PR

RTX3070の性能ベンチマークを比較解説

「RTX3070の性能と搭載ゲーミングPC」のアイキャッチ
管理人
管理人

「ゲーミングPCを買おうと思ってるんだけど、そこそこ良いのが欲しいんだよね。予算がめちゃくちゃあるわけじゃないからRTX3070あたりが良いかなって思ってるんだけど、どんな性能なんだろ?」って人に読んでほしいページです。

このページの内容は以下の通り。

  • RTX3070の特徴を解説
  • RTX3070の性能ベンチマークを比較

RTX3070は2020年10月に発売開始されたミドルクラスのグラボだ。

このページを読めば、RTX3070の性能がわかり、他のグラボとの比較検討ができる。

次世代のRTX4070は、以下のページで解説している。
RTX4070の性能ベンチマークを比較解説

RTX3070の特徴

RTX3070は、1ランク上のRTX3070Tiに近い性能を持っているという特徴がある

RTX3070もRTX3070Tiも、6144基のCUDAコアを持つ「GA104」というGPUコアを採用している。RTX3070の時点で6144の96%に当たる5888基が有効化されているのだ。

コア数だけでグラボの性能が決まるわけではないが、RTX3070はRTX3070Tiに近い性能であるということは知っておきたい。

RTX3070の性能表を比較解説

RTX3070RTX3060TiRTX3070Ti
アーキテクチャAmpereAmpereAmpere
GPUコアGA104GA104GA104
プロセス8nm8nm8nm
CUDAコア5888基4864基6144基
RTコア世代第2世代第2世代第2世代
RTコア46基38基48基
Tensorコア世代第3世代第3世代第3世代
Tensorコア184基152基192基
ベースクロック1.50GHz1.41GHz1.58GHz
ブーストクロック1.73GHz1.67GHz1.77GHz
メモリ容量8GB8GB8GB
メモリタイプGDDR6GDDR6GDDR6X
メモリクロック14Gbps14Gbps19Gbps
メモリバス幅256bit256bit256bit
メモリバス帯域448GB/s448GB/s608GB/s
TDP220W200W290W
推奨電源650W600W750W
RTX3070RTX3060Ti
CUDAコア5888基4864基(83%)
ベースクロック1.50GHz1.41GHz(94%)
ブーストクロック1.73GHz1.67GHz(97%)
TDP220W200W(91%)
※カッコ内はRTX3070の数値を100%としたときの割合を示す

RTX3060Tiは、RTX3070の1ランク下に位置付けられるグラボだ。

RTX3070とRTX3060Tiとの大きな違いは、適正解像度だ。
RTX3070はWQHDが適正だが、RTX3060TiはフルHD向けのグラボとなる。

RTX3070は、RTX3060Tiより17%だけコア数が多く、このコアの差が適正解像度の違いに繋がっている。

コア数以外は微々たる差であったり、まったく同じだったりだ。

RTX3070RTX3070Ti
CUDAコア5888基6144基(104%)
ベースクロック1.50GHz1.58GHz(105%)
ブーストクロック1.73GHz1.77GHz(102%)
メモリタイプGDDR6GDDR6X
メモリクロック14Gbps19Gbps(136%)
メモリバス帯域448GB/s608GB/s(136%)
TDP220W290W(132%)
推奨電源650W750W
※カッコ内はRTX3070の数値を100%としたときの割合を表す

RTX3070Tiは、RTX3070の1ランク上に位置付けられるグラボだ。

RTX3070とRTX3070Tiの大きな違いは、メモリ性能だ。

RTX3070TiのメモリタイプはGDDR6Xであり、RTX3070より高性能だ。
RTX3070Tiのほうがメモリクロックも36%大きい。

メモリ性能の差は、主にWQHD解像度などの高負荷時のパフォーマンスに表れる。
RTX3070もWQHD適性があるグラボだが、RTX3070Tiのほうがより高いWQHD適性を持つというわけだ。

RTX3070とRTX3070Tiは、メモリ以外ではほぼ差が無い。
特にコア数はほぼ同じなので、メモリ性能を重視しないなら、RTX3070Tiに魅力を感じないだろう。

RTX3070の性能ベンチマークを比較

RTX3070RTX3060TiRTX3070Ti
3DMark135101159314835
割合100%86%110%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際の用途で必ずしもスコア通りのパフォーマンスを発揮するとは限らない。

RTX3070のグラフィック性能を、定番ベンチマーク「3DMark」で比較した。

RTX3070はRTX3070Tiに近い性能スコアとなっている。

RTX3070はRTX3070Tiに10%しか差をつけられていない。
RTX3070とRTX3070Tiはクロックなどに違いがあるものの、コア数はほぼ同じだからだ。

RTX3060Tiと比べると14%の差となっていて、RTX3070Tiのときより差が大きい。RTX3060Tiもかなり優秀なエントリー向けグラボであり、RTX3070に近い性能を有するので、14%の差に収まっているのだ。

RTX3070は他グラボとの差が小さめではあるが、RTX3070Tiに近い性能を持っている

RTX3070のゲーム性能を比較

  • RTX3070のフルHD性能を比較
  • RTX3070のWQHD性能を比較
  • RTX3070のDLSS性能を比較

RTX3070のフルHD性能を比較

RTX3070RTX3060Ti
Cyberpunk 2077(RT)4538
God of War8978
Red Dead Redemption 25954
The Witcher 3 NextGen(RT)4330
Hogwarts Legacy7671
平均62.454.2
割合100%(基準)87%
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではないことに注意。
※CPUはRyzen7 5800X3D、フルHD最高設定

RTX3070はミドルクラスのグラボでWQHDが適正なこともあり、フルHD性能には余裕がある

RTX3070のフルHD性能は、RTX3060Tiに13%の差をつけて勝っている。おおよそ60fpsを達成できる性能だ。

とはいえRTX3060Tiでも十分なフレームレートであり、少し画質を下げれば60fpsを達成できる域にある。フルHDでプレイする人なら、最高設定へのこだわりが薄い人が多いはず。

RTX3070のフルHD性能は十分だが、フルHDならRTX3060Tiでも良いというのが正直なところだ。

RTX3070のWQHD性能を比較

RTX3070RTX3070Ti
Cyberpunk 2077(RT)2426
God of War8995
Red Dead Redemption 25760
The Witcher 3 NextGen(RT)3133
Hogwarts Legacy5967
平均52.056.2
割合100%(基準)108%
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではないことに注意。
※CPUはRyzen7 5800X3D、WQHD最高設定

RTX3070はWQHDが適正のグラボではあるが、いまいちパッとしない結果になった

よりリアルな描画を可能にするレイトレーシング(RT)をオンにしたゲームは仕方がないが、60fpsを達成しているゲームが1つしかない。ギリギリ達成できていないとはいえ、RTX3070Tiとの大きな違いと言える。

WQHDでゲームをプレイするような人は、画質へのこだわりも強いはずなので、最高設定で60fpsに届かないのは残念だ。

とはいえかなり重いゲームだと60fpsに届かないだけであって、God of Warのような重いゲームでは60fps達成できている。

RTX3070のWQHD性能は万能ではないが、適正はあると言える。

RTX3070のDLSS性能を比較する

DLSS/WQHDRTX3070RTX3070Ti
Cyberpunk 2077(RT)24→4726→51
Hogwarts Legacy59→8167→89
The Witcher 3 NextGen(RT)31→4233→44
DLSS平均38.0→56.742.0→61.3
上昇率149%146%
※記載している平均フレームレートは目安であり、保証するものではないことに注意。
※CPUはRyzen7 5800X3D、WQHD最高設定
※DLSSの強さはクオリティ(画質優先)

DLSSは、RTX3070のWQHD性能を強化してくれる

RTX3070のDLSSは、ネイティブからおよそ1.5倍のフレームレートにしてくれる。レイトレーシング(RT)をオンにする場合、60fpsに届かないが、レイトレーシングを使わなければ60fpsを達成できると見て良い。(ネイティブの状態で、RTX3070は60fpsに届くか届かないかくらいの性能なので)

DLSSは対応しているゲームでしか使えないという欠点はあるが、RTX3070の性能を補ってくれることに間違いない。

RTX3070Tiと比べても劇的に見劣りするというわけでもないので、DLSSを前提にすると、RTX3070はWQHD向けのグラボとしてかなり優秀だ。

RTX3070のクリエイティブ性能を比較

RTX3070RTX3060TiRTX3070Ti
Premiere Pro
Pugetbench
50.6
100%
50.6
100%
63.5
125%
Photoshop
Pugetbench
135.8
100%
132.7
98%
141.1
104%
Blender3700
100%
3216
87%
4104
111%
※ベンチマークスコアは性能の目安であり、実際のパフォーマンスを保証するものではない

RTX3070のクリエイティブ性能はパッとしない。

RTX3070はRTX3060Tiに対してBlenderでは13%の差をつけているが、他では同等のスコアとなっている。

RTX3070Tiと比べると明らかに負けていることから、クリエイティブ性能目当てでRTX3070を選ぶ意味は薄い

RTX3070の消費電力とワットパフォーマンスを比較

RTX3070RTX3060TiRTX3070Ti
Cyberpunk 2077(RT)242W
229W
208W249W
God of War248W
265W
217W282W
Red Dead Redemption 2229W
250W
212W276W
The Witcher 3 NextGen(RT)242W
263W
196W279W
Hogwarts Legacy240W
254W
197W281W
平均240.2W
252.2W
206.0W273.4W
ワットパフォーマンス0.26
0.21
0.260.21
※ワットパフォーマンス=フレームレート÷消費電力 高いほうが良い
※RTX3070の上段とRTX3060TiがフルHD、RTX3070の下段とRTX3070TiがWQHD

RTX3070のワットパフォーマンスは、RTX3060TiやRTX3070Tiと同等だ。

RTX3070はRTX3070Tiに近い性能なので、消費電力もRTX3070Tiに近い。RTX3070Tiより20~30W低い程度だ。
RTX3060Tiと比べると平均では34Wほどの差だが、ゲームによっては50Wほどの差がある。

消費電力はグラボ選びの決め手にはなりづらいが、ワットパフォーマンスはどのグラボも同じだ。

RTX3070の価格とコスパを比較

RTX3070RTX3060TiRTX3070Ti
グラボ価格5.8万円5.4万円6.9万円
コスパ(ゲーム)10.76
8.97
10.04

8.14
コスパ(ベンチ)0.2330.2150.215
※グラボ価格は価格.comの最安値
※コスパ(ゲーム)=平均フレームレート÷グラボ価格(万円) 上段はフルHD、下段はWQHD
※コスパ(ベンチ)=3DMark÷グラボ価格

RTX3070は値下がりの影響もあって高コスパだ。

以前まで高コスパなことで人気だったRTX3060Ti以上のコスパであり、価格も4,000円の差しかない。RTX3070はWQHDが適正とはいえ、フルHDでの使用も違和感ないので、RTX3060Tiの代わりにRTX3070を選ぶのもアリだ。

RTX3070Tiと比べると1万円安く、コスパも勝っている。RTX3070とRTX3070Tiの性能差は10%程度であり、10%に1万円をかけるのは高すぎる。

RTX3070はフルHD・WQHD性能を安く手に入れたい人におすすめできるグラボだ。

RTX3070に関してよくある質問

  • RTX3070と組み合わせるのにおすすめなCPUは?
  • RTX3070の推奨電源は?
  • RTX3070を使うと電気代はいくらになる?

RTX3070と組み合わせるのにおすすめなCPUは?

PassMarkCinebench
シングル
Cinebench
マルチ
コア/スレッド
Core i7-127003112718622156812/20
Core i7-137003628021072477016/24
Core i5-134002635517491486510/16
Ryzen7 5700X266711532138028/16

RTX3070搭載PCは低価格を売りにすべきなので、比較的低価格なCPUと組ませると良い。Core i5-13400やRyzen7 5700Xは、かなり低価格なのでおすすめだ。

RTX3070の推奨電源は?

RTX3070の公式での推奨電源は650Wだ。

RTX3070のTDPは220Wで、仮にCore i7-13700KをCPUに採用すると+125Wで、合計335Wになる。

使用電力の約2倍弱の電源を搭載するのが望ましいとされているので、650Wになるというわけだ。

RTX3070を使うと電気代はいくらになる?

ゲーム時の消費電力平均1日5時間使用30日間使用
RTX3070252.2W39.09円1172.73円
RTX3060Ti206.031.93円957.9
RTX3070Ti273.4W42.38円1271.31円
※電気代は全国家庭電気製品公正取引協議会より、31円/kWhで計算。
※環境によって電気代は異なる

グラボのみで計算。実際はCPUなどの他パーツの電力も加算される。

RTX3070の性能ベンチマークの比較まとめ

このページではRTX3070の性能ベンチマークを比較した。

RTX3070について振り返ると以下の通り。

  • RTX3070は、WQHD解像度が適正のミドルクラスグラボ
  • RTX3070は高コスパなので、フルHDやWQHDでゲームをプレイしたい人におすすめ

グラボの選び方を知っておきたい人は、以下のページを参照してほしい。
≫ゲーミングPCに載せるグラボ性能の選び方とおすすめを初心者でもわかるように解説

参考サイト

このページで紹介したベンチマークスコアは、以下のサイトから引用している。

タイトルとURLをコピーしました