PR

WQHD解像度向けのPCスペック・グラボを検証

「WQHDでゲームをプレイするのに必要なPCスペック」のアイキャッチ
管理人
管理人

「WQHD解像度でゲームをプレイしたいんだけど、どれくらいのPCスペックがあれば良いの?」って人に読んでほしいページです。

このページの内容は以下の通り。

  • WQHD解像度でのゲームプレイに必要なPCスペック・グラボを検証
  • WQHD解像度でのゲームプレイに向いているゲーミングPCを紹介

このページを読めば、WQHD解像度でのゲームプレイに必要なPCスペックがわかり、WQHDに向いているゲーミングPCを知ることができる。

WQHD向けのPCスペック・グラボ

WQHDでゲームをプレイしたいなら、RTX4070やRTX4070Tiが必要だ。

3DMarkグラボ価格搭載PCの価格
RTX40903648928.0万円43万円~
RTX4080Super2849218.6万円37万円~
RTX40802819017.0万円35万円~
RTX4070Ti Super2440012.4万円24万円~
RTX4070Ti2278711.6万円23万円~
RTX4070Super2108610.0万円21万円~
RTX4070178698.4万円19万円~
RTX4060Ti134975.6万円14万円~
RTX4060106174.3万円13万円~
※3DMarkスコアは性能を数値化したもの
※グラボ価格は、価格.comの最安値
※搭載PCの価格は、管理人が確認した限りの最安値

基本的に、型番末尾の数字が60のグラボがフルHD用、70のグラボがWQHD用、80以上が4K用となる。

もちろん、画質を下げればRTX4060などでもWQHDでの運用が可能だ。とはいえ、WQHDで画質を下げるくらいなら、フルHD最高設定で良い。

WQHDで美麗グラフィックを楽しみたいなら、RTX4070やRTX4070Tiが必要となるケースが多い。
›WQHD向けのゲーミングPCを見てみる

WQHD向けのPCスペック・グラボを実際のゲームで検証

  • WQHD最高設定
  • CPUはRyzen7 5800X3D、RTX4090のみRyzen9 7950X3Dで最強にしている(別ページの使い回し)
  • DLSSはクオリティ(画質重視)
  • RTはレイトレーシング(よりリアルな描画)を表す
  • フレーム生成はRTX40シリーズのグラボ使用時、特定のゲームでのみ使用可能な機能で、フレームレートを向上させてくれる

フォートナイトやApexのような対戦ゲームや、軽いゲームをWQHDでプレイする意味は薄いので、グラフィックが売りの重いゲームでの検証としている。

数あるゲームの中の一例でしかないが、WQHDでプレイしたいならRTX4070以上を選ぶべきだということがわかるはずだ。
特にRTX4060TiとRTX4070との間には大きな差があるのだ。

実際のゲームでの検証例1

Hogwarts LegacyネイティブDLSSDLSS
フレーム生成
RT
DLSS
RT
DLSS
フレーム生成
RTX409012511425971151
RTX40809511118780133
RTX4070Ti8510215065111
RTX407069821325793
RTX4060Ti55841064574
RTX40604975913761
※平均フレームレートは参考値であり、必ずしも保証するものではない

Hogwarts Legacyはフレーム生成対応のゲームなので、フレーム生成を使えばRTX4060でも平均60fpsを出せる。とはいえフレーム生成ありきになってしまうことに注意。

ネイティブの状態だとRTX4070が適正であり、RT+DLSSだとRTX4070Tiが必要になる。
フレーム生成がいかに優れているかがわかるはずだ。

実際のゲームでの検証例2

The Witcher 3 NextGenRTRT
DLSS
フレーム生成
RTX409070133
RTX408059117
RTX4070Ti4298
RTX40703275
RTX4060Ti2455
RTX40602045
※平均フレームレートは参考値であり、必ずしも保証するものではない

フレーム生成は強力な機能だが、万能ではない。

The Witcher 3 NextGenの場合、フレーム生成を有効にしてもRTX4060Ti以下のグラボでは60fpsを出せない。
RTX4070であれば60fpsを大きく超えていて、しかもRTX4060TiとRTX4070のフレームレート差も大きい。

WQHDにおいて、RTX4060TiとRTX4070とではパフォーマンスに大きな差がある。

実際のゲームでの検証例3

The Last of Us Part 1ネイティブDLSS
RTX4090123123
RTX4080107110
RTX4070Ti8899
RTX40706584
RTX4060Ti4854
RTX40603945
※平均フレームレートは参考値であり、必ずしも保証するものではない

ネイティブだけでなくDLSSオンの場合でも、RTX4060Ti以下のグラボは60fpsを出せていない。
RTX4070であれば60fpsを大きく超えていて、RTX4060Tiとのフレームレート差もかなり大きい。

RTX4060TiとRTX4070との性能差はかなり大きく、WQHDでゲームをするならRTX4070以上のグラボが望ましいという裏付けになる。
›WQHD向けのゲーミングPCを見てみる

実際のゲームでの検証例4

Red Dead Redemption 2ネイティブDLSS
RTX4090134139
RTX4080107112
RTX4070Ti8492
RTX40707080
RTX4060Ti5361
RTX40604349
※平均フレームレートは参考値であり、必ずしも保証するものではない

ネイティブだとRTX4060Ti以下のグラボは60fpsを超えられない。
DLSSオンだとRTX4060Tiがギリギリ平均60fpsを超えているが、かなりギリギリだ。

このゲームでもRTX4060TiとRTX4070のフレームレート差は大きく、RTX4060TiはWQHDに向いているとは言えない性能であることがわかる。

実際のゲームでの検証例5

Assassin’s Creed MirageネイティブDLSS
RTX4090162184
RTX4080143150
RTX4070Ti115135
RTX4070102123
RTX4060Ti7394
RTX40606787
※平均フレームレートは参考値であり、必ずしも保証するものではない

Assassin’s Creed Mirageの場合、RTX4060でもWQHD60fpsが可能だ。

ただしRTX4060TiとRTX4070の差に注目して欲しい。
RTX4060とRTX4060Ti、RTX4070とRTX4070Tiの差は10fpsほどなのに対し、RTX4060TiとRTX4070の差は30fpsほどとなっている。

WQHDにおいて、RTX4060TiとRTX4070の間には大きな壁があり、RTX4070のほうが圧倒的にWQHDに向いているというわけだ。

GPUメモリ(VRAM)の使用量

Hogwarts LegacyThe Witcher 3 NextGenThe Last of Us Part 1Red Dead Redemption 2Assassin’s Creed Mirage
RTX4090(24GB)11GB9GB11GB9GB9GB
RTX4080(16GB)8GB10GB11GB8.5GB8GB
RTX4070Ti(12GB)10GB9GB10.5GB8GB9GB
RTX4070(12GB)10GB9GB10.5GB8GB9GB
RTX4060Ti(8GB)6.5GB7.5GB7GB7GB7.5GB
RTX4060(8GB)6.5GB7.5GB7GB7.5GB7.5GB
※厳密に平均を取ったわけではない

GPUメモリの使用量を見ても、WQHDでのゲームプレイにはRTX4070以上のグラボが望ましいことがわかる。

RTX4080やRTX4090などの大容量のGPUメモリを持つグラボでも使用量が8~11GBであることから、WQHD解像度でのゲームプレイには12GBのGPUメモリが望ましいことがわかる。つまりRTX4070やRTX4070TiがWQHDに向いている。

GPUメモリが8GBしかないRTX4060やRTX4060Tiは使用できるGPUメモリが少なく、RTX4070とのフレームレートの差に繋がっていると考えられる。

メインメモリ(RAM)の使用量

Hogwarts LegacyThe Witcher 3 NextGenThe Last of Us Part 1Red Dead Redemption 2Assassin’s Creed Mirage
RTX409021GB15GB18GB14GB15GB
RTX408018.5GB13.5GB16.5GB12GB12GB
RTX4070Ti20GB13.5GB18GB14GB13.5GB
RTX407021GB12.5GB16GB12GB12GB
RTX4060Ti20GB11.5GB20GB13GB13.5GB
RTX406020GB14.5GB19GB13GB13.5GB
※厳密に平均を取ったわけではない
※32GBのメモリを使用

WQHDでのゲームプレイだと16GBのメモリで足りる場合もあるが、16GB以上のメモリが望ましい場合もあることがわかる。これらの5タイトルの中だと、3タイトルは16GB以下で問題ないが、2タイトルは16GB以上が必要だ。

メモリの不足はパフォーマンスの低下につながるので、WQHDでゲームをしたいなら32GBのメモリを搭載したほうが良い。

一方で、最大でも20GB前後なので、64GBのメモリは必要ないことがわかる。

WQHD向けのスペックを持つゲーミングPCを紹介

おすすめ1おすすめ2おすすめ3
外観フロンティアのゲーミングPCサンプル20フロンティアのゲーミングPCサンプル15サイコムのゲーミングPCサンプル2
特徴価格重視価格×品質重視品質重視
CPUCore i7-14700FCore i7-14700FCore i7-14700K
グラボRTX4070SuperRTX4070Ti SuperRTX4070Super(変更可)
価格(税込)244,800円309,800円327,440円

WQHDでのゲームプレイに向いているゲーミングPCを紹介する。

おすすめ1:価格重視のフロンティアのWQHD向けゲーミングPC

フロンティアのゲーミングPC175
FRGKB760/WSA/NTK
セール期間~5月24日15時(セール情報記事)
CPUIntel Core i7-14700F
グラボGeForce RTX4070Super
メモリ32GB(16GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)244,800円
※2024年5月17日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらフロンティアのおすすめカスタマイズを紹介!自分に合ったゲーミングPCにしようを参考にすると良い
\1週間限定セール開催中/

おすすめ1は、Core i7-14700F×RTX4070Superという、WQHD向けミドルクラス定番のゲーミングPCだ。

セール頻度とセール時の安さで有名なフロンティアのゲーミングPCとなっている。

WQHD解像度を安く楽しみたい人は必見だ。

おすすめ2:Core i7-14700F×RTX4070Ti Super搭載モデル

フロンティアのゲーミングPC164
FRMFGB760/WS410
セール期間~5月24日15時(セール情報記事)
CPUIntel Core i7-14700F
グラボGeForce RTX4070Ti Super
メモリ32GB(16GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)309,800円
※2024年5月17日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらフロンティアのおすすめカスタマイズを紹介を参考にすると良い
\1週間限定セール開催中/

おすすめ2は、Core i7-14700F×RTX4070Ti Superという組み合わせだ。

RTX4070Ti Superは4Kも狙えるほどの性能であり、WQHD適性は非常に高い。

WQHDで快適にプレイしたい人は必見だ。

おすすめ3:高品質なサイコムのゲーミングPC

G-Master Spear Z790/D5
G-Master Spear Z790/D5
セール期間
CPUIntel Core i7-14700K(変更可)
グラボGeForce RTX4070Super(変更可)
メモリ16GB(8GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)327,440円
※2024年4月23日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらサイコムのおすすめカスタマイズをパーツごとに紹介を参考にすると良い

おすすめ3は、高品質なパーツを採用していることで有名なサイコムのゲーミングPCだ。

サイコムのゲーミングPCには高品質な有名パーツのみが搭載されていて、冷却性や耐久性、静音性に優れている。

WQHDでゲームプレイできるほどの高性能なゲーミングPCを選ぶなら品質にも気を使いたいと考える人におすすめだ。

WQHDでゲームプレイする際の注意点

  • WQHDモニターが必要
  • WQHDモニターを使ってフルHD表示にするとぼやける

WQHDモニターが必要

WQHD解像度でゲームをしたいなら、モニターもWQHD対応のものにしなければならない。

WQHDモニターはフルHDモニターよりも高額な傾向にあるが、それでも安いものだとIPSパネルで3~3.5万円ほどで買うことができる。(IPSパネル:綺麗な映像が特徴のパネル)

WQHDモニターを使ってフルHD表示にするとぼやける

WQHDモニターを使ってフルHD表示にするとぼやける。

フルHD(1920×1080)のドットをWQHD(2560×1440)で映し出すわけなので、足りないドットを埋めなければならない。
要するにフルHDの映像を引き伸ばす必要があるので、ぼやけてしまうのだ。(スマホで画像を拡大するとぼやけるのと同じ)

Apexやフォートナイトのような、画質よりフレームレートが重要なゲームをフルHDでプレイしたい場合は、別途フルHDモニターを用意するほうが良い。

WQHDでのゲームプレイに必要なPCスペック・グラボまとめ

このページでは、WQHDでのゲームプレイに必要なPCスペックを紹介した。

内容を振り返ると以下の通り。

  • WQHDでゲームをプレイしたいならRTX4070やRTX4070Tiが必要
  • RTX4060Ti以下のグラボだと、WQHDにおける汎用性に劣る
  • メモリは32GBが良い

WQHD解像度で美麗グラフィックが売りのゲームをプレイしたいなら、ミドルクラス以上のグラボが必要だ。
›WQHDでのゲームプレイに向いているゲーミングPCを見る

タイトルとURLをコピーしました