メモリの役割とは?ゲーミングPCに必要なのは16GB?32GB?

管理人
管理人

「ゲーミングPCを買おうと思ってるんだけど、メモリってパーツの容量はいくらにすれば良いの?」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • メモリはPCの作業スペースのようなパーツ
  • 16GBと32GBの選択の仕方
  • デュアルチャネルや規格について

メモリは地味だが、特にゲーミングPCでは大事なパーツだ。このページを読めば、メモリについて理解し、自分に合ったメモリ容量を選んで、過不足ないゲーミングPCに仕上げることができるだろう。

メモリとはPCの作業スペースようなパーツ

メモリがどんなパーツなのかを辞書的に説明すると「データを一時的に保存しておくことで、処理速度を速めてくれるパーツ」だ。これでもぼんやりとはイメージできるが、イマイチ何を言っているのかわからない。

そこでたとえを使って説明する。

『今あなたは勉強をしている。勉強の最中わからないところがあり、本棚から参考書Aを取り出した。ただ勉強机が狭くてノートと問題集しか置くスペースがないため、参考書Aを読んだ後すぐに本棚に戻した。その後またわからないところがあり、もう一度参考書Aを本棚から取り出して読んだ』

この話を読んで「不便だね。机がもう少し広ければいちいち参考書を取り出す必要がないのに」と思っただろう。

全くその通りだ。机が広ければ参考書Aを机の上に置いておき、わからないところがあればすぐに参考書Aを確認できる。しかも参考書Aだけでなく参考書BやCも一緒に机に置いておける。

そしてこの机がメモリに該当する。机の広さがメモリ容量だ。図にすると以下の通り。

メモリの役割を例を用いて解説

机が広ければ参考書を大量に置けるし、大きい図鑑なんかも置くことができる。同様に、メモリ容量が多ければたくさんのアプリやソフトを同時に使えるし、高負荷のかかるゲームをプレイすることができるというわけだ。

全メモリ容量を使えるわけではないことに注意

例えば16GBのメモリを搭載しているからと言って、16GBすべてを使えるわけではない。

使用メモリがギリギリになってしまうと、PCの動作が遅くなってまともに操作できなくなる。机いっぱいに参考書を広げすぎて、手が少し当たっただけで床に落ちてしまうような不安定な状態だ。

また、PCを起動した時点で裏で動いているソフトがメモリを使用している。勉強を始めようと思った時点で机の上にノートと問題集があるのと同じだ。

これらを加味すると、使用できるメモリ容量は全容量の6~7割程度になると思っておいた方が良い。

ゲーミングPCに搭載するメモリは16GBか32GBがおすすめ

ゲーミングPCに搭載するメモリは16GBが標準だ。一般的なPCだと4~8GBが多いが、ゲーミングPCでは足りない。8GB以上のメモリを使用するゲームが多いからだ。

そのため、ゲーミングPCには16GB以上のメモリを搭載する。最近では16GBのメモリを要求してくるゲームも増え、余裕を持たせるために32GB搭載するケースも増えている。実際「ドスパラ」がTwitter上で行ったアンケートによると50%が16GB、30%が32GBのメモリを搭載していた

ゲームの推奨要件から見るメモリ容量

「PCゲーム おすすめ」などで検索して出てきたゲームを中心に推奨メモリ容量を調べた。以下の表はその一覧だ。

ゲーム名 メモリ(GB)
Age of Empires Ⅳ 16
Apex Legends 8
ARK: Survival Evolved 8
ARMA3 8
Assassin’s Creed Odyssey 8
BattlefieldⅤ 12
Borderlands 3 16
Call of Duty Modern Warfare 12
Cities:Skylines 6
CODE VEIN 8
CSGO 2
DARK SOULS Ⅲ 8
DayZ 12
Dead by Daylight 8
DEKARON 2
DOOM Eternal 16
DOTA2 4
ELYON 16
Euro Truck Simulator 2 4
Fallout 76 8
FARCRY 5 8
Farming Simulator 19 8
FIFA21 8
FINAL FANTASY14 8
FINAL FANTASY15 16
Fortnite 8
Frostpunk 8
Grand Theft AutoⅤ 8
Hearthstone 4
Hunting Simulator 8
Killing Floor 2 4
Kingdom Come: Deliverance 16
League of Legends 4
Left 4 Dead 2 2
Legends of Runeterra 4
LOST ARK 16
Minecraft 8
Moonlighter 8
NieR:Automata 8
Overwatch 6
PAYDAY 2 8
PUBG 16
Red Dead Redemption2 12
Rocket League 8
Sekiro:Shadows Die Twice 8
Sid Meier’s Civilization VI 8
SMITE 4
Team Fortress2 1
Teamfight Tactics 4
The Elder Scrolls Ⅴ:Skyrim 4
The Sims 4 4
The Witcher 3: Wild Hunt 8
theHunter: Call of the Wild 8
Tom Clancy’s Rainbow Six Siege 8
UNDERTALE 3
VALORANT 4
Visage 8
War Thunder 16
WARFRAME 4
Watch Dogs 2 8
Winning Post 9 2021 4
World of Warships 6
ストリートファイターV 8
デイメア:1998 8
ドラゴンクエストⅩ 3
モンスターハンターワールド 8
黒い砂漠 8
三國志14 8
信長の野望・大志 2
絶体絶命都市4Plus 8
太閤立志伝 4
天穂のサクナヒメ 6

これをわかりやすくまとめると以下のようになる。

要求メモリ容量 ゲーム数 割合(四捨五入済み)
~6GB 25 34.7%
8GB 34 47.2%
12~16GB 13 18.1%

8GBのメモリでプレイできるゲームは34.7%しかない。残りの65.3%のゲームは16GB以上のメモリが必要だ。

無視できないのは12~16GBを要求するゲームが18.1%もあることだ。これらのゲームは16GBのメモリでも快適にプレイできない可能性がある。つまり32GB必要ということだ。

ゲーム用途であれば、32GBより多くする必要性はない。16GBか32GBが候補になる。

16GBと32GB、どっちのメモリ容量を選べば良い?

ゲーミングPCに搭載するメモリは16GBか32GBの二択になる。

正直言って、どちらを選べきかは「人による」としか言いようがない。ただそれだと参考にならないので、ざっくりとした選び方を紹介する。

16GBのメモリを選ぶべき人

  • eスポーツ系のゲームをプレイする人
  • RTX3060Ti以下のグラボを選ぶ人

フォートナイトやApexのようなeスポーツ系のゲームは、要求スペックがそこまで高くない。メモリ16GBもあれば十分だ。

RTX3060Ti以下のグラボだと、高負荷がかかるような使い方やゲームに向いていない。32GBのメモリを必要とするゲームや作業はRTX3060Ti以下にはそもそもふさわしくないことが多い。そのため、RTX3060Ti以下のグラボなのであれば、メモリは16GBで良いだろう。

32GBのメモリを選ぶべき人

  • 美麗グラフィックを重視したゲームをプレイする人
  • RTX3070以上のグラボを搭載する人
  • PCゲームをしながら配信をしたい人

RTX3070以上のグラボであれば、WQHD解像度でのプレイも現実的でグラフィック重視のゲーム向きとなっている。そのような美麗ゲームはメモリ使用量が大きくなる傾向にあるため、32GBあると安心だ。

PCゲームの配信を考えている人は32GBあったほうが良いだろう。16GBだと容量が足りず、ゲームや配信がカクついてしまう可能性が高い。

このような人であれば、32GBのメモリを搭載したほうが快適性が担保されるだろう。

シングルチャネル・デュアルチャネルとは

  • ○GB×1:シングルチャネル
  • □GB×2:デュアルチャネル

例えば16GBのメモリの場合。16GB×1がシングルチャネルで8GB×2がデュアルチャネルだ。

一見同じだが、シングルチャネルよりデュアルチャネルのほうがデータ転送速度が速い。なのでデュアルチャネルにしたほうが良い。

これはよく道路を走っている車に例えられる。交通量が同じ場合、一車線より二車線のほうが渋滞が起きにくくスムーズに走れるだろう。メモリも同じだ。

ちなみに×4のクアッドチャネルというのもあるが、ほとんどの人には関係ないため気にしなくて良い。

メモリの規格はDDR4が主流

メモリにはDDR3、DDR4、DDR5というように規格がある。数字が大きいほどデータの転送速度が高く、性能が良い。

最新の規格はDDR5だが、BTOショップでの主流はいまだDDR4だ。というのも、DDR5はDDR4に比べてほんのわずかにゲーム性能が向上するものの、それ以上に価格が高いからだ。

ちなみに、BTOショップでゲーミングPCを買う時はほぼ気にしなくて良いが、それぞれの規格には互換性がない。DDR4のメモリをDDR5のメモリに付け替える、というようなことはできない。

ゲーミングPCに搭載するメモリ容量まとめ

  • メモリはPCの作業スペース
  • 軽いゲームなら16GB、重いゲームや配信をするなら32GB
  • デュアルチャネルにする

このページでは、ゲーミングPCに搭載するメモリの容量について主に解説した。どれくらいの容量を搭載すれば良いのかがわかっただろう。

メモリ以外にゲーミングPCについてわからないことがあるなら以下のページを参照してほしい。ゲーミングPC選びの役に立つはずだ。

≫初めてのゲーミングPCの選び方!初心者の「わからない」を解消!

タイトルとURLをコピーしました