新型Switchの性能はどんな感じ?旧型との違いを解説!

新型Switchの性能はどんな感じ?旧型との違いを解説!

2021年7月6日に、突如新型Switchの情報が解禁されました。

発売日は2021年10月8日で、価格は税込み37,980円です。

みなさんが新型Switchに求めるものはいろいろあるとは思いますが、どんな感じの製品なのか、さっそく見ていきたいと思います。

 

Advertisement

新型Switchの性能はどんな感じ?

旧型Switchとの違いを中心に、新型Switchの性能を見ていきます。

全体的に、ライトゲーマーがより良いゲーム体験をできるようになる変化だと感じました。

  1. 有機ELディスプレイ搭載で色鮮やかな画面に
  2. 画面の大きさが6.2インチ→7インチに
  3. 本体保存メモリーが32GB→64GBに
  4. 有線LAN端子付き
  5. 背面スタンドが大きくなり、角度を選べるように
  6. スピーカーが新しくなった
  7. カラーバリエーション:従来のネオンブルー・ネオンレッドに加え、ホワイト追加
  8. 価格(税込み):32,978円→37,980円に。約5,000円の差

ここに挙げていないバッテリーなどの性能は旧型と同じになります。

なお、画面が大きくなっていますが、本体が大きくなっているわけではありません。

画面の淵の無駄な部分を少なくすることで、本体の大きさを変えずに、画面を広くしています。

 

新型Switchはテーブルモードでプレイする人向け

今回の新型Switchは、テーブルモードでプレイする人向けだと感じました。

変更点のほとんどがテーブルモードで恩恵を受けます。

 

携帯モードでも恩恵は受けられますが、携帯モードでしかプレイしないのなら、Switch Liteのほうに軍配が上がるのかなと思います。

この辺は好みの問題とも言えそうです。

 

テレビモードだと、ほとんど恩恵を受けることがないですね。

本体メモリーが増えたことと、有線LAN端子が付いたことくらいしたメリットがありません。

有線LANアダプタは高くないので、このためだけに新型Switchを買う必要はないかなと思っています。

 

  • テーブルモード→新型Switch
  • 携帯モード→Switch Lite
  • テレビモード→旧型Switch

 

スペック面での変更はおそらくなし

何を”スペック”と呼ぶかは微妙ですが、処理能力などの面ではおそらく変更なしと思われます。

そのため、「Switch版フォートナイト・Apexが軽くなる」ということはないでしょう。

フォートナイトで60fpsとか、4Kなどを期待していた人にとっては残念ですが、あきらめましょう。

 

まあこれに関しては、任天堂のハードでする必要がないんですよね。

任天堂から出ているソフトをプレイするには現行のスペックで十分だからです。

フォートナイトなんかは任天堂のソフトではないので、任天堂が気に掛ける必要はないのですね。

 

Advertisement

この記事のまとめ

個人的な意見としては、すでにSwitchを持っている人なら、急いで買う必要はないかなと思います

ぶっちゃけそこまで大きな変化ではないからですね。

私が常にテレビモードでプレイしているから、魅力的に見えないというのもあるかもしれません。

 

とはいえ、私のSwitchが壊れるのがもう少し遅かったらおそらく新型Switchを買っていたと思います。

性能面は魅力ではなくても、カラー:ホワイトが良いですね。

白と黒のカラーがすごくスタイリッシュに見えます。

 

しばらくは新しいハードは出なくて、Switchの時代が続くと思うので、次買い換える時は新型のホワイトを買います!