徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

【マリオカート8dx】ラウンジとは何か?登録方法から挙手、集計までを解説

マリオカートのラウンジについて

マリオカート8dxのラウンジについて解説をしていきます。

実況者や配信者の動画を見ていると「ラウンジ」という言葉がたびたび出てきます。

 

ラウンジに興味あるけどよくわからない

 

こういう人も多いと思うので、この記事ではラウンジとは?というところから登録方法、挙手、集計までを解説していきます。

 

はじめに言っておくと、目安として最低でも野良レート15000~20000以上はないと全然勝てないと思うよ

えっ…

 

 

ラウンジとはガチ勢が集まる対戦部屋

ラウンジでは、ガチ勢たちがmmr(レート)をかけて対戦をしています。(1試合12レースの模擬形式)

Discordのラウンジサーバーですべてやり取りが行われます。

勝利すればmmrが増え、敗北すればmmrが減ります。

mmrが一定の数値を超えると、自身のランクが上がり、より強者が集まる部屋で対戦できるようになります。

 

◆mmrについて◆

mmrとは、強さを数値化したものだと考えてください。

mmr2000の人と3000の人とでは、3000の人のほうが強いという具合です。

格上に勝てば多めに増え、格下に負ければ多めに減ります。

mmrが一定の数値を超えると”ランク”が上がります。

 

◆ランクについて◆

自身のmmrによってiron、bronzeといったランクが与えられます。

このランクによって参加できるティア(対戦部屋)が変わります。

  • iron(鉄):0~1999
  • bronze(銅):2000~3499
  • silver(銀):3500~4999
  • gold(金):5000~6499
  • platinum(プラチナ):6500~7999
  • sapphire(サファイア):8000~9499
  • diamond(ダイアモンド):9500~10999
  • master(マスター):11000~12499
  • grandmaster(グランドマスター):12500~

 

◆ティアについて◆

ティアは対戦できる部屋、組み分けだと思ってください。

例えばironの人とgoldの人は対戦できないように組み分けされています。(実力に差がありすぎるため)

  • ティアe:iron+bronze
  • ティアd:bronze+silver
  • ティアc:silver+gold
  • ティアb:gold+platinum
  • ティアa:platinum+sapphire+diamond+master
  • ティアs:sapphire+diamond+master
  • ティアx:diamond+master

 

ラウンジの登録方法

メールアドレスがあれば誰でも簡単に登録できます。

discordのアカウントを持っていない人は、スマホかPCにアプリを入れてアカウントを作りましょう。こちらもメールアドレスがあれば簡単に作成できます。

  1. discordのラウンジサーバー(https://discord.gg/hb6xUu6)に参加する
  2. ラウンジサーバーの「role-request」の書き込みに対してヘイホーのスタンプを押す
  3. MKCentralのページ(https://www.mariokartcentral.com/forums/index.php)を開き、右上の登録(register)からMKCentralのアカウントを作成する
    ※この時つけたアカウント名がラウンジでの名前になります

    MKCentralの登録について

  4. アカウント作成すると、登録したメールアドレスに確認のメールが届くので認証する
  5. discordとMKCentralアカウントを紐づけるために、マイページのURLをコピーしてラウンジサーバーの「mkcentral-links」に貼り付ける

    アカウントの紐づけに関して

    アカウントの紐づけについて

  6. 運営が登録処理をしてくれるまで待つ
  7. 登録処理が完了すると、模擬に参加できるようになる

 

ラウンジの挙手~対戦終了・集計まで

ラウンジでは、コマンドを入力することでbotが処理をしてくれます。

  1. 自分の参加できるティアのテキストチャンネルに移動する

    ラウンジの挙手について

  2. !start や !esn と入力することで模擬の募集を開始する
    (前の模擬の12レースが終わりそうになってから募集を開始する。また、レース自体は終わったものの、botに伝わってない場合は !end を入力して終わらせる)
  3. !c で模擬に挙手、!d で挙手を取り下げる(can,dropの意)

    模擬への挙手

  4. 12人集まった時点(早い者勝ち)で形式投票が始まる
  5. FFA(個人)は1、タッグは2、トリプルスは3、フォーマンセルは4、6v6は6と入力し、一番はじめに6票獲得した形式となる

    形式投票について

  6. タッグ、トリプルス、フォーマンセルの場合はbotが自動でチーム分けを行ってくれる。6v6の場合は、最もmmrの高い2人がそれぞれのリーダーとなり、ドラフト制でチーム分けをする
  7. FFA以外の場合は、相方とチームタグを決め、switchの名前を変えておく
    (この時、「タグ+ラウンジの登録名」にしておく。また、反映させるためにマリカを再起動するなどしておく)
  8. 主催者(host)を決め、hostが部屋を開き、12レース走る
    ※ホストになった場合は必ず1レースごとの結果のスクショを撮っておく。ホストではない場合も撮っておくこと推奨。
  9. 12レース後、hostが結果画像を作る(ルール的にはhostが作らなければならないが、勝者が作るという風潮あり)
  10. 結果画像を作ったら、@Reporter とメンションを飛ばし、画像を貼り付ける(Reporterとは、結果を運営に報告できる役職の人)

 

集計画像の作り方

  1. 形式決定の時に、集計のコマンドが表示されるのでそれをコピーする
    (!scoreboard ……のやつ)

    集計画像について

  2.  1でコピーしたものをチャット欄に貼り付けると画像のようなものが表示されるので、再度コピーし、URLを踏む

    集計画像の作りかた

  3.  URL先で、2でコピーしたものを貼り付け、点数を入力する(一番右の0を点数に変える感じで)

    集計画像の作りかた

  4.  結果画像を作ったらReporterにメンションを飛ばし、結果反映してもらう

    結果画像について

  5.  時々Reporterが気づいてくれない場合があるので、しばらくしてもresultに反映されていない場合は再度メンションを飛ばす

 

ラウンジでよく使うコマンド

  • !c →挙手
  • !d →挙手取り下げ
  • !l →現在募集中もしくは行われている模擬の参加者リスト
  • !ml →現在募集中もしくは行われている模擬のリスト
  • ^mmr ユーザー名 →特定のユーザーのmmrを検索する
  • ^stats ユーザー名 →特定のユーザーのmmrや勝敗などの情報を検索する

 

ラウンジは簡単にできます

ここまで見てきたように、ラウンジはとても簡単に行うことができます。

なので、実力に自信がある人や、もっと実力をつけたい人はぜひ登録してみましょう。