【完全無料】趣味ブログの始め方【はてなブログ】

【完全無料】趣味ブログの始め方【はてなブログ】

この記事では、趣味ブログを無料で始める手順について解説します。

趣味ブログというとあいまいな感じですが、「自分の趣味についてつらつらと書くようなブログ」「趣味の延長としてのブログ」としましょう。

自分がずっと続けているような趣味についてでも良いですし、好きなゲームについてでも良いです。

当ブログで言うと、自分の生活の中でやってきたこととか、趣味のゲームなどについて書いています。

とにかく、好きなものがあって、それについてブログを書きたいという人は、この記事を見てぜひブログを始めてみてください。

開設するの難しそうだけど…

夜
耀
耀
めっちゃ簡単だから誰でもできるよ

 

Advertisement
目次

手順0:ブログでの収益は一旦忘れましょう

収益は無視

もしかすると、「趣味ブログで稼ぎたい!」」と思っている人もいるかもしれません。(そうじゃない人は読み飛ばしてOKです!)

しかしはじめに言っておくと、無理です。

いや、厳密に言えば無理ではないんですけど、けっこうしんどいです。

なので、あくまで趣味で始めて軌道に乗ったら、「あれ?収益化できるんじゃね?」という感じのほうが良いですし、継続できます。

「稼ぐために趣味ブログを始めよう」とは絶対に思わないでください。

 

手順1:ブログサービスを選ぶ【おすすめ:はてなブログ】

おすすめははてなブログ

ではいよいよ趣味ブログの始め方に入っていきます。

ブログの開設の仕方は大きく2つあります。

  1. 無料ブログサービスを利用する
  2. WordPress(ワードプレス)を使う

2番のワードプレスは有料なので、この記事では1番の無料ブログサービス、特に「はてなブログ」をおすすめします。

はてなブログ以外にも色々なサービスがあるのですが、最も定番なのがはてなブログだからです。

 

私も、ワードプレスに移行する前ははてなブログを利用していました。

そこでその経験から、無料サービスとワードプレスのメリット・デメリットについて触れておきます。

「絶対無料が良い!」という人は手順2まで飛ばしてOKです。

(ちなみに、はてなブログにも有料版があり、無料版より少し凝ることができます。)

 

はてなブログのメリット・デメリット

  • 〇無料で始められる
  • 〇ややこしい設定が必要ない(パソコン初心者でも簡単)
  • ✖無料版だと機能がかなり制限されてしまう
  • ✖ワードプレスに比べると便利さに欠ける
  • 書く内容に制限がある

無料なだけあって、誰でも簡単に始められる反面、機能面で劣ります。

とはいえ、はてなブログからワードプレスに移行したときに「ワードプレス便利だな」と感じるくらいで、はてなブログが不便というわけではありません

私がはてなブログを使っているときは快適に使えていました。

 

ただ、R18などの過激な内容はNGなので、なんでも好きなように書けるというわけではありません。

また、このほかにも世間で言われているメリット・デメリットはありますが、私が実際に使っていた時には実感できなかったので、スルーします。

 

ワードプレスのメリット・デメリット

  • 〇とにかく便利
  • 〇ネットに転がっている情報が多い
  • ✖お金がかかる(月1000円前後)
  • ✖設定などが難しく感じるかも

ドメインやサーバーにお金がかかる分、非常に便利です。

また、いわゆるブロガーと呼ばれる人たちのほぼ100%がワードプレスを使っているので、その分情報も多いです。

ブログ運営でわからないことをググると、大抵ワードプレスについての内容が出てきます。

 

その反面、設定事項が多いですし、お金もかかるので、めんどくさいと言えばめんどくさいです。

本格的にブログ運営したいならワードプレス一択といった感じで、趣味ならはてなブログで良いという感じです

 

途中で移行するのは結構面倒くさかったです

じゃあ、はじめははてなブログでやって、続けられそうならワードプレスに移行するってのはどう?

夜
耀
耀
できなくはないけど、めんどくさかったよ

 

始めのほうでも言ったように、当ブログは昔ははてなブログで運営していましたが、だいたい200記事書いたくらいでワードプレスに移行させました。

その経験から言うと、記事が貯まってからの移行はおすすめしません

移行だけしてはい終わり!なら良いのですが、色々と修正作業なら何やらをする必要があります。

記事数が多くなると、それだけ修正も多くなります。

200記事で結構地獄だったので、移行するなら早めをおすすめします。

 

結局はてなブログとワードプレスのどっちを選ぶべき?

う~ん…結局どっちにすれば良いのかわからないよ…

夜
耀
耀
じゃあこうやって決めよう

  1. 「どうしても無料でやりたい」「収益なんかなくても良い」→はてなブログ
  2. 「色々とカスタマイズして自分だけのブログを作りたい」「いずれは収益化したい」→ワードプレス

あくまでこの記事は”無料で”ブログを始める方法についてなので、ワードプレスについては別の記事での解説になります。

「はてなブログで始めよう」と決めた人は続きを読み進めてください。

>>後日執筆

 

手順2:はてなブログの開設方法

はてなブログを開設する

でははてなブログを開設してみましょう。

PC画面での説明になりますが、スマホでも同じようにできるはずです。

 

  1. はてな公式サイト(https://hatenablog.com/)へ行き、右上の「ブログ開設(無料)」をクリック
  2. はてなIDを作成(既に持っている場合はログイン)
  3. はてなIDを決め、パスワードとメールアドレスを入力して送信

    はてなIDは公開されるので、個人情報は含めないようにしましょう。
  4. 登録したメールアドレス宛にメールが届くので、そのメールに載っているURLをクリックすると本登録完了
  5. 本登録が完了するとこの画面になる。ブログのURLを決める(変更不可)(.hatenablog.comのところは好きなもので良い。)

    URLは分かりやすいものにしましょう。ゲームを主なコンテンツにするならgameを含めたり、自分のハンドルネームを含めたりするのが定番です。ブログのタイトルを決めている人はそのタイトルにするのも良いかもしれません。いずれにしろ、わかりやすいものにしてください。
  6. はてなブログの無料版を選択する(あとから有料版に切り替えも可能)
  7. ブログ開設完了!右上のところから記事を書き始めることができる!

 

手順3:ブログの運営方法を解説

ブログを運営していく

はてなブログを開設したら、先ほどの画面の右上にある自分のはてなIDをクリックして、「記事の管理」をクリックしてください。

すると、次のような画面になります。

この画面がホーム画面だと思ってください。

「記事を書き始める」「記事を管理する」「アクセス解析を見る」「設定・カスタマイズをする」のもすべてここからです。

私はこの画面をブラウザにタブを固定してました。

 

1記事書き終えるまでの手順

とりあえず、装飾などは抜きにして、記事を1つ書きましょう。

今回は「ブログを始めてみました」というお題で書きます。

 

ちなみに、書くだけならスマホアプリでもできます。

移動中に書くのに便利ですよ。

はてなブログ

はてなブログ
無料
posted withアプリーチ

 

はい。こんな感じで書きました。

初心者風を意識して書きましたがどうでしょうか。

とりあえず下書き保存ですね。

 

では、手順を見ていきます。

  1. タイトルを決める
  2. 本文を書く
  3. 適宜画像を入れる(特に本文冒頭)
  4. カテゴリを作って分類する
  5. アイキャッチ画像を設定する(SNSシェアの時の画像)
  6. カスタムURLを設定する(しなくても良い)
  7. 投稿日時を設定する(今すぐに投稿することもできる)
  8. 記事の概要を書く(書かなくても良い)

説明が必要そうな6番について軽く解説します。

 

カスタムURLって何?

その名の通り、カスタムしたURLのことです。

カスタムせずに投稿すると、URLが「2021/05/21」みたいな感じで、投稿した日付と時刻になります。

そうすると、URLを見ただけでは何の記事なのかがわからないですよね?

それを防ぎ、URLを見ただけで記事の内容がわかるようにするために設定するのがカスタムURLです。

この例では「introduction」としました。

難しい英語を使う必要はなくて、簡単な英語1単語とかで良いです。(日本語は推奨しません。)

 

記事を装飾してみる

執筆画面の左上にある「プレビュー」をクリックすると、プレビューを見ることができる。

さて、ここまでで記事が形にはなりました。

ですが少し味気ないですし、読みやすさもそこまでないかと思います。

なので、投稿する前に、記事を装飾していきましょう。

こんな感じで見出しや箇条書きを使うことで、文章だけの時より格段に見やすくなったと思います。

学校とかだと、「箇条書きはだめ!」と言われたと思いますが、ブログでは箇条書きをどんどん使いましょう。

 

ツールバーの説明

ツールバーを使えば、簡単に箇条書きにしたり見出しを付けたりできます。

  1. 見出し:大見出し、中見出し、小見出しがある。
  2. 選択範囲を箇条書きにできる
  3. 選択範囲を番号付き箇条書きにできる
  4. リンクを設置できる
  5. 「続きを読む」を設置。通常序文の後につける。例だと記事3行目「この記事では簡単はな自己紹介をしようと思います」の後。
  6. 他サイトなどからの引用の際に、引用だとわかるようにつける
  7. 目次を付ける。通常序文の後につける
  8. 脚注を付ける
  9. 選択した文字を太字にする
  10. 選択した文字を斜体にする
  11. 選択した文字に打消し線を引く
  12. 選択した文字にアンダーバーを引く
  13. 選択した文字の大きさを変更する
  14. 選択した文字の色を変える

 

投稿した記事をSNSにシェアする

記事を書いたらSNSでシェアしましょう。

そうすることで、読まれやすくなります。

はじめのうちは検索エンジンに載らないので、SNSからの流入が主になります。

 

ブログ全体をカスタマイズ・設定する

ここまでで1記事完成しましたし、SNSにシェアもしました。

ここで終わっても良いのですが、せっかくなのでもう少しカスタマイズしましょう。

 

ブログテーマを変更する

テーマというのはブログ全体のデザインですね。

これを変えると雰囲気がガラッと変わるので、自分に合ったものを使いたいですね。

テーマは無料のものと有料のものがありますが、無料ので十分です。

1つ注意したいのは、テーマはどれでも良いというわけではなく、レスポンシブデザインに対応したものを選びましょう。

レスポンシブデザインに対応していないと、スマホで見たときにデザインが崩れる恐れがあります。

テーマの詳細分に書いているはずなので、必ず見てください。

 

  1. 管理画面の「デザイン」をクリック

  2. 公式テーマの一覧がでる。気に入ったものがなければ、一番下の「テーマストアでテーマを探す」をクリック(CTRLを押しながらクリックして別ウィンドゥで開いたほうが良いかもです。)

  3. テーマストアが開くので、気に入ったものが見つかるまで探す。

  4. 見つかったらクリックしてプレビューを見る(レスポンシブデザインに対応しているものを選ぶ)

  5. 大丈夫そうならインストールしてブログに戻る

  6. 「変更を保存」を押す
  7. スマートフォンタブの「レスポンシブデザイン」にチェックを入れる

テーマを変更すると、今までのカスタマイズが初期設定に戻ります。なので、「これ!」というテーマにしたら変更しないことを推奨します。

 

その他の設定をする

他に設定事項は色々あるのですが、絶対にやっておいたほうが良い設定だけを説明します。

  1. テーマを変更したところの右側をクリック。ここでデザインの設定ができる。(「記事」と「サイドバー」だけ触れます)

  2. 「記事」の一番下にある「記事ページにパンくずリストを表示する」にチェックを入れる

  3. 次に「サイドバー」を開き、「リンク」を削除する

耀
耀
ここまで終わったらプロフィールとかの設定を充実させよう

 

PVを集めるために意識していること

ここはおまけみたいな話になります。

PV(ページビュー)を集めるために意識していることについて少し話します。

 

PVを稼げる記事というのは、読者の役に立つ記事と言い換えることができます。

もう少しかみくだくと、「読むことで、ためになったり、必要な情報をしれたり、面白いと思えるような記事」ということです。

つまり、「ハワイ旅行行ってきた!楽しかった!」という内容では、読まれないということです。

 

ではどうすれば良いのかというと、「ハワイ旅行で気を付けるべきこと5選」とか「ハワイのおいしいレストラン3選」みたいな感じで書くと、自分の実体験(日記)を書きつつ、読まれる記事を書くことができます。

書き方を少し変えるだけで、需要を満たす記事にできますし、なんなら検索エンジンにも乗る可能性が高まります。

とにかく、読者のためになる記事を書くという意識を持つと良いでしょう。

 

手順4:ブログを収益化してみる

ブログを収益化してみる

たびたび「収益化」というワードが出てきていますが、そもそもブログが収益化できることを知らない人も少なくないのではないでしょうか?(収益化に興味がない人は飛ばしてください。)

実はブログもYouTubeみたいな感じで収益化できます。

方法は大きく2つあります。

  1. Googleアドセンス→広告をクリックされると収益になる
  2. ASP経由で広告を貼る→商品が購入されると収益になる

 

Googleアドセンスで広告を貼る

耀
耀
Googleが提供する、クリック型の広告だね。クリックされれば報酬が入るよ

Googleアドセンスは最もメジャーなクリック型広告ですね。

なのですが、趣味ブログだと結構審査に通りづらいです。

読者にしっかりとした価値を提供できると認められなければ申請が通りませんし、著作権なんかにも厳しかったりします。

そのため、とりあえずここは無視で良いかなと思っています。

 

詳しく知りたい人向けに、別の記事を用意しようと思っているので、詳細はそちらで。

>>

 

ASP経由で広告を貼る

耀
耀
ASPっていうのは、アフィリエイト・サービス・プロバイダのことで、色んな広告を取り扱っている企業のことだよ。

趣味ブログとなると、Amazonや楽天などでの物販が主になると思います。

自分のブログにAmazonリンクを貼って、そこから買ってくれると、紹介料として報酬がもらえるという仕組みですね。

 

ただし、普通にAmazonや楽天と契約しようと思ったら割と審査が厳しいので、ASPの力を借ります。

一番のおすすめはもしもアフィリエイトというASPで、ここを通して申し込むとAmazonの審査が通りやすいです。

20記事とか溜まってきたらASPに登録してみましょう。

>>もしもアフィリエイト

 

ブログ運営で悩みそうなこと

ブログ運営で迷いそうなこと

ここでは、ブログ運営で迷いそうなことや、疑問に思いそうなことに予め答えておこうと思います。

私が実際に疑問に思ったことが主ですね。

 

ブログ名は何でも良いけど、内容がわかるものや覚えやすいものにする

ブログ名は結構悩む人が多いと思います。

ですが、なんでも良いですね。

 

例えば、「〇〇の△△ブログ」なんかは定番だと思います。

〇〇に自分のハンドルネームを入れて、△△にはブログの主な内容を入れます。(例えばゲームとかアニメとか)

ブログの内容もよくわからないし、覚えやすくもないようなブログ名はやめたほうが良いかと思います。

 

ハンドルネームやアイコンはどうやって決めれば良いの?

ハンドルネームやアイコンも悩みどころの1つだと思います。

もともとTwitterなどのSNSをやっているのであれば、それを流用してもらって構いません。

ただ、コロコロ変えずに固定しましょう。

「あなたと言えばこのアイコン!」と思われるように、アイコンはずっと固定するのを推奨します。

 

SNSやってなくて、ハンドルネームがない場合は、何でも良いので決めましょう。

適当に苗字+名前でも良いですし、外国風の名前でも良いでしょう。

食べ物の名前からとるのも良いかもしれません。

 

PVが増えなくてモチベが上がらない

おそらくほとんどの人がぶち当たる壁ですね…。

「2時間かけて記事書いたけど、3PV…」みたいなことは割と結構起こります。

実際、私がはてなブログを開いた当初はそんなものでした。

1日に10PVあれば大健闘という状態でしたね。

なのでそれが普通と思ってください。

悲しい気持ちになるのは分かりますが、頑張って続けてればPVは伸びてきます。

 

新しいSNSアカウントを作るべき?

記事を投稿したらTwitterなどのSNSにシェアしようと言いました。

そこで、新しいSNSアカウントを作ったほうが良い?と思った人もいると思います。

この疑問に答えると、すでに趣味アカウントを持っているなら新しく作る必要はないです。

逆に言うと、リアルの友達と繋がっているリア垢しかないというような状況であれば、新しく趣味用のアカウントを作ったほうが良いです。

 

間違ってカスタムURLにせずに投稿しちゃった!後から変えて良い?

投稿した直後に気づいたのなら変えて良いです。

逆に言えば、投稿して時間が経ってからだとだめです。

というのも、検索エンジンはURLに対して評価をします。

なので、URLを変更してしまうと、評価がまた1からになってしまいます。

さらに、SNSでシェアしていたものもシェアしなおさなければいけなくなるので、デメリットが大きすぎます。

 

画像ってどこから入手するの?

1記事に最低でも1枚は画像を入れたほうが良いですが、画像の入手の仕方がわからないという人もいるでしょう。

そういう場合は、フリー画像か、自分で作るかですね。

私はあまりフリー画像を使わないので、よくわかりません…。

自分で作る場合は、画像編集ソフトを使いましょう。

おすすめは、無料で使えるGIMPですね。

無料ですが、十分な機能を備えています。

>>GIMPをダウンロードする

 

Advertisement

自分が書いて良いのか自信がない人へ

自信を持ってブログを書く

ブログを書くときに、

「自分なんかが発信して良いのかな」と臆病になってしまう人がいます。

「確かに自分はマンガが好きだけど、もっと好きな人とか詳しい人とかいくらでもいるし、自分なんかが発信するのはなぁ…」と思ってしまう人は少なくありません。

しかし、良いんです。

そんなことを言ってたら、ジャンルごとに1人ずつしか発信者がいなくなってしまいます。

ゲーム実況者が1人しかいないなんてことになってないですよね?

人より少しでも好きだったり詳しかったりすれば発信して良いんです。

自分より詳しくない人に教えるつもりいると良いですね。

とにかく好きなことを楽しく発信できればそれで良いので、とりあえず書いてみましょう。