徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

SENNHEISER(ゼンハイザー)のゲーミングヘッドセットGSP300をレビューする【GSP500と比較】

SENNHEISERのゲーミングヘッドセットGSP300をレビュー

毎度のごとく、ゲーマーの友人からGSP300を拝借してきたので、そのレビューをしていきます。

 

結論をざっくり言うと、

  • 長時間ゲームをする人向け
  • 2万とか3万円とか出せないけど良いものが欲しい人向け

こんな感じです。

 

今回GSP500と比較するのですが、なぜGSP600とではないかというと、私がゲーミングヘッドセットで最も重要視するのが着け心地・長時間着けても大丈夫かで、その点でGSP600よりGSP500のほうが優れていると思っているからです。

関連記事1:SENNHEISER(ゼンハイザー)のゲーミングヘッドセットGSP500をレビューする【GSP600と比較】 - 徒然なるままにKeep

関連記事2:SENNHEISER(ゼンハイザー)のゲーミングヘッドセットでおすすめはどれなの? - 徒然なるままにKeep

選び方や用語について:ゲーミングヘッドセットの選び方を解説!【後悔しないために】 - 徒然なるままにKeep

細かく性能を見ていくよ

 

 

 

SENNHEISERのゲーミングヘッドセットGSP300をレビューする

SENNHEISERのゲーミングヘッドセットGSP300

まずはざっくりとGSP300とGSP500の違いを見ていきます。

 

GSP300

GSP500

密閉or開放

密閉

開放

有線or無線

有線

有線

持続時間

重量

267g

363g

接続

3.5mm

3.5mm

ドライバー

   

インピーダンス

19Ω

28Ω

 違いとしては見てわかるように、密閉・開放と重さです。

特に267gという軽さは、ゲーミングヘッドセットの中だとかなり軽いほうになるかと思います。

対してGSP500の363g重い部類に入るので、重さだけで見ればGSP300がかなり勝っています。

 

GSP300の着け心地について

着け心地は一言で言うとかなり良いです。GSP500より上だと個人的には思いました。

GSP500は重いけれどもイヤーパッドがメッシュ素材になっていて通気性が良い、対してGSP300は軽いけれどもイヤーパッドがPUレザーで通気性は悪く蒸れやすいです。

重量は疲れに関係して、通気性は快適さに関係すると思うので、私個人的には重量のほうを重視します。

ただ、GSP500のレビュー記事にも書いていますが、重さの割に重さを感じないので、あくまでGSP300と比べるとという話です。

 

調節機能について

調節機能はイヤーパッドの部分を引っ張って調節するタイプになっています。

GSP500にはヘッドバンド部分で側圧を調節できる機能がついているのですが、このGSP300にはついていません。

しかし機能はついてませんが、側圧が良い感じになっていて、私が2.5時間ほどつけても頭が痛くなることはありませんでした

 

イヤーパッドについて

先ほども言ったように、イヤーパッドはPUレザー製です。

PUレザーとはいえ、高級感はあまりないです。そこは値段相応でしょう。

しかしクッション性が程よく、耳をしっかりと覆ってくれるので、密閉感はあります。

対してGSP500はメッシュ素材でしかも開放型なので、イヤーパッドに関する快適性ではGSP500のほうが上だと感じます。

 

GSP300の音質について

次は音質についてですが、普通に良いです。クリアに聞こえる感じですね。

当たり前といえば当たり前ですが、GSP500には勝てません。

GSP500のほうが小さな音まで聞こえてよりクリアな感じがするので、ゲームを極限まで快適に楽しみたいという人には向いてないかもしれません。

しかし、値段が約9000円でこの音質というのはさすが音響メーカーのゼンハイザーだと言わざるを得ません。

 

ちなみにGSP500と同じく、低音は弱めで中音・高音が強めなので、FPSやTPSしかしないという人はあえてGSP300を選ぶ必要はないかと思います。

 

GSP300のマイクの質について

マイクの質に関してはボイスチャットだけでなく配信にも使えるレベルです。

正直GSP500との違いはそこまでわかりませんでしたが、しいて言うならばGSP300のほうが生の声に近いような感じがしました。?

 

GSP300のデザインについて

全体的なデザインとしては高級感はないです。

高級感で言うと圧倒的にGSP500だと思います。

しかし逆に言えばシンプルなデザインなので、シンプルなほうが好きという人にとってはかなり良いのではないでしょうか。

 

音量調節について

音量調節は右耳のイヤーカップのダイヤルを回すことで調節できます。

GSP500と同じシステムです。

ケーブルの途中についているものよりもはるかに調節しやすいです。

 

マイクのデザインについて

マイクは取り外し不可の跳ね上げ式マイクです。跳ね上げることでミュートにすることができます。

また、マイクの中央部分が曲がるようになっていて、そこで位置を微調整できます。

これもGSP500と同じシステムです。

 

ケーブルについて

ケーブルは着脱不可能なタイプです。

そのため断線したときには丸ごと買い替える必要があります。

GSP500は取り外し式のケーブルなので、そこが違う点ですね。

ちなみに長さは2mほどです。

 

SENNHEISERのゲーミングヘッドセットGSP300の総評

  • 高級感で言うとGSP500のほうが上
  • 音質で言うとGSP500のほうが上だが値段以上のかなり良い音質
  • 長時間ゲームをするならGSP300のほうが良い
  • 結論:かなりコスパに優れている。安く良いものを買いたいならかなりおすすめ

こんな感じです。

高いお金を出せばいいものが手に入るのは当然ですが、1万円以下でこれが買えるのはかなり破格だと思いました。

「安くゲーミングデバイスを揃えたい」という人に特におすすめだね