【レビュー】ロジクールのG733|超軽量で超快適な最強ヘッドセットです

【レビュー】ロジクールのG733|超軽量で超快適な最強ヘッドセットです

耀
耀
やばいやばいやばい!

ど…どうしたのお姉ちゃん?

夜

耀
耀
ヘッドセット買ったんだけどやばすぎ!

ほぇ~…どんなの買ったの?

夜

ということで、ロジクールのゲーミングヘッドセット、G733のレビューをしていきます。

 

普段なら知り合いに貸してもらってしばらく使うというスタイルです。

しかし今回のG733に関しては誰も持ってなかったのですが、気になりすぎたので購入しました。

 

◆この記事の結論◆
  • 軽くて着け心地が良いワイヤレスヘッドセットを求めているならG733
  • 快適なゲームライフを入手できる!

ロジクールのG733をレビューしていく

密閉or開放 密閉
有線or無線 無線(20m)
持続時間 最大29時間
重量 278g
接続 USB2.0
ドライバー PRO-G 40mm
インピーダンス 39Ω

ワイヤレスなのに278gの軽量というとんでもない性能を持つのがG733です。

300gを下回ると軽い部類に入るのですが、ワイヤレスなのにここまで軽いのはほとんどないです。(なんなら有線でも350gとかあります)

ヘッドセットが重いと、肩から首にかけてすごい疲労感が残るので、個人的には重量・着け心地は最重要項目です。

 

G733の着け心地は本当に最高レベル!

  • 最高レベルの着け心地
  • 軽い+ワイヤレスでストレス0!
  • イヤーパッドが良い味を出している

G733の着け心地は最高レベルで良いです。

私が今までよく使っていたのがG431という、260gくらいの有線ヘッドセットでした。

それと比べるとG733は20gほど重いのですが、体感で言うとG733のほうが余裕で軽いです。

というのも、有線タイプだとどうしても引っ張られている感があり、若干重く感じます。

ワイヤレスヘッドセットは重くなるのが嫌でいままで敬遠していましたが、G733はワイヤレスで軽量なので、本当に欲しかったタイプのヘッドセットです。

 

イヤーパッドに関しては、ソフトなメッシュ素材でクッション性も半端ないので、耳の辺りが痛くなるということはありません。

ヘッドバンドが気に入らないという人もいるかもしれませんが、むしろヘッドバンドのほうが頭にかかる負担が小さく、頭頂部が痛くなることもありませんでした。

私が最も重視するのが着け心地なのですが、本当に最高レベルで良いと感じました。

 

G733の音質はかなり良い

G Hubというアプリを使うとイコライザーをいじったり色々カスタマイズができます。(PC専用) 

私はフラットで使っています。

YouTube見たり、音楽聴いたりするのに不満なく使えてます。

もちろんゲーム用にも使っています。

フォートナイトをプレイしているのですが、きちんと敵の足音がどの方向から聞こえるのかがわかるので、敵を見失うことはありません。

 

イコライザー:

イコライザーはプリセットがいくつが用意されていますし、自分でカスタムすることもできます。

これをいじるだけでかなり変わるので、自分の好みに合わせられるというのもポイントです。

 

ドライバー:

ドライバーが40mmなので、「本当に大丈夫?」と思う人もいるかと思います。

しかし、以前使っていた50mmのものと全く遜色ないです。

PRO-G 40mmなので、普通の40mmのものとは違い、無理して音を出している感は全くなく、音質はかなり良いと感じました。

 

G733のマイクは標準レベル

マイクに関しては標準レベルです。(取り外し式のマイク)

ヘッドセットの、しかもワイヤレスのマイクなので、期待はしないでください。

ただ、本格的な配信に使わないほうが良いだけで、友達とボイスチャットで使ったり、まったり趣味で配信をしたりする分には全然問題ないです。

マイクだけは今まで常用していたG431のほうが良かったですね。

 

デザイン面の不満はほとんどない

強いて言うなら、今まで常用していたものはマイクを跳ね上げることでミュートできていたので、その点が不便に感じることくらいですね。

後は特にないです。

電源ボタンを1度押せば残り充電%も教えてくれるので、残量の把握もしやすいです。(残り充電がわずかになると、「ピーピー」と鳴って教えてくれます)

もちろん、充電中も使用することができます。

さらに、一定時間何も音が流れてないと、自動で電源オフになってくれるので、無駄に充電を使ってしまうこともありません。

 

一応注意事項としては、頭がかなり大きい人は合わないです。

というのも、調節幅がそこまで大きいわけではないからです。

なので、周りの人より明らかに頭が大きい人は気をつけましょう。

 

耐久性も問題なさそう

既に2度、机から床に落としてしまったのですが、特に破損や故障なく使えています。(高さ70~80cmほど)

落とさないのがベストですが、「少し落としてしまった」くらいだとおそらく壊れないので、その点も安心です。

 

G733の良いところまとめ

  • 軽さ+ワイヤレス=最高の着け心地
  • 音質やサラウンド機能

この軽さのワイヤレスヘッドホンはほとんどないので、かなりのメリットだと思っています。

 

G733の悪いところまとめ

  • マイクの音質は良くはない

とはいえ、ワイヤレスならこれで妥協できます。

有線だともっとマイク音質が良いのがありますね。

 

G733の設定を詳しく見る

ここまでG733のすばらしさを見ていきましたが、「設定できることって具体的にどんな感じ?」と気になっている人もいるでしょう。

そんな人のために、具体的な設定について見ていこうと思います。

大きく4つの設定事項があります。

  1. ヘッドホン
  2. マイク
  3. 割り当て
  4. ライト

 

ヘッドホンの設定

ヘッドホン部分の設定は、通常の音響と、サラウンド機能とがあります。

 

音響部分では基本的な設定を行えます。

  1. 音響
  2. マイクの音量
  3. 側音の音量
  4. イコライザー

1と2は説明不要でしょう。

3の側音について:マイクで喋った自分の声がヘッドホンから聞こえてきます。これが側音です。

これを0にしていると、自分の声がほぼ聞こえなくなるので、大きくしておくことを推奨します。(私は85くらいにしてます)

4番目のイコライザーについて:音質の補正を行います。

低音を強くするとか、高音を弱くするなどすることで、シチュエーションに応じた音質にすることができます。

ここに関しては、「よくわからない」という人が多数だと思います。

そんな人でも大丈夫なように、プリセットが用意してあります。

例えばFPSをプレイするなら、プリセット「FPS」を選択するだけで良いです。

これでFPSに適した音質になります。

 

次にサラウンド機能についてです:

これは右と左だけではなく、右斜めとか左斜めのように、多方向から音が聞こえるシステムです。

主にFPSのような、どこから音がするのかが重要になるゲームに適しています。

これもほとんどの人はこだわりないし、よくわからないでしょう。

私もどこもいじってません。

 

マイク部分の設定

ここでは、マイク音量の他に、自分の声をカスタムすることができます。

画像のように、AMラジオ風、FMステーション風などのプリセットが用意されています。

ただこれもこだわりがある人はそこまで多くないと思うので、どれか良さそうなプリセットを使用すれば良いでしょう。

 

ボタン割り当てについて

G733には、割り当て可能なボタンが1つあります。

デフォルトでは「マイクのミュート」が割り当てられています。

画像のように、10以上の機能から1つ選んで割り当てることができます。

が、デフォルト推奨です。マイクのミュートができなくなるのはしんどいです。

もちろんマイクを使わない人なら他の機能を割り当てても良いでしょう。

 

ライトの設定について

最後はライトの設定です。

イヤーカップ部分が光るようになっていて、上下で異なる色・光らせ方を指定することができます。

そこまで派手にぴかぴかするわけではないので、控えめなものが好みな人にも丁度良いかもしれません。

 

G733のレビューまとめ

  • 全体的にgood!
  • 着け心地はピカイチ

軽量のワイヤレスヘッドセットは最高ですね。

軽いので本当に疲れを感じずにゲームプレイができます

 

また、イヤーパッドが柔らかいからか、メガネをつけて数時間装着していても痛くなることはなかったです。

ワイヤレスは上でも言ったように、体感軽くなります。

 

また、暗くなって電気つけてカーテン閉めようというときに楽に動けるのも地味ながらに快適な部分だと感じました。

まじで快適なゲームライフが手に入ります!

 

耀
耀
一度ワイヤレスを使ったらもう有線には戻れないね。しかも軽量だからこれはやばすぎるよ。快適さはトップレベルだし、これが2万円以下で買えるのはすごいね