徒然なるままにKeep

思ったより一橋大学が面白くなかったので退学し、気ままに生活している人のブログ。

DXRACERのゲーミングチェアRacing Pro RV-131(レーシングシリーズ)をレビュー【DXRと比較】

DXRACERのゲーミングチェアRacing Pro RV-131をレビュー
DXRACERのゲーミングチェアRacing Pro RV-131を例によって試してきたので、レビューしていきます。

 

結論を先に言うと、かなり痩せてる人なら一番フィットするだろうけど、特にこだわりがない限りはDXRで良いのではないかと個人的には感じました。

なぜそう思ったのかを下で説明するよ

関連記事:DXRACERのゲーミングチェアDXR(フォーミュラシリーズ)のレビュー【1年以上使用の感想あり】 - 徒然なるままにKeep

 

 

DXRACERのゲーミングチェアRacing Pro RV-131のレビュー

DXRACERのゲーミングチェアRV-131

まずはRV-131と、標準的なモデルであるDXRの概要を比較します。

 

RV-131

DXR

推奨身長

175~185cm

155~175cm

耐荷重

g

90kg

素材

PUレザー

スタンダードファブリック

アームレスト

上下・左右・前後・首振り

上下

リクライニング

135度

135度

フットレスト

なし

なし

紫・赤・橙・青

赤・黒

その他

ヘッドレスト・ランバーサポートあり

ヘッドレスト・ランバーサポートあり

アームレストやカラーバリエーションなど、違うところが複数ありますが、一番の違いは大きさです。

DXRとRV-131を比べると、全体的にRV-131は幅が狭くなり、縦が長くなっています。

そのため、高身長の人や、より強いホールド感が欲しい人向けのモデルとなっています。

また特に注意なのが、座面の高さです。

DXRが座面高41~51cmなのに対し、RV-131は49~56cmとなっており、高身長向けなのがわかります。机の高さにも気を付ける必要がありそうです。

 

RV-131に実際に座ってみてのレビュー

高身長向けのRV-131に、平均くらいの私が座るとどうなるのでしょうか。

 

高さについて

 高いです。高い。 

DXRと比べると座面が8cmも高くなるんですよ。

ある程度身長がないとなかなか合わないのではないでしょうか。

また、上でも少し触れましたが、既に持っている机に高さがなかったり、昇降機能がついてない場合は、購入前によく精査したほうが良いですね。

 

座り心地について

正直悪いです。

何が悪いかというと、肩のところのでっぱりに肩があたるんですよね。個人的にそれが気になったので、自分が買うのは無しかなと感じました。

ただ、そのホールド感が良さそうと感じる人や、そもそもめちゃくちゃ痩せてる人には合うだろうなと思いました。これに関しては本当に人によるとしか言えません。

 

アームレストについて

だいぶでかいです。DXRと比べると横幅がかなり大きく感じました。

DXRのアームレストは中央部分がくぼんでいるため、腕を置いた時にフィットするようになっています。対してこのRV-131は平に近い感じになっているので、フィット感はないですが、利便性の面では上ですね。(4Dアームレストなため)

 

デザインについて

デザインは一言でいうなら「良き」ですね。

ワイドモデルDX-03のようなずっしりとした印象のものも好きですが、このRV-131は縦に長く、これはこれで良さがあるなと感じました。

また、PUレザーの質感も良く、高級感がありました。

 

Racing Pro RV-131のレビューまとめ

  • デザインなど良いところもたくさんあるが、個人的にはなし
  • 全体的に縦に長く、人を選びそう
  • 無難に行きたいならスタンダードモデルのDXRで良さげ(値段も20,000円安いし)

良いモデルであることに間違いはないのですが、私には合わなかったし、かなり人を選ぶと感じました。

値段が値段なので、失敗したくない人や、特別なこだわり・事情がない人なら他のもモデルをおすすめします。

ゲーミングチェアって高いから簡単に買い替えしにくいよね…

DXRACER日本公式オンラインストア

Amazon↓