RTX3080Tiの性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

管理人
管理人

「ゲーミングPCを買おうと思ってるんだけど、ゲームが生きがいってくらいめちゃくちゃゲーム好きだから、超性能高いやつが欲しいんだよね」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • RTX3080Tiの基本情報を比較
  • RTX3080Tiのゲーム性能を比較
  • RTX3080Tiとのバランスが良いおすすめCPU
  • RTX3080Ti搭載のゲーミングPCをBTOセールから紹介

RTX3080Tiはハイエンドグラボだ。このページを読めば、RTX3080Tiが自分にピッタリなグラボかどうかがわかるだろう。

RTX3080Tiの基本情報を比較

RTX3080
(10GB/12GB)
RTX3080Ti RTX3090
アーキテクチャ Ampere Ampere Ampere
GPUコア GA102 GA102 GA102
プロセス 8nm 8nm 8nm
CUDAコア 8704基/8960基 10240基 10496基
レイトレーシングコア 第2世代68基/70基 第2世代80基 第2世代82基
Tensorコア(DLSS) 第3世代272基/280基 第3世代320基 第3世代328基
ベースクロック(GHz) 1.44GHz/1.26GHz 1.37GHz 1.40GHz
ブーストクロック(GHz) 1.71GHz 1.67GHz 1.70GHz
GPUメモリ 10GB/12GB GDDR6X 12GB GDDR6X 24GB GDDR6X
メモリクロック(Gbps) 19Gbps 19Gbps 19.5Gbps
メモリバス幅(bit) 320bit/384bit 384bit 384bit
メモリバス帯域(GB/s) 760GB/s/912GB/s 912GB/s 936GB/s
TDP 320W/350W 350W 350W
推奨電源 750W 750W 750W

RTX3080TiのGPUコアは、RTX3080やRTX3090と同じくGA102だ。GA102には10752基のCUDAコアがあり、RTX3080Tiは95%に当たる10240基が開放されている。RTX3080(12GB)の114%、RTX3090の98%に相当する。クロック数もRTX3080TiとRTX3090とでほぼ変わらない。つまりコア数で見るとRTX3080TiはRTX3080(12GB)より性能が高く、RTX3090とはほぼ同じ性能だということだ。

GPUメモリは、RTX3080TiとRTX3080(12GB)が全く同じだ。RTX3090は驚異の24GB搭載となっている。メモリクロックも微増しているため、メモリバス帯域も微増だ。ただ、24GBのGPUメモリはゲームでは使い切れない。ゲーム用途で見れば12GBも24GBも同じだ。

RTX3080TiはRTX3080とは性能差を見せつけていて、RTX3090とゲーム性能は同等ということだ。

RTX3080Tiは超ガチゲーマー向けの性能

グラフィックボード 性能 フレームレート目安 解像度目安 搭載PCの価格
RTX3090Ti 1.11 240fps+ ~4K 43万円~
RTX3090 1.02 240fps ~4K 35万円~
RTX3080Ti 1.00 240fps ~4K 32万円~
RTX3080 0.92 220fps ~4K 25万円~
RTX3070Ti 0.81 200fps ~WQHD 25万円~
RTX3070 0.77 190fps ~WQHD 20万円~
RTX3060Ti 0.67 170fps フルHD 17万円~
RTX3060 0.55 144fps フルHD 14万円~
RTX3050 0.41 100fps フルHD 13万円~

現行のゲーム用グラボを性能順に並べた。「性能」はベンチマークスコアを元に、RTX3080Tiを1.00として換算した数値だ。「フレームレート目安」はフルHDでの平均的なフレームレートを指す。

やはりRTX3080TiとRTX3090との間には性能差がほとんどない。誤差と言って良いレベルだ。それにもかかわらず価格は上がっている。RTX3090よりRTX3080Tiのほうがコスパが優れているということだ。

RTX3080と比べると明確に性能差はある。ただ価格差を考えると微妙だ。それにRTX3080の時点で4Kでのゲームプレイは可能で十分な性能だ。わざわざこの価格差分引き上げてまでRTX3080Tiの性能を求めるべきかと聞かれると微妙だとしか言いようがない。

つまりRTX3080Tiは何が何でも性能を追い求めている真のゲーマー向けのグラボだ。RTX3080とはターゲットとなるユーザー層が違う。
4Kでプレイしたいが性能にこだわりがないのであればRTX3080のほうが良いだろう。

≫RTX3080の性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

RTX3080Tiのゲーム性能

  • CPUはCore i9-12900K
  • 記載がない限りDLSS・レイトレーシングオフ
  • 4K最高設定

あくまで参考値であり、保証するものではないことに注意。RTX3090はRTX3080Tiとゲーム性能が変わらないため、代わりにRTX3090Tiを記載している。また、RTX3080とはターゲット層が違い、比べることがナンセンスなため記載していない。

RTX3080Ti RTX3090Ti
Forza Horizon 5 70~86 87~105
Cyberpunk2077(レイトレ・DLSSオン) 38~45 43~50
Watch Dogs Legion 56~66 63~77
Microsoft Flight Simulator 61~62 70~71
Assassin’s Creed Valhalla 60~69 63~78
Hitman3 95~130 119~150
God of War 61~74 70~84
Red Dead Redemption2 61~72 77~91
Ghostwire Tokyo(レイトレ・DLSSオン) 68~77 80~89
The Witcher3 83~93 100~106

eスポーツ系などの負荷が軽いゲームであればRTX3080Tiほど高い性能は不必要なため、重いゲームの4K最高設定での検証だ。

RTX3080TiとRTX3090Tiには明確な性能差がある。ただ、RTX3080Tiの時点で十分すぎる4K性能だ。ほとんどのゲームにおいて60fps以上を達成している。レイトレオンのCyberpunk2077はRTX3090Tiでもしんどそうなので仕方がないだろう。

4Kでも超楽勝の性能を望んでいるのならRTX3080Tiを選ぶと良いだろう。もしこれで満足できないのならRTX3090Tiを選ぶほかない。

≫RTX3090Tiの性能と搭載ゲーミングPCをおすすめBTOから紹介

RTX3080Tiは超ガチゲーマー専用の4K向けハイエンドグラボ

4KでプレイしたいだけならRTX3080で十分だ。RTX3080Tiを選ぶ意味は、性能だけを追い求めることだ。

RTX3080とRTX3080Tiとで迷うくらいならRTX3080にしておけば良い。言葉を選ばずに言うと、迷っている時点でRTX3080Tiにはふさわしくない。ざっくり言えばRTX3080は一般向け、RTX3080Tiは一部のコアゲーマー向けだ。迷っている時点であなたは一般人なのだから、RTX3080を選ぶべきだ。

RTX3080Tiは性能だけを追い求める超ガチゲーマーだけが手に取ってほしい。

RTX3080Tiとの組み合わせにおすすめなCPU

グラボの性能に合わせたCPUを選ぶことが大事だ。アンバランスだと性能を持て余してしまう可能性が高いからだ。

BTOショップでよく見かけるCPUでRTX3080Tiとのバランスが取れているのは以下の通り。

  • Core i9-12900
  • Core i7-12700
  • Ryzen9 5950X
  • Ryzen9 5900X
  • Ryzen7 5800X

ここから選べば性能を無駄にすることがほとんどないはずだ。

RTX3080Ti搭載のゲーミングPCをBTOショップから紹介

型番 おすすめ1 おすすめ2
メーカー フロンティア サイコム
おすすめ度 ★★★★
セール期間 ~2023年1月9日
CPU Core i7-12700F Core i7-13700K
GPU GeForce RTX3080Ti GeForce RTX3060
→RTX3080Tiへ変更
メモリ 32GB(16GB×2)
(DDR4-3200)
16GB(8GB×2)
(DDR4-3200)
ストレージ 1TB
(M.2 NVMe SSD)
500GB
(M.2 NVMe SSD)
電源 850W GOLD 750W GOLD
→850W GOLDへ変更
価格(税込) 309,800円 347,180円(変更後の価格)

RTX3080Ti搭載のゲーミングPCを、おすすめのBTOショップから紹介する。気に入ったモデルがあれば幸いだ。

おすすめ1:4Kゲーマーだけにおすすめできるモデル

Core i7-12700F×RTX3080Ti搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGH670/WS939
メーカー フロンティア
セール期間
CPU Intel Core i7-12700F
GPU GeForce RTX3080Ti
メモリ 32GB(16GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 850W 80PLUS GOLD
価格(税込) 309,800円(先週比-5,000円)
公式サイト

※2022年10月14日現在での情報

CPUにCore i7-12700Fを搭載したモデルだ。RTX3080Tiとのバランスは悪くはない。F付きモデルはコスパモデルなのでRTX3080Tiにはそぐわないという意見もあるだろう。セール対象モデルにそれを言うのは野暮かもしれないが。

メモリは32GB搭載していて、RTX3080Tiにはぴったりだ。ストレージも1TB搭載で問題ない。

RTX3080Ti搭載モデルとしてはCPUに若干の物足りなさを感じるが、全体的には悪くない構成になっている。RTX3080Tiを求めているなら検討の余地アリだ。

おすすめ2:サイコムこだわりの高品質モデル

G-Master Spear Z790/D5

G-Master Spear Z790/D5
メーカー サイコム
セール期間 ~2023年1月9日
CPU Intel Core i7-13700K(変更可)
GPU GeForce RTX3060
→RTX3080Tiへ変更
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 500GB(M.2 NVMe SSD)
電源 750W GOLD
→850W GOLDへ変更
価格(税込) 347,180円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年11月28日現在での情報

サイコムはCPUやグラボも変更できるシステムとなっている。デフォルトではRTX3060搭載だが、RTX3080Tiに変更している。それに伴い、電源容量も変更した。価格は変更後の数値だ。

サイコムの売りは品質の高さだ。冷却性や静音性に優れたパーツを搭載している。PCの基盤となるマザーボードは耐久性に優れたASRock Z790 Pro RSで、CPUクーラーは空冷最強と名高いNoctuaのNH-U12S reduxだ。ケースは人気の高いCoolerMasterのCM694となっている。

自作PC勢も納得できるほどの優れたパーツをふんだんに搭載しているため、価格は高めだ。ただRTX3080Tiほど性能の高いグラボを搭載するのであれば、他のパーツをこだわって損はない。非常におすすめできるゲーミングPCだ。

RTX3080Tiの性能と搭載ゲーミングPCまとめ

  • RTX3080TiはRTX3080より有意に優れていてRTX3090と同じゲーム性能
  • RTX3080Tiは性能を追い求めるガチゲーマーだけに向いている

このページではRTX3080Tiの性能解説をし、搭載ゲーミングPCをセール対象から紹介した。

グラボの選び方を知りたい人は以下のページを読むと良いだろう。

≫【初心者でもわかる】グラボの選び方とおすすめを解説

タイトルとURLをコピーしました