【超おすすめ】ゲーミングモニターに迷ったらこれを買っておけば間違いない【BenQ ZOWIE XL2411Kレビュー】

【超おすすめ】ゲーミングモニターに迷ったらこれを買っておけば間違いない【BenQ ZOWIE XL2411Kレビュー】
ゲーミングモニター買おうと思ってるんだけど、Amazonで見ても種類が多すぎてどれが良いのか全然わかんない…。違いもよくわかんないし、どうしよ…。

夜

 

耀
耀
だったらとりあえずこれをおすすめするよ

 

ということで、ゲーミングモニター初心者向けにおすすめのゲーミングモニターを紹介します。

「これを買っておけば、まず後悔しないだろう」というものを紹介するので、この記事を見てもらえれば、すぐにゲーミングモニターを買うことができますよ。

PCのモニター、PS5のモニター、もちろんSwitchのモニターとしても使えます。(Switchのためだけならオーバースペックですが)

 

超おすすめゲーミングモニター「BenQ ZOWIE XL2411K」

リフレッシュレート 144Hz
パネル TNパネル
ディスプレイサイズ 24インチ
応答速度 1ms(GtG)
解像度 1920×1080(フルHD)
端子 DisplayPort1.2(ケーブル付属)、
HDMI2.0、
HDMI1.4×2、
HeadphoneJack
その他 DyAc技術搭載、
Black eQualizer機能搭載
スピーカー非搭載

「ゲーミングモニターと言えばBenQ」みたいなところがあるほど、定番のブランドです。

特に、ZOWIEシリーズはeスポーツ特化シリーズとなっています。

あのGameWith所属のプロゲーマー、ネフライトさんも、同じシリーズのゲーミングモニターを使用しているくらいの定番さです。

特にFPS系のゲームに必要な機能が盛りだくさんです。

ちなみにこのモデルは144Hz対応ですが、同じシリーズに240Hz対応のモデルもあるので、性能の良いゲーミングPCを持っている人は、240Hzのほうをおすすめします。

 

144Hzのほうの価格は、大体25,000円~27,000円くらいで、安くも高くもない普通くらいです。

240Hzのほうは、大体60,000~70,000円するので、値段がかなりネックになります。(240Hzのゲーミングモニターはたいていこのくらいする)

 

次に、このゲーミングモニターの良いところ・メリットを紹介します。

 

BenQ ZOWIE XL2411Kの良いところ・メリット

メリット1:ディスプレイの位置を自分に合うように調節できる

このゲーミングモニターは、高さ調節はもちろんできますが、前後にディスプレイを傾けることもできます。

なので、自分にあった位置にディスプレイを持ってくることができ、快適にゲームをすることができます。

安いものだと、調節ができないことがあり、結構不便だったりします。

ちなみに、あまり使うことはないですが、回転もするので、ディスプレイを縦向きにすることもできます。

 

メリット2:用途に合わせてディスプレイの表示を変えることができる

FPSモード、Movieモード、エコモードなど、様々なプリセットが用意されていて、自分の用途に合わせて画面の表示のさせ方を変えることができます。

そのプリセットの変更も、裏にあるボタンをいじるだけなので、誰でも簡単に変更できます。

明るさや、DyAc機能のオンオフ、Black eQualizer機能の強さもこのボタンからできます。

 

これらの設定をすることで、ゲームで有利に立ち回ることができます

実際に、プリセットをいじることでかなり画面の色合いが変わるので、自分やゲームに合った設定にしましょう。

 

DyAc機能をオンにすることで、激しい動きの時にも、残像感が残りません。

特に、FPSなどの動きの激しいゲームをするゲーマーにはうれしい機能になります。

Black eQualizer機能とは、暗いところを見やすくする機能のことです。

FPSなんかでは、暗いところの視認性が上がることで有利になります。

 

メリット3:ボタンが下のほうについている

メリット2で紹介した画面表示を変えるボタンですが、そのボタンがモニター裏側の下のほうについていて、下から指を入れることで操作可能です。

これの何が良いかというと、複数のモニターを横に並べる時に有効です。

横からしか操作できない位置にあると、モニターを横に並べている場合や、壁にくっついているときに操作ができません。

そのため、下側にボタンがついているほうが好ましいです。

 

BenQ ZOWIE XL2411Kの悪いところ・デメリット

デメリット1:スピーカーがついていない

ゲーミングモニターには、スピーカーがついていないものが少なくないですが、この製品にもついていません。

そのため、ヘッドホンなどを使わず、モニターから直接音を出したい人には向いていません

FPS系のゲームをする人は、ヘッドホンを使用している人が多いと思うので、デメリットになりませんね。

 

デメリット2:TNパネルなので映像のきれいさはあまりない

簡単に言えば、FPS向きのゲーミングモニターなので、きれいな映像を楽しみたい人には向いていないです。

そういった画質重視のゲームを楽しみたい人は、IPSパネルのゲーミングモニターを買うことを勧めます

とはいえ、普通にゲームをする分には(個人的には)気になりませんし、なんなら普段使い用としても何も気にならないのですが、そこに関しては私がおかしいのかもしれません。

 

この記事のまとめ

特にFPS系のゲームをよくプレイする人向けのゲーミングモニターです。

eスポーツ特化のゲーミングモニターという感じなので、「Apexよくやるんだよな~」とか「フォートナイト最近ずっとやってる」というような人に超おすすめしたいです。