RTX3060Tiの性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

「RTX3060Tiの性能と搭載ゲーミングPC」のアイキャッチ
管理人
管理人

「ゲーミングPCを買おうと思ってるんだけど、グラボで迷ってるんだよね。なるべく安いほうが良いけど、ある程度のスペックが欲しいな。それでRTX3060Tiが気になってるんだけど、どんな感じのグラボなの?」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • RTX3060Tiの基本情報比較
  • RTX3060Tiの性能について
  • RTX3060Tiとのバランスが良いおすすめCPU
  • RTX3060Ti搭載のゲーミングPCをBTOセールモデルから紹介

グラボ選びはゲーミングPCで最も悩むところだ。このページを最後まで読めば、RTX3060Tiが自分にぴったりなグラボなのかが分かるだろう。

RTX3060Tiの基本情報を他のRTXシリーズと比較

RTX3060 RTX3060Ti RTX3070
アーキテクチャ Ampere Ampere Ampere
GPUコア GA106 GA104 GA104
プロセス 8nm 8nm 8nm
CUDAコア 3584基 4864基 5888基
レイトレーシングコア 第2世代28基 第2世代38基 第2世代46基
Tensorコア(DLSS) 第3世代112基 第3世代152基 第3世代184基
ベースクロック 1.32GHz 1.41GHz 1.50GHz
ブーストクロック 1.78GHz 1.67GHz 1.73GHz
GPUメモリ 12GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6
メモリクロック 15Gbps 14Gbps 14Gbps
メモリバス幅 192bit 256bit 256bit
メモリバス帯域 360GB/s 448GB/s 448GB/s
TDP 170W 200W 220W
推奨電源 550W 600W 650W

1ランク下のRTX3060および1ランク上のRTX3070と比較する。

RTX3060と比較すると、GPUコアがGA106→GA104になっていて使えるコア数が増えている。GA104には6144のCUDAコアがあり、その内79%の4864基が開放されている。この数値はRTX3060の136%で、RTX3070の83%だ。

GPUメモリに関してはRTX3070と全く同じだ。一方でRTX3060よりメモリ容量が少ない。ただこれはRTX3060のメモリ12GBが異常だ。とはいえメモリバス幅ではRTX3060を圧倒しているため、メモリバス帯域は124%となっている。

RTX3060Tiはコア数でRTX3060を引き離し、RTX3070と同じGPUメモリを搭載しているのが特徴と言える。

RTX3060Tiの性能イメージ

グラフィックボード 性能 フレームレート目安 解像度目安 搭載PCの価格
RTX3090Ti 1.67 240fps+ ~4K 43万円~
RTX3090 1.54 240fps ~4K 35万円~
RTX3080Ti 1.50 240fps ~4K 32万円~
RTX3080 1.38 220fps ~4K 25万円~
RTX3070Ti 1.20 200fps ~WQHD 25万円~
RTX3070 1.15 190fps ~WQHD 20万円~
RTX3060Ti 1.00 170fps フルHD 17万円~
RTX3060 0.82 144fps フルHD 14万円~
RTX3050 0.60 100fps フルHD 13万円~

現行のグラボを性能順に並べた。「性能」はベンチマークスコアを元に、RTX3060Tiを1.00として換算したものだ。「フレームレート目安」はフルHDでの平均フレームレートの目安を示す。

RTX3060Tiは、どちらかと言えばRTX3070に近い性能だ。RTX3060と比べると明確に性能差がある。一方、RTX3070との性能差も目立つ。RTX3070ではWQHD解像度でのプレイが現実的だからだ。

RTX3060Tiでも、一部のゲームに限って言えばWQHDでのプレイは可能だ。しかし平均で見るとフルHDが適正となる。

とはいえ、フルHD適性はRTX3060より高く、価格も20万円以内で収まるのはかなり魅力的だ。コスパ的にも優れている。RTX3060とRTX3060Tiとで用途に大きな違いはないが、予算が許すのであればRTX3060Tiを選んで損はないだろう。

WQHD解像度でゲームをプレイしたい場合はRTX3070を選ぶと良いだろう。

≫RTX3070の性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

RTX3060Tiのゲーム性能比較【Core i5-12400Fを搭載】

  • CPUはCore i5-12400F
  • DLSS・レイトレーシングオフ
  • フルHD

あくまで参考値で、保証するものではないことに注意。また、RTX3060TiとRTX3070との間には壁があり、同条件での比較はナンセンスなので省いてある。

RTX3060 RTX3060Ti
フォートナイト(最高設定) 112~148 128~154
フォートナイト(低設定) 221~290 261~315
フォートナイト(パフォーマンスモード) 251~433 311~502
Apex(最高設定) 128~161 118~183
Apex(低設定) 251~298 202~299
Valorant(最高設定) 263~329 279~368
Valorant(低設定) 255~367 306~426
レインボーシックスシージ(最高設定) 165~230 219~280
watch dogs legion(最高設定) 62~73 80~103
サイバーパンク2077(最高設定) 71~85 88~92
サイバーパンク2077(低設定) 107~121 95~112
Call of Duty Warzone(最高設定) 123~161 173~197
Call of Duty Warzone(低設定) 154~184 179~211
BattlefieldsⅤ(最高設定) 113~144 144~153
RUST(最高設定) 91~111 115~129
CS:GO(最高設定) 284~313 286~367
PUBG(最高設定) 134~154 136~208
PUBG(低設定) 173~221 191~242
God of War(最高設定) 51~61 77~86
Overwatch(最高設定) 181~210 238~310
Overwatch(低設定) 331~371 355~399

eスポーツ系の軽めのゲームであれば、RTX3060とRTX3060Tiのどちらも選んでも問題なくプレイできる。当然RTX3060Tiのほうがパフォーマンスは上だが、RTX3060でも十分だ。

RTX3060とRTX3060Tiとで差が出るのは、高負荷をかけたときだ。重めのゲームを最高設定でプレイしたときにRTX3060は余裕がない。watch dogs legionはギリギリ60fpsだし、God of Warは60fpsを下回っている。RTX3060Tiであればその点がクリアできている。

この表では軽めのゲームを主に取り上げたが、世の中のゲームは軽いゲームばかりではない。そう考えると、RTX3060ではなくRTX3060Tiを選ぶ意味もあるだろう。

RTX3060で十分だと感じる場合は以下のページを読むと良い。

≫RTX3060の性能と搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介!

RTX3060Tiは将来性もあって優秀なグラボ

RTX3060Ti搭載のゲーミングPCは17~20万円で安い部類に入る。だが性能としては十分だ。

軽めの負荷だとRTX3060との有意な差はないが、RTX3060より対応できるゲームの範囲が広いのは魅力的だ。今後のゲームのアップデートで要求スペックが上がったり、今より高負荷なゲームが主流になっても対応できるだろう。つまりRTX3060Tiは将来性に優れている。

1ランク上のRTX3070と比べると性能差はあれど、対応できる解像度の違いから差別化はできている。それに価格が20万円以内というのも魅力的だ。15~20万円のゲーミングPCが最も選ばれていることからもRTX3060Tiの魅力がわかる。

将来性に魅力を感じ、予算が許すのであればRTX3060Ti搭載のゲーミングPCをおすすめする。

RTX3060Tiとの組み合わせにおすすめなCPU

グラボの性能に合わせたCPUを選ぶことが大事だ。アンバランスだと性能を持て余してしまう可能性が高いからだ。

BTOショップでよく見かけるCPUでRTX3060Tiとのバランスが取れているのは以下の通り。

  • Core i5-12400
  • Core i7-12700
  • Ryzen7 5700X
  • Ryzen7 5600X
  • Ryzen5 5600

ここから選べば性能を無駄にすることがほとんどないはずだ。

RTX3060Ti搭載のおすすめゲーミングPCをBTOセールから紹介!

おすすめ1 おすすめ2 おすすめ3
メーカー フロンティア フロンティア フロンティア
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★ ★★★
セール期間 ~12月9日15時 ~12月9日15時 ~12月9日15時
CPU Core i5-12400F Core i7-12700F Ryzen7 5700X
GPU RTX3060Ti RTX3060Ti RTX3060Ti
メモリ 16GB(8GB×2)
DDR4-3200
16GB(8GB×2)
DDR4-3200
16GB(8GB×2)
DDR4-3200
ストレージ 1TB M.2 NVMe SSD 1TB M.2 NVMe SSD 1TB M.2 NVMe SSD
電源 600W BRONZE 600W BRONZE 600W BRONZE
価格(税込) 169,800円 195,800円 174,800円

RTX3060Ti搭載のゲーミングPCを、おすすめのBTOショップのセール対象モデルから紹介する。気に入ったものがあれば検討してほしい。

おすすめ1:高コスパで人気のゲーミングPC!

Core i5-12400F×RTX3060Ti搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGXB660/WS15/NTK
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU Intel Core i5-12400F
GPU GeForce RTX3060Ti
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 600W 80PLUS BRONZE
価格(税込) 169,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日時点の情報

高コスパで人気のあるCore i5-12400FをCPUに搭載したモデルだ。RTX3060Tiとのバランスはかなり良く、この組み合わせは人気が高い。

メモリは16GBでゲーミングPCの標準的な容量だ。RTX3060Tiなら16GBで事足りることが多いだろう。ストレージは1TBで余裕がある。クリップ用の動画を貯め込んでも問題ないくらいの容量だ。

このモデルはRTX3060Ti搭載のゲーミングPCとして最も標準的な構成だ。無駄がなく持て余しにくいだろう。もし足りないところがあればカスタマイズで付け足せば良いだけだ。

おすすめ2:CPUが向上した動画編集者向けゲーミングPC!

Core i7-12700F×RTX3060Ti搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGAH670/WS927/NTK
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU Intel Core i7-12700F
GPU GeForce RTX3060Ti
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 600W 80PLUS BRONZE
価格(税込) 195,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日時点の情報

Core i5-12400Fより性能の高いCore i7-12700Fを搭載したモデルだ。RTX3060Tiとの組み合わせとしては性能がやや高く感じるが、バランスが悪いわけではない。

CPU性能が上がることで、フォートナイトやヴァロラントのようなCPUの影響が大きいゲームでのパフォーマンスが向上する。それだけではなく、動画編集といったCPU性能が大事になる作業をする場合の恩恵が大きい。

正直、ゲーム用途でCPU性能を上げる意味は薄い。パフォーマンスの上り幅は小さいからだ。動画編集をするなら、おすすめ1よりこちらを選ぶと良いだろう。

おすすめ3:Ryzen派向けのコスパモデル

Ryzen7 5700X×RTX3060Ti搭載のフロンティアゲーミングPC

FRGXB550/WS1108/NTK
メーカー フロンティア
セール期間 ~12月9日15時
CPU Ryzen7 5700X
GPU GeForce RTX3060Ti
メモリ 16GB(8GB×2)(DDR4-3200)
ストレージ 1TB(M.2 NVMe SSD)
電源 600W 80PLUS BRONZE
価格(税込) 174,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2022年12月2日時点の情報

CPUをRyzen7 5700Xにしているモデルだ。Ryzen7 5700Xは性能が高く、RTX3080と組み合わせられることもあるほどのCPUだ。もちろんRTX3060Tiとのバランスは良い。

メモリは16GB、ストレージは1TBになっていて標準的な容量と言える。

RyzenはCoreよりゲーム性能には劣る傾向にある一方、クリエイティブ的作業やマルチタスクに強い。動画編集などをする予定の人向けだ。

RTX3060Tiの性能と搭載ゲーミングPCまとめ

  • RTX3060TiはRTX3070よりの性能とはいえ明確に差はある
  • RTX3060TiはRTX3060より対応幅が広く、コスパも良いのでおすすめできる
  • 16~20万円でRTX3060Ti搭載ゲーミングPCが手に入る

このページではRTX3060Tiの性能を解説をして、搭載ゲーミングPCをBTOセールから紹介した。RTX3060Tiが自分に合ったグラボかどうかの判断ができたのなら幸いだ。

グラボの選び方が気になった人は以下のページを参照すると良いだろう。

≫【初心者でもわかる】グラボの選び方とおすすめを解説

タイトルとURLをコピーしました