徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

【マリオカート】チームの入り方と作り方、交流戦のルールなど

マリオカートのチームの作り方と入り方、交流戦のルールなどについて

最近マリオカート勢の人口も増えてきています。

そこで、マリオカートのチームについて、記事にしていこうと思います。

 

マリオカートの配信で、チームNXとか、Gzkとか聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

有名なチームの配信を見ながら、「チーム戦楽しそうだけど、難しそうだし、よくわからないから無理だな…」と思っているかもしれません。

 

しかし、チーム戦(=交流戦)は誰でもできるので、この記事を見て、是非チームに所属してみましょう。

 

 

 

チームに所属して何をするのか

  • 交流戦を行う
  • ラウンジや模擬、TA、野良など
  • チーム杯への参加
  • 仲良くなって別ゲーしたり、オフ会したり

 

メインは交流戦です。

他のチームと6vs6で戦います。(ルールについては後に説明)

 

交流戦以外にもマリオカートをプレイしたり、他のゲームをやったりと、活動は多岐にわたります。

とにかく、マリオカートを中心に集まった集団がチームです。

 

チームの入り方

既存のチームに入りたい場合の手順を説明します。

 

  1. Twitterで #mkmgチームメンバー募集 や #mkmgメンバー募集 で検索
  2. メンバー募集中のチームが出てくるので、募集要項を読み、条件を満たしているなら連絡を取る
  3. チームに仮入団をし、何度か交流戦をする
  4. 問題がなさそうなら本入団

 

だいたいどのチームもこんな感じの流れになります。

あと、通話アプリdiscordは必須なので、入れておきましょう。

 

チームの作り方

「既存のチームに入るのは不安…」という人は、自分でチームを作るのが良いかもしれません。

チーム作成の手順は大体こんな感じです。

 

  1. 初期メンバーとして知り合いに声をかける(いなくても大丈夫ですが、いるのを推奨)
  2. 募集要項を作成
  3. Twitterで #mkmgチームメンバー募集 や #mkmgメンバー募集 のタグをつけて、募集要項の画像と共にツイート
  4. 入団希望者が来るので、discordのサーバーに招待
  5. ある程度人数が集まったら募集を締め切る

 

ただし、本記事執筆時(2021/02/12)、チーム数がかなり多く、新規メンバーが集まりにくい傾向にあるように思えます。

そのため、初期メンバーが少ないと、募集しても6人に満たず、交流戦ができないという事態に陥る可能性があります。

 

チームメンバー募集要項の作り方

よくあるパターンはこんな感じです。

 

  • 「VR○○○以上」「ラウンジ○○以上」「プレイ時間○○以上」「TAで〇落ち○○コース以上」「大規模大会で〇回戦経験者」の内、○つ以上満たす人
  • discordを使える人(聞き専不可or可)
  • 週○回以上挙手できる人
  • チーム所属数が○こ以上の人
  • このチームをメインチームにしてくれる方
  • ○歳以上の方、高校生以上の方
  • 問題を起こさない人

※挙手=交流戦に参加すること

 

追加したい条件や、要らない条件は各自調整してください。

Twitterで、実際の募集要項を見てみるのも良いでしょう。

 

チームリーダーは大変です

チームを作るのは簡単なのですが、維持させるのが意外に難しいです。

チーム維持が難しいいくつかの要因を挙げます。

  • メンバーのモチベが低下、挙手しなくなる
  • 他チームに入っている人が多く、なかなか6人集まらない
  • 6人集まらないと、別チームでの挙手が多くなり、どんどん集まらなくなるという悪循環
  • 知り合いが0人の状態からチームを作ると、雰囲気作りが難しく、結果チームに居づらくなり、活動が活発化しない

 

これはすべて、私自身が経験したことです。

ほぼ0の状態からチームを作りましたが、結果うまくいきませんでした。

 

なので、解決策として以下の2つを挙げます。

  • 数人の知り合いとチームを作り、交流戦以外の活動も積極的に行っていく(交流戦後に、「野良やらない?」と誘うなど)
  • 専属(メインチーム)になってくれる人をいくらか募集する

 

とにかく、チームを維持するのは簡単ではないので、色々試行錯誤してみてください。

 

 

交流戦の流れ・ルール

チームを作っても、交流戦について何も知らなければ、困るでしょう。

なので、交流戦の流れやルールについて、軽く説明しておきます。

  1. #mkmg で募集中のチームに挑む or #mkmg で相手を募集する
  2. 主催をどちらがもつかを決める(主催は、有線接続で回線が良い人が望ましい)
  3. 主催を持つ場合は、主催のフレンドコードと、開設時間を伝える。相手が主催の場合は、こちらの代表者1人がフレンド申請する
  4. 開設時間になったらフレンド部屋に入り、12人そろうのを待つ
  5. 12人そろったら、「150cc」「ノーマルアイテム」「個人戦」「CPUつよい」「12レース」で開始
  6. 1レースごとに、結果をスクショしておく(回線落ちの場合が面倒くさいため)
  7. 12レース終わったら、集計画像を作って対戦相手に送る

 

#mkmg で検索してみれば、どんな流れなのかすぐにわかります。 

 

気を付けるべきルール

  • チーム戦(赤と青に分かれるやつ)ではないので注意
  • 名前にチームタグをつける 例)ABC♢ルフィ ABC ゾロ
  • 周回遅れはNG(ベビィパークを除く)
  • 既に1度走ったコースを選択し、選ばれたら-15ポイント(おまかせで選ばれたらセーフ)

 

この記事のまとめ

マリオカートのチームについてと、交流戦についてを説明しました。

チームに所属するのは緊張するかもしれませんが、交流戦は楽しいので、やってみましょう。