RTX3060の性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

管理人
管理人

「ゲーミングPCを買おうと思ってるんだけど、グラボで悩んでるんだよね。RTX3060ってやつは価格が安いから気になってるんだけど、どれくらいの性能なんだろう?」って人に読んでほしいページだね。

このページの内容は以下の通り。

  • RTX3060はエントリークラスのグラボ
  • RTX3060の性能を比較
  • RTX3060とのバランスが良いおすすめCPU
  • RTX3060搭載のゲーミングPCをBTOセール対象モデルから紹介

グラボはゲーミングPC選びで最も重要で最も悩むところだ。このページを読めば、RTX3060があなたにぴったりなグラボなのかが判断できるようになるだろう。

RTX3060の基本情報を他のRTXシリーズと比較

RTX3050 RTX3060 RTX3060Ti
アーキテクチャ Ampere Ampere Ampere
GPUコア GA106 GA106 GA104
プロセス 8nm 8nm 8nm
CUDAコア 2560基 3584基 4864基
レイトレーシングコア 第2世代20基 第2世代28基 第2世代38基
Tensorコア(DLSS) 第3世代80基 第3世代112基 第3世代152基
ベースクロック 1.55GHz 1.32GHz 1.41GHz
ブーストクロック 1.78GHz 1.78GHz 1.67GHz
GPUメモリ 8GB GDDR6 12GB GDDR6 8GB GDDR6
メモリクロック 14Gbps 15Gbps 14Gbps
メモリバス幅 128bit 192bit 256bit
メモリバス帯域 224GB/s 360GB/s 448GB/s
TDP 130W 170W 200W
推奨電源 550W 550W 600W

1ランク下のRTX3050および1ランク上のRTX3060Tiと比較する。

CUDAコアはRTX3050の140%、RTX3060Tiの74%だ。下位・上位共に大きな差がある。RTX3060Tiとの差が大きいのは、CPUコアがGA106→GA104になっていて、そもそも使えるコア数がRTX3060Tiのほうが多いからだ。

クロック数はRTX3050に負けているがコア数で勝っているため問題ない。クロック数でのRTX3060Tiとの差は小さい。

RTX3060にはGPUメモリが12GBも搭載されている。これは5ランク上のRTX3080Tiと同じ容量だ。ただし、メモリクロックやメモリバス幅が遠く及ばないためRTX3080Tiよりは劣る。RTX3060Tiと比べても80%のメモリバス帯域なため、明確に有利が取れるわけではない。とはいえ、12GBのメモリはRTX3060の性能を押し上げる要因になっていて、大きな長所と言えるだろう。

RTX3060の性能は低いのか?

グラフィックボード 性能 フレームレート目安 解像度目安 搭載PCの価格
RTX3090Ti 2.06 240fps+ ~4K 43万円~
RTX3090 1.90 240fps ~4K 35万円~
RTX3080Ti 1.85 240fps ~4K 32万円~
RTX3080 1.71 220fps ~4K 25万円~
RTX3070Ti 1.49 200fps ~WQHD 25万円~
RTX3070 1.41 190fps ~WQHD 20万円~
RTX3060Ti 1.23 170fps フルHD 17万円~
RTX3060 1.00 144fps フルHD 14万円~
RTX3050 0.73 100fps フルHD 13万円~

現行のグラボを性能順に並べた表だ。「性能」はベンチマークスコアを元に、RTX3060を1.00として換算してある。「フレームレート目安」はフルHD解像度での平均的なフレームレートだ。

RTX3060は下位の方のグラボだが、高フレームレートと言われる144fpsが可能なレベルだ。

搭載ゲーミングPCの価格も14~16万円と安い。特にRTX3050との価格差がかなり小さく、性能差を考えるとRTX3050の立つ瀬がないレベルだ。RTX3060Tiと比べるとコスパの差はほぼない。

RTX3060はフルHDにしか向いていないというデメリットはあるが、コスパの良さと価格の安さというメリットが大きすぎるグラボと言える。

あまりおすすめはしないが、少しでも安くゲーミングPCを購入したいのであればRTX3050を選ぶと良いだろう。

≫RTX3050の性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介

RTX3060のゲーム性能比較【i5-12400Fを搭載】

  • CPUはCore i5-12400Fを搭載
  • DLSS・レイトレーシングオフ
  • フルHD

あくまで参考値で、保証するものではないことに注意。また、価格差を考えるとRTX3050の出番はないため、測定結果もない。

RTX3060 RTX3060Ti
フォートナイト(最高設定) 112~148 128~154
フォートナイト(低設定) 221~290 261~315
フォートナイト(パフォーマンスモード) 251~433 311~502
Apex(最高設定) 128~161 118~183
Apex(低設定) 251~298 202~299
Valorant(最高設定) 263~329 279~368
Valorant(低設定) 255~367 306~426
レインボーシックスシージ(最高設定) 165~230 219~280
watch dogs legion(最高設定) 62~73 80~103
サイバーパンク2077(最高設定) 71~85 88~92
サイバーパンク2077(低設定) 107~121 95~112
Call of Duty Warzone(最高設定) 123~161 173~197
Call of Duty Warzone(低設定) 154~184 179~211
BattlefieldsⅤ(最高設定) 113~144 144~153
RUST(最高設定) 91~111 115~129
CS:GO(最高設定) 284~313 286~367
PUBG(最高設定) 134~154 136~208
PUBG(低設定) 173~221 191~242
God of War(最高設定) 51~61 77~86
Overwatch(最高設定) 181~210 238~310
Overwatch(低設定) 331~371 355~399

RTX3060はエントリークラスのグラボなため、比較的軽めなeスポーツ系のゲームを中心に紹介している。一部重いゲームもある。

全体的に最高設定でも高fpsを確保できている。eスポーツ系のゲームを最高設定でプレイするのは現実的ではないため、低設定でのプレイともなればかなり余裕があることがわかる。watch dogs legionのような非常に重いゲームでも、最高設定で60fps前後出ていて十分だ。

RTX3060Tiとの比較で見ると、eスポーツ系のゲームでは大差ない。RTX3060で十分だからだ。差が出るのは重いゲームをプレイするときだ。RTX3060は決して高性能ではないため、画質重視のゲームを最高設定でプレイするのにはあまり向いていない。RTX3060Tiであれば重いゲームもRTX3060より余裕をもってプレイできるだろう。

まとめると、eスポーツ系などの軽めのゲームだとRTX3060で十分なフレームレートが確保できる。画質重視の重いゲームを最高設定でプレイしたいならRTX3060Tiに軍配が上がる。

≫RTX3060Tiの性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

RTX3060は初心者含む多くの人におすすめのグラボ

RTX3060はエントリーモデルだが十分すぎる性能だ。特にゲーミングPC初心者との相性は抜群と言える。

初心者がいきなり「4K解像度でプレイしたい」「240fps以外ありえない」となるとは考えづらく、価格も安く済ませたいと思うのが自然だろう。そうするとRTX3060が選択肢に入ってくる。

もちろん2台目のゲーミングPCだったとしても、用途が変わらないのであればRTX3060で満足できる可能性が高い。実際、RTX3060搭載PCの価格は、多くの人が選んでいる価格帯と一致する。

RTX3060であればオーバースペックになることもなく、損をしにくいグラボだと言える。まさに初心者にぴったりだ。

RTX3060との組み合わせにおすすめなCPU

グラボの性能に合わせたCPUを選ぶことが大事だ。アンバランスだと性能を持て余してしまう可能性が高いからだ。

BTOショップでよく見かけるCPUでRTX3060とのバランスが取れているのは以下の通り。

  • Core i5-12400
  • Core i7-12700
  • Ryzen7 5700X
  • Ryzen7 5600X
  • Ryzen5 5600

ここから選べば性能を無駄にすることがほとんどないはずだ。

RTX3060搭載のおすすめゲーミングPCをBTOセール対象モデルから紹介

おすすめ1 おすすめ2 おすすめ3
メーカー フロンティア フロンティア フロンティア
おすすめ度 ★★★★★ ★★★
セール期間 ~12月9日15時 ~12月9日15時
CPU Core i5-12400F Ryzen5 5600X Core i5-10400F
GPU RTX3060 RTX3060 RTX3060
メモリ 16GB(8GB×2)
DDR4-3200
16GB(8GB×2)
DDR4-3200
16GB(8GB×2)
DDR4-3200
ストレージ 500GB
M.2 NVMe SSD
500GB
M.2 NVMe SSD
1TB
M.2 NVMe SSD
電源 600W BRONZE 600W BRONZE 600W BRONZE
価格(税込) 144,800円 144,800円 134,800円

私がおすすめするBTOショップのセール対象モデルからRTX3060搭載のゲーミングPCを紹介していく。気に入るモデルが見つかるはずだ。

おすすめ1:15万円以下!見逃せないコスパゲーミングPC

Core i5-12400F×RTX3060搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGXB660/WS901/NTK
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU Intel Core i5-12400F
GPU GeForce RTX3060
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 500GB(M.2 NVMe SSD)
電源 600W 80PLUS BRONZE
価格(税込) 144,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日時点での情報

Core i5-12400F×RTX3060搭載のモデルだ。Core i5-12400Fは性能が高く価格が安いため、人気のCPUとなっている。この組み合わせは最近のエントリーモデルでは標準的だ。

メモリは16GBでゲーミングPCの標準容量だ。RTX3060は高負荷には耐えられないため、16GBで十分だろう。ストレージは512GBで人によっては少なく感じるかもしれないが、ゲームだけの用途であれば問題ない。

全体として標準的なエントリーモデルで、文句のつけようがない。

おすすめ2:Ryzen5搭載のコスパモデル

Ryzen5 5600X×RTX3060搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGXB550/WS1027/NTK
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU AMD Ryzen5 5600X
GPU GeForce RTX3060
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 500GB(M.2 NVMe SSD)
電源 600W 80PLUS BRONZE
価格(税込) 144,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日時点での情報

Ryzen5 5600XをCPUに採用したモデルだ。Ryzen派のユーザーにおすすめしたい。RTX3060とのバランスは良い。

メモリは16GB、ストレージは500GBで、エントリーモデルにピッタリな容量になっている。

RyzenはIntel Coreと比べてマルチタスクが得意な一方、ゲーム性能は若干劣る傾向にある。ゲーム目的だけでゲーミングPCを買うのであれば、おすすめ1のIntel Core搭載のモデルが良いだろう。

おすすめ3:安いがCPU性能が低いモデル

Core i5-10400F×RTX3060搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGAFH570/WS1026/NTK
メーカー フロンティア
セール期間
CPU Intel Core i5-10400F
GPU GeForce RTX3060
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 600W 80PLUS BRONZE
価格 134,800円(税込)
公式サイト

※2022年10月28日時点での情報

Core i5-10400F×RTX3060搭載のモデルだ。組み合わせのバランス自体は悪くない。メモリは16GBでストレージは512GBとなっている。この構成なら妥当な容量だ。

競合するのはおすすめ1だが、おすすめ1と比べると魅力度は低い。というのも、Core i5-10400FとCore i5-12400Fとでは大きな差があるからだ。IntelのCPUは12世代になって大きく性能が上がった。ゲーミングPCはグラボの性能が重要とは言え、CPUが与えるゲームへの影響も無視できない。

予算がどうしても厳しいという理由がない限り、おすすめ1よりこちらを選ぶ理由がないだろう。

RTX3060の性能と搭載ゲーミングPCまとめ

  • RTX3060はRTX3050・RTX3060Tiと大きな差がある
  • RTX3060は高性能ではないが、特に初心者には十分な性能
  • 15万円以下のモデルもある

このページでは、RTX3060の性能と搭載ゲーミングPCを紹介した。RTX3060が自分に合うか判断できたのなら幸いだ。

グラボの選び方やおすすめを知りたい人は以下のページを見ると良いだろう。

≫【初心者でもわかる】グラボの選び方とおすすめを解説

タイトルとURLをコピーしました