PR

RTX4070の性能ベンチマークを比較解説【vs RTX3070,3080,4070Ti】

「RTX4070の性能と搭載モデル」のアイキャッチ
管理人
管理人

「RTX4070ってどんな性能なの?他の似たようなグラボと比較したいんだよね」って人に読んでほしいページです。

似たようなグレードのグラボとどんな違いがあるのかを知ることは、グラボを選ぶうえで重要だ。

このページでは、RTX4070の性能を、RTX3070,RTX3080,RTX4070Tiと比較している。

このページを読めば、RTX4070がどんな性能で、他グラボと何が違うのかがわかるだけでなく、おすすめのRTX4070搭載PCまで知ることができる。

RTX4070の1ランク下であるRTX4060Tiは、別のページで解説している。
RTX4060Tiの性能ベンチマークを比較解説【vs RTX3060Ti,3070,4070】

RTX4070のアップグレード版であるRTX4070Superは別のページで解説している。
RTX4070Superの性能ベンチマークを比較解説【vs RTX4070,4070Ti】

RTX4070はWQHDゲーミングとクリエイティブ用途に向いている

RTX4070RTX3070RTX3080
(10GB/12GB)
RTX4070Ti
アーキテクチャAda LovelaceAmpereAmpereAda Lovelace
GPUコアAD104GA104GA102AD104
プロセス5nm8nm8nm5nm
CUDAコア5888基5888基8704/8960基7680基
RTコア世代第3世代第2世代第2世代第3世代
RTコア46基46基68/70基60基
Tensorコア世代第4世代第3世代第3世代第4世代
Tensorコア184基184基272/280基240基
ベースクロック1.92GHz1.50GHz1.44/1.26GHz2.31GHz
ブーストクロック2.48GHz1.73GHz1.71GHz2.61GHz
メモリ容量12GB8GB10/12GB12GB
メモリタイプGDDR6XGDDR6GDDR6XGDDR6X
メモリクロック21Gbps14Gbps19Gbps21Gbps
メモリバス幅192bit256bit320/384bit192bit
メモリバス帯域504GB/s448GB/s760/912GB/s504GB/s
TDP200W220W320/350W285W
推奨電源650W650W750W700W

RTX4070はWQHD最高設定で60fpsを目指すグラボだ。12GBのGPUメモリを搭載していることも、高いWQHD適性を持つ一因だ。

12GBのGPUメモリはクリエイティブ用途にも役に立つ。RTX30シリーズ以前は8GBが主流であり、8GBでは足りなかったクリエイターにとって魅力的な選択肢になる。

WQHD適性と12GBのGPUメモリを持っていることは、RTX4060Tiとの大きな差別化点だ。このページではRTX4060Tiとの比較はしていないが、RTX4060TiはフルHD向けで8GBとなっていて、RTX4070とは性能もターゲット層も違う。

とはいえ、ゲームの要求スペックが上がっている最近だと、12GBのGPUメモリが過剰というわけではないことや、比較的手が出しやすい価格帯であることから、一般的なユーザーでもRTX4070を選んで損はない

WQHD性能を引き上げる「フレーム生成」

RTX4070は「フレーム生成」という機能を使用できる。

フレーム生成とはRTX40シリーズだけで使用でき、AIによってフレームを補完することでフレームレートを大幅に上昇させることができる機能だ。
デメリットとして、AIによる学習が必要なので、対応済みのゲームでしか使用できない。

フレーム生成は、フレームレートが出づらいWQHD以上の解像度で恩恵が大きく、RTX4070との親和性が高い

RTX30シリーズもRTX40シリーズも、フレームレートを上昇させる「DLSS」という機能を使用できる。

RTX30シリーズはDLSS 2.0、RTX40シリーズはDLSS 3.0であり、DLSS 3.0の機能の1つがフレーム生成だ。フレーム生成はDLSS 2.0より強力な機能となっている。

動画エンコードメインならRTX4070Ti以上が望ましい

エンコードを担当するNVENCが、RTX4070には1基しか搭載されていない。一方でRTX4070Tiには2基搭載されていて、デュアルエンコードが可能だ。

理論上ではRTX4070TiはRTX4070の2倍の速度でエンコード可能なので、仕事でエンコードをするようなクリエイターはRTX4070Ti以上を選びたい。
RTX4070Tiの性能ベンチマークを比較解説

RTX4070の性能ベンチマークを比較

RTX4070RTX3070RTX3080RTX4070Ti
3DMark17874135101755422652
割合100%76%98%127%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際の用途で必ずしもスコア通りのパフォーマンスを発揮するとは限らない。
※3DMarkは、グラフィック性能を測る定番ベンチマーク

RTX4070は非常に高い性能でありながら、他グラボとの差別化もなされている。

RTX4070はRTX3080と同等の性能だ。RTX3070→RTX4070での進化はRTX3070→RTX3080と同等であり、2段階分も進化している。ミドルクラスを選んできた人にとって嬉しい進化だ。

ただし1ランク上のRTX4070Tiには27%の大差で負けている。もちろん価格差も大きいのだが、4Kにも一部対応できるRTX4070TiとWQHDのRTX4070とでは、性能差が大きいということは知っておきたい。

とはいえ、前世代のハイクラスと同じ性能がミドルクラスとして手に入ることを考えると、RTX4070の性能は非常に高く魅力的だ。

RTX4070のゲーム性能を比較

WQHDRTX4070RTX3070RTX3080RTX4070Ti
Cyberpunk 2077(RT)35243645
Watch Dogs Legion(RT)52275163
The Last of Us Part 164566588
Red Dead Redemption 269577187
Hogwarts Legacy67597678
平均57.444.659.872.2
割合100%(基準)78%104%126%
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではないことに注意。
※CPUはRyzen7 5800X3D、WQHD最高設定

RTX4070はWQHD60fpsを目指すグラボであり、WQHD適性が高い

RTX3070と比べると60fpsを達成できているゲームの数に差があり、RTX4070の優位性と性能の高さがわかる。

RTX3080にはやや負けている。WQHDではメモリ性能が重要になるが、RTX4070はメモリバス幅が狭いため、RTX3080よりフレームレートが出ていないのだろう。

RTX4070TiともなるとWQHDは余裕だ。激重処理のレイトレーシング(RT)を有効にしたCyberpunk 2077以外で60fpsを超えていて、格の違いを見せつけた。WQHD性能に余裕を持たせたいならRTX4070Tiを選ぶべきだ。
RTX4070Tiの性能ベンチマークを比較解説【vs RTX3070Ti,4070,4080】

「とりあえずWQHDでゲームをしたい」という人にRTX4070はおすすめだ。
›おすすめのRTX4070搭載PCを見てみる

RTX4070は4Kには対応できない

RTX4070RTX4070Ti
Red Dead Redemption 24656
Forza Horizon 5(RT)6479
Hogwarts Legacy4045
The Last of Us Part 14246
The Witcher 3 NextGen(RT)1823
平均42.049.8
割合100%119%
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではないことに注意。
※CPUはRyzen7 5800X3D、4K最高設定

RTX4070は4K解像度には向いていない。比較的軽めなForza Horizon 5でギリギリ60fps超える程度だ。
レイトレーシングを使っていないゲームでも60fpsを下回っていて、快適なプレイには程遠い。

RTX4070Tiでも4K運用はやや厳しい。RTX4070と同様に、60fpsを超えているのは比較的軽めなForza Horizon 5だけだ。

1ランク上のRTX4070Tiでも厳しく、RTX4070は4Kには向いていない。

フレーム生成でWQHD性能に余裕が出る

WQHDRTX4070RTX3080
Cyberpunk 2077(RT)9762
Hogwarts Legacy13289
Marvel’s Spider-Man Remastered(RT)13873
DLSS平均122(100%)75(61%)
ネイティブ平均58(100%)61(105%)
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではないことに注意。
※RTX4070はDLSS+フレーム生成、RTX3080はDLSS
※DLSSはクオリティ(画質重視)
※フレーム生成を使うには、ゲーム側が対応している必要がある
※CPUはRyzen7 5800X3D、WQHD最高設定

フレーム生成を使うことで、RTX4070のWQHD性能は確かなものになる

DLSS無しのネイティブの状態では、RTX4070とRTX3080はほぼ同等であり、むしろRTX3080のほうがパフォーマンスがわずかに高い。

一方でDLSS+フレーム生成を有効にすることで、RTX3080を一気に突き放すことができ、WQHD144Hzモニターを使いたいほどのパフォーマンスになる。

4KRTX4070RTX4070Ti
Hogwarts Legacy40→7845→88
Hogwarts Legacy(RT)23→5727→63
The Witcher 3 NextGen(RT)18→4323→56
平均27.0→59.331.7→69.0
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではないことに注意。
※DLSS+フレーム生成
※DLSSはクオリティ(画質重視)
※フレーム生成を使うには、ゲーム側が対応している必要がある
※CPUはRyzen7 5800X3D、4K最高設定

フレーム生成を使ってもRTX4070は4Kでのゲームプレイに向いていない。とはいえ、フレーム生成の威力はよくわかる。

RTX4070は、4Kでのプレイができないほどにフレームレートが低かった。
しかしフレーム生成を使うことで、フレームレートが約2倍になり、プレイできるレベルまで引き上げられている。

RTX4070Tiであれば60fpsを達成できる。激重ゲームかつレイトレーシングを有効にしたThe Witcher 3でも60fpsに近く、ほとんどのゲームで60fpsプレイが可能だ。
フレーム生成込みであれば、RTX4070Tiは4K適性がある。
RTX4070Tiの性能ベンチマークを比較解説【vs RTX3070Ti,4070,4080】

RTX4070は4Kには向いていないが、フレーム生成の威力は伝わったはずだ。
›おすすめのRTX4070搭載PCを見てみる

RTX4070のクリエイティブ性能を比較

RTX4070RTX3070RTX3080RTX4070Ti
Premiere Pro
Pugetbench
69.2
100%
50.6
73%
61.6
89%
67.1
97%
Photoshop
Pugetbench
133.1
100%
135.8
102%
135.0
101%
136.2
102%
Blender5996
100%
3700
62%
5215
87%
7193
120%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際のパフォーマンスを保証するものではない

RTX4070は高いクリエイティブ性能を持つ

RTX4070のクリエイティブ性能はRTX3080より高い。
Premiere ProにおいてはRTX4070Tiと同等の性能であり、十分なクリエイティブ性能を持つと言える。

なお、Photoshopは動作が軽く、一定以上の性能を持つグラボだと差がつかない。どれを選んでも差はない。

RTX4070はゲームだけでなく、クリエイティブ用途でも使えるグラボだ。
›おすすめのRTX4070搭載PCを見てみる

RTX4070の消費電力とワットパフォーマンスを比較

RTX4070RTX3070RTX3080RTX4070Ti
Cyberpunk 2077(RT)185W229W308W261W
Watch Dogs Legion(RT)188W185W302W234W
The Last of Us Part 1173W200W295W201W
Red Dead Redemption 2190W250W312W241W
Hogwarts Legacy188W254W310W197W
平均184.8W223.6W305.4W226.8W
ワットパフォーマンス0.310.200.200.32
※WQHD最高設定
※ワットパフォーマンス=フレームレート÷消費電力 高いほうが良い

RTX4070の消費電力やワットパフォーマンスは、RTX30シリーズより明確に優れている

同性能のRTX3080だけでなく、同グレードのRTX3070より消費電力が少ない。RTX4070Tiですら、RTX3070と同等の消費電力だ。

RTX40シリーズではプロセスルールが8nm→5nmへと微細化したので、消費電力が少なくなっているのだ。メモリバス幅が狭いことも消費電力の少なさに貢献している。

消費電力の観点から見ると、RTX30シリーズではなくRTX4070のほうが魅力的だ。

RTX4070の価格とコスパを比較

RTX4070RTX3070RTX3080RTX4070Ti
グラボ価格8.4万円~6.0万円~9.0万円~11.6万円~
搭載PC価格19万円~23万円~
コスパ(ゲーム)6.837.436.646.22
コスパ(ベンチ)0.210.230.200.20
※グラボ価格は価格.comの最安値
※搭載PC価格は、管理人が確認した限りの最安値
※コスパ(ゲーム)=平均フレームレート÷グラボ価格(万円)
※コスパ(ベンチ)=3DMark÷グラボ価格

RTX4070の価格自体はやや高いものの、コスパは良いグラボだ。RTX3080やRTX4070Tiより高コスパであり、価格も低い。

RTX3070と比べるとコスパで劣り、価格差も2万円以上だ。
とはいえメモリの増量による汎用性の向上や、WQHD適正の高さ、消費電力を考えれば、妥当な差と言える。

RTX4070搭載PCは最低で20万円あれば買うことができることを見逃せない。
BTOショップでは、コスパ重視のRTX4070搭載PCが扱われている。コスパ重視の構成が用意されがちなのは、ミドルクラスの強みだ。

WQHD解像度でゲームをプレイしたいゲーマーや、12GBのGPUメモリを活用できるクリエイターであれば、RTX4070は価格面から見ても魅力的なグラボだ。
›おすすめのRTX4070搭載PCを見てみる

RTX4070搭載のおすすめゲーミングPCをBTOから紹介

おすすめ1
外観サイコムのゲーミングPCサンプル2
特徴品質重視
CPUCore i7-14700K(変更可)
グラボRTX4070
価格(税込)307,730円

おすすめ1:品質重視のサイコム×RTX4070

G-Master Spear Z790/D5
G-Master Spear Z790/D5
セール期間在庫限り(セール情報記事)
CPUIntel Core i7-14700K(変更可)
参考:CPUの選び方を見る
GPUGeForce RTX4070(要変更)
メモリ16GB(8GB×2) DDR5-4800
ストレージ1TB NVMe M.2 SSD
価格(税込)307,730円
※2024年4月23日時点での情報
※パーツのカスタマイズで迷ったらサイコムのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い
\期間限定セール開催中/

おすすめ1は、高品質なパーツをふんだんに使用していることで人気のあるサイコムのゲーミングPCだ。

大手BTOと違い、搭載パーツのメーカーや型番が記載されていて、冷却性・耐久性・静音性を売りにしている

品質や信頼性を重視する人におすすめだ。

RTX4070に関してよくある質問

  • RTX4070はなぜ売れないのか?
  • RTX4070と組み合わせるのにおすすめのCPUは?
  • RTX4070の推奨電源は?
  • RTX4070を使うと電気代はいくらになる?
  • RTX4070とRTX3070はどっちが良い?
  • RTX4070とRTX4070Tiはどっちが良い?

RTX4070はなぜ売れないのか?

RTX4070が売れない理由は、皆の期待が大きかったことと、発売当初の価格が高かったからだ。

70番台のグラボは、前世代の80番台を優に超える性能を発揮するというのが、今までの流れだった。
一方でRTX4070はRTX3080と同等の性能であり、今までよりは性能の伸びが小さい。

加えて、RTX4070の発売当初の価格は約10万円であり、RTX3080より高額だったのだ。

今ではRTX4070はRTX3080より安いし、RTX3080の扱いはほぼなくなってきているので、RTX4070を選ぶ意味は大いにあると評価する。

RTX4070と組み合わせるのにおすすめのCPUは?

Cinebench
シングル
Cinebench
マルチ
コア/スレッド
Core i7-1470021403143320/28
Core i5-1440017731607410/16
Ryzen7 5700X1532138028/16

Core i7は価格が少し高くなるが、コア数が多く総合力が高めだ。RTX4070に合わせてクリエイティブ用途やマルチタスクが多いならCore i7を選びたい。

Core i5-14400やRyzen7 5700Xは、総合力ではCore i7に劣るが価格を安く抑えることができる。ゲームだけしかしない人向けだ。

RTX4070の推奨電源は?

RTX4070の公式での推奨電源は650Wだ。

RTX4070のTDPは200Wで、Core i7-14700Kを搭載した場合、+125Wで325Wとなる。

電源ユニットの容量は使用電力の約2倍が良いとされているので、650Wになる。

RTX4070を使うと電気代はいくらになる?

ゲーム時の消費電力平均1日5時間使用30日間使用
RTX4070184.8W28.64円859.32円
RTX3070223.6W34.66円1039.74円
RTX3080305.4W47.34円1420.11円
RTX4070Ti226.8W35.15円1054.62円
※電気代は全国家庭電気製品公正取引協議会より、31円/kWhで計算。
※環境によって電気代は異なる

RTX4070とRTX3070はどっちが良い?

今買うならRTX4070をおすすめする。

RTX3070はRTX4070より安いが、性能差が大きい。ミドルクラスのグラボを買うのであれば、性能を重視してRTX4070を選んだほうが良い。
›おすすめのRTX4070搭載PCを見てみる

RTX4070とRTX4070Tiはどっちが良い?

RTX4070とRTX4070Tiのどちらが良いかは、人によるとしか言えない。

このページで見てきたように、ゲームやクリエイティブ用途では、RTX4070で十分なパフォーマンスを出せるケースが多い

RTX4070TiはRTX4070より高性能だが、「RTX4070でも良いよね」というのが正直なところだ。

より高い性能を求めたい人や予算に余裕がある人だけがRTX4070Tiを検討するべきだ。
RTX4070Tiの性能ベンチマークを比較解説

RTX4070の性能ベンチマークの比較まとめ

このページでは、RTX4070の性能ベンチマークをRTX3070,RTX3080,RTX4070Tiと比較した。

RTX4070についてまとめると以下の通り。

  • RTX4070はWQHD適性が高いミドルクラスのグラボ
  • 12GBのGPUメモリを搭載するので、ゲームやクリエイティブ用途など、幅広く活用できる
  • RTX4070Tiより性能は低いができることの幅は変わらないので、無理してRTX4070Tiを選ぶ必要はない

RTX4070は、WQHD解像度でゲームをする際の最適解とも言えるグラボで、クリエイティブ用途でも十分な性能を発揮する。
›おすすめのRTX4070搭載PCを見てみる

RTX4070を選ぶべきなのか、グラボはどのように選べば良いのかが分からない人は以下のページを読むと良い。
≫ゲーミングPCに載せるグラボ性能の選び方とおすすめを初心者でもわかるように解説

参考サイト

このページで紹介したベンチマークスコアは、以下のサイトから引用している。

タイトルとURLをコピーしました