これで差がつく!早溜めのやり方について解説【マリオカート8DX】

管理人
管理人

「マリオカート8DXで早溜めが大事って聞くけど早溜めって何なの?やり方とか原理とかわからないんだよね」って人に読んでほしいページだよ。

このページの内容は以下の通り。

  • 早溜めとはスティックを30度~45度に倒すこと
  • 早溜めは速く走るための必須技術
  • 早溜めの練習方法

早溜めは上手くなるための必須技術だ。このページを読めば早溜めの原理ややり方・練習方法がわかり、マリオカートが一段階上手くなるだろう。

早溜めとは斜め30度~45度付近にスティックを倒すこと

マリオカート8DXにおける早溜め

マリオカート8DXでは、スティックを真横に倒さなくてもターボが溜まる仕組みになっている。具体的には、上の画像の赤い範囲のように斜め45度付近までならターボが溜まる。

このターボが溜まる範囲の中で、画像の青い範囲の斜め30度~45度を早溜め角度と言い、斜め30度~45度にスティックを倒すことを早溜めと言う。

マリオカートガチ勢は早溜めを使いこなすことでより速いタイムを出している。ではなぜスティックを斜めに倒して早溜めをするだけで速くなるのだろうか。

マリオカート8DXにおいて早溜めが重要な理由

早溜めの重要性を解説する前に、ターボに関する前提知識を軽く解説する。前提知識がないと早溜めの重要性を理解しにくいからだ。

  • ドリフト中、コーナーの方向にスティックを倒す時間が長いほどターボが溜まりやすい
    例えば2秒で曲がりきる右コーナーの場合。「スティックを右に1秒、左に1秒倒した場合」と「スティックを右に2秒倒した場合」とでは、後者の方がターボがはやく溜まる。
  • ドリフト中にスティックを動かすほどスピードが遅くなる
    例えばコーナーをドリフトで曲がるとき、「左右にスティックを動かしながら曲がる場合」と「スティックを全く動かさずに曲がる場合」とでは後者の方がスピードが速くなる。

つまりドリフト中は、コーナーの方向にスティックを傾ける時間を長くしつつ、なるべくスティック操作を少なくすれば、早くターボが溜まってスピードも落ちないということだ。
これを実現できるのが早溜めであり、早溜めが重要と言われる理由だ。

真横にスティックを倒すのと早溜め角度との違い

真横にスティックを倒した場合、横向きの力が強くなるためそれだけ左右に大きく曲がる。するとコーナーを曲がりすぎてしまうため、壁にぶつからないために逆方向にスティックを動かして調整する必要が出てくる。
コーナーと逆方向にスティックを動かすということは、ターボが溜まりにくくなり、スピードも落ちるということだ。

一方早溜め角度にスティックを倒した場合は横向きの力が弱まるので、真横に場合に比べて曲がり方がゆるやかになる。するとコーナーを程よく曲がれるため、スティックを早溜め角度に固定したまま壁にぶつからずにコーナーを曲がりきれる。
スティックをコーナー方向に固定して動かさないということは、ターボが溜まりやすいしスピードも落ちないということだ。

いつ早溜めを使うのか

マリオカート8DXでは全コースのほとんどのコーナーで早溜めを使う。真横にスティックを倒さないと曲がれないコーナーがほとんどないからだ。

コーナーごとに最適な早溜め角度が異なるのだが、初心者~中級者のうちはとりあえず斜め入力を心がければ良い。

早溜めに関するよくある勘違い

早溜めに関するよくある勘違いを紹介する。

真横に倒すのと早溜め角度とでターボが溜まる早さ自体が変わるわけではない

例えば、スティックを真横に2秒倒すのと早溜め角度で2秒倒すのとではターボが溜まる早さは同じだ。
実際のコースで真横に2秒倒し続けられるようなコーナーはなく、スティックを逆方向に動かさなければならなくなるというのがポイントだ。

早溜めを使わず無理にSMTやUMTを溜めるとタイムが遅くなる

「早溜めとか使ってないけど頑張ればターボ溜まるよね?」と思う人がいるかもしれない。しかし無理やりターボを溜めるとラインが崩れて逆に遅くなることが多い。

「このコーナーでもSMTやUMTが溜まるんだ!」という場面がしばしばある。しかしそれはプレイヤーの早溜めスキル向上によってターボが溜まるようになっただけだ。早溜めスキルがないプレイヤーが真似しても遅くなるだけだ。

「あつめてコイン」を使って早溜めを練習しよう

バトルモードのあつめてコインは早溜めの練習にもってこいだ。「ドラゴンドージョー」には大きな広場があるので、そこでぐるぐる回ると良い。
角度が大きすぎるとターボが溜まらないので、早溜め角度との境界を指に染み込ませよう。

ある程度早溜め角度を指が覚えたら、実戦で実際に早溜め角度を意識しながら走ってみると良い。はじめは意識しないと早溜め角度で走れないだろうが、慣れてくれば無意識で早溜め角度を使えるはずだ。

マリオカート8DXの早溜めまとめ

  • 斜め30度~45度にスティックを倒すことを早溜めという
  • 早溜めをすることでタイムがはやくなる
  • あつめてコインで早溜めの練習をしよう

早溜めはマリオカート8DXの必須技術だ。ぜひ覚えてうまくなってほしい。

マリオカート8DXに関する知識を初心者向けに網羅的に解説したページを紹介する。興味があれば見ると良い。

≫マリオカート8DX初心者ガイド【ガチ勢への第一歩】

タイトルとURLをコピーしました