RTX3070の性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

「RTX3070の性能と搭載ゲーミングPC」のアイキャッチ
管理人
管理人

「ゲーミングPCを買おうと思ってるんだけど、そこそこ良いのが欲しいんだよね。予算がめちゃくちゃあるわけじゃないからRTX3070あたりが良いかなって思ってるんだけど、どんな性能なんだろ?」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • RTX3070の基本情報を比較解説
  • RTX3070のゲーム性能
  • RTX3070とのバランスが良いおすすめCPU
  • RTX3070搭載のゲーミングPCをBTOセールから紹介

RTX3070はミドルクラスのグラボだ。このページを読めば、RTX3070が自分にびったりなグラボかどうかがわかり、RTX3070を選ぶか他のグラボを選ぶかの判断ができるだろう。

RTX3070の基本情報を他のRTXシリーズと比較

RTX3060Ti RTX3070 RTX3070Ti
アーキテクチャ Ampere Ampere Ampere
GPUコア GA104 GA104 GA104
プロセス 8nm 8nm 8nm
CUDAコア 4864基 5888基 6144基
レイトレーシングコア 第2世代38基 第2世代46基 第2世代48基
Tensorコア(DLSS) 第3世代152基 第3世代184基 第3世代192基
ベースクロック 1.41GHz 1.5GHz 1.58GHz
ブーストクロック 1.67GHz 1.73GHz 1.77GHz
GPUメモリ 8GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6X
メモリクロック 14Gbps 14Gbps 19Gbps
メモリバス幅 256bit 256bit 256bit
メモリバス帯域(GB/s) 448GB/s 448GB/s 680GB/s
TDP 200W 220W 290W
推奨電源 600W 650W 750W

1ランク下のRTX3060Tiおよび1ランク上のRTX3070Tiと比較していく。

3つともGPUコアはGA104だ。全コア6144基のうち、RTX3070は96%に当たる5888基が開放されている。ほとんどすべてが開放されているため、1ランク上のRTX3070Tiとの差が非常に小さい。また、RTX3060Tiの121%だ。つまりコア数だけで見ると、RTX3060Tiと明確な差をつけつつ、RTX3070Tiとほぼ同性能となっている。

RTX3070Tiとコア数がほとんど同じからか、GPUメモリでは差をつけられている。RTX3070はGDDR6なのに対し、RTX3070TiはGDDR6Xでより高速なデータのやり取りが可能になっている。また、メモリクロックもRTX3070Tiに負けているため、メモリバス帯域は66%になっている。RTX3060Tiとは全く同じのメモリ性能だ。

RTX3070はRTX3060Tiとはコア数で性能差をつけていて明確な差があるが、RTX3070Tiとはメモリでしか性能差をつけられておらず、性能差が小さいということだ。

RTX3070はWQHD向けのミドルクラスのグラボ

グラフィックボード 性能 フレームレート目安 解像度目安 搭載PCの価格
RTX3090Ti 1.45 240fps+ ~4K 43万円~
RTX3090 1.34 240fps ~4K 35万円~
RTX3080Ti 1.31 240fps ~4K 32万円~
RTX3080 1.21 220fps ~4K 25万円~
RTX3070Ti 1.05 200fps ~WQHD 25万円~
RTX3070 1.00 190fps ~WQHD 20万円~
RTX3060Ti 0.87 170fps フルHD 17万円~
RTX3060 0.71 144fps フルHD 14万円~
RTX3050 0.52 100fps フルHD 13万円~

現行の主流なグラボを性能順に並べた。「性能」はベンチマークスコアを元に、RTX3070を1.00として換算した数値だ。「フレームレート目安」はフルHDでの平均的なフレームレートを表す。

RTX3070はRTX3060Tiとは一線を画し、WQHDでのプレイに対応できているグラボだ。当然フルHD性能は十二分に備えている。その分価格は高くなるが、RTX3060TiではなくRTX3070を選ぶ意味があるということだ。

1ランク上のRTX3070Tiとは価格差の割に性能差が小さい。RTX3070Tiよりコスパが良いということだ。用途も変わらないため、RTX3070はRTX3070Tiに対して優位だと言えるだろう。

WQHDは要らないと感じるのであればRTX3060Tiを検討すると良い。

≫RTX3060Tiの性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

RTX3070のゲーム性能を比較【Core i7-12700Kを搭載】

  • CPUはCore i7-12700K
  • 記載がない限りDLSS・レイトレーシングオフ
  • 全て最高設定

あくまで参考値なため、保証するものではないことに注意。

RTX3070とRTX3070Tiとでは性能差が小さすぎるためRTX3080も入れた。RTX3060Tiとは用途が違うため、RTX3060Tiは表に加えなかった。

RTX3070 RTX3070Ti RTX3080(10GB)
Halo Infinite(フルHD) 82~100 96~109 101~112
Forza Horizon 5(フルHD) 111~127 122~128 129~141
Marvel’s Guardians of tha Galaxy(レイトレオン)(フルHD) 105~124 111~131 135~144
Far Cry 6(レイトレオン)(フルHD) 99~105 90~106 114~120
Cyberpunk2077(フルHD) 78~90 91~95 99~115
Battlefield 2042(フルHD) 133~141 123~146 127~149
Watch Dogs Legion(フルHD) 87~93 83~93 94~100
Microsoft Flight Simulator(フルHD) 85~92 86~94 93~97
Fortnite(フルHD) 148~161 168~173 178~187
Halo Infinite(WQHD) 68~74 72~80 77~86
Forza Horizon 5(WQHD) 97~110 96~111 101~120
Marvel’s Guardians of tha Galaxy(レイトレオン)(WQHD) 75~89 88~98 98~110
Far Cry 6(レイトレオン)(WQHD) 83~85 87~91 95~100
Cyberpunk2077(WQHD) 48~52 59~71 65~78
Battlefield 2042(WQHD) 104~112 101~118 102~116
Watch Dogs Legion(WQHD) 63~70 73~77 76~80
Microsoft Flight Simulator(WQHD) 67~69 68~70 69~80
Fortnite(WQHD) 105~112 113~116 129~137
Halo Infinite(4K) 40~49 51~55 55~60
Forza Horizon 5(4K) 67~76 68~79 71~88
Marvel’s Guardians of tha Galaxy(レイトレオン)(4K) 43~51 51~60 62~68
Far Cry 6(レイトレオン)(4K) 49~53 60~65 60~62
Cyberpunk2077(4K) 23~30 32~33 33~35
Battlefield 2042(4K) 61~68 58~70 66~75
Watch Dogs Legion(4K) 34~42 46~52 47~55
Microsoft Flight Simulator(4K) 35~39 38~40 48~49
Fortnite(4K) 54~57 60~62 63~74

軽めのゲームであればRTX3060Ti以下のグラボで十分対応可能なため、重めのゲームの最高設定での検証だ。

全体的に見てRTX3070とRTX3070Tiとの差は小さい。一部有意な差がついているゲームもあるが、基本的にはほぼ変わらないと言って良いだろう。RTX3070Tiを選ぶ必要性が薄いことがわかる。

RTX3080と比べるとさすがに性能差が大きい。フルHDやWQHDであれば、RTX3070でも十分だと感じるが、4K性能は物足りない。明らかにRTX3080に大差をつけられていて、4Kでのプレイは望ましくないだろう。

RTX3070TiのRTX3070との微妙な性能差に魅力を感じるのであれば以下のページを読むと良いだろう。

≫RTX3070Tiの性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

RTX3070はミドルゲーマー以上の選択肢になるグラボ

RTX3070はWQHD解像度でのゲームプレイにぴったりなミドルクラスのグラボだ。

RTX3070Tiと比べても性能差がほとんどなく価格はひかえめなため、コスパに優れている。正直RTX3070Tiを選ぶ意味がないほどだ。

RTX3060Tiとは用途やターゲットとなるユーザー層が違う。eスポーツ系の軽いゲームであれば、RTX3060Tiは十分すぎる性能で、RTX3070はややオーバースペック気味だ。

WQHD解像度でゲームをプレイしたいなら、RTX3070が最適解と言えるだろう。

RTX3070との組み合わせにおすすめなCPU

グラボの性能に合わせたCPUを選ぶことが大事だ。アンバランスだと性能を持て余してしまう可能性が高いからだ。

BTOショップでよく見かけるCPUでRTX3070とのバランスが取れているのは以下の通り。

  • Core i7-12700
  • Core i5-12400
  • Ryzen7 5700X
  • Ryzen7 5800X

ここから選べば性能を無駄にすることがほとんどないはずだ。

RTX3070搭載のおすすめゲーミングPCをBTOセールから紹介

型番 おすすめ1 おすすめ2 おすすめ3
メーカー フロンティア ツクモ フロンティア
おすすめ度 ★★★★ ★★★★★
セール期間 ~12月9日15時 ~12月8日10時
CPU Core i7-12700F Ryzen5 5600X Core i5-12400F
GPU GeForce RTX3070 GeForce RTX3070 GeForce RTX3070
メモリ 32GB(16GB×2)
(DDR4-3200)
16GB(8GB×2)
(DDR4-3200)
32GB(16GB×2)
(DDR4-3200)
ストレージ 1TB
(M.2 NVMe SSD)
1TB
(M.2 NVMe SSD)
1TB
(M.2 NVMe SSD)
電源 850W GOLD 750W GOLD 850W GOLD
価格(税込) 229,800円 182,800円 199,800円

RTX3070搭載のゲーミングPCを、私がおすすめするBTOショップのセール対象モデルから紹介する。気に入ったものがあれば検討してほしい。

おすすめ1:RTX3070搭載の標準モデル!

Core i7-12700F×RTX3070搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGAH670/WS1102/NTK
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU Intel Core i7-12700F
GPU GeForce RTX3070
メモリ 32GB(16GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 850W 80PLUS GOLD
価格(税込) 229,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日現在での情報

CPUにCore i7-12700Fを搭載したモデルだ。RTX3070との相性が良く、最もバランスの取れた組み合わせの1つと言える。

メモリは32GBとなっていて多めに標準より多めに搭載されている。WQHD環境下だと16GBより32GBのほうがわずかではあるがフレームレートが高くなり快適性が増すため、RTX3070以上のグラボでは32GB搭載したい。ストレージは1TBで文句ないだろう。

RTX3070搭載のゲーミングPCとして標準的な構成になっていて、性能を持て余しにくいと言える。

おすすめ2:コスパに優れたRyzen5搭載モデル

Ryzen5 5600X×RTX3070搭載のツクモゲーミングPC

G-GEAR GA5A-D221/B Ryzen5 5600X×RTX3070
メーカー ツクモ
セール期間 ~12月8日10時
CPU AMD Ryzen5 5600X
GPU GeForce RTX3070
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 750W 80PLUS GOLD
価格(税込) 182,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月1日現在での情報

CPUにRyzen5 5600Xを搭載したモデルだ。RTX3070とのバランスは悪くない。

メモリは16GB、ストレージは1TBだ。ゲームをするだけであればこの容量で十分だ。

Intel13世代CPUが発売された影響で、RTX3070搭載の安いゲーミングPCがセール対象になる機会が激減している。RTX3070搭載のゲーミングPCが20万円を切っているのはなかなかに珍しいので、RTX3070搭載PCを安く手に入れたいという人は見逃し厳禁のモデルだ。

おすすめ3:コスパ重視のゲーマー向けモデル!

FRGAH670/WS929/NTK
メーカー フロンティア
セール期間
CPU Intel Core i5-12400F
GPU GeForce RTX3070
メモリ 32GB(16GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 850W 80PLUS GOLD
価格 199,800円(税込)
公式サイト

※2022年10月21日現在での情報

CPUにCore i5-12400Fを搭載したモデルだ。おすすめ1と比べるとi7-12700F→i5-12400FとCPU性能が下がっている。RTX3070とのバランスは悪くはないが、i7-12700Fには劣る。

メモリは32GBで、ストレージは1TBとなっていて十分だ。

おすすめ1と比べると性能は劣るものの、予算重視のモデルになっていると言えるだろう。RTX3070搭載モデルが20万円以下なのは魅力的だ。

RTX3070の性能と搭載ゲーミングPCまとめ

  • RTX3070はRTX3070Tiとほぼ変わらない性能を持つ
  • RTX3070はWQHD環境下で力を発揮できるグラボ
  • 20万円以下のセール対象モデルもある

このページではRTX3070の性能解説と、搭載ゲーミングPCをBTOセール対象モデルから紹介した。RTX3070が自分にぴったりなグラボかどうかがわかったのなら幸いだ。

グラボの選び方を知っておきたい人は以下のページを参照してほしい。

≫【初心者でもわかる】グラボの選び方とおすすめを解説

タイトルとURLをコピーしました