ゲーミングPCの初心者向け完全ガイド

ゲーミングPCの初心者向け完全ガイド
最近観てるゲーム配信者たちはゲーミングPC使ってるし、私も欲しくなってきた…。でも知識とか全くないし、どこで買えば良いのかすらわからない…。でもSwitchでフォートナイトとかApexとかするのも限界だし、ゲーミングPC欲しいな。

夜

 

YouTubeやSNSなんかで影響されてゲーミングPCが欲しくなったけどよくわからないという人や、適当に買ってしまって後悔してしまう人は少なくないです。

実は私もそんな1人だったのですが、自作PCオタクと絡むうちに知識がついてきて、その結果2台目を買ったときは失敗せずに済みました。

そんな経験から、ゲーミングPCの完全マップを作成しました。

完全初心者であっても後悔することなく、自分に合ったゲーミングPCを手に入れられるような記事構成になっています。

ゲーミングPCが少しでも気になっている人は、ぜひご覧ください。

 

ゲーミングPCとは、スペックの高いPCです

実は、ゲーミングPCとはゲームのためだけのPCではなく、スペックの高いPCという意味合いです。その辺の家電量販店で売られているような普通のPCよりスペックが高いので、快適にゲームができるというワケです。

 

耀
耀
ゲームしかできないとかそういうことは全くないよ。

 

ゲーミングPCと普通のPCとの違い

  • 独立したグラフィックボード(グラボ、GPU)を搭載しているか

ゲーミングPCと普通のPCとの違いは、独立したグラフィックボード(グラボ、GPU)というパーツを搭載しているかどうかです。(グラボの解説は後でします)

グラボを搭載しているPCはゲーミングPC、搭載していないPCは普通のPCという区別になります。グラボを搭載していないと、PCゲームをプレイすることはほぼできません。

 

耀
耀
逆にこれ以外の違いはほとんどないよ。パーツ面だけじゃなくて、ネットサーフィンとかOffice使用とかの普段使い面での違いもないね。

 

ゲーミングPCとクリエイターPCとの違い

  • グラフィックボード(グラボ、GPU)の種類が違う

ゲーミングPCのほかに、クリエイターPCというのも存在します。

3DCG、3DCAD、RAW現像といったクリエイター用途で用いるのがクリエイターPCです。クリエイターPCもゲーミングPCと同じで、グラボを搭載しているのが普通のPCとの違いです。

 

では、クリエイターPCとゲーミングPCとの違いは何なのでしょうか?

答えは、搭載しているグラボの種類が違う、です。詳しいことはここでは解説しませんが、ゲーミング用途でPCを買うなら、Quadro搭載のクリエイターPCを買ってはいけません

 

耀
耀
ちゃんとしたショップで「ゲーミングPC」って書いてるものなら、基本的に大丈夫だと思って良いよ。

 

ゲーミングPCはゲーム以外もできます

  1. PCゲーム
  2. ゲーム画面録画
  3. ゲーム実況、配信
  4. 動画編集
  5. Officeやネットサーフィン、youtube閲覧など

基本的に、1~4はゲーミングPCでないとできないと思ってください。2~4の作業は、PC以外にソフトや機材が必要になる場合があります。5に関しては、普通のPCでもできることなので、ゲーミングPCだと余裕でこなせます。

 

耀
耀
普通のPCだと耐えられないレベルの負荷がかかる作業をできるのがゲーミングPCの強みだね。

 

ゲーミングPCはいらない?必要なのはこんな人

  • 普段使いだけではなく、PCゲームをプレイする人
  • ゲームにある程度本気で取り組んでいる人

ノリや雰囲気だけでゲーミングPCを買ってしまうと、「やっぱいらないな…なんで買ったんだ…」と感じてしまいます。

実際私も1台目をノリで買ったときはそんな感じでした。なので、ゲームに対してある程度本気で取り組んでいる人だけが買ってください

目安としては以下のような感じです。

  • 毎日2時間以上ゲームをする
  • 休日は6時間とかゲームしている

数字に特別な意味はありませんが、とにかくゲームが好きでいつもプレイしているというレベルの人ということです。

 

耀
耀
週に3日、1時間くらいのプレイ時間でゲーミングPCは必要ないよ。趣味の1つがゲームだって言えるレベルなら買っても良いね。

 

ゲーミングPCを後悔しないためのチェックリスト

  1. 高頻度でゲームに取り組んでいる
  2. スペックが低すぎるゲーミングPCを買わない
  3. スペックが高すぎるゲーミングPCを買わない
  4. BTOショップで買う
  5. 部屋にエアコンがついている
  6. ゲーミングPCの大きさを知っている

1は先ほど言ったように、「自分はゲーマーだ」と思えるレベルの人だけが買ってくださいということですね。

2と3に関して、スペックについては次で扱うので、今は「自分にとってちょうど良いスペックを買えば良いんだな」くらいに思っておいてください。

4に関しても、後々説明します。家電量販店やAmazonではなく、パソコン専門店で買うんだなくらいでOKです。

5に関して、中高生なんかで自室にエアコンがついていない場合は要注意です。ゲーミングPCは排熱がエグいので、夏場はエアコン必須レベルです。扇風機はほとんど効果がないので、エアコンが部屋についていない場合は、ゲーミングPCは買わないほうが良いですね。

最後の6について。ゲーミングPCは大きいので、机上に置こうと思っている場合や部屋が狭い場合、窮屈に感じてしまう可能性が高いです。大体400mm×200mm×400ミリくらいなので、十分なスペースを確保しておきましょう。

 

耀
耀
ゲーミングPCは高価だから後悔してほしくないよ。だから絶対にここに書いたことをチェックしておいてね。

 

ゲーミングPCのスペックを知ろう

  • GPU(グラフィックボード)
  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ

ゲーミングPCにはいろいろなパーツが搭載されていますが、「ゲーミングPCのスペック」と言ったときにはGPU、CPU、メモリ、ストレージの4つを指すことが多いです。(中でもGPUがゲーミングPCにとって最も重要なパーツです)

これらのスペックでとりあえず覚えておいてほしいのは、基本的に数字が大きくなるほどスペックが高いということです。いろいろ例外的なのはありますが、今主流のもので言うとこの法則が当てはまります。

 

GPUは映像処理を行うパーツ

  • NVIDIA社のGeForceが主流
  • RTXシリーズとGTXシリーズがあり、RTXシリーズのほうがスペックが高い

PCゲームの美麗なグラフィックを描写するパーツです。GPU(グラフィックボード)の性能が低いと、グラフィックの描写ができず、カクついたりします。

現在主流のGPUを性能順に並べると以下のようになります。

  • RTX3090
  • RTX3080Ti
  • RTX3080
  • RTX3070Ti
  • RTX3070
  • RTX3060Ti
  • RTX3060
  • GTX1660Ti
  • GTX1660SUPER
  • GTX1650

このように、数字が大きいほうが性能が高くなり、無印よりTiのほうが性能が高いと覚えておけばOKです。

 

CPUはパソコンの脳に当たるパーツ

  • 10世代か11世代のCore i5、i7、i9が現在の主流
  • 型番末尾にF、K、KFというアルファベットあり(デスクトップPCの場合)
  • 世代が重要

CPUに関しても、基本的に数字が大きいほうが性能が良いです。

また、i5-10400、i7-11700のほうに、後ろに数字が付きます。この数字を見ることで、世代を判別でき、世代が大きいほど性能が高いです。

i7-10700Fのように、末尾にアルファベットがついているものもありますが、正直そこまで気にしなくてOKです。

CPUの性能はそこまで重要ではないですが、性能順はこんな感じです。

  • i9-11900K
  • i9-11900KF
  • i7-11700K
  • i9-11900
  • i9-11900F
  • i9-10900K

 

ちなみに、CPUの企業はIntelとAMDが2強です。IntelはCore、AMDはRyzenという名前のCPUですが、どちらも数字が大きいほどスペックが高くなることに変わりはありません。

 

耀
耀
CPUは世代がかなり大事ってことがわかるね

 

メモリは作業スペースに例えられる

  • 16GBが標準。16GBで良い

よく作業スペースに例えられるのがメモリです。

作業スペースが狭いのに、20個タブを開いて、10個のアプリを起動して、録画しながらゲームをするとどうなると思いますか?作業スペースが足りずにパンクしてしまいますよね。特にPCゲームは広い作業スペースが必要なので、16GBのメモリが標準になっています。(普通のPCは4GBとか8GBとか)

PCゲームをしながら録画とかする人であれば、32GBにカスタマイズで増設したほうが良いですが、ゲームだけの用途であれば16GBで良いです。

 

耀
耀
メモリとストレージを混同しないようにしてね

 

ストレージは記憶領域です

  • 512GBが標準
  • 1TBに増やしても良い

一般に「容量」と言われるのがストレージですね。「スマホの容量が足りない」とか言うときの容量です。

ゲーミングPCのストレージの標準は512GBです。PCゲーム1本の容量が50GBとかのものも多いので、最低でも512GBはないとしんどいです。複数のゲームをプレイする予定がある人なんかは1TBに増やしても良いでしょう。

 

耀
耀
1TBあったらよっぽどの人じゃないと困ることはないかな

 

ゲーミングPCの選び方

いよいよゲーミングPCを選ぶ段階まで来ました。

選び方はいろいろあるかと思いますが、最もスタンダードなのは、「スペックと価格で決める」です。

 

初心者向けスペック・予算

  • グラフィックボードRTX3060、3060Ti、3070搭載のゲーミングPCがおすすめ
  • 13万円~20万円の予算を確保したい

グラフィックボードにRTX3060、3060Ti、3070のどれかを搭載したゲーミングPCが最もおすすめです。

理由としては、価格とスペックのバランスが一番取れているからですね。エントリー~ミドルクラスのゲーミングPCになるので、プロが使っているゲーミングPCのように超高性能というわけではありませんが、十分な性能を発揮してくれます。

ゲームによって重さが全く違うので一概に言えませんが、大体以下のようなイメージを持ってください。

  • RTX3060:144fpsを狙う
  • RTX3060Ti:3060と3070の中間の性能だが、3070のほうに近い
  • RTX3070:240Hzモニターを使用したい(200fpsとかになるという意味)

 

耀
耀
RTX3060と3060Tiは価格も安めだから、特におすすめだね。

 

耀
耀
『fpsとかHzって何?』って人は下の記事を読んでね

 

デスクトップとノートのどっちが良い?

  • 基本的にはデスクトップPCをおすすめする

持ち運ぶ必要があるとか、部屋が狭すぎてデスクトップPCやモニターを置くスペースがないというような、特殊な事情がない限り、デスクトップPCをおすすめします。デスクトップPCは拡張性が高いですし、価格もノートPCと比べて安い傾向にあるので、事情がないのにノートPCを選ぶ意味はないですね。

 

その他の観点から選ぶ

  • 大きさから選ぶ
  • コラボモデルを選ぶ
  • ピカピカ光るゲーミングPCを選ぶ

PCを置ける場所が限られている人以外は大きさにこだわる必要はあまりないですね。

ちなみに、標準より小さいゲーミングPCは性能が低い傾向にあります。排熱の関係ですね。

 

人気プロチームや配信者とコラボしているモデルもあります。注意点としては、コラボモデルは数万円レベルで価格が高くなる傾向にあることです。コラボモデル専用のケースを使っていたりすると、まず間違いなく価格が上乗せされます。

熱狂的なファン以外が買う理由はないですね。

 

基本的に、BTOショップで売っているゲーミングPCは光りません。なので、どうしても虹色に光るゲーミングPCが欲しい場合は、光るのを取り扱っているBTOショップで買う必要があります

 

ゲーミングPCはどこで買う?

  • BTOパソコンショップ一択
  • 中でもフロンティアがおすすめ

初心者の人だと、ゲーミングPCがどこで売っているのかをイマイチ知らない人も多いです。普段の生活でゲーミングPCを見かける機会はなかなかありませんからね。

 

ゲーミングPCはBTOパソコンショップで買うのが一般的です。(BTO=Build To Order、受注生産)

それ以外の選択肢もありますが、損をしてしまう場合が多いので、おすすめできません。

BTOパソコンショップは有名どころからそうではないところまでたくさんありますが、初心者に最もおすすめなのはフロンティアです

 

フロンティアが初心者には一番おすすめできる

  • 毎週セールを行っていて、数万円レベルでお得なことも
  • 初心者にぴったりなモデルがセール対象になっている

フロンティアの最大の特徴が、セール対象モデルの安さです。他の有名ショップより数万円安いこともあるレベルで安いです。

さらに、セール対象となるのが、エントリー~ミドルクラスのゲーミングPCである傾向が強いので、初心者にぴったりです。その安さから、2台目3代目…もフロンティアで購入する人もいます。

高級品が欲しい人や、こだわりが強い人には物足りないですが、そうでない人にはかなりおすすめしたいBTOショップです。

 

耀
耀
私もフロンティアのセールの時に買って今でも使い続けてるよ。

 

AmazonでのゲーミングPC購入はNG

  • ゲーミングPC以外も検索結果に出てきてしまう

初心者にAmazonでのゲーミングPC購入をおすすめしない最大の理由が、ゲーミングPC以外も検索結果に出てくるからですね。価格は高いけどゲーミングPCではないものも少なくないので、間違って買わないためにも、Amazonは避けたほうが良いです。

その他にもいろいろ不便なことがあるので、おすすめしていません。

 

耀
耀
みんなアカウントをすでに持ってて楽なんだけど、損をする可能性があるからおすすめできないね…。

 

メルカリで中古の型落ちゲーミングPCを買うのはNG

  • メルカリで買うとほぼ100%損をする

メルカリを見ると、3万円とか5万円で中古のゲーミングPCが売っています。それを見て「めっちゃ安いじゃん!買っちゃお!」と言って買ってしまうと、間違いなく後悔します。

メルカリで売られている激安中古品は、10年くらい前のパーツが使われているからですね。10年前のパーツで今の最新ゲームが遊べるかというと、遊べません。起動はするけどカクつきすぎてまともに遊べないという事態になること間違いないので、絶対にメルカリで買わないでください。

 

耀
耀
中古品を買うくらいならPS4を買ったほうが良いよ

 

自作PCは初心者にはおすすめしません

ゲーミングPCを構成するパーツを買いそろえれば、自分で作ることも可能です。

しかし、初心者にはだいぶハードルが高いのでおすすめしません。パーツごとの相性があり、「このパーツを使うとあのパーツは使えない。買いなおし」というようなことが起こりえます。

知識の少ない人が自作PCに取り組むと、まず間違いなく失敗するので、ゲーミングPC初心者にはおすすめしていません。

 

実際の購入手順

フロンティアを例に解説します。大体どこのBTOショップでも同じような流れになります。

  1. BTOショップの公式ページへ行き、「ゲーミングPC」やセールのバナーをクリック
  2. 製品が並んでいるので、気になるものを選ぶ

  3. 買うものを決めたら「カスタマイズ・お見積り」をクリック

  4. カスタマイズ画面になるので、カスタマイズをする

  5. すべてのカスタマイズが終わったら確認画面へ行き、間違いがなければカートに入れる

  6. カート内の「購入手続きに進む」をクリックすると、ログイン画面になるので、アカウントをパパっと作り、画面の指示に従って支払い手続きなどを済ませれば完了

 

耀
耀
フロンティアのセール情報をまとめた記事があるから、それを見て気になるゲーミングPCを探してね。

 

カスタマイズについて

  • 基本はデフォルトでOK
  • カスタマイズするならストレージ
  • セキュリティソフトはお好みで

様々なカスタマイズ項目がありますが、基本的にはデフォルトのままで大丈夫です。BTOショップ側が、そのままでも使えるような構成にしてくれているので、特にこだわりがないのであればそのままにしましょう。

 

カスタマイズするなら、ストレージですね。デフォルトが512GBになっていて、複数のゲームをプレイする予定の場合、1TBに増やしたほうが良い場合があります。

ある程度は余裕を持たせておきましょう。

 

最後にセキュリティに関してですが、これはお好みでどうぞ。Windowsにデフォルトで入っているWindows Defenderが優秀なので、基本的にはセキュリティソフトは必要ありませんが、どうしても心配な人だけ付けましょう

 

周辺機器について

PC本体のカスタマイズと一緒に、モニター・マウス・キーボードなどの周辺機器を付けることができます。とはいえ、ここで付ける必要もありません。

どうしても選択肢が狭くなってしまうので、いろいろ見たい人はAmazonで探しましょう。

面倒くさいという人はPCと一緒に買ってしまって構いません。

 

耀
耀
私がフロンティアでPCを買ったときは、キーボードとマウスだけを付属で付けたよ。モニターはAmazonで買ったな。

 

ゲーミングPCが届くまでの日数

BTOショップにもよりますが、即日出荷~4週間後出荷まで幅が広いです。BTOショップは受注生産なので、それなりに時間がかかるものだと思ってください。

フロンティアだと2~3週間後と書いていますが、時期によってかなり前後します。辛抱強く待ちましょう。

 

耀
耀
実際私がフロンティアで購入したときには、注文の4日後に発送のメールが届いたよ。

 

ゲーミングPCが届いたらすること

ゲーミングPCが届いたら、まずは丁寧に段ボールから取り出しましょう。そこそこの重量があるので、間違っても落としたりしないように気を付けてください。

取り出したら設置していきます。

 

ゲーミングPCの置き場所

  • 机の横に置くのを推奨する
  • 壁際に置かない

おそらく最もスタンダードな置き場所は、机の下でしょう。しかし机の下だと、椅子を入れた時にPC本体にぶつかってしまう可能性があります。勢いよく椅子を入れ、激しくPCにぶつけてしまうようなことは避けたいため、机の下はお勧めしません。

次に机の上ですが、単純にスペースを圧迫し、安定もしづらいのでおすすめしていません。

 

よって、机の横を推奨しています。

また、どこに置いても言えることですが、壁際に置かないようにしましょう。基本的にゲーミングPCは前面から空気を取り込み、背面から空気を排出します。この時、背面が壁に近いと、空気をうまく出すことができず、熱が滞ってしまいます。

そのため、壁から30cm以上は離して設置しましょう。

 

内蔵GPUのほうにつながないように注意

設置が終わったら次は配線です。

キーボードやマウス、モニターをPCとつないでいけば良いのですが、その時に1つだけ注意点があります。ゲーミングPC背面の上のほうにある端子とモニターをつながないようにしてください。上側は内蔵GPUとつながっているので、そこにモニターを接続してしまうと、グラフィックボードの恩恵を受けることができません。

必ず下側の端子に接続するようにしましょう。

 

耀
耀
注意書きが書いた紙が入ってると思うからそれを見てケーブルを挿してね。

 

ゲームやアプリをインストールする

  1. 公式サイトへ行く
  2. インストーラーをダウンロード
  3. インストーラーを起動してアプリをインストールする

基本的に、インストーラーをPCに入れて起動させることでアプリをインストールします。

インストーラーはインストールするためだけのものなので、アプリのインストール後は削除しても構いません。

 

耀
耀
インストーラーを残しておけば、もしもアプリが有料になってもそこから簡単に再インストールできるよ。残しておいて損はないかな。

 

ゲーミングPCはメンテナンスが必要です

ゲーミングPCは買ったら終わりではなく、定期的にメンテナンスをする必要があります。具体的にはホコリ掃除ですね。空気を取り込んで排熱する以上、ホコリが溜まってしまいます。ホコリを放置してしまうと、排熱がうまくいかなくなり、故障の原因になります。

そのため、1か月に1回とか、3か月に1回くらいはホコリ除去をしましょう。

 

後悔しないゲーミングPC選びをしよう

ゲーミングPCはいろいろと知識が多くて面倒くさいですが、希望通りのものを手に入れることができると、かなり心が躍ってワクワクします。

Switchなどのゲーム機を買ったときもワクワクしますよね?それの何倍もワクワクします。

私が初めてゲーミングPCを買ったときは、知識がなくて後悔しました。

しかし失敗を踏まえた結果、フロンティアで安値でゲーミングPCを買うことができて、かなり満足できました。

不満のない快適なゲームライフを手に入れませんか?