徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

数学公式の覚え方のコツ【結論:覚えないことです】

数学公式の覚え方のコツ

数学無理!むずい!公式多すぎ!!

期末数学30点って……

だって公式多すぎて覚えられないし…

公式を覚えようとするから辛いんだよ

えっ…でも覚えないと使えないじゃん…

 

ということで、この記事では数学公式の覚え方について解説していきます。

 

私は一橋大学に合格した実績があり、文系ながらに数学をがっつり使ってきました。

また塾のアルバイトで、数学が苦手な生徒をたくさん見てきました。

そんな私が中高生向け(文系)に解説していきます。

 

 

 

数学公式の覚え方のコツ

数学公式の覚え方のコツ

  • 公式を覚えようとするな
  • なぜその公式なのかを理解する

数学公式の覚え方のコツはこれだけです。

覚えようとせずに理解すれば余裕です。

 

公式を覚えようとするな

多くの人がやってしまいがちな間違いとして、「公式を暗記しようとする」というのがあります。

学校の教師も「覚えとけよ~」と言うのではないでしょうか。

 

しかし、覚えるのはナンセンスです。

テスト前に頑張って覚えたとしても、テストが終われば忘れています。

それでは意味がありません。

 

公式を”理解する”ことで、テストが終わっても身に定着しています

 

なぜその公式なのかを理解する

中学・高校(文系)で出てくる数学公式は、ほとんど丸暗記をする必要がありません。

具体例を出して説明していきます。

 

具体例1:台形の面積公式

台形の面積公式はみなさん知ってますよね?(知らない生徒も割と多いですが)

そうです。

(上底+下底)×高さ÷2

です。

これを丸暗記してはダメです。(これくらいなら暗記できるかもですが)

 

なぜこの公式になるのかは下の図を見てください。

台形の面積公式

台形を2つつなげることで長方形(平行四辺形)を作る。2つ分になっているので、最後に2で割る

 

これを知っておけば、台形の面積公式の意味が理解できるはずです。

 

このように、公式を”理解する”ことが大事です。

 

具体例2:因数分解

中学3年生くらいで習う因数分解。

苦手な人も多いのではないでしょうか?

 

この式を考えましょう。

x²+6x+8

 

これを因数分解するときにたまにある生徒の質問は、

「かけて6でしたっけ?かけて8でしたっけ?」

です。

 

しかし「展開⇔因数分解」の関係をわかっていれば、「かけて8、足して6」なのは明白です。

 

丸暗記すべき公式もある

丸暗記すべき公式もある

中学レベルだとほとんどないですが、高校レベルになると丸暗記したほうが良い公式もあります。

 

例えば加法定理です。

色々な語呂合わせがあると思いますが、加法定理は覚えたほうが早いです。

 

しかし、倍角の定理などは加法定理から作ることができるので、そういったものは覚える必要がないです。

 

 

この記事のまとめ

この記事のまとめ

  • ほとんどの公式は丸暗記する必要はない。理解すれば自然にわかる
  • 丸暗記する公式は必要最小限にとどめる

 

ほえ~…ちゃんと理解しておくのが大切なんだね

そういうこと。理解しておけば頭に残りやすいから、いつまでも使えるんだよね