【マリオカート8DX】コインって何の意味があるの?【初心者向け解説】

マリオカート8DX
鈴風 夜
鈴風 夜

マリオカートのアイテムにコインってあるけど、あれって何の意味があるの?ただのやり込み要素的なやつ?

マリオカートを普通にプレイしている人にとって、コインは何の意味もないアイテムに思えるかもしれません。

しかし実際は、最も重要なアイテムだと言っても過言ではないです。

そこでこの記事では、マリオカートにおけるコインの重要性を解説していきます。

この記事を見れば、コインを意識して走れるようになるはずです。

 

コイン1枚につき、スピード値が0.5上昇する

マリオカートのコイン

スピード値は、レースゲームであるマリオカート8DXで重要なパラメータの1つです。そんな重要なスピード値が、コインを取るだけで0.5ずつ上昇します。

ガチ勢が最もよく使うカスタムである「ワルイージハナチャン(ワルハナ)」「ワルイージパタテン(ワルパタ)」で見てみましょう。

ワルハナのスピード値は3.5で、ワルパタのスピード値は3.0です。

「ワルパタはスピード値が低いのがネック」と言われますが、コインを1枚取るだけで、ワルハナと同じスピードになります

他の例だと、スピード値が1しかない軽量カスタムであっても、コインを5枚取れば、0枚のワルハナと同スピードになります。

こう聞くと、コインがいかに大事かが分かると思います。

レース中に10枚まで集めることができるので、スピード値を最大で+5.0することができます

 

具体的にはどれほどの差が出るのか

スピード値 時間 3周した時にかかる時間
1.0(軽量カスタム) 4.107 2:11.740
3.0(ワルパタ) 4.002 2:08.372
3.5(ワルハナ) 3.989 2:07.955
8.5(ワルハナコイン10枚) 3.741 2:00.000(基準)

※キノコリッジウェイにて測定。実際とはズレがある可能性があります。

この表の「時間」とは、ある距離を走ったときにかかった時間を表しています。

「3周した時にかかる時間」とは、コイン10枚のワルハナが3周走るのにかかる時間を2分とした時のタイムを表しています。

この表を見ればわかるように、コイン1枚分の差は大したことありません。3周走っても車体数個分です。(タイムアタックだとこの差は大きすぎますが)

しかし、コイン0枚と10枚とを比べると、その差は歴然です。WR保持者でも、コイン0枚だと一般プレイヤーに負けてしまうでしょう。

ちなみに、キノコ1個で0.3秒くらい差がつくので、約27個分の差になります。

実際のレースでは、はじめからコイン10枚はあり得ませんが、コインの重要さのイメージは付いたと思います。

 

コインの累計枚数でマシンパーツを解放できる

累計コイン枚数

マリオカートのマシンパーツは、ゴール時に持っていたコインの枚数の累計によって解放されていきます。

例えば、「8枚・5枚・10枚・3枚」で4レースを終えたら、26枚入手したことになります。

一定数集めるごとに、ランダムでパーツが解放されます。

必要枚数は以下の通りです。

累計0~450枚の時 30枚ごとに1パーツ
累計450~1500枚の時 50枚ごとに1パーツ
累計1500~3100枚の時 100枚ごとに1パーツ
累計5000枚 ゴールドカイト

 

効率の良いコインの集め方

  1. コントローラーを2つ用意し、2人プレイを選択(ジョイコンで良い)
  2. バトルの「パックンVSスパイ」を選ぶ
  3. 1Pのみを操作し、コインを集める

以下の動画を参考にさせていただきました。詳しくはそちらをご覧ください。

マリオカート8DX究極攻略ch

 

タイトルとURLをコピーしました