RTX3060のベンチマークとゲーム性能比較!搭載ゲーミングPCをBTOから紹介

管理人
管理人

「ゲーミングPCを買おうと思ってるんだけど、グラボで悩んでるんだよね。RTX3060ってやつは価格が安いから気になってるんだけど、どれくらいの性能なんだろう?」って人に読んでほしいページだね。

このページの内容は以下の通り。

  • RTX3060の仕様やベンチマークスコア、ゲーム性能や価格を競合グラボと比較
  • RTX3060搭載のゲーミングPCをおすすめBTOから紹介

RTX3060は2021年2月に発売開始されたエントリー向けグラボだ。

このページを読めば、RTX3060があなたにぴったりなグラボなのかが判断できるようになり、おすすめのRTX3060搭載PCまで知ることができる。

※本ページはプロモーションを含む

RTX3060の仕様を比較

RTX3060RTX3050RTX3060TiRTX4060
アーキテクチャAmpereAmpereAmpereAda Lovelace
GPUコアGA106GA106GA104AD107
プロセス8nm8nm8nm5nm
CUDAコア3584基2560基4864基3072基
RTコア世代第2世代第2世代第2世代第3世代
RTコア28基20基38基24基
Tensorコア世代第3世代第3世代第3世代第4世代
Tensorコア112基80基152基96基
ベースクロック1.32GHz1.55GHz1.41GHz1.83GHz
ブーストクロック1.78GHz1.78GHz1.67GHz2.46GHz
メモリ容量12GB/8GB8GB8GB8GB
メモリタイプGDDR6GDDR6GDDR6GDDR6
メモリクロック15Gbps14Gbps14Gbps17Gbps
メモリバス幅192bit128bit256bit128bit
メモリバス帯域360GB/s224GB/s448GB/s272GB/s
TDP170W130W200W115W
推奨電源550W550W600W550W
※RTX3060はメモリ容量の違いで12GB版と8GB版があるが、一般的な12GB版を前提にする。

RTX3060はRTX4060の登場によって、選ぶ意味がほぼなくなってしまったグラボだ。

総合的に見て、RTX4060はRTX3060のほぼ上位互換と言える存在だ。

唯一の救いは、RTX3060は12GBのGPUメモリを搭載していることだ。

GPUメモリが多いとフレームレートが向上しやすいというだけでなく、AI学習やVRChatのようなGPUメモリが求められる用途でも活躍できる。

RTX3060はエントリークラスの中でも特徴のあるグラボであり、12GBのGPUメモリ容量が活きる用途で使うなら魅力的だ。

RTX3060RTX3050
CUDAコア3584基2560基(71%)
ベースクロック1.32GHz1.55GHz(117%)
メモリ容量12GB8GB(67%)
メモリクロック15Gbps14Gbps(93%)
メモリバス幅192bit128bit(67%)
メモリバス帯域360GB/s224GB/s(62%)
TDP170W130W(76%)
※カッコ内の数値は、RTX3060を基準にしたときの割合

RTX3050はRTX3060の1ランク下に位置付けられるローエンドクラスのグラボだ。

RTX3060とRTX3050は様々な点が異なるが、特筆すべきはやはりRTX3060のGPUメモリになる。

ローエンド~エントリークラスのグラボには8GBのGPUメモリが一般的であり、RTX3050も例にもれず8GBだ。
一方でRTX3060には12GBのGPUメモリが搭載されている。

最近のグラフィックが売りのタイトルでは、8GB以上のGPUメモリを消費することもある。8GBのGPUメモリの場合はフレームレートが出にくいのだ。

その点RTX3060では、エントリークラスの性能の低さを補うように12GBのGPUメモリが作用するというわけだ。

RTX3060RTX3060Ti
GPUコアGA106GA104
CUDAコア3584基4864基(136%)
ベースクロック1.32GHz1.41GHz(107%)
ブーストクロック1.78GHz1.67GHz(94%)
メモリ容量12GB8GB(67%)
メモリクロック15Gbps14Gbps(93%)
メモリバス幅192bit256bit(133%)
メモリバス帯域360GB/s448GB/s(124%)
TDP170W200W(118%)
※カッコ内の数値は、RTX3060を基準にしたときの割合

RTX3060TiはRTX3060の1ランク上に位置付けられるエントリークラスのグラボだ。

RTX3060TiはRTX3060の約135%ほどのスペックとなっている。コア数・メモリバス幅が約135%だ。

ただやはりRTX3060の12GBのGPUメモリは注目に値する。

例えばVRChatの場合、RTX3060TiよりRTX3060のほうがパフォーマンスが良いことがある。VRChatではコアの性能よりGPUメモリの容量の方が大事になることがあるからだ。

RTX3060は基本的にはRTX3060Tiより下のスペックだが、12GBのGPUメモリのおかげで、一部の用途ではRTX3060Tiより高いパフォーマンスを出せるというわけだ。

RTX3060RTX4060
プロセス8nm5nm
CUDAコア3584基3072基(86%)
RTコア世代第2世代第3世代
Tensorコア世代第3世代第4世代
ベースクロック1.32GHz1.83GHz(139%)
ブーストクロック1.78GHz2.46GHz(138%)
メモリ容量12GB/8GB8GB
メモリクロック15Gbps17Gbps(113%)
メモリバス幅192bit128bit(67%)
メモリバス帯域360GB/s272GB/s(76%)
TDP170W115W(68%)
推奨電源550W550W
※カッコ内の数値は、RTX3060を基準にしたときの割合

RTX4060は、RTX3060の次世代に位置づけられるグラボだ。

RTX3060とRTX4060の大きな違いは以下の通り。

  • メモリ性能
  • フレーム生成への対応有無

RTX3060のメモリ性能は、RTX4060より優れている。
RTX3060のメモリは12GBだし、メモリバス帯域でもRTX4060より高い。

RTX4060はメモリで劣るぶん、クロックがかなり引き上げられていて、RTX3060以上の性能を実現しているというわけだ。

RTX3060とRTX4060の2つめの違いが、フレーム生成への対応有無だ。

RTX4060はDLSS3.0に対応していて、従来のDLSSに加えて、フレーム生成という機能を利用できる。
DLSSとフレーム生成を併用することで、DLSS単体のときよりフレームレートを大幅に向上させることができるのだ。(フレーム生成を使うには、ゲーム側が対応している必要あり)

RTX3060はDLSS2.0にしか対応しておらず、フレーム生成を利用できない。

フレーム生成は美麗グラフィックが売りの重いゲームで力を発揮するので、重いゲームにおけるRTX3060とRTX4060との差は大きい。
RTX4060のベンチマークとゲーム性能比較!搭載ゲーミングPCをBTOから紹介

RTX3060のベンチマークスコアや価格を比較

3DMark
(割合)
適正解像度GPUメモリグラボ価格コスパ搭載PC価格
RTX406010602
(122%)
フルHD8GB4.4万円~0.24113万円~
RTX3060Ti11593
(133%)
フルHD8GB5.4万円~0.21514万円~
RTX30608703
(100%)
フルHD12GB/8GB3.9万円~0.22313万円~
RTX30506203
(71%)
フルHD8GB3.0万円~0.20710万円~
※ベンチマークスコアはあくまで性能の目安であり、実際のパフォーマンスとは異なる場合があることに注意。
※価格は価格.comの最安値
※コスパ=3DMark÷価格
※搭載PC価格は、管理人が確認した限りでのBTOにおける最安値

RTX3060を今選ぶ必要性は薄い

RTX4060が、RTX3060の上位互換的存在だからだ。

RTX4060はRTX3060より5,000円高いものの、搭載PCの価格帯は変わらない。
にも関わらず、性能は+22%だ。

価格重視のエントリークラス帯では、RTX4060がかなり強く、RTX3060の出る幕はない。
RTX4060のベンチマークとゲーム性能比較!搭載ゲーミングPCをBTOから紹介

RTX3060のゲーム性能を比較

CPUはRyzen7 5800X、最高設定での測定だ。

RTX4060のゲーム性能を知りたい場合は、以下のページを読むと良い。
RTX4060のベンチマークとゲーム性能比較!搭載ゲーミングPCをBTOから紹介

RTX3060のフルHD性能を比較

フルHDRTX3060RTX3050RTX3060Ti
Cyberpunk 2077604076
God of War574378
Red Dead Redemption 2433154
Assassin’s Creed Valhalla665171
Witcher 3:Wild Hunt8659112
平均(Apex以外)62.444.878.2
割合100%(基準)72%125%
※記載している平均フレームレートはあくまで目安であり、保証するものではないことに注意。

RTX3060はフルHDで十分なパフォーマンスを発揮できるが、RTX3060Tiと比較すると見劣りしてしまうという印象だ。

RTX3060はこれらの重いタイトルで平均60fpsを達成できている。一部のタイトルでは60fpsを下回ってしまっているが、全体的に見れば及第点だ。

1ランク下のRTX3050と比べると差は歴然だ。RTX3050は平均60fpsを達成できていないし、60fps以上出せたタイトルが0となっている。
RTX3060はRTX3050より明確に優れている。

とはいえ1ランク上のRTX3060Tiと比べると、RTX3060はやや苦しい。
RTX3060は「なんとか60fps達成」という印象を受けるが、RTX3060Tiは楽々60fpsを達成できている。

RTX3060TiはRTX3060の125%のフレームレートを出せていて、価格差を考えるとRTX3060Tiがいかに優れているかが分かる。
RTX3060Tiのスペックやゲーム性能、価格を競合製品と比較!BTOから搭載PCも紹介

RTX3060のDLSS性能を比較

RTX30シリーズで使用できるDLSS性能を見ていこう。

激重タイトルとして有名なCyberpunk 2077の最高設定、DLSSウルトラパフォーマンスで測定した。

DLSSとは、画質をなるべく保ったままフレームレートを向上させる技術だ。

対応しているタイトルでしか使用できないが、快適度が大きく上がることもあるので注目すべき技術となっている。

Cyberpunk 2077RTX3060RTX3050RTX3060Ti
フルHD604076
フルHD DLSS10785111
フルHD RT DLSS725676
WQHD382149
WQHD DLSS9269101
※記載している平均フレームレートはあくまで目安であり、保証するものではないことに注意。
※赤字は60fps以下

RTX3060はDLSSオンの状態であれば十分な性能を発揮できている。

DLSSをオンにすることでRTX3050ですらおおよそ60fpsを達成できていて、RTX3060は60fpsを軽々と超えることもある。

RTX3060Tiは少なくともCyberpunk2077においてはDLSSによる伸び率が小さく、RTX3060との差が縮まってしまっている。

DLSSは対応しているタイトルでしか使用できないので汎用性は無いが、DLSS前提であればRTX3060も十分視野に入ると言える。
≫おすすめのRTX3060搭載PCを見てみる

RTX3060の消費電力を比較

RTX3060RTX3050RTX3060Ti
Cyberpunk 2077174W126W211W
God of War182W129W217W
Red Dead Redemption 2173W119W212W
Assassin’s Creed Valhalla133W105W153W
Witcher 3:Wild Hunt176W126W202W
平均167.6W121.0W199.0W
割合(消費電力)100%(基準)72%119%
フレームレート割合100%(基準)72%125%
※フルHD最高設定

RTX3060のワットパフォーマンスは可もなく不可もなくといった感じだ。

RTX3060とRTX3050のワットパフォーマンスは同等となっている。消費電力割合とフレームレート割合が一致した。

RTX3060Tiのワットパフォーマンスはやや優れていて、フレームレート割合より消費電力割合が6%だけ低い。
RTX3060Tiは、RTX3060やRTX3050より高いフレームレートを効率良く出せているというわけだ。

RTX3060は優秀なグラボだったが、RTX4060のせいで霞んでしまった

RTX3060はフルHD適性が高く十分なフレームレートを出すことができるが、RTX4060に魅力を持っていかれてしまっているグラボだ。

RTX3060はフルHD最高設定で60fpsを出すだけのパワーがある。価格も安価で、搭載PCも比較的手に入れやすい価格となっている。

とはいえ、RTX4060はRTX3060より高い性能を持ちながら、価格はほぼRTX3060と同じという高コスパのグラボだ。
搭載PCの価格帯も同じだ。

12GBのGPUメモリが活きるようなVRChatや画像生成AIをガッツリと触れる人以外は、RTX4060のほうが魅力的に感じるはずだ。
RTX4060のベンチマークとゲーム性能比較!搭載ゲーミングPCをBTOから紹介

RTX3060搭載のおすすめゲーミングPCをBTOショップから紹介

おすすめ1
外観フロンティアのゲーミングPCサンプル5
特徴価格重視の人向け
セール期間終了
CPUCore i5-13400F
GPURTX3060(8GB)
価格(税込)135,800円

私がおすすめするBTOショップからRTX3060搭載のゲーミングPCを紹介していく。
最近はRTX3060搭載モデルがセールのラインナップになることが減ってきている。

BTOショップではPCの構成を自分でカスタマイズできる。カスタマイズについてわからない場合は以下のページを参考にすると良い。
≫初心者におすすめのBTOカスタマイズを紹介!満足のいくゲーミングPCにしよう

おすすめ1:フロンティアの高コスパモデル

Core i5-13400F×RTX3060搭載のフロンティアのゲーミングPC
FRGXB760/WS824/NTK
メーカーフロンティア(ショップ解説記事)
セール期間終了(セール情報)
CPUIntel Core i5-13400F
GPUGeForce RTX3060(8GB)
メモリ16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ512GB(M.2 NVMe SSD)
価格(税込)135,800円
※2023年9月8日時点での情報
※パーツのカスタマイズに迷ったらフロンティアのゲーミングPCでできるおすすめカスタマイズを紹介を参照すると良い

おすすめ1は、セール頻度とセール時の安さで有名なフロンティアのゲーミングPCだ。

このモデルに搭載されているのはRTX3060(8GB)だ。一般的なRTX3060(12GB)ではなく、RTX3060の強みがない。

正直、おすすめ度は低いモデルだ。

RTX3060との組み合わせにおすすめなCPU

PassMarkCinebench
シングル
Cinebench
マルチ
コア/スレッド
Core i5-12400195331623124546/12
Core i5-134002635517491486510/16
Ryzen5 5600X219361593109886/12
Ryzen7 5700X266711532138028/16

RTX3060はエントリークラスのグラボなので、CPUもエントリークラスに見合ったものを選びたい。

どれも安価なCPUだが、性能を求めるならCore、より価格を求めるならRyzenを選ぶと良い。

RTX3060の性能と搭載ゲーミングPCまとめ

このページでは、RTX3060の性能と搭載ゲーミングPCを紹介した。

RTX3060について振り返ると以下の通り。

  • RTX3060はエントリークラスのグラボであり、十分なフルHD性能を持つ
  • RTX3060は12GBのGPUメモリを持つという大きな特徴があり、特定の用途で威力を発揮する
  • 同価格帯のRTX4060のほうが総合力もコスパも高く魅力的

RTX3060よりRTX4060を選んだほうが、満足度の高いゲーミングPCになる。
RTX4060のベンチマークとゲーム性能比較!搭載ゲーミングPCをBTOから紹介

グラボの選び方やおすすめを知りたい人は、以下のページを見ると良い。
≫ゲーミングPCに載せるグラボ性能の選び方とおすすめを初心者でもわかるように解説

参考サイト

このページで紹介したベンチマークスコアは、以下のサイトから引用している。

参考:https://benchmarks.ul.com/compare/best-gpus

タイトルとURLをコピーしました