ゲーミングPCと普通のPCの違いって何?

ゲーミングPCと普通のPCの違いって何?
ゲーミングPCにちょっと興味あるけど、普通のPCと何が違うの?ゲーミングPCって高いから、結構気が進まないんだよね…。普通のPCで済むならそっちのほうが良いな

夜

 

こういった人向けの記事になっています。

この記事では、ゲーミングPCと普通のPCとの違いを説明した上で、どんな人に必要なのかを説明しています。

また、最後にはどこで買えば良いのかも紹介しています。

私自身ゲーミングPCを使っているので、参考にしてもらえればなと思います。

 

Advertisement

ゲーミングPCと普通のPCの違いは性能差にある

  • 独立したグラフィックボードを積んでいるかどうかが大きい
  • 普通のPC→基本的な性能しかない内蔵GPU
  • ゲーミングPC→高性能な独立したGPU

ゲーミングPCは普通のPCと比べてパーツの性能が高いため、高負荷に耐えることができます。

中でも特徴的で最も重要なパーツが、映像を表示する機能を持つグラフィックボード(グラボ)というパーツです。当然ながら普通のPCにもありますが、CPUに内蔵されていて、基本的な機能しか持っていません。これだと、PCゲームのような美麗グラフィックを表示させようとすると、不具合が出てしまい、まともにゲームをプレイすることができません。

そこでゲーミングPCには、独立したグラフィックボードを搭載しています。そのグラフィックボードにはGPUというチップが入っており、そのチップの性能が高ければ高いほど、性能の良いゲーミングPCと言えるでしょう。

このGPUが、ゲーミングPCと普通のPCとの大きな違いであり、性能が高いほど美麗な映像をサクサク表示でき、最新のゲームでもヌルヌル動かすことができます

 

グラフィックボードとGPUについて。

グラフィックボードに設置されている、映像処理を行う半導体チップがGPUです。

つまり、グラフィックボードとGPUは別物なのですが、割と混同して使われている傾向があります。

そこまで気にする必要はないですが、一応触れておきます。

 

メモリやストレージの容量も違いの1つ

メモリ(=作業スペース)の容量が小さいと、スムーズな処理が行われません。

現状のPCゲームは、8GB以上のメモリを必要とするものがほとんどなので、16GBがゲーミングPCのメモリの主流です。一方で普通のPCだと、そこまで作業スペースが必要な作業はできないので、8GB以下が主流です。

 

また、保存領域であるストレージの容量も異なります。

ゲーミングPCだと、最低でも512GBのストレージが望ましいです。対して普通のPCだと、用途にもよりますが、128GBやそれ以下で済むことも少なくないです。

 

性能が違うということは値段も違う

  • 普通のPC→4万円程度~10数万円
  • ゲーミングPC→10万円~40万円程度

※大体の目安です。カスタマイズすればこれより高くなります。

ここまでで、ゲーミングPCのほうが性能が優れていたり、容量が大きかったりするということも伝えました。

そうすると、当然値段もゲーミングPCのほうが高くなります。

今売り出されているゲーミングPCだと、安くても10万円はします。もっと快適な環境にしたいと思ったら、15万、20万…と値段が高くなっていってしまいます。

ゲーミングPCを買うときは、自分の予算の中で最も高いものを買うのを推奨します。

 

「値段が高い=性能が高い」です

世の中のブランドものなんかは、値段が高いからと言って、性能自体が高いわけではないものが多いです。

しかしゲーミングPCは、値段が高ければ、その分性能も高いです。言い換えると、性能が良いものを買うには、それなりのお金を出す必要があります。

今売り出されているゲーミングPCであれば10万円程度のものでも、ほとんどのPCゲームをプレイすることはできるかと思いますが、より良いゲーム体験、ゲーム環境を整えるためには、もっと高いものが必要ということです。

 

Advertisement

ゲーミングPCでできること
必要なのはこんな人たちです

ゲーミングPCは高いので、購入を検討する前に、本当に自分に必要かどうかを考えるほうが良いでしょう。

以下に当てはまるような人はゲーミングPCを買いましょう。

  • PCでゲームをしたい人
  • 動画編集やゲーム実況など、クリエイティブ的活動をしたい人

このような、PCに高負荷がかかるような作業をする人はゲーミングPCでないとPCが耐えられません。

逆に、officeで資料を作るだけとか、メールチェックをするだけなどの人は、ゲーミングPCを買う意味は全くないです。宝の持ち腐れです。ゲーミングPCの性能を全く活かすことができないので、普通のPCを買いましょう。

 

ちなみに、3Dモデリングなど、ガチのクリエイター作業をするなら、ゲーミングPCとは別のクリエイターPCが望ましいです。

ゲーム実況を投稿する程度ならゲーミングPCで良いです。

 

この記事のまとめ

ゲーミングPCに搭載されているグラフィックボード(GPU)というパーツのおかげで、普通のPCではできないPCゲームをサクサクプレイすることができると説明しました。

このほかにも、ゲーミングPCに関して知っておくべきことはたくさんあります。

この記事を読んでいるのは初心者だと思うので、もしゲーミングPCの購入を考えているのなら、以下の記事をご覧ください。

損をしないために読んでおくことを推奨します。