10万円以下で買える安いゲーミングPCを紹介&注意点を解説

管理人
管理人

「ゲーミングPCを買おうと思ってるんだけど、けっこう高額なんだね…。10万円は頑張って貯めたけど、これ以上はなかなかしんどいよ」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • 10万円以下のゲーミングPCの特徴と注意点
  • 10万円以下のゲーミングPCを紹介
  • 10万円+αを出して良い人向けゲーミングPCを紹介

このページを読めば10万円以下のゲーミングPCについて知ることができ、失敗しないゲーミングPC選びができる。

10万円以下のゲーミングPCの特徴と注意点

10万円以下で買えるゲーミングPCを紹介する前に、必ず知っておいてほしいことを解説する。

10万円以下のゲーミングPCはおすすめしていない

まずはじめに言っておかなければならないのは、10万円以下のゲーミングPCはおすすめしていないということだ。性能や将来性を考えたときにコスパが良いとは言い難く、お得ではないからだ。
ゲーミングPCを買うなら最低でも15万円の予算は確保してほしいというのが私の意見だ。

とはいえ、全員が15万円を用意できるわけではない。大学生以上であれば15万円を用意するのはそこまで難しくないが、高校生以下で15万円はなかなかの大金だ。
そこで苦肉の策として10万円以下のゲーミングPCを紹介する。

性能は最低限しかない

10万円以下のゲーミングPCは、ゲーミングPCとして最低限の性能しかない。プレイするゲームや設定にもよるが、100fps以下にとどまることが多い。

現在主流の性能であれば120~144fps以上が目安になるので、100fps以下しかフレームレートが出ないのはかなり性能不足と言える。

中古のゲーミングPCから選ぶことになる

現在主流のゲーミングPCは最低でも14万円台だ。10万円以下で買える新品のゲーミングPCは無いと思って良い。

中古のゲーミングPCはパーツが劣化しているというデメリットがあり、1か月後には寿命を迎える可能性もないとは言えない。
すぐに使えなくなる可能性があるというリスクを知った上で中古を選ぶかどうかの判断をする必要がある。

このページでは中古のゲーミングPCを紹介しているが、中古PC専門店のものに絞っている。メルカリやヤフオクなどのサイトでも中古ゲーミングPCは販売されているが、よくわからない個人がかき集めた中古品より、専門店できちんと検査されている中古品の方が安心感や信頼性が段違いだからだ。

10万円以下のゲーミングPCを紹介

1つめ 2つめ 3つめ
外観 GP-ZEROのゲーミングPCサンプル1 GP-ZEROのゲーミングPCサンプル2 GP-ZEROのゲーミングPCサンプル2
CPU Core i7 6世代以上 Core i7-6700 Core i7-6700
GPU GTX1660Super GTX1080 GTX1060
価格(税込) 88,000円 99,800円 69,799円

10万円以下のゲーミングPCを、中古ゲーミングPC専門店「GP-ZERO」から紹介する。

中古ゲーミングPCは故障のリスクが最も怖いところだが、GP-ZEROでは24時間の負荷テストを行っているし、到着から2週間以内であれば返品が可能、30日間の初期不良保証が付いている。
中古ならではのリスクをなるべく軽減してくれるようなサービスになっているので、安心して利用できるショップと言える。

公式サイトでGP-ZEROのゲーミングPCを見てみる

GTX1660Super搭載のゲーミングフルセット

GP-ZEROのゲーミングPC1

CPU Core i7 6世代以上
GPU GTX1660Super
メモリ 16GB
ストレージ SSD256GB
HDD1TB
価格(税込) 88,000円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2023年1月11日時点での情報

GPUにGTX1660Superを搭載したモデルだ。GTX1660Superは最近まで多くのショップでエントリークラスとして扱われていたものだ。だいたい100fps前後が目安になる。

CPUはCore i7の6世代以上となっている。中古の在庫次第ということだろう。
Core i7の6世代以上であれば、GTX1660Superを動かすのに十分な性能と言える。

メモリは16GBだが詳細が書いていないためわからない。どんなメモリが搭載されているのかは謎だが、ゲーミングPC初心者にはあまり気にならないところなのでスルーでOKだ。

SSDは256GB搭載で、新品(512GBが標準)と比べると少なめだ。とはいえゲームの1つや2つインストールする分には全く問題ない。
SSDの規格に関しては記載がないためわからない。

このモデルはゲーミングPC本体の他にキーボード・マウス・モニターも付いてくる。つまりPCで遊ぶためのデバイス一式が一緒になっている。
まさに初心者におすすめのゲーミングPCだ。

現役ゲーミングPCと肩を並べる性能を持つモデル

GP-ZEROのゲーミングPC2

CPU Core i7-6700
GPU GTX1080
メモリ 16GB
DDR4
ストレージ SSD256GB
HDD1TB
価格(税込) 99,800円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2023年1月11日時点での情報

GPUにGTX1080を搭載したモデルだ。GTX1080はGTX10シリーズの中ではハイエンドモデルで、GTX1660Superよりも高い性能を誇る。現行のGPUと比べるとRTX3050より高い性能となる。現行のエントリーモデル以上~同等ということだ。

CPUはCore i7-6700で、i7の6世代となっている。現行のCPUのような性能があるわけではないが、GTX1080を動かすには十分だ。

メモリは16GBだが、シングルチャネルなのかデュアルチャネルなのかの情報は記載されていない。ゲーミングPC初心者はそこまで気にする必要はないのでスルーでOKだ。

ストレージはSSD256GB、HDD1TBになっている。HDD1TBはともかく、SSD256GBは少なめだ。特定のゲームをプレイする分には問題ないが、あれもこれもと大量にインストールはできないことに注意。

中古の10万円ゲーミングPCの中ではかなり性能の高い構成になっている。GTX1080はGTX10シリーズのハイエンドモデルということで息が長い。10万円以下で高めの性能が欲しい人におすすめだ。

使用率上位のGTX1060搭載モデル

GP-ZEROのゲーミングPC3

CPU Core i7-6700
GPU GTX1060
メモリ 16GB
DDR4
ストレージ SSD256GB
HDD1TB
価格(税込) 69,799円
公式サイト 公式サイトで見てみる

※2023年1月11日時点での情報

GPUにGTX1060を搭載したモデルだ。GTX1060は現行のエントリーモデルであるRTX3050より性能が低いGPUだ。ゲーム内の設定次第ではあるが、60fpsほどを目安にしたい。
とはいえGTX1060はSteam(PCゲーム最大手のプラットフォーム)によれば利用しているプレイヤーがかなり多く、2022年後半のデータによると毎月使用率1位争いをしているほどだ。
GTX1060は2016年に発売されたGPUだが、そのまま使い続けていたり中古で選んだ人が多いということだろう。

CPUはCore i7-6700であり、GTX1060を動かすには十分だ。
メモリは16GB搭載されていて十分な容量だが、詳しい情報は記載されていない。
SSDは256GBとなっていて物足りない感はあるが、同時にたくさんのゲームをインストールしない限り大丈夫だ。

中古と言えど、せめてGTX1060くらいの性能は欲しい。これより性能が低いとなると、現行のゲームがまともに動作してくれない。GTX1060を使用している人の割合が高いのも、せめてGTX1060くらいの性能は欲しいことへの裏付けになっていると言える。

ゲーミングPCとして最低限の性能を求めている人向けのモデルだ。

10万円以下のゲーミングPCまとめ

  • 10万円以下の予算では中古ゲーミングPCしか買えない
  • 中古にはリスクがあるので、リスクを理解した上で選んでほしい
  • 中古PC専門店の利用をおすすめする

10万円以下という価格帯はゲーミングPCの世界では安すぎる。

以下のページではゲーミングPCの価格帯について解説している。興味がある人だけ読んでみると良い。
≫BTOゲーミングPCの価格は?初心者はどの価格帯から選ぶべき?

タイトルとURLをコピーしました