ゲーミングPCを買って後悔しないためのチェックリスト

「ゲーミングPC後悔の原因と対策」のアイキャッチ
管理人
管理人

「ゲーミングPCを買おうと思ってるけど、失敗とか後悔とかするの怖いな。後悔してる人はどんな理由で後悔してるんだろう?」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • ゲーミングPCを後悔する原因
  • ゲーミングPC購入を後悔しないためのチェックリスト
  • 知識0でゲーミングPCを買って後悔した実例

このページを読めば、ゲーミングPCを後悔する原因がわかり、自分が後悔する可能性を減らすことができるだろう。特にゲーミングPC初心者はこのページを最後まで読んで、失敗しないようにしてほしい。

ゲーミングPC購入を後悔する8つの原因

まずは後悔の原因を知ろう。原因を知らなければ対策ができないからだ。

ゲーミングPC購入を後悔する8つの原因は以下の通りだ。

  • スペックが低すぎるゲーミングPCを買ってしまった
  • スペックが高すぎるゲーミングPCを買ってしまった
  • メルカリやヤフオクで中古のゲーミングPCを買ってしまった
  • Amazonで買ってしまった
  • 知名度が低すぎるBTOショップで買ってしまった
  • ゲーミングPCによって害される可能性を知らなかった
  • ゲーミングPCの寿命を知らなかった
  • ゲーミングPCを使わなくなった

原因1:スペックが低すぎるゲーミングPCを買ってしまった

「ゲーミングPCは高価だから、なるべく安く済ませたい」と思った人がよく引っかかる罠だ。

安いということはスペックも低いということ。スペックが低いゲーミングPCでは、最新のゲームを満足にプレイできない可能性が高い。最近話題のAIツールを利用するときもそれなりのスペックを求められる。

要するに、スペックが低いと自分がやりたいことができない可能性が高く、何のためにゲーミングPCを買ったのかがわからなくなるという失敗だ。

原因2:スペックが高すぎるゲーミングPCを買ってしまった

「ゲーミングPCはスペックが命って聞いたから、とにかく高価なやつを買おう」と思った人がよく引っかかる罠だ。

例えば30万円のゲーミングPCはスペックが高い。だがそのスペックがあなたに必要かどうかは話が別だ。フォートナイトで240fpsを出すためにゲーミングPCを買うなら、20万円以下のゲーミングPCで良い。つまり差額10万円は無駄ということだ。

明らかにオーバースペックのゲーミングPCを買ってしまうと、後悔する可能性が高いと言える。

原因3:メルカリやヤフオクで中古のゲーミングPCを買ってしまった

メルカリやヤフオクで売られている数万円の中古ゲーミングPCは、初心者にとって魅力的だ。「フォートナイト・Apexが快適にプレイ可能!」などの魅力的な文言も付いている。

この文言が本当であれば良いのだが、ほとんどの場合嘘っぱちだ。10年以上前の中古ゲーミングPCで現代のゲームが快適に動作することはない
負荷が軽いゲームで60fps出せるのを快適とは言わない。60fpsならPS4で良い。

メルカリやヤフオクは利用者も多く、騙される人も多い。

≫メルカリやヤフオクで中古の激安ゲーミングPCを買うな!

原因4:Amazonで買ってしまった

メルカリやヤフオクと同じくAmazonも皆が利用しているサイトで、ゲーミングPCが大量に出品されている。ここにも罠がある。

Amazonで「ゲーミングPC」と検索すると、ゲーミングPC以外の普通のPCも出てきてしまうのだ。初心者なら間違えて買うこともあるだろう。

また、Amazonで販売されているゲーミングPCは割高なことが多い。後から「このゲーミングPCってもしかして割高だった…?」と知って後悔するパターンだ。

≫AmazonでゲーミングPCを買うべきではない3つの理由

原因5:知名度が低すぎるBTOショップを利用してしまった

BTOショップはパソコン専門店のようなものだ。ゲーミングPCを買うならBTOショップを利用したい。

知名度の高い大手ショップがあれば、低いショップもある。後悔する可能性が高いのは、知名度が低いショップを利用した時だ。

知名度が低いショップは、大手にはない付加価値で勝負している。「見た目がかっこいい」「きらびやかに光る」などだ。その分価格が上乗せされる。ただ、見た目でスペックが変わるわけではないので、割高となる。

ゲーミングPCが家に届いたばかりの頃は見た目でテンションが上がるが、1週間もすれば落ち着いてくる。すると「他のショップならこの価格で2段階上のスペックにできたのに…」と後悔してくるわけだ。

原因6:ゲーミングPCによって害される可能性を知らなかった

  • ゲーミングPCの熱で室温が上がる
  • ファンの回る音がうるさい
  • ゲーミングPCが大きすぎて邪魔に感じる

「害される」というと大げさかもしれないが、的外れな表現ではない。生活に支障をきたす可能性もあるのだ。しかも購入前に想像しにくいことだらけだ。

後悔というよりイライラかもしれないが、ここで解説しておく。

ゲーミングPCの熱で室温が上がる

ゲーミングPCでゲームをすると、パーツがフル稼働してゲーミングPC内部に熱が溜まる。そのままだとパーツが熱でやられてしまうため、ファンを回して外部に熱を放出する仕組みになっている。

つまり、ゲーミングPC内部の高温の空気があなたの部屋に出ていくのだ。すると室温が高くなる。部屋にエアコンがない場合、夏場はゲームをできる環境ではなくなってしまう。
あまりに暑すぎるため、イライラして後悔することになるだろう。

ちなみにエアコンがない劣悪な環境だと、パーツが冷えずにゲーミングPCの寿命を縮めてしまうことにも繋がる。

ファンの回る音がうるさい

ゲーミングPCでゲームをすると、発生した熱を逃がすためにファンが回りだす。この音がうるさいと感じる人がいる。

一般的なゲーミングPCは、静音性に気をつかう余裕がない。静音性に気をつかうと価格が高くなってしまうからだ。密閉型ヘッドセットをしていても聞こえることもある。ヘッドセットをしていない場合は言うまでもない。

ゲーミングPCが大きすぎて邪魔に感じる

部屋が狭い場合は注意が必要だ。室外機を一回り小さくしたくらいの大きさで、想像より大きい。だいたい200mm×400mm×450mmくらいだ。

また、ゲーミングPCを机の上に置くのは現実的ではない。ほとんどの人が邪魔だと思うはずだ。そのため、床に置くスペースを確保しておく必要がある。部屋が狭い場合はイライラの元になってしまう。

原因7:ゲーミングPCの寿命を知らなかった

使い方や運にもよるが、ゲーミングPCの寿命は5年と言われている。5年もすればパーツが劣化して快適性が著しく落ちたり、ゲームの進化によってスペック不足になったりする。

人によっては「たった5年」と思ってしまうだろう。冷蔵庫などの家電であれば5年以上もつからだ。

ただ、ゲーミングPCは家電というよりスマホに近い。5年間同じスマホを使っていると、最新のスマホゲームがカクついたり落ちたりするようになる。それと同じだ。

原因8:ゲーミングPCを使わなくなった

ゲーミングPCを買ったは良いもののそこまで使わなくて後悔するパターンもある。

人気のゲームはPC以外にプレステやSwitchでもできることが多い。つまり、既に他のゲーム機を持っている場合、ゲーミングPCを買う必要性は低い。

単純にゲームに飽きるという可能性だってある。対戦ゲームの環境の変化でつまらなくなったとか、チーターが多すぎてつまらないとか、友達と別のことをして遊ぶ機会が増えたなど、ゲームから離れる要因はいくらでもある。

ゲームだけが目的でゲーミングPCを買ってしまうと、ゲームをしなくなったときに後悔してしまうということだ。

ゲーミングPCを買って後悔しないためのチェックリスト

後悔の原因を元に、後悔しないためのチェックリストを以下に示す。

  • 自分に合ったスペックを選ぶ
  • BTOショップで購入する
  • ゲーミングPC購入で起こりえることを知る
  • ゲーム以外に目的を持っておくと良い

自分に合ったスペックを選ぶ

ゲーミングPCを買うならスペックは慎重に決めたい。ゲーミングPCを買う理由がスペックだからだ。自分に合っていないスペックを選んでしまうと、間違いなく後悔することになる。

スペックを精査したうえでゲーミングPCを購入すべきだ。ゲーミングPCのスペックはグラボ性能でおおよそ決まる。自分に合ったグラボを選ぼう。

≫【初心者でもわかる】グラボ性能の選び方とおすすめを解説

BTOショップで購入する

BTOショップという存在を知らない人も多い。誰かに教えてもらうか広告などで見かけない限り、実生活で利用することがないからだ。

BTOショップ以外だといろいろな罠が存在する。知らず知らずのうちに損をしてしまっている可能性だってあるのだ。

BTOショップで購入すれば100%失敗しないというわけではないが、失敗のリスクを最大限減らすことができる。理不尽な失敗はまずしない。

以下のページでBTOショップを紹介している。ゲーミングPCで失敗したくない人は読むと良い。

≫BTOショップとは?選び方と初心者おすすめを解説!

ゲーミングPC購入で起こりえることを知る

  • エアコン必須
  • ファンの音がうるさい可能性がある
  • ゲーミングPCを置くスペースが必要
  • ゲーミングPCの寿命は長くて5年

特にエアコンに関しては我慢ができないことだ。夏場は誇張抜きで命にかかわるレベルの暑さになる。自室にエアコンがない場合は、よほど風通しの良い部屋でない限りゲーミングPCは諦めたほうが良い。

ゲーム以外に目的を持っておくと良い

心からゲームが好きなら問題ないが、惰性でプレイしている場合はゲーム以外に目的を持っておくべきだろう。「ちょうどPCを買おうと思っていて、ゲームもするからゲーミングPCを買う」でもOKだ。

とにかくゲーム以外の理由があると安心だ。

実例:知識0でゲーミングPCを買って後悔した話

かなり昔の私の話だ。持っていたPCがポンコツだったため、新しいPCを買おうと思った。当時からゲームをしていたため、ゲーミングPCを買おうと思い立った。

いろいろ調べるのがめんどうに感じ、なんとなく聞いたことがあるBTOショップでよく調べもせずにゲーミングノートを購入した。「これくらいの価格なら良いか~」くらいの気持ちだ。

始めのうちはテンションが上がっているのもあって、気分良くゲームができていた。しばらくしてふと、自分が持っているゲーミングノートのスペックが気になって調べた。そこで初めて、かなりスペックが低いことを知ったのだ。

しかも144fpsでプレイしていたと思っていたが、そのゲーミングノートのディスプレイは60Hzだった。つまり60fpsでプレイしていたのだ。

この失敗から、知識がないものを買う時はしっかりと調べてから買うようにした。今思うと当たり前のことだが、当時の私はめんどくさがり屋で軽率だったのだ。

私のような失敗をしないためにも、ゲーミングPCを買うならまずは最低限の知識を付けてほしい。

ゲーミングPCにまつわる後悔まとめ

  • ゲーミングPCを後悔する原因はたくさんある
  • 原因を知ったうえで、自分に合ったゲーミングPCを選ぼう

このページでは、ゲーミングPCにまつわる後悔の原因と対策について解説した。不安がぬぐえないのなら買わないのも1つの選択だ。もし買うのであれば、最低限の知識を付けて後悔しないようにしてほしい。

≫初めてのゲーミングPCの選び方!初心者の「わからない」を解消!

タイトルとURLをコピーしました