RTX3070Tiの性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

「RTX3070Tiの性能と搭載ゲーミングPC」のアイキャッチ
管理人
管理人

「ゲーミングPCを買おうと思ってるんだけど、けっこう予算あるんだよね。だからわりとスペックの高いグラボを搭載しようかなって。RTX3070Tiってどんな感じの性能なの?」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • RTX3070Tiの基本情報比較
  • RTX3070Tiのゲーム性能比較
  • RTX3070Tiとのバランスが良いおすすめCPU
  • RTX3070Ti搭載のゲーミングPCをBTOセール対象モデルから紹介

RTX3070Tiはミドルハイに位置付けられるグラボだ。このページを読めば、自分にピッタリなグラボかどうかがわかるだろう。

RTX3070Tiの基本情報を他のRTXシリーズと比較

RTX3070 RTX3070Ti RTX3080(10GB)
アーキテクチャ Ampere Ampere Ampere
GPUコア GA104 GA104 GA102
プロセス 8nm 8nm 8nm
CUDAコア 5888基 6144基 8704基
レイトレーシングコア 第2世代46基 第2世代48基 第2世代68基
Tensorコア(DLSS) 第3世代184基 第3世代192基 第3世代272基
ベースクロック 1.5GHz 1.58GHz 1.44GHz
ブーストクロック 1.73GHz 1.77GHz 1.71GHz
GPUメモリ 8GB GDDR6 8GB GDDR6X 10GB GDDR6X
メモリクロック 14Gbps 19Gbps 19Gbps
メモリバス幅 256bit 256bit 320bit
メモリバス帯域(GB/s) 448GB/s 680GB/s 760GB/s
TDP 220W 290W 320W
推奨電源 650W 750W 750W

1ランク下のRTX3070および1ランク上のRTX3080と比較する。

RTX3070TiのGPUコアはGA104でRTX3070と同じだ。RTX3070Tiではすべてのコアが開放されているが、RTX3070の時点で96%が開放されているため両者の性能差はほぼない。RTX3080はGPUコアがGA102であり、8704基が開放されている。RTX3070Tiの142%にものぼる。

GPUメモリを見ると、RTX3070と差があることが分かる。RTX3070TiはGDDR6Xでより高速なデータのやり取りが可能なうえ、メモリクロックが大きいためメモリバス帯域もRTX3070の152%となっている。一方、RTX3080と比べるとメモリ容量で負けてはいるが、メモリバス帯域では89%になっていて、そこまで大差をつけられているわけではない。

RTX3070TiはGPUコアの関係でコア数で劣るというデメリットがあり、それをカバーするようにメモリ性能が向上しているグラボというわけだ。

RTX3070TiはRTX3070とほぼ同じ性能

グラフィックボード 性能 フレームレート目安 解像度目安 搭載PCの価格
RTX3090Ti 1.38 240fps+ ~4K 43万円~
RTX3090 1.27 240fps ~4K 35万円~
RTX3080Ti 1.24 240fps ~4K 32万円~
RTX3080 1.15 220fps ~4K 25万円~
RTX3070Ti 1.00 200fps ~WQHD 25万円~
RTX3070 0.95 190fps ~WQHD 20万円~
RTX3060Ti 0.83 170fps フルHD 17万円~
RTX3060 0.68 144fps フルHD 14万円~
RTX3050 0.50 100fps フルHD 13万円~

現行のゲーム用グラボを性能順に並べた。「性能」はベンチマークスコアを元に、RTX3070Tiを1.00として換算したものだ。「フレームレート目安」はフルHDでの平均的なフレームレートを示している。

RTX3070Tiは1ランク下のRTX3070とほぼ性能が変わらないため、用途もWQHDで同じだ。にもかかわらず、搭載ゲーミングPCの価格は高めだ。RTX3070よりコスパはかなり悪いと言える。

RTX3080と比べても性能差が大きく、価格差はそこまでない。それにRTX3080は4Kにも対応できるグラボなため、明確に線引きされている。

RTX3070Tiはかなり中途半端な立ち位置にいるグラボだ。RTX3070で十分そうだと感じる場合は以下のページを読むと良いだろう。

≫RTX3070の性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

RTX3070Tiのゲーム性能【Core i7-12700Kを搭載】

  • CPUはCore i7-12700K
  • 記載がない限りDLSS・レイトレーシングオフ
  • 全て最高設定

あくまで参考値なので、保証するものではないことに注意。

RTX3070 RTX3070Ti RTX3080(10GB)
Halo Infinite(フルHD) 82~100 96~109 101~112
Forza Horizon 5(フルHD) 111~127 122~128 129~141
Marvel’s Guardians of tha Galaxy(レイトレオン)(フルHD) 105~124 111~131 135~144
Far Cry 6(レイトレオン)(フルHD) 99~105 90~106 114~120
Cyberpunk2077(フルHD) 78~90 91~95 99~115
Battlefield 2042(フルHD) 133~141 123~146 127~149
Watch Dogs Legion(フルHD) 87~93 83~93 94~100
Microsoft Flight Simulator(フルHD) 85~92 86~94 93~97
Fortnite(フルHD) 148~161 168~173 178~187
Halo Infinite(WQHD) 68~74 72~80 77~86
Forza Horizon 5(WQHD) 97~110 96~111 101~120
Marvel’s Guardians of tha Galaxy(レイトレオン)(WQHD) 75~89 88~98 98~110
Far Cry 6(レイトレオン)(WQHD) 83~85 87~91 95~100
Cyberpunk2077(WQHD) 48~52 59~71 65~78
Battlefield 2042(WQHD) 104~112 101~118 102~116
Watch Dogs Legion(WQHD) 63~70 73~77 76~80
Microsoft Flight Simulator(WQHD) 67~69 68~70 69~80
Fortnite(WQHD) 105~112 113~116 129~137
Halo Infinite(4K) 40~49 51~55 55~60
Forza Horizon 5(4K) 67~76 68~79 71~88
Marvel’s Guardians of tha Galaxy(レイトレオン)(4K) 43~51 51~60 62~68
Far Cry 6(レイトレオン)(4K) 49~53 60~65 60~62
Cyberpunk2077(4K) 23~30 32~33 33~35
Battlefield 2042(4K) 61~68 58~70 66~75
Watch Dogs Legion(4K) 34~42 46~52 47~55
Microsoft Flight Simulator(4K) 35~39 38~40 48~49
Fortnite(4K) 54~57 60~62 63~74

eスポーツ系のような軽いゲームであればRTX3060Ti以下のグラボで十分だ。そのため重いゲームの最高設定での検証となっている。

ここまで「RTX3070Tiはしょぼい」という論調だったが、ミドルハイグラボの力は見せてくれている。フルHD・WQHDなら問題なくプレイできる。4Kは平均的に見ると厳しいが、一部のゲームであれば可能なレベルだ。GPUメモリの恩恵か、高負荷なほどRTX3070との差が大きくなっている

ただ、低負荷の場合はRTX3070との差があまり見られない。また、RTX3080とは性能差が目立つ。フルHD・WQHDの時でも有意な差がついているし、4Kでも同様だ。やはり4K60fpsを目指すならRTX3080以上のグラボが必要だ。

≫RTX3080の性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

RTX3070Tiはコスパは悪いミドルハイグラボ

RTX3070Tiは、価格に対する性能が残念なグラボだ。ターゲットとなるゲーマー層が同じRTX3070と比べるとコスパの面で大負けしている。4KユーザーをターゲットにしているRTX3080と比べてもコスパは悪いと言わざるを得ない。

とはいえ、RTX3070Tiの性能自体は本物だ。フルHD・WQHDでのプレイに向いているし、一部のゲームでは4Kでのプレイも可能なレベルだ。RTX3070は4Kに対応できていないことから、RTX3070と比べると性能自体は向上している。

RTX3070Tiの価格ではなく性能に魅力を感じたのなら、十分選択肢には入るグラボだろう。

RTX3070Tiとの組み合わせにおすすめなCPU

グラボの性能に合わせたCPUを選ぶことが大事だ。アンバランスだと性能を持て余してしまう可能性が高いからだ。

BTOショップでよく見かけるCPUでRTX3070Tiとのバランスが取れているのは以下の通り。

  • Core i7-12700
  • Ryzen7 5700X
  • Ryzen7 5800X

ここから選べば性能を無駄にすることがほとんどないはずだ。

RTX3070Ti搭載のゲーミングPCをBTOセールから紹介!

型番 おすすめ1 おすすめ2 おすすめ3
メーカー フロンティア ツクモ ツクモ
おすすめ度 ★★ ★★★
セール期間 ~12月9日15時 ~12月8日10時 ~11月24日16時
CPU Ryzen7 5700X Core i7-12700KF Core i7-12700KF
GPU GeForce RTX3070Ti GeForce RTX3070Ti GeForce RTX3070Ti
メモリ 16GB(8GB×2)
(DDR4-3200)
16GB(8GB×2)
(DDR4-3200)
16GB(8GB×2)
(DDR4-3200)
ストレージ 1TB
(M.2 NVMe SSD)
1TB
(M.2 NVMe SSD)
1TB
(M.2 NVMe SSD)
電源 850W GOLD 750W GOLD 750W GOLD
価格(税込) 209,800円 247,800円 247,800円

RTX3070Ti搭載のゲーミングPCを、おすすめのBTOショップのセールモデルから紹介する。RTX3070Tiはコスパが悪いので、少しでもお得になるようにセール対象モデルを狙っていきたい。

おすすめ1:コスパを重視したRTX3070Ti搭載モデル!

Ryzen7 5700X×RTX3070Ti搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGAGB550/WS1
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU AMD Ryzen7 5700X
GPU GeForce RTX3070Ti
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 850W 80PLUS GOLD
価格(税込) 209,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日現在での情報

Ryzen7 5700Xを搭載したコスパ重視のモデルだ。最近のRyzen搭載モデルは価格が安い傾向にある。RTX3070Tiとのバランスは良い。

メモリは16GBになっていて、この性能だと物足りない可能性がある。とはいえ、コスパを重視しているモデルだから16GBになっているだけだろう。ストレージは1TBで十分だ。

最近のフロンティアセールではRyzen7 5700X搭載モデルの安さが目立つ。このモデルもそのうちの1つだ。

おすすめ2:最新12世代のCore i7搭載のコスパミドルハイゲーミングPC

Core i7-12700KF×RTX3070Ti搭載のツクモゲーミングPC

G-GEAR GA7J-E221/B Core i7-12700KF×RTX3070Ti
メーカー ツクモ
セール期間 ~12月8日10時
CPU Core i7-12700KF
GPU GeForce RTX3070Ti
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 750W 80PLUS GOLD
価格(税込) 247,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月1日現在での情報

CPUを12世代のCore i7-12700KFにしたモデルだ。最新は第13世代なので1つ古い世代だが、Core i7-12700KFは十分すぎる性能を持つCPUだ。

メモリは16GBで、この性能にしては物足りない感が強い。美麗グラフィックが売りの重めのゲームをプレイする予定であったり、動画編集などのクリエイティブ的用途で使うなら32GBに増やして良い。ストレージは1TBで標準的な容量となっている。

1世代古いとはいえ、数年は現役で使えるレベルの性能だ。おすすめ1よりCPU性能が高いのでRTX3070Tiの性能をより引き出せるのはもちろん、動画編集や一部CPU性能の影響が大きいゲームでの活躍が見込める。

おすすめ3:Core i7-12700KF搭載の標準モデル

Core i7-12700KF×RTX3070Ti搭載のツクモゲーミングPC

G-GEAR GA7J-E221/B Core i7-12700KF×RTX3070Ti
メーカー ツクモ
セール期間 ~11月24日16時
CPU Intel Core i7-12700KF
GPU GeForce RTX3070Ti
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 750W 80PLUS GOLD
価格(税込) 247,800円
公式サイト

※2022年11月19日現在での情報

CPUにCore i7-12700KFを搭載したモデルだ。Core i7-12700KFはミドルハイ~ハイエンドモデルで性能を重視したい場合によく搭載されるCPUだ。RTX3070Tiとのバランスは良い。

メモリは16GB搭載で、ミドルハイとしては物足りない容量だ。美麗グラフィックが売りのゲームやゲーム配信などをするのであれば32GBに増設しても良い。ストレージは1TBで十分だ。

おすすめ1のRyzen7 5700Xより性能が高く、より幅広い用途に適応できる。予算が許すならおすすめできるモデルだ。

RTX3070Tiの性能と搭載ゲーミングPCまとめ

  • RTX3070Tiは一部のゲームは4Kでのプレイもできるほどの性能
  • RTX3070Tiはコスパが悪い
  • コスパ重視の25万円以下のセール対象モデルもある

このページでは、RTX3070Tiの性能解説をし、搭載ゲーミングPCをセール対象モデルから紹介した。RTX3070Tiが自分に合ったグラボかどうかの判断がついたはずだ。

グラボの選び方について知りたいなら以下のページを参照すると良いだろう。

≫【初心者でもわかる】グラボの選び方とおすすめを解説

タイトルとURLをコピーしました