i7-13700Kに近いゲーム性能でありながら、コア数が比較的多いので汎用性も高い。ただしCore i5-13600KはBTOでの扱いが少ないので、選択肢が限られるという欠点がある。
Core i5-13600Kの性能ベンチマークを比較|BTOから搭載ゲーミングPCを紹介

安く済ませたいならCore i5-13400も魅力的だ。Core i5-13400のゲーム性能自体は他CPUに劣るが、コスパでは圧勝している。
Core i5-13400の性能ベンチマークを比較解説

CPUをCore i5にして浮いた予算でグラボ性能を1段階上げるほうが高いフレームレートが出るというケースも多いので、ゲーム目的ならCore i5がおすすめだ。

クリエイティブ用途目的の場合

クリエイティブ用途でも使うのであれば、コア数が多めのCore i5やCore i7を選びたい。

Blenderのようなコア数を使う3DCGレンダリングであればCore i7のほうが良い
Core i7-13700/13700Kの性能ベンチマークを比較解説

一方で動画編集や画像編集であれば、Core i5-13600Kでもかなり高いパフォーマンスを発揮する。Core i7との差も小さいのでおすすめだ。
ただし先ほども言ったように、Core i5-13600Kを扱っていないBTOもあることに注意。
Core i5-13600Kの性能ベンチマークを比較|BTOから搭載ゲーミングPCを紹介

「Core i7のほうが圧倒的に高性能」と思っている人も多いが、実際はCore i5も十分に健闘しているのだ。

Core i5とCore i7の違いまとめ

このページでは、Core i5とCore i7の違いを紹介した。

違いをまとめると以下の通り。

  • Core i5とCore i7の大きな違いは、マルチ性能と価格
  • ゲーム目的ならCore i7は不必要であり、Core i5で十分
  • クリエイティブ目的なら上位のCore i5やCore i7を選びたい

用途に合わせて無駄のないCPU選びをして欲しい。

タイトルとURLをコピーしました