PR

Diablo 4の推奨スペックと快適プレイに必要なPC・グラボ

「Diablo 4の推奨スペック」のアイキャッチ
管理人
管理人

「Diablo 4をプレイしたいんだけど、どれくらいのスペックが必要なのかな?」って人に読んでほしいページです。

このページの内容は以下の通り。

  • Diablo 4を快適にプレイするために必要なスペック
  • Diablo 4におすすめのゲーミングPC

このページを読めば、Diablo 4に必要なスペックが分かるだけでなく、Diablo 4におすすめのゲーミングPCまで知ることができる。

Diablo 4の必要動作環境

必須中設定高設定4Kウルトラ
目安HD低設定
30fps
フルHD中設定
60fps
フルHD高設定
60fps
4Kウルトラ
60fps
OSWindows10 64bit
CPUCore i5-2500K
FX-8350
Core i5-4670K
Ryzen3 1300X
Core i7-8700K
Ryzen7 2700X
GPUGTX660
R9 280
GTX970
RX470
RTX2060
RX5700XT
RTX3080
RX6800XT
メモリ8GB16GB16GB32GB
ストレージ90GB SSD

Diablo 4の公式サイトにて、必要動作環境が記載されている。

「必須」は快適とは程遠いので、せめて「中設定」は満たしておきたい
とはいえ、「中設定」であればそこまで要求スペックは高くないので、古いゲーミングPCを使っている人でも問題ない可能性もある。

Diablo 4の推奨スペック

  • グラボ→RTX4060Tiもあれば十分
  • メモリ→32GB
  • ストレージ→1TB

Diablo 4は、4K解像度でもRTX4060Tiでプレイ可能だ。

とはいえRTX4060Tiは、フルHDが適正のグラボだ。WQHDならまだしも、4Kには不向きなスペックをしている。

「一生Diablo 4しかプレイしない」という人はいないので、各解像度に適正なグラボを選ぶべきだ。
≫Diablo 4におすすめのゲーミングPC

Diablo 4の推奨グラボを解像度別に紹介

解像度ごとに、どのくらいのフレームレートが出るのかを見ていこう。

フルHD(1920×1080)

ネイティブDLSS(Q)DLSS(Q)
フレーム生成
RTX4090326319395
RTX4080346310399
RTX4070Ti299332390
RTX4070260322337
RTX4060Ti216245214
RTX4060134189184
※記載している平均フレームレートは目安であり、必ずしも保証するものではない。パーティプレイなどでフレームレートが下がる可能性がある。
※CPUはRyzen7 5800X3D、画質は最高設定
※DLSS(Q)=DLSSクオリティ(画質重視)

Diablo 4は重いゲームというわけではないので、エントリークラスのグラボでも十分なフレームレートを出せる

フルHDが適正のRTX4060Tiで、200fps以上を出すことができていて十分だ。
CPU性能を多少妥協したところで、高フレームレートを維持できるだろう。
≫Diablo 4におすすめのゲーミングPC

WQHD(2560×1440)

ネイティブDLSS(Q)DLSS(Q)
フレーム生成
RTX4090340313389
RTX4080280306344
RTX4070Ti229305290
RTX4070177230225
RTX4060Ti134179179
RTX406086132128
※記載している平均フレームレートは目安であり、必ずしも保証するものではない。パーティプレイなどでフレームレートが下がる可能性がある。
※CPUはRyzen7 5800X3D、画質は最高設定
※DLSS(Q)=DLSSクオリティ(画質重視)

WQHDの場合でもRTX4060Tiで事足りる。
ネイティブで134fps、DLSSをオンにすれば、さらに高いフレームレートを出すことができる。

フレーム生成をオンにすると、DLSSのみの場合によりフレームレートが低下した。
Diablo 4はまだ最適化がなされていない可能性がある。

ただし注意したいのは、この結果だけを見てRTX4060TiとWQHDモニターを買うのは一旦待ったほうが良い。RTX4060TiはあくまでフルHDが適正のグラボであり、汎用的にWQHD解像度でプレイできるわけではないからだ。
≫Diablo 4におすすめのゲーミングPC

4K(3840×2160)

ネイティブDLSS(Q)DLSS(Q)
フレーム生成
RTX4090200291244
RTX4080146203177
RTX4070Ti116167148
RTX407092132111
RTX4060Ti6610389
※記載している平均フレームレートは目安であり、必ずしも保証するものではない。パーティプレイなどでフレームレートが下がる可能性がある。
※CPUはRyzen7 5800X3D、画質は最高設定
※DLSS(Q)=DLSSクオリティ(画質重視)

Diablo 4は、4K解像度でもRTX4060Tiでプレイ可能だ。
RTX4060Tiでも60fpsを出せていて、DLSSを使えば60fps以上を出すことができる。

フレーム生成をオンにすると、DLSSのみの場合よりフレームレートが低下した。
Diablo 4ではまだ最適化がなされていないのかもしれない。

WQHDの所でも言ったが、RTX4060Tiと4Kモニターを一緒に買ってしまうのはよく考えたほうが良い。
RTX4060TiはフルHDが適正のグラボであり、4Kで多くのゲームをプレイできるわけではない。Diablo 4専用の4Kモニターになってしまう可能性があるというわけだ。
≫Diablo 4におすすめのゲーミングPC

VRAM(GPUメモリ)消費量

厳密に平均を取ったわけではないが、VRAM消費量は以下の通り。

グラボ(VRAM)フルHDWQHD4K
RTX4090(24GB)14.3GB14.3GB15.3GB
RTX4080(16GB)11.3GB11.8GB14.7GB
RTX4070Ti(12GB)9.3GB9.3GB10.7GB
RTX4070(12GB)9.7GB9.5GB10.7GB
RTX4060Ti(8GB)6.7GB6.8GB7GB
RTX4060(8GB)7GB7GB7GB

Diablo 4は、VRAM消費量が非常に多いゲームだ。最大で15GBほどを消費する。

とはいえVRAM目的でグラボを買う必要性は薄く、8GB~12GBのグラボを選んでおけば良いだろう。

Diablo 4の推奨CPU

必須中設定高設定4Kウルトラ
目安HD低設定
30fps
フルHD中設定
60fps
フルHD高設定
60fps
4Kウルトラ
60fps
CPUCore i5-2500K(2011年)
FX-8350(2012年)
Core i5-4670K(2013年)
Ryzen3 1300X(2017年)
Core i7-8700K(2017年)
Ryzen7 2700X(2018年)

Diablo 4のCPU要件はそこまで高くない。

高設定や4Kウルトラでも2017~2018年のハイエンドであり、ここ数年で買ったゲーミングPCであれば問題ないだろう。

中設定の場合でも2013年のミドル、2017年のローエンドであり、ほどほどの性能だ。
Ryzen7 2700Xは8コア12スレッドだが、Core i7-8700Kは6コア12スレッドなので、6コアあれば十分そうだ。

Diablo 4の推奨メモリ容量

32GBのメモリを搭載したときの消費量は以下の通り。厳密に平均を取ったわけではないが、参考にはなるはず。

フルHDWQHD4K
RTX409013.3GB13GB13GB
RTX408014.2GB15GB14.5GB
RTX4070Ti13GB14.7GB15.7GB
RTX407014GB14.8GB15.3GB
RTX4060Ti16.5GB17.3GB19GB
RTX406016.7GB20GB

Diablo 4には32GBのメインメモリがおすすめだ。

Diablo 4はメインメモリの消費量が非常に多い。RTX4060やRTX4060Tiで消費量が多いのは、VRAM不足の分を補っているからだろう。

公式の必要要件には「フルHDなら16GB」と記載されていたが、32GBも視野に入る。
最近だと、32GBも多すぎとは言えないほどに一般的になってきている。価格も+5,000円ほどでアップグレードできる。

Diablo 4の推奨ストレージ容量

Diablo 4には1TBのSSDがおすすめだ。

Diablo 4は90GBのSSDを要求してくる。大きめの容量だ。

最近のゲーミングPCは最低で512GBのSSDが搭載されているが、512GBでは少し心もとない。1TB以上にアップグレードしたいところだ。

Diablo 4におすすめのゲーミングPC

フルHDWQHD4K
外観フロンティアのゲーミングPCサンプル20フロンティアのゲーミングPCサンプル20サイコムのゲーミングPCサンプル2
CPUCore i5-14400FCore i7-14700FCore i7-14700K
グラボRTX4060TiRTX4070SuperRTX4070Ti
価格(税込)161,000円236,800円334,690円

Diablo 4におすすめのゲーミングPCを、解像度別に紹介する。

Diablo 4をフルHDでプレイするのにおすすめのゲーミングPC

フロンティアのゲーミングPC159
FRGKB760/WS111/NTK
セール期間~3月8日15時(セール情報記事)
CPUIntel Core i5-14400F
グラボGeForce RTX4060Ti
メモリ32GB(16GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)161,000円
※2024年3月1日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらフロンティアのおすすめカスタマイズを紹介!自分に合ったゲーミングPCにしようを参考にすると良い

このモデルは、Diablo 4をフルHD解像度でプレイする人に向いている。

Core i5-14400F×RTX4060Tiというエントリークラス定番の組み合わせであり、フルHD解像度での汎用性も優れている。

15万円ほどで定番のゲーミングPCが欲しい人は必見だ。

Diablo 4をWQHDでプレイするのにおすすめのゲーミングPC

フロンティアのゲーミングPC175
FRGKB760/WSA/NTK
セール期間~3月8日15時(セール情報記事)
CPUIntel Core i7-14700F
グラボGeForce RTX4070Super
メモリ32GB(16GB×2) DDR4-3200
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)236,800円
※2024年3月1日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらフロンティアのおすすめカスタマイズを紹介!自分に合ったゲーミングPCにしようを参考にすると良い

このモデルは、Diablo 4をWQHD解像度でプレイする人に向いている。

Core i7-14700F×RTX4070Superという組み合わせは、WQHD解像度での汎用性に優れている。

性能が高めなので、幅広い用途に対応できるのもポイントだ。

Diablo 4を4KでプレイするのにおすすめのゲーミングPC

G-Master Spear Z790/D5
G-Master Spear Z790/D5
セール期間
CPUIntel Core i7-14700K(変更可)
グラボGeForce RTX4070Ti(要変更)
メモリ16GB(8GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
価格(税込)334,690円
※2024年1月24日時点での情報
※カスタマイズで迷ったらサイコムのおすすめカスタマイズをパーツごとに紹介を参考にすると良い

このモデルは、Diablo 4を4K解像度でプレイする人に向いている。

RTX4070Tiの4K性能はやや汎用性に欠けるが、それでも十分な性能を持つ。1ランク上のRTX4080だとさらに価格が高くなってしまうので、RTX4070Tiをおすすめする。

4Kでゲームをプレイできるような高性能なゲーミングPCを求めている人は必見だ。

Diablo 4の推奨スペックとおすすめゲーミングPCまとめ

このページでは、Diablo 4の推奨スペックとおすすめゲーミングPCを紹介した。

Diablo 4について振り返ると以下の通り。

  • Diablo 4の要求スペックは低めで、RTX4060Tiでも4K解像度でのプレイが可能
  • Diablo 4はメモリの消費量が非常に多く、32GBのメインメモリを搭載したい

Diablo 4はフレームレートが出やすいゲームなので、RTX4060Tiのようなエントリー向けグラボでも、高解像度でのプレイが可能だ。

ただし汎用性を考えると、各解像度にふさわしいグラボを選ぶべきだ。
≫Diablo 4におすすめのゲーミングPC

タイトルとURLをコピーしました