【初心者向け】トゲゾーこうらの仕様について|棘軽減の勘違い【マリオカート8dx】

マリオカート8DX

この記事では、マリオカート8dxにおけるトゲゾーこうらの仕様について解説していきます。

というのも、マリオカート8dxのプレイ人口が増えるとともに、仕様を勘違いしている人が一定数いるように感じたからです。

ということでね、早速解説していきます。

 

トゲゾーこうらの仕様

まあここは知ってるでしょう。ただ一応、解説しておきます。

  • 3位以下で、1位との距離がある程度離れている場合に低確率で出現
  • レース開始から30秒までは出現しない
  • 一度使用されたら、30秒間は出現しない
  • 使用されて30秒の間に1位に着弾しなかった場合、消滅する(ヨッシーバレーで頻発)
  • 1位で使用すると自分に即被弾する

まあ知ってなくてもあまり困ることはないので、必須の知識ではないですね。

 

トゲゾーこうらの通り道

8dxでは、トゲゾーこうらは地面を這ってきます。そのため、2位以下でも被弾する危険性があります。

基本的には道を中央を通りますが、一部コース(例:エキサイトバイク)や一部コーナーでは、中央を通りません。

さらに、ショートカットを通ってくることがあるので、2位以下で被弾することはしばしばあります。(例:ツルツルツイスター)

なので、中央を走行しない・コーナーのアウトを回る、などの対策が必要でしょう。

 

棘軽減について

マリカ配信者・実況者の動画を見ている人は、「棘軽減」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

簡単に言うと、1位でトゲゾーこうらが来ているときに、丁度良いタイミングで別の何かに被弾して、無敵時間中にトゲゾーこうらに被弾する、というテクニックです。(アイテム・ステージギミックによって、被弾後の無敵時間が設定されている。これにより、理不尽な連続被弾をなくしている)

この棘軽減に関して、勘違いをしている人がわずかながらいます。それを以下で説明します。

 

棘軽減になるのはバナナのみ

時々、(交流戦などで)赤こうらで棘軽減ができると思っている人がいます。

しかしこれは勘違いで、こうらでは棘軽減にはなりません。

理由としては、赤・緑こうらとトゲゾーこうらの被弾後の硬直時間は同じだからです。つまり、いつ被弾するかか違うだけで、復帰がはやくなるわけではありません。

ちなみに、バナナとトゲゾーこうらの硬直時間も同じです。しかし、バナナは被弾=スピンなので、被弾しても若干前に進みます。(こうらは被弾=転倒)

空中でトゲゾーこうらを受けたほうが良い理由もこれです。地上で受けると転倒になり、空中で受けるとスピンなので、若干得します。

 

誤解のないように言っておくと、トゲゾーが来る直前に赤甲羅が来た場合、あえて防御せずに被弾するのはアリです。

そうすれば、無敵時間でトゲゾーを無効化できるからです。

 

棘分裂について

マリオカートはどうしてもラグがあるゲームです。そのラグが原因で起きるのが棘分裂と呼ばれる現象です。

トゲゾーが投げられて、1位にある程度近づいたところで標的が定まります。(地面から空中に浮かび上がるタイミングで決まる??)

標的が定まるタイミングで、順位の入れ替わりが起きた場合、棘分裂が起きることがあります。例えば、「Aさん視点ではBさんにトゲゾーが行き、Bさん視点ではAさんに行っている」というような具合です。結果、AさんもBさんもトゲゾーに被弾していないという事態になります。

これは、トゲゾーの標的が定まる瞬間に、AさんとBさんの間で1位と2位が入れ替わったからです。

狙って引き起こすのは難しいですが、起きたらラッキーくらいで考えましょう。

 

この記事のまとめ

最近また新規エンジョイチームも増えてきて、初心者の人もいると思うので、トゲゾーこうらについてまとめました。

有名な配信者のコメント欄なんかで、勘違いしている人を結構見かけたので、参考になれば幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました