ゲーミングPCにセキュリティソフトは必要か?

管理人
管理人

「BTOショップでゲーミングPC買おうと思ってるんだけど、セキュリティソフトって必要なのかな?カスタマイズで有料版にできるらしいけどどうしよう?」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • セキュリティソフトの基礎知識
  • ゲーミングPCに有料のセキュリティソフトは必要ない
  • おすすめのセキュリティソフト

BTOショップでゲーミングPCを買おうとすると、セキュリティソフトの選択に迫られる。このページを読めば、ゲーミングPCのセキュリティ対策について理解を深めることができるだろう。

セキュリティソフトとはPCの警備員

PCに入れておくことでPC内を巡回し、異変があれば知らせてくれるのがセキュリティソフトだ。

インターネットは世界中の人がアクセスできるため、悪意のある人も一定数存在する。そういった悪意が自分のPCに迫ってきたときに、セキュリティソフトが警告してくれるわけだ。

自分のPCを保護するためにも、セキュリティソフトは必要だ。

セキュリティソフトがないとマルウェアに感染する可能性が高くなる

セキュリティソフトがPCに入ってないということは、PCに警備員がいない状態ということだ。つまり悪意のある人からの攻撃(=マルウェア)に無防備になる。

マルウェアとは悪意のあるプログラムやソフトウェアのことだ。ウイルスという言葉を聞いたことがある人がいるかもしれない。ウイルスはマルウェアの一種だ。

マルウェアに感染すると様々な被害にあってしまう。以下は被害の一例だ。

  • 個人情報が流出する
  • PCを乗っ取られる
  • PCの動作が重くなったり不具合が発生したりする

無料と有料のセキュリティソフトがある

マルウェアからPCを守るセキュリティソフトには、無料のものと有料のものがある。どちらもウイルススキャンは行ってくれるが、無料版にはトラブル時のサポートがついていなかったり高度なセキュリティ機能がついていなかったりする。

以下の表はセキュリティソフトの一例だ。

セキュリティソフト 金額(1年版)
ウイルスバスター 5,720円~(税込)
ノートン 4,380円~(税込)
マカフィー 2,970円~(税込)
Microsoft Defender 無料
Avast! 無料
AVG 無料

ゲーミングPCにセキュリティソフトを自分で入れる必要性は薄い

いよいよ本題の、ゲーミングPCにセキュリティソフトは必要なのかどうかについて解説する。

結論から言えば、ゲーミングPCにセキュリティソフトを新たに入れる必要性は薄い。ゲーミングPC(Windows)に標準搭載されているMicrosoft Defender(旧Windows Defender)で十分だからだ。

実際私はここ数年Microsoft Defenderのみにセキュリティを任せているが、何も問題が起きていない。インターネットで調べても、Microsoft Defenderで十分だという声が大きい。

それに、セキュリティソフトの中には動作が重いものもあり、動作を軽くしたいゲーミングPCには不向きだ。特に、ゲーム中にスキャンが始まってしまったときには動作が非常に重くなる。

ゲーミングPCをBTOショップで買うと、お試し版のセキュリティソフトがインストールされているが、消してもらっても構わない。追加でセキュリティソフトを購入する必要性も薄い。

Microsoft Defenderは優秀なセキュリティソフト

ゲーミングPCのセキュリティはMicrosoft Defenderで十分だという根拠は、実際のセキュリティテストにある。

AV Comparativesという、セキュリティソフトを評価する第三者機関が定期的に行っているテストによれば、Microsoft Defenderは他の有料セキュリティソフトに匹敵するレベルでセキュリティ性能が高いことがわかる。

以下はAV Comparativesのテスト結果だ。10019のサンプリングでのテストとなっている。

AV Comparativesのテスト結果

オレンジがマルウェアを防げなかった割合、黄色がユーザーが手動で招き入れてしまった割合、灰色がマルウェアをブロックした割合、折れ線は誤検出数を示している。

Microsoft Defenderは表の「Microsoft」のところだ。表を見ると、有名な有料セキュリティソフト「ノートン」と同等のブロック率だとわかる。「カスペルスキー」や「ウイルスバスター」よりブロック率が高い。

ちなみに、このテスト結果は2022年10月17日時点で最新のものだ。定期的にテストが行われているため、常にこの結果通りになっているわけではないことに注意。

Microsoft Defenderの欠点・デメリット

Microsoft Defenderのセキュリティ性能は高いことがわかったと思うが、完璧なセキュリティソフトではないことを忘れてはならない。

Microsoft Defenderには以下のような欠点がある

  • スパムメールのブロック機能はない
  • インターネットバンキングの保護機能はない
  • サポート対応がないに等しい

スパムメールのブロック機能はない

いわゆる迷惑メールを自動で検知して削除してくれるような機能がMicrosoft Defenderには備わっていない。

とはいえ、メールの中身のマルウェアが悪さをしようとした時には検知してくれるので安心してほしい。

インターネットバンキングの保護機能はない

インターネットバンキングのログイン情報を保護する機能はMicrosoft Defenderにはついていない。ログイン情報が盗まれたら銀行のお金も盗まれるため、注意したい。

ただ、ゲーミングPCでインターネットバンキングを利用することはあまりないと思うので、そこまで気にしなくても良いかもしれない。

サポート対応がないに等しい

Microsoft Defenderにはサポート機能がないため、万が一マルウェアに感染した場合や疑問点などがあった場合に自分で解決しなければならない。

有料セキュリティソフトの場合はサポートが電話対応してくれるため、知識が全くない人でも安心だ。

マルウェア感染を防ぐためにすべきこと

Microsoft Defenderをオンにさえしておけば、絶対にマルウェアに感染しないわけではない。マルウェアに感染しないためにも、ユーザー側が気を付けるべきことがいくつかある。

Windowsを最新の状態にしておく

Microsoft DefenderはWindowsの機能の1つだ。

古いバージョンのWindowsを使っている場合、Microsoft Defenderが対応できるマルウェアの情報も古く、最新のマルウェアに対応できない可能性が高い。

日々新しいマルウェアが誕生しているため、常に最新のWindowsに更新しておこう。

提供元がわからないソフトやアプリをインストールしない

ゲーミングPCを買うと、つい色々なことがしたくなるものだ。時にはよくわからないサイトのソフトやアプリをインストールすることがあるかもしれない。

だが、提供元が不明のソフトはマルウェアが入っている可能性が高い。きちんとした企業が提供しているソフトだけをインストールするようにしよう。

怪しいサイト、URLにアクセスしない

違法動画が転がっているようなムフフなサイトや、サイトに入った瞬間に「おめでとうございます!あなたは賞金を手に入れました!詳しくはこちら!」のようなポップアップがでるサイトは利用しないほうが良い。

サイト以外にも、メールやDMに添付されているURLはクリックしないほうが良いだろう。仮に知り合いから謎のURLが送られてきた場合でもクリックしてはならない。その知り合いがすでに乗っ取られている可能性があるからだ。

安心が欲しいなら有料セキュリティソフトを導入すべき

基本的にはMicrosoft Defenderで十分だが、どうしても安心が欲しいのであれば有料セキュリティソフトを導入すると良い。

有料セキュリティソフトはMicrosoft Defenderより幅広いセキュリティが可能だし、サポートも充実している。安心が欲しい人にはぴったりだ。

ちなみに、Microsoft Defender以外の無料セキュリティソフトは必要ないと考えている。無料セキュリティソフトには当たりはずれがあり、すべてが良いソフトとは言えない、それに、優秀なMicrosoft Defenderを差し置いて別の無料セキュリティソフトを使う意味は薄い。

複数のセキュリティソフトを入れる必要性はない

「セキュリティソフトを2つや3つ入れれば最強の防御力になるのでは?」と思う人がいるかもしれない。ただ、絶対にやめておこう。

複数のセキュリティソフトをオンにすると、セキュリティソフト同士が干渉しあってうまく機能しなくなる。PCが重くなる原因にもなるため、複数のセキュリティソフトは全く必要ない。

ちなみにMicrosoft Defenderは、別のセキュリティソフトがオンになると自動的にオフになる。反対に、別のセキュリティソフトがオフになるとMicrosoft Defenderは自動的にオンになる。重複して不具合が起きることはないので安心してほしい。

ゲーミングPCのセキュリティソフトまとめ

  • ゲーミングPCのセキュリティは、標準搭載のMicrosoft Defenderで十分
  • マルウェアに感染しないために最新のWindowsを使うといった対策をしておく
  • どうしても安心が欲しいなら有料セキュリティソフトを使う

このページでは、ゲーミングPCのセキュリティについて解説した。

BTOショップのゲーミングPCにはデフォルトでお試し版のセキュリティソフトが付いている。カスタマイズで有料版にアップグレードできる。セキュリティソフトのカスタマイズで悩んでいた人の助けになったのなら幸いだ。

もし他のカスタマイズで迷っているものがあるのなら、以下のページを読むと良いだろう。

≫BTOカスタマイズの初心者おすすめ!壊れにくいゲーミングPCにしよう!

タイトルとURLをコピーしました