NVIDIA製グラボの型番と性能の見方を解説!【GTXとRTXの違いも】

管理人
管理人

「ゲーミングPCを買おうと思ってグラボを見てるんだけど、型番の意味が全く分からないんだよね。アルファベットやら数字やらは何を意味してるの?」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • NVIDIA製グラボの型番から性能を知る方法を解説
  • NVIDIA製グラボの仕様から性能を知る方法を解説

ゲーミングPCに搭載するグラボはNVIDIA社のGeForceが主流だ。そのためNVIDIA GeForceに絞って型番の見方を解説する。

このページを見れば、グラボの型番を見るだけでおおよその性能がわかるようになり、スムーズにゲーミングPCを選べるようになるだろう。

NVIDIA製グラボの型番の見方を解説

NVIDIA製グラボの型番の意味

NVIDIA製グラボの型番はRTX3060Tiのように、アルファベットと数字の組み合わせで成り立っている。

RTXが等級、30がシリーズ、60がグレード、Tiが接尾辞というように、それぞれ意味を持っていて、型番を見るだけでおおよその性能がわかるようになっている。
(等級・接尾辞のような用語はどうでも良い)

等級を表すGTXとRTXは何が違う?どっちが良いのか

型番先頭の、等級を表すアルファベットには主に2種類ある。GTXとRTXだ。
GTX=Giga Texel Shader eXtremeの略、RTX=Ray Tracing texel eXtremeの略だ。もちろん覚える必要性は全くない。

GTXとRTXの決定的な違いは、レイトレーシングやDLSSに対応しているかどうかだ。

レイトレーシングとは、光の入り方をより現実に近づけることでリアルな描画が可能になる機能で、グラフィックが売りのゲームをプレイするときに使いたい機能だ。

DLSSは機械学習によって効率的に描画をすることで描画にかかる負荷を軽減してフレームレートを向上させる機能のことで、フレームレートの高さが大事になる対戦ゲームをプレイするときに使いたい機能だ。

現在BTOショップで扱われているグラボはほとんどがRTXだ。ごく一部GTXもあり価格も安いが、性能が低くレイトレーシングやDLSSに対応していないためおすすめできない。RTXを選ぼう。

グラボのシリーズを表す上二桁の数字の意味

番台 シリーズ
4000番台(2022年) RTX40シリーズ RTX4090
3000番台(2020年) RTX30シリーズ RTX3080
1600番台(2019年) GTX16シリーズ GTX1650
2000番台(2018年) RTX20シリーズ RTX2080
1000番台(2016年) GTX10シリーズ GTX1080
900番台(2015年) GTX900シリーズ GTX960

1600番台のせいで少しややこしくなっているが、基本的には数字が大きくなるほど新しいシリーズで、性能が高い傾向にある。今覚えておきたいのは表の上2つだ。(黄色く塗っている部分)

新しいシリーズが発売されると、古いシリーズは段々と生産終了となる。現在BTOショップで主流なシリーズは3000番台と1600番台だ。4000番台は発売されたばかりでラインナップが揃っていないためまだ主流ではないが、徐々に3000番台→4000番台へと移行していくことが予想される。

GTXよりRTXのほうがおすすめなことや、シリーズ移行期以外は1シリーズしかBTOショップでは扱われないことを考えると、性能を見る上でシリーズはそこまで重要ではない。

グラボのグレードを表す下二桁の数字の意味

グレード 性能
90 ハイエンド RTX4090
RTX3090
80 ハイエンド RTX3080
RTX2080
GTX1080
70 ミドル RTX3070
RTX2070
GTX1070
60 エントリー RTX3060
GTX1660
50 エントリー RTX3050
GTX1650

下二桁の数字は、同じシリーズ内での序列を表す。例えばRTX30シリーズであれば、RTX3090>3080>3070>3060>3050という序列だ。

また、同じグレードであればシリーズが新しいほうが性能が高い。例えばRTX3060>RTX2060という具合だ。

現在BTOショップで扱われているグラボのほとんどがRTX30シリーズなので、下二桁のグレードを見るだけで性能の序列を判断できる。おすすめはエントリークラスの60番台やハイエンドの80番台だ。

グラボの型番の最後に付く接尾辞の意味

接尾辞
Ti RTX3080Ti
RTX3070Ti
Super RTX2080Super
GTX1660Super

グラボの型番の最後に付く接尾辞にはTiとSuperの2つがある。どちらも無印(接尾辞なし)より性能が高いことを意味しているが、意味合いが異なる。

例えばRTX3070Tiは、RTX3070<RTX3070Ti<RTX3080に位置するバージョンであることを意味していて、性能のバリエーションを増やすためのものだ。

一方でSuperは既存グラボの置き換えモデルとなる。例えばRTX2080SuperはRTX2080の強化版だが、性能のバリエーションを増やすためではなく、RTX2080に代わる新モデルだ。つまりRTX2080は徐々に消えていき、RTX2080Superに置き換わっていくということだ。

ちなみに、TiのほうがSuperより性能が高い。RTX2080Ti>RTX2080Superという具合だ。

NVIDIA製グラボの型番からおおよその性能を把握しよう

ここまででNVIDIA製グラボの型番の見方を解説した。型番の見方がわかれば大体の性能がわかるようになる。ここで性能把握のやり方をまとめておこう。

場合 性能の高さ
GTXかRTXか RTXのほうが性能が高い傾向にある
レイトレーシングやDLSSはRTXでしか使えない
RTX3060>GTX1660
例外)GTX1080>RTX3050など
上二桁(シリーズ)が同じ場合 下二桁(グレード)が大きいほど性能が高い RTX3080>RTX3070
下二桁(グレード)が同じ場合 上二桁(シリーズ)が大きいほど性能が高い RTX3080>RTX2080
シリーズもグレードも違う場合 その時々による。型番からの判断は難しい。 RTX3070>RTX2080
RTX2080>RTX3060
接尾辞が付いている場合 TiのほうがSuperより性能が高い RTX2080Ti>RTX2080Super>RTX2080

シリーズもグレードも違うグラボ性能を比べる時は型番から性能を比べることができず、仕様から性能を推し量ったりベンチマークスコアで比べることで性能比較が可能になる。

NVIDIA製グラボの性能を仕様から見る方法

2つ以上のグラボ性能を比べるときに指標となるものを表にした。アーキテクチャやGPUコアなど、性能に直結しないものは省略した。

イメージしづらそうなところは、グラボという工場で働く作業員と作業を補佐するベルトコンベアで例えた。要するにコアが作業をしてメモリが補佐をするというイメージでOKだ。

プロセス以外は数字が大きいほど性能が高い。数字の大小を比べれば、グラボの性能比較でできるはずだ。

用語 意味
プロセス 半導体の回路幅。どれだけ細かく作り込まれているか。
数字が小さいほうが良い。
8nm
CUDAコア CUDA=NVIDIAが独自に開発した並列計算の実行環境
グラボ上の作業員の数みたいなもの
8704基
レイトレーシングコア(RTコア) レイトレーシング処理を行う作業員の数みたいなもの。
多いほうがレイトレーシング性能が高い。
第2世代68基
Tensorコア 深層学習に特化した演算を行う作業員の数みたいなもの。
多いほどDLSS性能が高い。
第3世代272基
ベースクロック コア(作業員)の作業スピード。
大きいほうが作業がはやく性能が高い。
1.44GHz
ブーストクロック コア(作業員)が本気を出したときの作業スピード。
大きいほうが作業がはやく性能が高い。
1.71GHz
GPUメモリ ベルトコンベアへの積載量のようなもの。
多いほどコア(作業員)の作業がはかどるため性能が高い。
10GB GDDR6X
メモリクロック ベルトコンベアが流れる速さのようなもの。
速いほど作業がはかどるため性能が高い。
19Gbps
メモリバス幅 ベルトコンベアの幅。
広いほど作業がはかどるため性能が高い。
320bit
メモリバス帯域 1秒間でベルトコンベアで流せる情報の量
メモリクロック×メモリバス帯域(Byte)で求められる。(1Byte=8bit)
760GB/s
TDP 設計上の最大放熱量≒最大消費電力 320W

現在主流なグラボを性能順に紹介

グラフィックボード 性能 フレームレート目安 解像度目安 搭載PCの価格
RTX3090Ti 2.84 240fps+ ~4K 43万円~
RTX3090 2.62 240fps ~4K 35万円~
RTX3080Ti 2.55 240fps ~4K 32万円~
RTX3080(おすすめ) 2.35 220fps ~4K 25万円~
RTX3070Ti 2.04 200fps ~WQHD 25~28万円
RTX3070 1.94 190fps ~WQHD 20~23万円
RTX3060Ti(おすすめ) 1.69 170fps フルHD 17~20万円
RTX3060(おすすめ) 1.37 144fps フルHD 14~16万円
RTX3050 1.00 100fps フルHD 13万円
GTX1660Super 0.95 100fps フルHD 12万円

現在主流なグラボを性能順に並べた。「性能」はベンチマークスコアを元にRTX3050を1.00に換算したものだ。「フレームレート」はフルHDでのフレームレート目安を表す。

こうして見ると、このページで解説したとおりに並んでいることがわかるし、そう難しいものでもないことがわかるだろう。

NVIDIA製グラボの型番と性能の見方解説まとめ

  • GTXよりRTXをおすすめ
  • 現在はRTX30シリーズが主流。今後はRTX40シリーズに徐々に変わっていくだろう
  • 60番台か80番台がおすすめ
  • Ti>Super>無印
  • グラボの仕様から性能を知ることができる

BTOショップでは基本的に主流な1シリーズしか扱っていないため、型番だけで性能の序列を知ることができる。覚えておこう。

グラボの選び方について知りたい人は以下のページを読むと良いだろう。

≫【初心者でもわかる】グラボの選び方とおすすめを解説

タイトルとURLをコピーしました