徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

【初心者向け】ゲーミングPCの選び方【おすすめメーカーも】

ゲーミングPCの選び方

この記事では、ゲーミングPCの選び方について解説していきます。

 

ゲーミングPCは高価なので、できれば失敗したくないと考えていると思います。

私が一番はじめにゲーミングPCを買った時は、よくわからず、適当に買ってしまいました。

 

これから買おうと考えている皆さんには後悔してほしくないので、この記事でしっかりと解説したいと思います。

 

 

ゲーミングPCの選び方

では早速ですが、ゲーミングPCの選び方は、大きく2種類あります。

  • 金額から選ぶ
  • スペックから選ぶ

 

「スペックとかあんまよくわからんから、この予算の中で良いものが欲しい」という人は、金額から選ぶことになり、もしかするとスペックが足りないかもしれません。

対して、「このゲームしたいから、このくらいのスペックは欲しい」という人は、スペックから選ぶことになり、通帳の金額を超えてしまうかもしれません。

 

金額とスペックは比例します

基本的に高いものは性能が良いですし、性能が良いものは高いです。

 

なので、どんな人も、一応スペックについての知識を持っておくことを推奨します。

と言っても、そこまで難しくないので、すぐに理解できると思います。

 

金額からゲーミングPCを選ぶ

金額からゲーミングPCを決めるというのが1つ目の選び方です。

「スペックとかよくわからない」という人向けの選び方と言えるでしょう。

 

目安としては以下のようになります。

  • 10万円前後:スペックは高くはない
  • 15万円前後:スペックはやや高い
  • 20万円前後:スペックは高い

 

もちろんこれ以上するゲーミングPCもありますが、プロゲーマーとか、本気の本気でゲームに取り組んでいる人以外には縁のないものだと思います。

 

一応言っておくと、10万円前後のもののスペックは高くはないとは書きましたが、ゲーミングPCの中では高くはないということです。

一般的なPCに比べると、十分な性能を持っています。

 

金額だけで決めるのも1つの手ですが、一応スペックについても知っておくことを推奨します

以下でスペックについて軽く説明します。

 

スペックからゲーミングPCを選ぶ【大事な知識】

ゲーミングPCのスペックと言えば、CPU・GPU・メモリ・ストレージあたりを指していうことが多いです。

他にも冷却ファンだとか、電源だとかありますが、ゲーミングPC一式を購入する場合、そこまで気にする必要がありません。

なので、ここではCPU・GPU・メモリ・ストレージについて説明します。

 

CPUとは
  • 型番・世代・クロック数ともに、数字が大きいほどスペックが高い

CPUとは、中央演算処理装置のことで、PCの”脳”に当たるパーツだと思ってください。

当然CPUのスペックが高いほど、PCのスペックが高いと言えます。

ゲーミングPCに搭載されているのは、「Core i○」か「Ryzen ○」というものです。(○には数字が入ります)

 

○に入る数字が大きいほど、スペックが高いです。

例えば、Core i9とCore i7とでは、9のほうがスペックが高いです。

Ryzenの場合も同様です。

 

また、CPUには世代があり、これも数字が大きいほうがスペックが高いです。

例えば、Core i7-9700(9世代)とCore i7-10700(10世代)とでは、10700のほうがスペックが高いです。

 

とにかく、数字が大きいほうがスペックが高いんだなと、ざっくり覚えてください。

 

ちなみに、Core i5 2.4GHzのように書いていることもありますが、この2.4GHzというのは、クロック数と言います。

数値が高いほど処理速度が速くなると覚えてください。

 

GPUとは
  • 数字が大きいほど性能が高い
  • GTXよりRTXのほうが性能が高い

GPUは、3Dグラフィックスの描画を主に行うパーツです。

GPUの性能も、ゲーミングPCのスペックに大きく関わってきます。

 

ゲーミングPCには、GeForceかRadeonのどちらかのシリーズが積まれていますが、GeForceのほうが主流です。

 

スペックの見分け方ですが、これも数字が大きいものほどスペックが高いです。

GeForce RTX3090とGeForce RTX3070とでは、3090のほうがスペックが高いです。

 

また、RTXとGTXという2種類をよく見ますが、RTXのほうがスペックが高いです。

ベビーゲーマーにはRTX、ライトゲーマーにはGTXというイメージですね。

 

メモリとは

メモリとは、PCが一度に処理できる作業量のことです。

メモリが大きいほど、一度に処理できる量が増えるので、ゲーミングPCの場合、16GB以上が望ましいと言われています。

 

ストレージとは

ストレージとは、データの保存場所です。

パソコンの容量とも言えるでしょう。

 

さて、ストレージにはHDDとSSDの2つがあります。

ざっくりとこうなります。

  • HDD:安いが速度が遅い
  • SSD:高いが速度が速い

 

断然SSDをおすすめします。(512GB以上推奨)

が、動画編集で動画をPCに保存しておくなどで容量を使う人は、HDDも合わせることを勧めます。

 

また、色んなゲームをプレイする人は、追加のSSDを購入することを勧めます。

1つのSSDにぎりぎりまで詰め込もうとすると、パフォーマンスが低下するためです。

 

有名ゲームの推奨動作環境

 

CPU

GPU

メモリ

フォートナイト

Core i5-7300U 3.5GHz

GeForce GTX660,
Radeon HD7870

8GB

Apex

Core i5-3570T

GeForce GTX970,
Radeon R9 290

8GB

FF14

Core i7

GeForce GTX970,
Radeon RX480

8GB

ドラゴンクエストⅩ

Core i5 2.4GHz

GeForce GTX650,
Radeon HD5800

4GB

グラセフⅤ

Core i5-3470 3.2GHz

GeForce GTX660,
Radeon HD7870

8GB

モンハン:ワールド

Core i7-3770 3.4GHz,
Core i3-8350 4GHz,
Ryzen 5 1500X

GeForce GTX1060,
Radeon RX570

8GB

※それぞれの公式サイトを参考に作成 
※アプデが入るたびに、ゲームが重くなることが予想されます。そのため、要求スペックが変わる可能性があります。(2021/02/14現在)

 

快適に遊べる最低ラインのスペックになります。

だいたい同じような推奨動作環境になっています。

が、Core i3とか、GTX650とかは、今だと探すのが難しいと思います。

どんどんパソコン界が成長しているので、古いもの(=性能が低い)はなくなってきてます。

 

デスクトップかノートPCか

PCには、デスクトップとノートの2種類があります。

どちらもメリット・デメリットがあり、「絶対にこっちが良い」とは言えません。

 

ただし、多くの人がデスクトップを選んでいます

理由は色々ありますが、ここで語るとボリュームが大きくなってしまいます。

別の記事を用意したので、興味のある人だけ見てみてください。

【ゲーミングPC】デスクトップとノートのどっちが良い?それぞれのメリット・デメリットを比較解説 - 徒然なるままにKeep

 

どのメーカーのものを買えばよいの?

ここまで読んだ人は、「パソコンの選び方はわかったけど、どのメーカーのものを買えば良いの?結構色々あるよね?」

と思っているかもしれません。

 

そこで、私が最もおすすめするメーカーである、【フロンティア】についての記事を1つ用意しました。

どんなメーカーで、なぜおすすめするのかを解説しているので、興味のある人は見てみてください。

【ゲーミングPC】フロンティアを評価します【有名メーカーより上!?】 - 徒然なるままにKeep

 

「おすすめの理由とかどうでもいいからはやく買わせろ!」という人には、フロンティアの公式サイトを一応紹介しておきます。

最新GPUも格安構成も自由に選べる!パソコン買うならBTOの【FRONTIER】

 

この記事のまとめ

  • 金額から選ぶ or スペックから選ぶ
  • スペックに関する最低限の知識はあるのがベター
  • フロンティアで購入するのがおすすめ

 

この記事の内容を知っていれば、買った後で後悔することはないでしょう。

ゲーミングPCを手にして、快適なゲームライフを送りましょう!