徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

「ゲームが上手い=偉い」だと勘違いしている人が意外に多い話

「ゲームが上手い=偉い」だと勘違いしている人が意外に多い

クラスでゲームが上手いからってすごい威張ってくる子がいるんだけど…

わ、めんどくさいやつだ笑

 

ということで、「ゲームが上手い=偉い」ではないということについて書きていきます。

たびたびネット上で、「俺はこのゲームがうまいから、俺の言うことに従え」というスタンスの人を目にします。

私は、こういう人には近づかないようにしています。

というのも、このような人とは確実に合わないからです。

 

 

 

 

「ゲームが上手い=偉い」だと勘違いしている人が意外に多い

「ゲームが上手い=偉い」だと勘違いしている人が意外に多い

中学生くらいだったらまだわかります。

「クラスで一番フォートナイトがうまいから、ネットでもついついイキって偉そうにしてしまった」と言うのであれば、若気の至りと言うか、まだかわいいレベルです。

 

しかし、ネット上には、大人でもこう思っている人がいるんですよね。

良いことではないので、例は挙げませんが、Twitterでたまに見かけます。

 

ゲーム以外だとほめられるのに…という反論に対して

ゲーム以外だと褒められるのに…という反論に対して

よく言われるのが、「ピアノとか勉強ができたら褒めらるのに、なんでゲームができても褒められないの?偉くないの?」という意見です。

これに対しては、「別にピアノとか勉強が出来ても偉くはない」が答えです。

 

親が小さい子供に対して、「ピアノ練習して偉いね~」とか、「お勉強いっぱいして偉いね~」と言うのは、ただ単に親が子供をほめているだけで、別に社会的に栄誉が与えられているわけではありません。

 

ゲームが上手い人とか、ピアノが弾ける人、勉強が出来る人というのは、いくらでもいるので、人より上手いくらいで偉くなることはありません。

 

ゲームが上手いのはすごいことであって、偉いことではない

ゲームが上手いのはすごいことであって偉いことではない

ピアノがうまい人や、勉強が出来る人を見ると、「すげーっ」って思いますよね?

それと同じで、ゲームが上手い人を見ると「すげーっ」って思います。

決して「ゲームが上手くて偉いな」とは思わないはずです。

 

そこを勘違いして、ゲームが上手いから高圧的な態度をとっていると、周りから嫌われます。

これはほぼ間違いないと思います。

「この人上手いけど態度が気にくわない」

「うまいからってなんでそんなに態度がでかいの?ブロックしよ」

というのはよく聞く話です。

 

偉さは後から自然についてくる

  1. ゲームをめちゃめちゃ頑張ってうまくなった
  2. 配信でみんなに見てもらったり、大会で実績を残したりした
  3. 自分のファンが増えた
  4. その結果、界隈の中で影響力・発言力が増した
  5. 偉い

 

こんな感じで、偉さというのは、みんなから注目されてから自然についてきます。

ただ、偉くなったからと言って偉そうな態度をとるのは違います。

偉くなったということは、その界隈の代表者の1人ということなので、今まで以上に言動に気を付ける必要があります。

やばい人が界隈の中心にいるって嫌ですよね?

偉くなったからと言って、偉そうにして良いわけではないので、そこは誤解しないようにしましょう。

 

 

この記事のまとめ

この記事のまとめ

  • ゲームが上手い=すごい。ゲームが上手い≠偉い。
  • 影響力を持ってはじめて偉さとなる
  • 偉くなっても偉そうにして良いわけではない

 

普段の生活でも偉そうな人って面倒くさいし、嫌われがちです。

「嫌われようが偉そうにしたい」という人以外は偉そうにしないのがベストです。

謙虚に生きましょう。