ランバーサポート(腰当て)はいらない?正しい位置を知るのが大事です

ランバーサポート(腰当て)はいらない?正しい位置を知るのが大事です
ゲーミングチェア買ったのは良いけど、この腰当てみたいなのがけっこう邪魔なんだよね。取っちゃってもいいかな?

夜
耀
耀
あ~…ランバーサポートね。自分に合った正しい位置にしないとめっちゃ違和感あって邪魔に感じるんだよね。

 

ということでこの記事では、ゲーミングチェアにおけるランバーサポート(腰当て)について解説していきます。

ちなみに、ランバー(lumbar)=腰部 という意味であり、ランバーサポートは、腰をサポートするということですね。

 

Advertisement

ランバーサポートは正しい位置に設置しないと意味がない

YouTubeのレビューなんかで、ゲーミングチェアの動画を観ることがあります。

しかし、そのほとんどで、ランバーサポートが一番下に来ています。

これは意味がありません。

 

おそらくほとんどの人が、そのように一番下に置いてしまっているのではないかと思います。

それだと、ランバーサポートが効果を発揮できないので、今すぐ改善しましょう。

 

では、どこか正しい位置なのかを見ていきましょう。

 

ランバーサポートの正しい位置を知る

  1. イスに深く座り、背筋を伸ばす
  2. 椅子の高さは、膝の部分が90度になり、足裏が床にぴったりつくように調整
  3. 肩甲骨を椅子の背につける

すると、腰のあたりに隙間ができるはずです。

ここがランバーサポートを置くべき場所になります。

 

実際、正しい場所に置くと、フィット感が得られます。

邪魔に感じてしまうのは、適切な場所に置けてないからですね。

 

ランバーサポートは、背骨のS字カーブを自然に作るのを手伝ってくれます。

きれいなS字カーブを作れないと、腰痛の原因になります。

 

体験談:ランバーサポートなしで数日過ごしてみた

私は1日15時間くらいゲーミングチェアに座って生活してます。

もちろんランバーサポートを付けています。

 

そんな私が、ランバーサポートを付けずに生活してみました。

すると、2日目の夜に腰が痛くなり、速攻付けなおしました。

 

ランバーサポートの有無でここまで変わるのかと驚くとともに、もう絶対外せないなと思いました。

 

Advertisement

この記事のまとめ

ランバーサポートを正しい位置に置くことで、腰にやさしい姿勢を作ることができます。

「邪魔」と言って外してしまわないようにしましょう。