Twitterで話題の頂き女子が詐欺一歩手前な件

Twitterで話題の頂き女子が詐欺一歩手前な件

数日前に、頂き女子というワードがTwitterで話題になりました。

どうやら、おぢ(おじさん)からお金を頂くのを繰り返し行う人のことらしいです。

なんでも1回で50万とかもらっている人もいるとか…。

この記事では、頂き女子の生態と、詐欺一歩手前な件についてなどを扱っていきます。

「こんな人もいるんだよ」と、注意喚起的記事になります。

 

Advertisement

頂き女子の活動内容は、おぢからお金をもらうこと

  1. おぢと仲良くなる
  2. おぢに好きになってもらう
  3. おぢにお金をもらう

※おぢ=お金を出してくれるおじさんの呼称だそうです

頂き女子の大まかな流れはこんな感じっぽいです。

 

頂き女子はどうやってお金をもらってるか

ポイントは、お金を欲しがらないということらしいです。

「今月厳しくて、5万ほしいな~」だとだめだそうで。

「今月厳しくて、スマホ代とか色々大変で」からの、おぢの「じゃあ5万上げるよ」を待つのが正解とのことです。

「お金欲しい」とは言わず、おぢから「この子のこと好きだし、支えてあげたい」と思ってもらうことがとにかく大事だそうです。

上手くやると1回で50万円ほどもらえるそうで、恐ろしいですね…。

 

結婚詐欺と似たような手口

スタンダードな結婚詐欺の手口はこんな感じです。

男「俺社長で、めちゃ良い生活してるんだ」

女「へぇ~すご~い!好き!」

~後日~

男「やばい…やらかして会社が倒産しそう…300万必要なんだけど手元にないし終わった…」

女「えっ!300万くらいなら貯金あるしだすよ!頑張って!」

男「本当に…?ありがとう!」

~翌日~

女「えっ…連絡先消えてる…LINEもブロックされてる…」

やはりポイントは「お金だして」と言わないことだそうです。

あくまで”相手が好意でくれた”と言うのが大事だそう。

頂き女子と結婚詐欺は、相手の好意を利用してお金をとるという点で非常に似ています。

 

ちなみに、こういった結婚詐欺は罪にするのが難しいという話です。

理由としては、

  • はじめから騙す気だったのかを証明するのが難しい
  • お金くれとは言っていない
  • 「返すつもりだった」と言われたらそれまで
  • 恋愛感情があるため、そもそもだまされたと思っていない

すごくタチが悪いですね。

 

お金を出してもらうには、事前の”魔法”が必要らしい

ここまで読んだ人は、

「いやいや…そんなに貢ぐ人なんていないでしょ」と思うかもしれません。

それは頂き女子もわかっているようで、どうやら、ガチ恋してもらってお金を出してもらうまでに、”魔法”が必要らしいです。

その”魔法”については、すみません、わかりません。

とにかくおぢに「かわいそう」だと思わせて、お金を出してあげようと思わせる、ということでしょうか?

 

おそらく本命は情報商材ビジネス

※ここからは私の推測となるため、事実とは異なる場合があります。

「頂き女子」というワードを作った人は、月200万円、総額1億円いただいたそうです。

しかし、私はこれは嘘なのではないかと思っています。

少なからず頂いているとしても、ここまで頂いてはないと思っています。

というのも、この「頂き女子」というワードを作った人は、情報商材を作って販売しています。

”頂くための極意”が書かれているのでしょうが、頂き女子として多少は稼いでいるとしても、本命は情報商材のほうだと思っています。

 

つまり、よくある副業情報商材の販売を目的とした活動だと思っています。

もちろん本当に1億円いただいていて、情報商材の中身も超有益なものの可能性はあります。

もし本当なら申し訳ないです。

 

Advertisement

この記事のまとめ

  • 「お金ほしい」とは決して言わず、おぢの好意でお金を頂くのが頂き女子

本当なのか嘘なのかはわかりませんが、怪しすぎるという結論です。

倫理的にも優れているとは言い難いですね。