ゲーミングPCを買ったら後悔する?こんな人は買わないほうが良いです

ゲーミングPCを買ったら後悔する?こんな人は買わないほうが良いです
「ゲーミングPCを買ったは良いけど後悔してる」っていう人をちょくちょく見るんだけど、実際どうなんだろ?どういうところで後悔しちゃうのかな?

夜

 

こんな人向けの記事になっています。

私自身も昔ゲーミングPCを買ったときに、少し後悔したことがあります。

ゲーミングPCは高い買い物なので、購入後に後悔しないように、チェックしておくべき点をいくつか紹介していきます。

 

ゲーミングPCを買ったら後悔するのはこんな人

1.  そもそもPCゲームをプレイする頻度が少ない人

有名なゲームなら、PCだけでなくPS4やPS5でプレイできます。

つまり、プレイするだけならわざわざPCを買う必要はありません。

もちろんPCでしかできないゲームをたくさんありますが、PCゲームをしてこなかった人がいきなりするようになるかというと難しいところがあります。

 

また、クロスプレイが可能なゲームなら良いですが、クロスプレイできないゲームの場合、友達とできなくなる可能性があります。

それで結局PS4/5でプレイすることになるかもしれません。

 

さらに、PC版のゲームはチートが蔓延している可能性があります。

そのため、チーターの多さに萎えて、結局PS4/5版に戻ってしまうという事態になるかもしれません。

 

このような要因で、ゲーミングPCを買ったは良いものの、結局そこまで触れていないから後悔してしまいます。

 

2. スペックが低いゲーミングPCを買ってしまった人

ゲームだけでなく動画編集などなど、クリエイティブ的な作業をしようと思ったときに、スペック不足でできない可能性があります。

「スペックが低い=安い」ので、安さにつられて買ってしまった人が、後から後悔するパターンですね。

さらに言うと、ゲームの推奨スペックは年々上がっていっているので、スペックが低いものを買ってしまうと、1年後に型落ちになってしまった…ということもあり得ます。

安さとスペックのバランスをどこでとるかは難しいですが、最低クラスのスペックは後悔する可能性が高いです。

 

3. スペックが高すぎるゲーミングPCを買ってしまった人

例えば「フォートナイトで普段は通常マッチ、時々競技モードに行ってみる。全然ガチでやってるわけじゃなくて、友達とワイワイプレイしてる」みたいな人が、40万のゲーミングPCを買ったらどうなるでしょう?

まず間違いなく後悔します。

理由は簡単で、別に40万円も出す必要がないからです。

これなら10万~15万円程度のエントリーモデルで良く、40万円のゲーミングPCは明らかにオーバースペックです。

 

もちろん、別のもっと高画質ゲームや、配信などをしようと思ったときに、10万円程度のゲーミングPCだと動作しないこともあります。

なのでその辺は難しいのですが、20万円のものにしておくなどして、明らかにオーバースペックのものを買わないようにしたいです。

 

4. 自分に実害が出ることを想像していなかった人

  • ファンが回る音がうるさすぎる
  • 熱で部屋が暑くなりすぎる
  • PCが大きすぎて邪魔

ゲーミングPC初心者が想像もしていない被害を受けることがあります。

 

まず、ファンのうるささです。

youtube閲覧などの普段使いをしているときはなんともないのですが、ゲームを起動した瞬間、ファンの音がうるさくなります。

密閉型ヘッドホンをしてゲーム音を聞いていても聞こえるくらいなので、かなり大きな音です。(音量にもよりますが)

もちろんゲームだけでなく、録画や配信の時にもファンは回ります。

 

そして、ファンが回るということは排熱の問題もあります。

PC内で発生した熱が外に出てくるので、室温が上がります。

すると、まだ冷房が必要でないような時期でも、室温が高くなり、冷房を入れないと生きていけないようになります。

室温が高いままだと、PCのパフォーマンス・寿命にも影響が出るので、冷房は必須です。

部屋にエアコンがついていないという人もいると思いますが、そういう人は誇張抜きで地獄です。

【参考】エアコンなしでゲーミングPCを使うのはだいぶしんどいです

 

そして最後に、デスクトップ型ゲーミングPCは大きいという問題です。

排熱の都合上、ゲーミングPCはどうしても大きくなりがちです。(高さ・奥行:300mm~650mm、幅:150mm~300mm)

すると、部屋が狭かったり、机が小さかったりすると、かなり邪魔に感じます。

上で説明したような騒音や熱の問題があるからなおさらです。

平均的な大きさのゲーミングPCでも、小さめの室外機くらいのイメージでかなりデカく、邪魔に感じてもおかしくないです。

 

5. 家電量販店で購入してしまい、損をした人

一般にみんなが知っているような家電量販店でも、最近はゲーミングPCを取り扱っていることがあります。

しかし、あまりおすすめはできません。

理由としては、BTOショップのほうが安いことがほとんどだからです。

そのため、家電量販店でゲーミングPCを買った人が、後にBTOショップのことを知って後悔するというパターンがあります。

 

後悔しないように事前にチェックしておくのが大事

本当にゲーミングPCが必要なのかどうか

ゲーミングPCでしたいことは何なのかをしっかりと購入前に考えましょう。

PS4などのコンソール機でできるゲームであれば、別にゲーミングPCを買う必要はありません。

「より良い環境でゲームしたい」という意欲や、友達との兼ね合い、PCサーバーでのチーターの数などを事前にチェックしておく必要があるでしょう。

また、ゲーム以外でしたいことがあるとより良いですね。

ゲームはアップデート内容などによって萎えて辞めてしまうことも少なくないからです。

とにかく、本当にゲーミングPCが必要なのかを今一度考えましょう。

 

自分に必要なスペックを把握する

「自分がしたいこと」「どのくらいの快適度でゲームをしたいか」などから、自分に必要なPCのスペックを把握することが大切です。

そしてできればその一段階上くらいを買えると、長く使えるかなと思います。

スペックではなく予算から決めてしまう人であれば、予算ギリギリのものを買いましょう。

そのほうがまず間違いなく後悔が少なくなります。

 

自分に降りかかる害を把握しておく

  1. ファンの音は気にならないか
  2. エアコンはあるか
  3. ゲーミングPCを置くスペースはあるか

特に2番目は死活問題です。

夏場にエアコンなしでゲーミングPCを使用できる人はほとんどいないと思うので、エアコンがない部屋の場合はかなり無理があります。

誇張抜きでめちゃくちゃ室温が上がります。

 

BTOショップで購入する

私がおすすめするBTOショップはフロンティアです。

理由としては格安だからですね。

他のショップより数万円安いこともしばしばあります。

他のショップで買った人が、「おれのPCよりスペック高いのに値段は安いんだけど」と言って絶望しているのを何度か見たことがあります。

「安いのは良いけど質は大丈夫なの?」と思う人がいるかもしれませんが、私がフロンティアでゲーミングPCを購入して、今まで全く問題はありませんでした。

ヤマダデンキの関連企業ということもあり、安心感があります。

ゲーミングPCは高いので、少しでも安いのはかなりメリットになると思っているので、フロンティアは私のお気に入りです。

>>【フロンティア最新セール情報 】格安ゲーミングPCを探している人必見!